つまみ さん プロフィール

  •  
つまみさん: うつ病の原因や対応を知ろう!明るい闘病ブログ!
ハンドル名つまみ さん
ブログタイトルうつ病の原因や対応を知ろう!明るい闘病ブログ!
ブログURLhttp://www.utsumamichan.work/
サイト紹介文うつ病の原因、対応など^^心の中を覗き見!明るい闘病ブログ☆
自由文はじめまして!
つまみと申します^^
現在うつ療養中です!
うつ病の方、大切な人がうつ病の方、うつ病について知りたい方、に向けて発信しております!
ほんの少しでも参考になりましたら幸いでございます☆
よろしくお願い致します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 79日(平均5.0回/週) - 参加 2017/09/05 20:43

つまみ さんのブログ記事

  • 弟の不登校
  • 私がうつちゃんだと初めて弟に言った時、「自分もあの時病院に行っていたら何かしらの病名を付けられていたと思う」と言われました。私には2つ年の離れた弟がおり、弟は父が亡くなった後くらいから学校に行かなくなりました。たしか弟が小学校高学年から始まり、中学校にはほとんど行っていなかったと思います。私が中学3年生になると弟は同じ中学校に入学してくる新入生となりました。中学校なら行けるのではないか、と考えた私 [続きを読む]
  • 本当の優しさ
  • 妊婦さんの友人のブログに優先席についてのお話が書いてあったことを思い出し、先日電車に乗った時、優先席で妊婦さんに席を譲りましたその妊婦さんは「ありがとうございます」と言ってくれました。そして私は考えました。自分のしたことは、果たして優しさだったのか?優先席を必要としている人に席を譲る、一見すると良いことのようですが、そもそも私は優先席に座ったのです。特に必要としている立場ではないのに。精神以外は健 [続きを読む]
  • 手放した健康
  • うつちゃんは、毎日が自分の体調との闘いです。「あ”−−−−−」「生きられない”−−−−」こんな風に(私の場合です(笑))、体調が悪く、気力が起きない、何もできない、そんな日ももちろんたくさんありますが、「お?今日はなんだかいいかんじだぞ」「これはもう治ったのでは?」と思える程に体調が良い日もあります。体調が良い、というのは、健康だ、と思える時です。私はうつちゃんになる前までは、自分が健康であることは [続きを読む]
  • 13人に1人
  • タイトルにさせていただいた数字これは日本人全体でうつを経験する割合だそうです約13人に1人、私はこれを知り、意外と多いんだなと思いました。13人知り合いを思い浮かべたらその内の1人はうつを経験している、外を歩いている人を13人数えたらその内の1人はうつを経験している、うつちゃん経験者はそこら中にいるじゃないかなんて思ってしまいました(笑)ちなみに近年は急増しており、現在うつ病患者は約95万人いるそ [続きを読む]
  • 理解への近道、一緒に病院へ!
  • うつちゃんになったばかりの頃、旦那ちゃんにも一緒に病院に付いて来てもらったことがありますなぜ一緒に来てもらおうと思ったかといいますとどんなかんじでカウンセリングを受けているのか知ってほしいどんな病院に行っているのか、どんな先生に診てもらっているのかを見てほしいうつ病(私)の正しい取り扱い方法を先生から聞いてほしい私が本当に病気なんだ、という認識を実感として持ってほしいこんな理由からですそして私は結 [続きを読む]
  • 狂いたい狂えない
  • あまりにも辛い時もう一層狂ってしまいたいと思います。こんなに辛いのに正常に意識があることすらもう嫌だ気を失って倒れてしまえばいいのにどうしてこんな時まで正常に考えることができてしまうのだろうこのまま眠れば起きた時には少しは落ち着いているかもしれないでもそれはぐちゅぐちゅの傷に蓋をしただけ決してかさぶたになって治るわけではなく蓋を取ったら膿んだ傷口がまた顔を出すだけどうして私だけどうして私なのどうし [続きを読む]
  • 可能であるが故の葛藤
  • うつちゃんになってから頑張らないことの難しさを知りましたそう言うといかにも今まで一生懸命に頑張ってきた人みたいですが、私はそうではありません。お仕事をしていた時はたしかに頑張っていたのかもしれませんし、頑張らないでできるお仕事なんてないような気がいたします。頑張っていたという自覚がなかったのかもしれません。ですからうつちゃんになり、頑張らなくていい状況、頑張ってはいけない状態になっても頑張らないや [続きを読む]
  • ベッドからの脱出
  • 鬱々とした日が続いております皆様いかがお過ごしでしょうかどうもこんにちは銀行やら病院やら役所やら行くべき場所はたくさんあるのですが、なんだか気が向かず今日も家に引きこもっておりますそんな時にある1本の電話がかかってきました0120から始まる見覚えのない番号でしたが、なんとなく出てみました携帯電話の料金プラン変更の電話でした一通りプランの見直しなどをしてもらい、最後に、「なにか弊社に関してご意見など [続きを読む]
  • 父の死
  • 私は中学生の頃に父を病気で亡くしております。父は50歳で、癌でした。突然ですが、これを聞いてどう思われますでしょうか「かわいそう」と思われるのでしょうか。当時中学生だった私は親の死を受け入れるには幼すぎました。また、父という人間と向き合うにも幼すぎたように思います。父は無口な人でしたのでこわいと思っていました。反抗期も重なり、父とケンカしたまま入院してしまったこともあり、私はほとんどお見舞いにも行 [続きを読む]
  • 希望をくれた納豆ご飯
  • 節約のためのありがたきアドバイスをいただきました「お料理は簡単なものでいいから1品作ってみて」「無洗米はやめてみて」「家計簿を付けてみて」「お金はつまみちゃんが管理した方がいい」「厳しいことを言ってしまってごめんね」「できる時でいいからね」これを聞いて私は、やらなきゃやらなきゃやらなきゃやらなきゃやらなきゃやらなきゃやらなきゃやらなきゃどうしようどうしようどうしようどうしようどうしようどうしようど [続きを読む]
  • 万能な言葉なんてない
  • 久しぶりに死のうと思いました。遺書まで書きましたが死にませんでした。こういう人ほど死なないですよねこれからも生きますよろしくお願い致しますどうもこんにちはなぜ生きているのか、なぜ死ななかったのか、単に自殺というものがうまくいかなかっただけです。生きる理由なんてそもそもないですからね。とても暗いスタートとなってしまいましたが、私は元気でs・・・いえ元気ではありません。(笑)ですがこのブログは私にとって [続きを読む]
  • それでも朝は来てしまう
  • 何をしている時が1番幸せでしょう私の中のぶっちぎり第1位は、眠っている時です。冬眠をする動物が羨ましくて仕方ありません。なんなら冬眠だけではなく、春、夏、冬、くらいは眠っていたいです。(笑)ですので、一時期不眠に悩まされていた時は生き地獄でした。今は、眠れないなと思う時だけ(3日に1回くらい)睡眠導入剤を服用しております「不眠」と聞くと、眠れないのか、それは大変だ、くらいのかんじかもしれませんが、不 [続きを読む]
  • うつ病を伝える
  • 私がうつちゃんになって感じたことは、誰もがうつ病を理解しようとしてくれるわけではないということです。当たり前のことかもしれませんが、自分が実感していく上で、「当たり前」であることを忘れてしまっていたので、書かせていただきますね私は周りの人には自分はうつちゃんであることを伝えています伝えないで過ごしているよ!という方もたくさんいらっしゃると思いますが、私自身は隠し事をするのが面倒なので伝えてしまいま [続きを読む]
  • 光に成り得る何か
  • 鳴かぬなら私が泣こうホトトギスホトトギスってこんな鳥なんですね、初めて知りましたどうもこんにちは泣きたいけど泣けないそんな時ってありますよね特に何があったわけでもないのに、なんだか気分が沈む、なんだか落ち込む。心がぐちゃぐちゃな感覚。こんな時、自分はまだうつちゃんなんだな、と実感いたします。うつちゃんでない時でもこんな時はありましたが、こんな頻度ではなかったような、そんな気がする今日この頃です。泣 [続きを読む]
  • 人を救うのは有料
  • 私の母は、ある宗教団体に所属しております宗教に関することも書かせていただきますが、宗教が悪いものだと言いたいわけではなく、こんな風に思っている人もいるよ、というような記事ですので全否定をしたいわけではございません私も幼い頃からお寺と呼ばれる場所(実際は施設のような場所)に連れて行かれ、訳もわからず一緒にお経を唱えたり、お祈りをしたりしていました。しかし中学生くらいの頃に宗教というものに違和感を覚え [続きを読む]
  • 信じるということ
  • 誰かを信じるのは自分の意思です。ということは、まずはその自分を信じないといけません。「信じて」と言われたから信じる、という理由は「この人を信じていいんだ」と自分で決めるのがこわいからだと思います。自分で決めるということは、裏切られた時、望む結果が得られなかった時、自分の責任、ということになってしまいますからね。「信じてと言われたから信じたのに・・・」というのはあまりに無責任な考え方です。信じると決 [続きを読む]
  • 悪魔的な何かへの対応
  • 経過がどうであれ、結果がどうであれ、私たちは生きなければなりません。どんなに辛いことがあってもどんなに悲しい目にあってもどんなに死にたくなっても生きなければなりません。これは悲劇でもなければ幸でも不幸でもなく、ただの現実です。何も残せずに死んでいくとしても誰の記憶にも残らずに消えてしまったとしてもそれが自身の人生です。憧れの人になれなくても好きな人が振り向いてくれなくても仕方がないのが現実です。ど [続きを読む]
  • 無知の知
  • タイトルにさせていただいたのは、ギリシアの哲学者ソクラテスの言葉ですご存じの方も多いかと思いますが意味を簡単に書かせていただきますと、自分が無知であるということを知っているという点において、相手より優れているということ。まずは自分が無知であるということを知るところから始まるのだというかんじですかねとても素敵な言葉です世界史は得意ではありませんでしたが、この言葉は印象に残っていて今でも覚えています。 [続きを読む]
  • 寂しいのは誰のせい?
  • うつちゃんになると強烈な孤独と闘わなければならないそんな気がいたします。うつちゃんでなくても孤独感、寂しさ、というのは悩まされる時があるかと思いますしかしそんな時、寂しいのは誰のせいでもないそんな風に思うのが大切な気がいたします特に恋愛中なんかですと、会えない恋人のせいで寂しい、と思うのは、あるあるです私も旦那ちゃんと付き合った当初(うつちゃんではない頃)は、会えない時には「会いたい攻撃」別れ際に [続きを読む]
  • 過去から得たもの
  • 先日体調が悪くなり、私「ちょっと体調が悪いから休んでるね」旦那ちゃん「何かしてほしいこととか、ほしいものがあったら言ってね」私「お金がほしい」という会話をし、旦那ちゃんの優しさを木っ端微塵にしてしまいましたどうもこんにちは旦那ちゃん「・・・言うと思った」ばれてた・・・!!!とまぁそんなことはさておきうつちゃんのお話をしますねすみません。(笑)うつちゃんになると、もしくはうつちゃんが落ち着いてくると、 [続きを読む]
  • うつ病と家族になるということ!
  • うつちゃんを話すことができ、理解してくれる人がいるのはたいへんありがたいことですそして私はこのブログで思いを吐き出したり、こんな気持ちになりましたよ、と綴ったりしておりますが、読んでくださる方がいることが本当に嬉しく、日々ありがたい気持ちでいっぱいでございます。いつも本当にありがとうございます私がうつちゃんになって感じたのは、逆に理解をしようとしない方、話を聞いてくれない方というのもいるんだな、と [続きを読む]
  • 石の上にも三年?辞めるという選択!
  • 私は以前美容師をしていたことがあります小学生の頃からの夢を叶えたわけですどうもこんにちはしかしあまりの過酷さに数ヶ月で辞めてしまいました。それを言うと「もったいない」とよく言われます。たしかにもったいないです。国家資格も取りましたし、美容学校は2年通いましたが、学費は4年制大学と同じくらい高額なものでした。ですが、言わせていただきたい「もったいない」と言う人々に言わせていただきたい「じゃああなたが [続きを読む]
  • うつ病は脳の病気です。
  • 特に嫌なことがあったわけではございませんが、なんだかここ数日は気力が湧かず、そして寒さに凍えておりますどうもこんにちは以前に「うつ病は心の病気ではなく脳の病気ですよ」という心優しいありがたきコメントを何件かいただきましたので今回のような記事を書かせていただきますありがとうございますこれを読んでくださっている方の中にも同じようにうつちゃんで気力が湧かないよ(><)という方がいらっしゃるかもしれません [続きを読む]
  • 先入観の正体とは!
  • 最近涼しくなってきましたね「長袖長ズボン」という言葉を聞くたび「長袖長襦袢」(長襦袢(ながじゅばん)とは和服用の下着の1つです)という言葉が浮かんでしまい、内心くすっときてしまうつまみですどうもこんにちは私がおじさんだったらおやじギャグを発しまくり、若い部下を困らせる面倒な上司になっていたと思います。年齢を重ねると頑固になります。どういうことか例えば新入社員としてある会社に入社したとします。色々な [続きを読む]
  • 誰からも必要とされないと感じる方!
  • 優しい日差しと小鳥たちのさえずりで今日も目が覚めました。というのはあくまで理想です。現実は「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛・・・・・・・ん?」と声にならない奇声を発し、そんな自分の奇怪な音で目が覚め、最後にはそれを疑問に思い「ん?」とまで発し、結局謎は謎のまま迷宮入りを果たしながら目が覚めました。そんな今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうかうつちゃんになると考えてしまうことランキング、上位にランクイ [続きを読む]