ateliermaquiu さん プロフィール

  •  
ateliermaquiuさん: アトリエ マキーユ
ハンドル名ateliermaquiu さん
ブログタイトルアトリエ マキーユ
ブログURLhttps://ameblo.jp/ateliermaquiu/
サイト紹介文メイクアップ写真スタジオ アトリエマキーユ 公式ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供216回 / 200日(平均7.6回/週) - 参加 2017/09/06 08:48

ateliermaquiu さんのブログ記事

  • ツヤ肌のために
  • 最近多用してます。 MAKE UP FOR EVER シャインオンパウダー もともとの使い方はハイライトとしてといったところでしょうか。 アトリエマキーユではハイライト兼(ほんのり)チーク、そして、ツヤ肌の演出として使ってます。 マットな肌のほうが色々肌の不具合をカバーできるのですが、マットな肌は厚塗感が出るんですよね。 そこで、ある程度カバーした後で、やわらかめの筆でこのパウダーを重ねます。 ほんのりピンク色のギラ [続きを読む]
  • 見つけました、
  • また、昔の写真。 当時の撮影では、色々勉強させていただいてました。 かなりお値打ちで撮影した分、写真をHPなどで使って良いと言われていたので、今になって使わせていただいてます。 この写真は、とりあえず最初の一枚的なもの。 ハーフの方で顔立ちがはっきりされていたので、アイメイクはほとんどせず、下地と眉とリップの輪郭補正のみ。 マキーユコースなどでは、希望があれば最初にナチュラルメイクで撮影、その後だんだ [続きを読む]
  • 目元をやさしく(つり目の補正)
  • こんな感じです。 ↓実際の目じりに比べ、矢印の長さ分、下がるようにラインを入れています。 目じりを下げ、さらに目自体を少し大きく見せる効果もありますよね。 さらには、少し白く塗ったところ↓、分かりますでしょうか? この部分にコンシーラーペンシルや、明るめの色を入れることで、その効果が高まります。この部分にはあまりマスカラも塗らないように。 これくらいだと普段使いもできるテクニックではないでしょうか [続きを読む]
  • プロフィール写真
  • 撮影を頼まれることがあるということで、カメラを持ってのプロフィール写真です。 女性カメラマンってなんか良いですね。 アトリエマキーユの撮影はプロフィール写真が多いです。 声優さん、フリーアナウンサー、料理研究家、カウンセラー、講師、企業家、演奏家などなど、挙げるときりがないです。 なにか道具を使って仕事をされている方は、一緒に写るとより雰囲気が出ますね。 [続きを読む]
  • 撮影照明術
  • 前回紹介したモデルさんでのお話。 瞳に映り込む光をみると、写真で使われた照明の位置などを知ることができます。 この写真では瞳のセンターより下左側に一つ大きなものと、左奥に小さいものが見えますね。 今回左下に照明を置いたのは顔の右側の輪郭を補正するため。 分かりにくいかもしれないですが、顔が小さい方で、特に右の顎(向かって左側)が少し奥まって影をつくり、バランスをくずしている印象を受けました。そこに [続きを読む]
  • 照明器具
  • これは主に顔の下から照らすためのストロボ。 自然の光は上方向からくるものがほとんどですが、このストロボを使って、下からの光を追加します。アトリエマキーユの撮影必須アイテム。 目の下のクマ、ほうれい線、くすみ、たるみ、顔の左右のバランス..等々 多くの方が気にされていることが、このアイテムでカバーできるんですよ。 一般の方の撮影では特に重要なことですよね。 ただ下から照らせばよいという訳ではなく、微妙に [続きを読む]
  • 目元
  • 3300万画素のleaf aptus。 先程の写真を拡大したものです。 特に意味はないのですが、中判デジタルはピント合わせがシビアで、合っているととても気持ちが良い、 と伝えたかっただけでした。 AFに慣れ過ぎてしまったので、マニュアルでのピント合わせは気を使います。 それでもやっぱり楽しいカメラシステムです。 [続きを読む]
  • マクロ撮影
  • とまでは行きませんが、瞳が明るく綺麗な色だったので、とりあえずこんなアップで撮っておきました。 プロフィール写真や、宣材としてではありませんが、アトリエマキーユではよく撮ってます。 肌補正が必要な場合も多いのですが、普段あまりみることのない景色がみえることもありますよ。 トリミングの仕方で一番綺麗に見えるところだけ写す、 ということも出来ますしね。 [続きを読む]
  • 小出し
  • のつもり。 なんとなく、濃い色の背景も良いかと思い、撮ってみたものです。 個人的には気に入っているのですが、和の雰囲気で撮れるセットがあまりないということに、改めて気が付きました。 今後の課題としておきます。 さて、先ほど紹介した写真もそうですが、横顔がとても雰囲気があって良かったんですよね。 カメラ目線のものももちろん撮っているのですが、なんだかモデルさんと着物の良さがとっても良く出ている気がしま [続きを読む]
  • お着物での撮影
  • です。 先日モデル募集で来ていただきました。ありがとうございました。 今回はお着物での撮影。 ご自身で着付けされました。綺麗に着られていますよね。 アトリエマキーユでは、歌謡曲や演歌の歌手の方もいらっしゃるので、着物での撮影もあるのですが、背景に色がはいるとどうしてもそういう雰囲気になってしまうんですよね。  普段から着られる着物として、どんなふうに撮ろうかなぁと考えていたのですが、結局いつものよう [続きを読む]
  • 三善 ライニングカラー
  • オイルベースでネリ状のアイカラーで、しっかりと色を出したい時、塗った後にパウダーでおさえて使うものです。 ただ、アトリエマキーユでは別の方法で使おうと思っています。 以前紹介したこともある、MAKE UP FOR EVER 12フラッシュカラーケースと同じような感じかな。質感は微妙に三善のほうが硬く、油分が少ないような印象を受けたのですが、ファンデーションと混ぜて色味の調整に使ってみようと思います(混ぜるときは乳液 [続きを読む]
  • 三善 プチカラー(アイシャドウ)
  • 新宿にある三善というお店でそろえてみました。 舞台用化粧品 三善 三善は舞台用化粧品など多く扱っているお店で、アトリエマキーユでよくつかっているMAKE UP FOR EVERも扱っていらっしゃいます。 かなり久々に行ってみたのですが、色々と面白いものを見つけました。 今回紹介するこの商品は、いわゆるパールパウダーで、とても伸びがよく、肌にのせるとほのかな発色と、きらきらとしたツヤ感を表現できるもの。 本来はアイシャ [続きを読む]
  • leaf aptus ピント調整
  • 以前内部電池の交換を紹介しましたが、今回はピント調整のお話です。 興味のない方にはどうでもよいお話なのでスルーして下さいね。 マミヤ 645DFで後ピンになるような気がしていたので、マミヤ(phase one japan)に点検に出したところ、AFは全く問題ないという回答。 カメラ自体が大丈夫なので、問題はデジタルバックということになりました。 修理に出せば超高額な料金がかかるので、またまた自分でやってみることにしました。 [続きを読む]
  • leaf aptus ピント調整
  • 以前内部電池の交換を紹介しましたが、今回はピント調整のお話です。 興味のない方にはどうでもよいお話なのでスルーして下さいね。 マミヤ 645DFで後ピンになるような気がしていたので、マミヤ(phase one japan)に点検に出したところ、AFは全く問題ないという回答。 カメラ自体が大丈夫なので、問題はデジタルバックということになりました。 修理に出せば超高額な料金がかかるので、またまた自分でやってみることにしました。 [続きを読む]
  • 三善 プチカラー(アイシャドウ)
  • 新宿にある 舞台用化粧品 三善 でそろえてみました。 アトリエマキーユで良く使っているMAKE UP FOR EVER も扱っているお店です。 何か良いアイテムはないかとかなり久々に訪れてみたのですが、いろいろ面白いものがありました。 そのうちのひとつがこのプチカラー。主にアイカラーとして使用するものでしょう。肌にのせると粒子の細かいパールパウダーがツヤと共にほのかに発色します。 特に撮影では色味はニュアンス的なもので [続きを読む]
  • MAKE UP FOR EVER コンシーラーペンシル
  • です。 このMAKE UP FOR EVER、自分が通っていたメイク学校の、自分が入学する前の校長先生が立ち上げたブランドで、今では世界中で使われているブランド。アーティスティックな商品がたくさんあって、アトリエマキーユでもいくつか使っています。 コンシーラーペンシル、日本で手に入るのは#100だけかな。海外では#200の暗めの色のものもあります。両サイドに明るさの違うものが付いています。↑明るいほうと ↓暗い方。 学校 [続きを読む]
  • また出ました、
  • 昔の作品... かな。モデルさんのブック用。 このボックス達は手作り。スタジオにはよくこんなのありますよね。 こんな風に使うことはあまりありませんが。 そして、メイクも結構濃いんですよ。アトリエマキーユでした。 [続きを読む]
  • パステルメイク
  • とでも申しましょうか。 昔イベントのために造ったイメージ。 こんなに色を使ってます。 メイクしながら適当に造ったものです。 あれこれ準備しすぎると結果うまくいかないことも多いので、その場の流れでしたメイクです。 瞳の中に写る白いものは照明・ライトボックス。 なんだかキラキラしてますね。 [続きを読む]
  • 毛穴隠し
  • 鼻の頭、ニキビあと。 基本的にアトリエマキーユでは、指先で軽くたたきこむようにファンデーションをなじませながらつけています。肌状態を確認するのと部分部分で微妙につける量や色味を変えているからなんですが、 ↓このような毛穴が目立つ方の場合には、大き目の筆でクリームファンデーションをたっぷり毛穴に埋め込んでから、スポンジで表面を滑らかにして仕上げます。 遠目から見るとほとんど分からないくらい綺麗になる [続きを読む]
  • 物撮り→イメージ作成
  • 肌細胞の中に化粧品が浸透していく様子。 4種類(4色)の成分の浸透を表したもの。 色々事前に用意して、またまたとりながらその場で加工。 実際に採用されたかどうかは ? です。 ブログ用に再加工してみました。 この細胞をあらわすのに何を使ったかと言うと... ゼ ・ ・ ・ 企業秘密です。 [続きを読む]
  • 以前も紹介しましたが、
  • 窓からの自然光っぽい写真。 本当は別の撮影テクニックが紹介できる写真を探していたのですが、見当たらなかったので。 モデルさんのブックや宣材の写真では、正面もしくは少し下から撮ることが多いです。 正直なところ、元が綺麗な方は誰がどうとっても綺麗に撮れます。 顔を綺麗に、とか細くみせるとか以前に写真の雰囲気自体を重要視するからなんですね。 逆に一般の方、写真に不慣れな方では綺麗に撮る為に色々なテクニック [続きを読む]
  • 目が離れている方のアイメイク
  • 目が離れている方はあまり目尻側を強調しない。 というのが定説かもしれませんが、 そうとも言い切れないことがあります。 特に丸顔で二重の幅も大きめの方の場合は目の縦幅を大きく見せつつ、目尻側も同じように大きく強調することで、小顔にみせつつ顔のバランスが整えられることがあります。 下のモデルさんも少し遠心的な顔立ちでした。 でも顔のバランスを考えると写真上のように目を外側に強調しても大丈夫ですよね。 目が [続きを読む]