rin さん プロフィール

  •  
rinさん: 負け戦
ハンドル名rin さん
ブログタイトル負け戦
ブログURLhttp://fanblogs.jp/kawaiinekotan117daisuki/
サイト紹介文人には優しく誠実にをモットーに育ててきた娘がいじめに遭いました。いじめと戦った奮闘記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 241日(平均3.0回/週) - 参加 2017/09/06 10:26

rin さんのブログ記事

  • 受験は大変だ!
  • 受験専門の塾に通い始めて一か月以上過ぎました。私の体調が悪化していく中、意地でも子供のために生きていなくちゃと子供をいじめ前の状態にまで、夢を追える環境にまで戻してあげたいとそれまでは何があっても倒れるわけにはいかないんだと鬼気迫る勢いで突き進んでます。娘はもう学校が怖くて泣くことも、緘黙症状も、チックも、パニック発作も、何もかもから解放されて元気になりました。なんと校長先生ともしゃべれるようにな [続きを読む]
  • お家に帰ろう
  • 娘の今後についていろんな人と話すも、話せば話すほど迷宮入り(笑)あーでもないこーでもないと考えて考えて。しかも春休み家に戻ってきて初日に相手親子を見てしまうというハプニング!でも娘はやっぱりおうちがいいって。学校も地域でも怖い思い出があるけどやっぱりお家に帰りたいって言うんですね。生まれ育った愛着ある家だしね。もうそれが答えかなと。相手方と和解できる日が来るかもしれないし来ないかもしれない。帰ってき [続きを読む]
  • 二面性
  • 娘が転校するときクラスのお友達からのメッセージを渡されました。娘は怖くて行けなくなったクラスの子たちからの。その時には学校へ行けてなかったので親に渡された形だったんですが、参観日にも娘にキツイ言葉を浴びせてたり、娘の水筒がきれいなやつだと壊してた子も全員が書いてたんですね。そんな子達が何を書いてるんだろうと思ったらもうそれはそれは感動的なお別れのメッセージで。「転校してもがんばってね」「さみしいよ [続きを読む]
  • 消えない炎
  • もう子供が前を向いて頑張っているんだから親も気持ちを切り替えてがんばんなきゃ!!っていうのは重々分かってるんです。でもでもでも消えない心の中の怒りの炎!どーしたら消えるんだろう いつ消えるんだろう そもそも消える日はくるのかぐだぐだ悩んで、でもどうしようもなくて前を向かなきゃと思っても一瞬で引き戻されてしまう。大好きな音楽を聴いているときだけちゃんと息ができる気がします。そんな中とあるライブのチケ [続きを読む]
  • 指針
  • 娘が一年生のとき仲良くなった近所の男の子の家から果物をもらってきました。その子の親御さんがお庭に植えてるのを一緒に収穫してみる?と声をかけてくれたようで楽しく過ごせたようでした。それで楽しかったからその男の子にお礼の手紙を書くといって自分の大事にしているシールコレクションから「男の子ってどんなシール好きかな?恐竜とかすきかな?」って時間をかけて選んだシールを貼ってありがとうの手紙をかいていました。 [続きを読む]
  • いじめゼロの学校は存在する
  • 今の学校のことなんですけどいじめが存在しない!!何が違うんだろう??と考えてみた結果誰も嘘をつかないからってことに思い当たりました。ケンカなんかはもちろんあるみたいだけど、当事者も目撃者も誰も嘘つかないから、大人も状況把握がすぐにできるし、クラスのお友達も仲裁に入ったりしてすぐに仲直り学校で投げたものがぶつかってしまって・・・の時も怪我はなかったみたいですが、ぶつけちゃった子のお母さんがみんなの前 [続きを読む]
  • 自治会
  • もうすぐ自治会の会費を払う時期なんですよね。私と娘は住んでないけど主人だけしか住んでいない状態で。ゴミ捨て場とか清掃とか当番とかはきっちり今まで通りやるつもりです。ですが、自治会費から子供たち関係へもけっこう支払われている状況で・・・。自分の子供が一生参加できない状況へ追い込まれたのにお金だけはらうのかぁと人間がちっちゃいとはわかっていても心情的に辛い(笑)地域の子供たちのためにとPTA役員もやり、立 [続きを読む]
  • 全部は無理
  • ついに私の体が限界にきてしまったようです。持病はもう悪化し続けてるけど薬でなんとか。腫瘍も今は様子見。一番しんどいのが貧血の悪化で薬飲んでますがこれが気持ち悪くて苦手です。それで落ち込んでメンタルがヤバイのではって思って受診したけどメンタルは無事でした。先生とお話をして自分の頭の中も整理できてきてくやしかったのは、娘が小さいころから頑張ってきた習い事をやめないといけなかったことだと気づき。そのスク [続きを読む]
  • 心療内科
  • 正月あたりから私がちょっともう気持ち的に何をどうしていいやらほんとにわかんなくなって心療内科を受診しました。結局メンタルは大丈夫そうということで薬も出なかったんですが、その先生がいい人で人生相談のようになってアドバイスをくれました。「もう今、何通りの解決法を考えても、その全部がダメになる可能性もあるから先の先まで考えないで。お子さんにとって今後必要になってくるものそれは受験勉強!それがわかってるん [続きを読む]
  • 希望
  • お久しぶりになってしまいました娘はなんとなんと学校でしゃべれるようになりました!!しかもしゃべれるようになったその日にお友達が「娘ちゃん!今日!しゃべった!!」って大興奮で私に知らせに来てくれました(笑)放課後ぎりぎりまで学校で友達と遊んで、習い事のない日は家を行き来して遊ぶ友達もできて。芸人さんのモノマネしたり、ゲームしたり、お菓子を持ち寄って食べたり。転校して普通の小学校生活がおくれるようになり [続きを読む]
  • 久しぶりの我が家
  • あけましておめでとうございます年末ジャンボ無理でした!! 当たったのは3千円(笑)3千円では引越しできないな〜元もとれてないしむしろマイナスまぁ初めて末等以外も当たったということで新年早々縁起が良いかと主人の実家へあいさつして自分の家に家族で帰ってきました。娘は9月に転校して以来。相手のお母さんに乗り込まれて怖い思いをした我が家。娘は自分の部屋を掃除して少し落ち着いて、何とか具合も悪くならずにゲーム [続きを読む]
  • よいお年を
  • 年始は主人の実家へあいさつに行きます。実は私は長男の嫁なので、私の実家へ引越しというのは不義理をしてしまったと思うのですが、「今は娘ちゃんの安全が第一だからね。ゆっくり休んでおいで。」ってさみしいのをこらえてやさしい言葉をかけてくれました。いじめのために主人の実家のみなさんが孫(ひ孫)になかなか会えなくなってしまったという事実も悲しいことです。かわいがってもらってるので。学校との話し合いにもお舅さ [続きを読む]
  • ママ友事情
  • いじめがどうにもならない時よく娘に「全員のお友達と仲良くするのは難しいのかもね。相性もあるしね。」ってなぐさめの言葉をかけてました。それが転校したのがクラス、学校全体、先生と全員仲良くしている学校で。「全員仲良くってできるんだね。」って娘も嬉しそう。子供って感受性が強いのでぴりぴりした雰囲気って敏感に感じ取りますもんね。「先生同士もね、いつもにこにこ話してる。ギスギスがないよ。」って。そしてそして [続きを読む]
  • 最善を尽くす
  • 自分の子供がいじめにあっていると知ってから解決しようと親として最善を尽くしたつもりです。まず状況把握。自分の子に悪かったところはないか徹底的に調べ、悪いところはないにしても何かが気に障ったのではないかという可能性があるのでお友達への接し方を子供と話し合い。それまでにも娘が気をつけていたのは仲間外れになるようなことはしない、自分はゲームが好きだけどゲームをやらない子もいるので自分からは言わない。家に [続きを読む]
  • 子供あるあるからいじめに発展してしまったのは 完結
  • 相手の子達が極端にキレやすく攻撃的になってしまったのは勉強ストレスの他にも家庭内でいろいろあるようでしたが、それは私が口を出せることではなかったと思います。私にできるのは子供たちがうまくいくように娘にアドバイスをしたり子供たちを見守ることくらいでした。でもどれだけ原因をさぐってみてもうちの子が何かしたとか悪いところがあるとかじゃなくてとにかく「ずるい」の一点張りだったのでどうしようもありませんでし [続きを読む]
  • 距離感
  • ものすごく重たい記事を書いてしまったので楽しい記事も♪先日今の学校で初めての懇談会がありました。学校へ娘も一緒に連れて行くと、「あ〜!!娘ちゃんが来たよ!!」って女の子たちが駆け寄ってきてくれてそのままうちの子を連れて遊びに行ってくれました。先生とのお話ではクラスの子たちがうちの子を本当に気にかけてくれているようで心温まるお話がたくさん聞けました。先生自身も子供たちが自発的に話し合って娘が困ってい [続きを読む]
  • 子供あるあるからいじめに発展してしまったのは その2
  • 私の娘がターゲットになってしまった原因は相手の子たちが勉強に対するストレスを抱えていたけれどもそれを家の人に相談できる環境になかったことだと考えられます。特に暴力をふるってきた子は宿題が多くて有名な塾に行っていました。私の印象としては、家で一緒に宿題をしたこともあったので見てましたが勉強に対してじっくりと取り組む子でした。漢字もとっても丁寧で、ぱぱっと書いて終わらせてしまううちの子とは違ってきれい [続きを読む]
  • 2学期
  • 非常に濃い内容だった2学期が終了しました。2学期の初めにケガをさせられた恐怖からの不登校になり、すぐさま今の学校へ迎えていただくことになり、今は放課後お友達に遊びに誘ってもらえるまでになりました!学校で楽しく勉強、美味しい給食を食べ、お友達は優しい。一気に親の出番がなくなって拍子抜け(笑)私の仕事も一段落。これからは受験一色となるでしょうか。しかししかし、娘のいじめの原因というのが相手のお子さんたち [続きを読む]
  • ブレイクダンス
  • 何か習い事を再開させようと思ってる時に、娘がブレイクダンスをしている人をテレビで見て「私も回りたい。」と言い出しまして、早速最寄りのブレイクダンス教室に見学に行ってきました一人では恥ずかしいというので私も一緒に体験レッスン。ブレイクダンスというとおしゃれな若者が躍ってるイメージじゃないですか。他の生徒さんたちはそのイメージ通りのかっこよさで。先生も若い男の方。そこにまざる小学生女子と中年女性。もの [続きを読む]
  • 極寒と筋肉痛
  • いつもはちびっこクラスのお手伝いをさせてもらってる私。昨日は少し年上のクラスに初めておじゃましました教室に入ると見知らぬ大人に興味津々でわらわらと集まってくる子供たち(笑)「今日一日このクラスにお手伝いにきました! rin先生ですっ☆」と変なポーズで言ったら子供たちがわっと笑ってくれたので助かりました。先生ではないのですが子供たちにはわからないことなので(笑)大人は全員、先生呼びで統一です。ちびっこクラ [続きを読む]
  • 子供あるあるからいじめに発展してしまったのは その1
  • ぐるぐると嫌な思い出が悪循環してしまって抜け出せない自分でも消化できないのは玉砕覚悟でぶつかって戦ってないからだろうなぁ。そんなことできるメンタルでもなかったけど。いろんな地域の学校での対応を聞いて情報を集めたところケガをさせた側とした側がいる場合は学校にて先生立ち合いで双方話し合いの上謝罪というパターンが一番多かったです。我が家も学校にそれをお願いしておりましたが叶わず。いじめの件についてもそこ [続きを読む]
  • 勉強法
  • 勉強へのアプローチの仕方は子供の性格によるところが大きいですよね。うちの子は絶対に宿題しなさい、勉強しなさいと親が言ってはダメなタイプ(笑)散々バトルした末に親子でルールを制定。寝る前までに宿題が終わってたらそれでOK。ゲーム時間についてもルールを守ればOK。そんな感じでやってきた子に受験勉強をさせるわけです。しかも受験勉強だよ〜というプレッシャーは一切かけてはいけない!そこで思いついた方法が娘が宿題を [続きを読む]
  • マラソン大会
  • 朝起きると霧がきれいでした。山なのでほんとに霧の中にいるような、そこへ朝日がさしてきて幻想的な美しさ今日は持久走大会でした。近所の人も一緒に子どもたちを応援しました応援するとはにかみながら走っていくのがどの子もかわいかったです。わが子はというと持久走は苦手ながらも歩かずに頑張ってました。一人だけ体操服が違うんですけど、それより何よりサイズがぱっつんぱっつん!子どもも特にきついとか言ってなかったので [続きを読む]
  • 師走
  • 12月入りましたね!年末ジャンボ宝くじも買いました(笑)日雇いパートのシフトはゆるやかになったのでコネ仕事の年賀状作成バイトに書類作成バイト。後は発表会や余興にに使えそうな衣装を作って売ろうかと。何と言っても学費捻出が第一ですのでね。なりふり構わず頑張るしかない。もういじめのことは事故にでもあったんだと思ってやり過ごすことにします☆いじめで苦しんでいる子のために私なりの考えは今後も発信していこうかと [続きを読む]
  • 50%
  • 先日子供と二人っきりでドライブしていた時の会話です。私「前の学校では行くのが怖いって泣いてたけど  今は怖い気持ちはもうない?」娘「あたりまえだよ!今の学校にはいじめがないんだよ。  だから全然怖くなくなった。」しばらく何かを考えている様子の後娘「あのね、2年生の時担任の先生がいじめはダメだって内容の  授業をしてくれたの。  ノートにもいじめはダメって内容の標語も書いてみんなで考えたの。  でも [続きを読む]