ウラン さん プロフィール

  •  
ウランさん: Paris在美術家・小西朝子の案内するヨーロッパ
ハンドル名ウラン さん
ブログタイトルParis在美術家・小西朝子の案内するヨーロッパ
ブログURLhttp://asako-k.blogspot.jp/
サイト紹介文フランス・パリ在住20年の美術家が紹介するヨーロッパの芸術・文化・グルメ・日常
自由文芸術を中心に、パリの生活、日常、文化、グルメ、ヨーロッパ旅行など、豊富な写真とともに掲載します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 265日(平均1.2回/週) - 参加 2017/09/05 04:31

ウラン さんのブログ記事

  • 月暦絵日記ーインスタグラム, Dairy paintingーInstagram
  • 絵日記、一冊終わりました??絵日記としてこのような冊子形は1冊目、その前にはアルシュ紙や水彩用紙に描いていました。昨年7月から、1日1枚 dairy work (dairy painting)として絵日記を描き、インスタグラムにアップし続けてきましたが、今年2月からは、月暦にも描くことになり、月暦と関連した絵日記と1日2枚描いてアップし続けています。しっかし、よく続いているなと我ながら思います。他の制作や仕事をしながらです [続きを読む]
  • 短期講座「転写の技法」のご案内
  • 更新が遅れてしまいました。今パリにいます。今回は、NHK学園くにたちオープンスクールにて私が5月にする短期講座のご案内です。くにたちオープンスクールのホームページ↓”新講座・おすすめ講座” に掲載中です↓絵画(洋)の欄にも載っていて、こちらには短期講座と定期講座の両方のご案内が見られます。↓http://www.n-gaku.jp/lifelong-school/kunitachi02/今回3回で開催する講座は、「転写の技法」です。転写とは、うつしと [続きを読む]
  • 謹賀新年 Bonne Année 2018
  • Bonne Année 2018明けましておめでとうございます今年もよろしくお願いいたします2017年の”旅する椅子”の中から年賀状にした2種類↓そして、母と共通の知人達へは、ファミリー年賀状を↓昨年は私の案内で、母と親戚、知人達とスイス旅行をしたもので、その写真を使いました。母は念願であったマッターホルンをみることができて、とても喜んでいました。年賀状に使った写真は以下に。 滞在先のシャレーからみた朝焼けのマッタ [続きを読む]
  • ヴァンヴの蚤の市, 旅する椅子 Marche aux Puce de la Porte de Vanves. La chaise voyageuse.
  • 2017/09/24  パリ滞在中の日曜日、必ず1度は行くのが、蚤の市。パリの3大蚤の市といえば、クリニャンクール、ヴァンヴ、モントルイユ、と言われていますが、その中でも、ヴァンヴの蚤の市はクリニャンクールのように観光化されすぎず、昔ながらの庶民的なイメージがあり、掘り出し物が見つかりそうな雰囲気があるのでオススメです。ヴァンヴの蚤の市への行き方は以下↓住所:Avenue Sangnier 75014 Paris開催日:土曜日と日曜日 [続きを読む]
  • デビッド・ホックニー展 ポンピドー・センター David Hockney Centre Pompidou
  • 2017/09/22 少し前になりますが、ポンピドー・センターで開催中のデビッド・ホックニー展 を観てきました。私にとっては、美術研究所通いをしていた高校生時代に関心を持って作品を研究した(特にデッサンを)思い出深いアーティストの一人です。 現代の具象的な作品としては一番有名ではないでしょうか。何度か日本での展覧会をみた記憶もあり、今回はどんな感じの展覧会になっているのか、みておいた方がいいと思い、行ってき [続きを読む]
  • パリの和食 お蕎麦「Abri Soba」 Washoku, Paris.
  • 2017/09/21 昨年秋にオープンし、前から行きたかった「Abri Soba」に行ってきました。先に載せたフランス料理店「abri アブリ」のお蕎麦、和食バージョン店です。Metroも一駅先で、abriと近い場所にあり、看板が表にないところも同じ。それにオープンキッチンなのも同じですが、こちらは少し広めで木目調モダンな感じです。 お客様は私がいる時は日本人が多く、後から色々な人達がはいってきました。「Abri Soba」Metro : Cade [続きを読む]
  • ヴォージュ広場, パリ Place des Vosges. Paris.
  • マレ地区のギャラリー巡りをして休憩にヴォージュ広場へ。公園の周りの回廊にはカフェや色々なお店があり、とくにおすすめしたいのは、ヴィクトル・ユゴー記念館(Maisons de Victor Hugo)。 ユゴーといえば、日本でも映画がヒットしましたね。そう、「ラ・ミゼラブル」の作者です。この記念館は、ヴィクトル・ユゴーが16年間暮らしたアパルトマンを改装して美術館にしたもので、ユゴーの生活を垣間みながらここからのヴォージュ広 [続きを読む]
  • WEBER METAUX, PARIS. 懐かしの金属専門店「ヴェバー・メトー」マレ地区, パリ
  • 2017/09/14 「Weber Metaux ウェバー・メトー」というmetalー金属ーの専門店がマレ地区にあり、16年ぐらい前、パリの11区に住んでいた頃、作品につかう鉛の板(1〜3mmの薄いタイプ)をよく買いにいっていたのですが、そこがいつの間にかギャラリーになっていると知り、マレのギャラリー巡りの際に、久しぶりに行ってみました。そうそう、この入口!なんて懐かしい。まだWEBERという標識があったので分かりました。WEBER METAUXと [続きを読む]
  • ギャラリー巡り, マレ地区, パリ Galerie, le Marais, Paris
  • 2017/09/14 バカンスが終わりギャラリーもはじまったので、マレ地区のギャラリー巡りをしてきました。前日の13日にパリで2024年五輪開催が決まったので、市内バスに旗がつき、市内各地で五輪開催の旗がはためいていました。みえますか。31番は左右両方に旗がついてました。お祝いモードで楽しいですね。旗の絵柄が綺麗に撮れませんが、エッフェル塔に五輪のマークのデザインですいつもオペラから29番のバスでマレ地区の画廊街 [続きを読む]
  • パリのフレンチ「abri アブリ」Paris. Cuisine française.
  • 2017/08/30今年3月の投稿にもアップしているパリにくると毎回1度は訪れたいフランス料理店「Abri アブリ」。今まで何度も行っているこのお店ですが、8月下旬の猛暑がパタッと終わり、バカンスも終わってちょうど営業がはじまったばかりで、ランチの予約がとれたので行ってきました。実力派日本人シェフによるフレンチのヌーヴェルキュイジーヌのお店です。このお店のあるMetro.Poissonnièreの1駅むこうのMetro.Cadetに「abri s [続きを読む]
  • 夏のチュイルリー公園とセーヌ河・夕陽 パリ 2017/08
  • 8月上旬、ある日の散歩コースルーブルからチュイルリー公園を通りセーヌ河へ最初にチュイルリー公園に来たのは、3歳の時。パリに仏政府給費留学で滞在していた父に会いに母と来た時です。母が撮ったベストショットで、チュイルリー公園のカフェで父が私のカフェ・オ・レをかきまぜている(お砂糖を)写真があります。父の遺稿本にも載せた気に入っている写真です。 そんな事もあり、チュイルリー公園は私には懐かしい場所です。 [続きを読む]
  • パリの夏空 8/2017
  • 2017/08/07更新がだいぶ遅れてしまいました??ここまで更新していないとどこから書いたらいいものやら、何を載せたらいいものやら分からなくなります。 少し前からInstagramインスタグラムをはじめたのですが、そちらでは写真をのせるのが主なので、写真は毎日撮っていて気楽に出来ることから、毎日色々載せています。ブログとシェア出来ればいいのに、と思います。uran_asakok というアカウントなので、よろしければのぞいて見 [続きを読む]
  • 最近制作した肖像画 - Portrait- 2017.06
  • ご家族の肖像画  -portrait-  この作品は、最近、私が制作した肖像画です。新居に飾る家族の絵を、ということで、注文を受けて制作したのですが、パリに行く前にお渡し出来てよかったです。 以前にも、小さかったこの可愛い姉妹の絵を描かせて頂きましたが、それから数年経ちすくすく成長された姿を描くのは嬉しいことでした。家族の一瞬の、もう二度とこの瞬間は戻らない姿ですので、時間がたっても色あせない作品にしたいと思 [続きを読む]