youme.co さん プロフィール

  •  
youme.coさん: write-in.
ハンドル名youme.co さん
ブログタイトルwrite-in.
ブログURLhttps://ameblo.jp/writein2017/
サイト紹介文小説を書くのが趣味です。 拙い分ですが、よろしくお願いします。 短編が主になります。
自由文続けられるかわかりませんが、書き物が好きなのでへたくそなりに頑張って書いてみようかなと思ってます。よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 29日(平均1.4回/週) - 参加 2017/09/06 01:14

youme.co さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 今書いている小説について
  • いま書いている、『部屋の怪奇』なんですけど、実は私が連日みた夢の話なんです。 さすがに見た夢の内容を事細かく覚えていないのである程度想像で書いてるんですが、恐怖で早朝に汗だくで起きるほどリアルな夢で、とても怖かったです。 あんまりにもはっきり覚えていたので、小説として文字に起こし始めてたんですけど、時間がたつと記憶も薄らいできてしまって… 一体これをどうゆう終わりにするものか。 ていうか、ブログ [続きを読む]
  • 部屋の怪奇
  • 部屋の怪奇③  異次元の中に放り込まれた私は、とても目の前の光景が現実と思えなかった。  私の部屋のはずの一室。見慣れているはずの部屋、玄関、なにもかもが異質な空気に漂っていて、ここで起きている虐殺もなにもかもが私の存在を無視していた。  男に私の姿は見えていなくて、少年たちは私の顔を見ていたが、会話を交わすことができない。  強制的にその光景だけを見せつけられ何をしようにも、助けを呼ぼうにもその [続きを読む]
  • 部屋の怪奇
  • 『部屋の怪奇』② 目が覚めたときには業者の姿はなく、姉も結局泊まっていくことなくすでに部屋を出ていったあとだった。父と母はまだ部屋にくつろいでいるのが見えた。 窓の外がうっすらオレンジがかるのが見えて、アレはきっと朝方の出来事で、私が寝てしまってから今が夕方になったのだろうとなんとなく、そんな気がした。数時間はしっかり寝ていたんだと思う。 わたしはいったいどうしたんだろう。そう思った瞬間に私は、 [続きを読む]
  • 部屋の怪奇
  • 『部屋の怪奇』①  気づけば私は七畳のワンルームの一室にいて、たぶんそこが私の家だった。曖昧な記憶のなかで、ふと思い出した。ここではいつも事件が起こる。起こっていた。いつも、生活空間とは思えないほどに異臭が漂って、窓はあるのになぜか日差しの射さない暗い部屋。  そんな曖昧な記憶、きっと気のせいだろうと言い聞かせてキッチンにあるやかんにお湯を沸かして、マグカップを用意して、コーヒーを入れて、一息つ [続きを読む]
  • 自己紹介
  • いっちょまえに、自己紹介とかしてみちゃう。読者さん増やしたいなあ、って妄想です。笑 youme.co ・22歳 (2017年時点)・AB型・うお座・148cm・八王子在住・留学経験3年 (どこかは秘密 南の国)・夜のお仕事してます (やらしくないです)・好きなことは、洋楽・読書・お絵かき etc 好きな作家さん一覧森絵都さん 江國香織さん (読破できてない)Jojo Moyes Nicholas Sparks Richard Back Sophie Kinsella お気に入りの本R [続きを読む]
  • はじめました。
  • はじめまして、youme.coといいます。適当に考えた名前と、ブログ名と…え、これあとで後悔しないかな(;´・ω・)とか思いつつ。 普段パソコンをいじる時間があまりないので、のろま更新になって、いずれ廃墟となってしま…わないように頑張ります。携帯からも打ち込みたいけど、文面がずれたりするのがいやなので打ち込んでからまた再編集とかしてみようかな? とにもかくにも、不慣れなので、こんな感じですがよろしくお願いし [続きを読む]
  • 過去の記事 …