popiar さん プロフィール

  •  
popiarさん: いつか来た道
ハンドル名popiar さん
ブログタイトルいつか来た道
ブログURLhttps://popiar.muragon.com/
サイト紹介文人生の棚卸と終活のスタート。焦らず、明るく丁寧に。寄り道しながら、間に合う程度には急いで‥。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 228日(平均2.0回/週) - 参加 2017/09/06 13:08

popiar さんのブログ記事

  • 老人ホームのフロアーで、(席はどこ?)
  • 入居者が、一日の大半を過ごすフロアーの食事の席ですが、決めるにはとても気を使います。 介護度、認知レベル、食事は自力で食べられるか否か、性格、生きてきた舞台。 AさんとBさんは仲良しだけど、隣にCさんが座ったら、どうなるだろうか‥? 90年も違う時間を生きてきた人たちが共に過ごす、フロアーでのささやかな時間。 上手くいっているところは変えたくない。でも、彼方を立てればこちらが立たずで‥、 パズルを [続きを読む]
  • さくら、さくら、「また、春に逢いましょう‥。」 
  • 近づいてくる前から、 大騒ぎして過ごした、桜の日々は通り過ぎ、 季節は、 名残を惜しむのかのように、 時に寒く、時に先を急いでは暑く、 ジグザグと、夏に向って進んでいく、この頃です。 桜はいまは、どのあたり? ふいに、 子供の頃の晴れた日の思い出が、心の中を通り過ぎました。 (北海道は、5月がお花見だったわねぇ‥、) ありがとう、さくら、 今年も、思い出を重ねることが出来ました。 「また、春に逢い [続きを読む]
  • “春旅“2018(その5)「小田原城跡公園」
  • 4月2日。 “桜旅“ 改め “春旅“ 二日目。 「小田原城跡公園」 桜、まだ、咲いていましたねえ‥、 遅咲きの桜が、満開です。 平成28年に改修された新しい天守閣。 思いがけず、綺麗な桜に会えたので、後は、ずう〜っと、一休み。(笑) ベンチに座って、楽しそうな人々を眺めます。 子供遊園地もある公園は、家族連れでにぎわっていました。 着付け体験もあつて、武士姿の外人さん、お姫様姿のお嬢さん、忍者姿の [続きを読む]
  • “春旅“2018(その4) 「小田原さかなセンター」
  • 4月2日 “桜旅“ あらため “春旅“ 二日目。 お目当ては、小田原さかなセンターの、海鮮BBQ。 テレビで何度か放映されました。 漁港の光景です。       向こう岸にうっすらと見えるのは小田原提灯灯台。 (名前の通り、小田原提灯の形、しているんですねえ。) さて、楽しみにしていた「小田原さかなセンター」でのお話です。 ここは、席の予約、魚、野菜、飲料、食堂からの出前等、それぞれが別会計。市場 [続きを読む]
  • “春旅“2018(その3続き)「旅館の朝」
  • 4月2日 “桜旅“ あらため “春旅“ 二日目。 少し心配した朝ごはんは、 私の大好きな、旅館の普通の朝ごはんでした。 「そうそう、これじゃなくちゃ〜、」と、一安心。(笑) お味噌汁には、タラバガニも入っていて、絶品の味。とても美味しく頂きました。 食後に、 coffeeが頂けるので、一階のロビーに降りました。 中庭の池には大きな鯉が優雅に泳いでいます。 試しに呼んでみたら、なんと、次々と、やって [続きを読む]
  • “春旅“2018(その3)「三桝家旅館」
  • “桜旅“ あらため “春旅“ 一日目。 今回の宿は、湯河原の高台にある和モダンな、三桝家。70年続いた料理旅館で、食事は、朝夕共に部屋食です。温泉は源泉かけ流し。 夕食です。 いつも、写真を撮り忘れてしまう食いしん坊な私。 「今日こそは、忘れずに写真撮らなくちゃ、」と、カメラを向けたら、あらあら、スマホは充電切れ〜、 (今回も、写真は途中からになってしまいました。しかも、飛び飛びで‥、) 「造り」 [続きを読む]
  • “春旅“2018(その2)「熱海城」
  • 4月1日。 “桜旅“ あらため “春旅“ 一日目。 「熱海城」     熱海銀座のバス停から、一方周りの “湯〜游〜バス“ に乗り、熱海城に着きました。 昭和34年につくられた、桃山様式の観光用のお城です。      桜は半分くらい残っていたかなあ〜、 お花見会場の中庭は、大勢の人でにぎわっている様子でした。 人込みを避けて、天守閣に直行しました。 天守閣から眺めた、中庭のお花見の光景です。 [続きを読む]
  • “春旅“2018(その1)「古くて新しい街、熱海」
  • 4月1日。 “桜旅“ あらため“春旅“ 一日目。 やってきたのは、最近、若者に人気があるという、古くて新しい街、熱海です。 駅ビルの観光案内所で、パンフレットを頂いて、駅前広場に出ました。 天井にはステンドグラス。 さあ、これから食べ歩き。 駅前商店街の「平和通り」からスタートです。急坂の商店街は、入口から、大勢の若者でにぎわっていました。 先ずは蒸し立ての温泉饅頭から。一軒で一個、食べ比べ。 一 [続きを読む]
  • さくら、さくら(春の色は次々に‥、)
  • 夜勤明け、 明るい陽射しの中、桜並木を歩いています。 これから、何時もの日帰り温泉に。 桜の花は満開を過ぎました。 花の合い間から、葉がチラチラと見えています。 遊歩道わきの、一本桜? こちらは今が満開です。 濃いピンクが鮮やかで、空の青さに似合ってる‥。             (2018/03/30 西東京市) “さくら、さくら“ と、大騒ぎしすぎたからでしょうか、何だか、少し飽きてきて、眩し [続きを読む]
  • さくら、さくら 「お花見散歩」
  • (2017/04/07) 「今年の桜、どこで見ましょうか‥、」 随分考えて決まったのは、 日比谷公園から皇居外苑、北の丸公園までのお花見散歩。 <日比谷公園> 森のレストラン「松本楼」 (13:53) 一階、ガーデンテラスの「本日のLUNCH」です。 いつものように、まずは、“花より団子“ から。 (14:29) しばらく、ベンチで一休み。雲形池と鶴の噴水、桜とビル街を眺めて。 <皇居外苑> [続きを読む]
  • さくら、さくら「ソリッドスクエア」 
  • (2015/03/29) 「川崎駅近くで桜を見ようか、」と言われて、 「?‥、?‥、?‥、」 行き先は、ソリットスクエア、オフィスビル&商業施設です。 川崎駅から歩いて5分。 建物に近づくと、大きな石が所々に‥、 あちらこちらに石のベンチがあって、大勢が桜見ながら休憩中。 入口前から空を見上げてみました。 中に入ると、吹き抜けで人口の水辺がある、 [続きを読む]
  • さくら、さくら 「釜の淵公園」
  • (2014/04/08) 思い出すのは、4年前。 梅で有名だった青梅に、梅ではなくて、桜を見に行きました。 行き先は「釜の淵公園」 大きく蛇行する多摩川の岸辺に作られた、夏は川遊びの人達でにぎわう公園です。 買ったばかりのりのテントをどこで使おうかと、あちこち探して見つけたこの公園。 “お花見半分、dayキャンプ半分“で行きました。 床下収納に入りっぱなしだった非常用の小さなコンロまで持ち出して、 [続きを読む]
  • さくら、さくら (開花、早すぎて‥、) 
  • しばらくでした。 あちらこちらから、花だよりが聞こえるこの頃です。 開花宣言、出ましたね。(でも今年は少し早すぎた〜??) 勤めている、施設の近くの団地の桜は、少し、つぼみが膨らんで、お天気が続いたら、一気に咲きそうです。 (03/19日11:20) 通りの木にも、花が咲きましたよ。これも桜かな?                 (03/22日10:40)追加?? 「やっぱりね、桜だわ‥、」    [続きを読む]
  • (さくら、咲く前に‥、)
  • いつも読んでくださってありがとう。 春待ちわびる心に、ある日、夏になりそうな勢いで、いたずらっ子のように春はやってくる。 夜勤明けにみた、昨日の空です。 初夏のような空模様。 (2018/03/10 西東京市 14:26) 青空の下、桜の木はつぼみを待っていました。 我が家の小さな庭の梅の木にも、花が咲きました。          春の足音を背に、 少しの間ですが、記事はお休みします。 桜、咲く前 [続きを読む]
  • さくら、さくら(夜勤明けのひとり言) 
  • 夜勤明け、何時もの帰り道。 毎年、花を咲かせる団地前の通りには、今年はまだ、花がありません。 顔も知らない、“花咲かせ人“ のことが気にかかります。 「引っ越してしまったのかなあ‥、もしや、病気なの?」 コンビニで、桜の表紙が目について本を買いました。 「一度は見たい!桜の絶景(首都圏版)ぴあ」 ぶらぶらと、歩きながらページをめくって、まずは整骨院に。その後は、何時もの日帰り温泉に。 日帰り温泉の [続きを読む]
  • 老人ホームのフロアーで、「〇〇 sada様」
  • 100歳で亡くなった、綺麗なおばあさんのお話です。 まだ若い頃、突然、目の前でご主人を亡くしてしまったsada様は、めげずに五人の息子を育て上げたものの、その日の悔しさを生涯忘れられずにおりました。 元気だったご主人が、注射を打った瞬間に死んでしまったというのです。 sada様は、医者のミスだと信じて疑わないのですが、その当時のこと、誰も分かりません。 願いは、一日も早くご主人の側に行くことでした [続きを読む]
  • (思い出)小町通り食べ歩き・祇園山ハイキング
  • 二年前のまだ桜には早い三月の晴れた日。 ??「鎌倉に行きたいね、」 ??「小町通りで食べ歩きしたいな、」 ??「hikingがしたい。」 ??「じゃあ、両方ね。」 “小町通りの食べ歩きと祇園山のhiking“に出かけました。 <先ずは、食べ歩きから>  ?コロッケ ¥200×2  ?はんなり稲荷¥250  ?焼きたてせんべい¥50×2  ?クレープ¥300  ?カジキマグ [続きを読む]
  • 春の朝。みた夢は‥、
  • 今日から4日間、連休です。 「初日はゆっくりでいいわ、」と二度寝したら、久しぶりに夢をみました。 どこで知り合ったのかは分からないけれど、どこかの旅行グループと一緒に夜桜をみて、何となく、仲良くなりました。 成り行きで、宴会の席に参加することになったのだけど、 自己紹介をするという時になって、このグループは、外国語のサークルだということに気がついた‥。 おっと、大変、私、話せません。でも、何語なの [続きを読む]
  • 老人ホームのフロアーで、(はじめに)
  • 老人ホームに勤めて、9年近くになりました。 晴れた日には、朝や夕方、富士山が遠くにくっきりと見える、5階のフロアー。 カーテンを開けて、 「富士山が見えるわよ、」と声を掛けると、 「わー、」と声をあげて窓辺に駆け寄ってくるのは、ご自分で歩ける元気な方々です。 車椅子の方には、窓辺にお連れして、手を取って 「ほら、あそこよ、」と方向を教えます。 101歳のお婆さんは、いつも、 「ありがたい‥」と両手 [続きを読む]
  • 夜勤明け 何時もの道で‥、
  • 夜勤明け、 17時間も働いたその後で、時に残業が数時間。 いつもの道を、ふらふらと、半分眠ったように歩きます。 ふいに 呼び止められたように感じては立ち止まり、誰もいないと知ってはいるけど、見渡すと‥、    春の光のその先に、 スポットライトを浴びているような枯れ枝が。 「冬の間、落ちないで、春の光に出会ったんだねぇ‥、」と、 しばし見つめ合い、言葉を交わしたような気持ちになれる夜勤明け、 まん [続きを読む]
  • (思い出)夢見ヶ埼動物公園と白山古墳
  • 二年前になりますが、二月の晴れた午後、春の気配に誘われて、川崎市の「夢見ヶ埼動物公園」に行きました。 江戸城の候補地だったという、小高い丸山を、掲示板を読みながら登っていきます。 登った先には、川津桜が咲いていました。     入口には「天照皇大神神社」があり、見晴らし台から先が無料の動物園。 ロバの写真撮りたかったけれど、お尻を向けたまま、動く気配もありません。撮らせてくれたのは、 「ペンギン」 [続きを読む]
  • 誕生日は嫌い?(その3)
  • この映画、とても良かったです。 タヒチで描かれた絵の背景、現地の少女、テフラとの出会いと別れを描きます。 (本国には奥様と5人の子供、いるんですけどね。) ゴーギャンの生き方、芸術家故に、ハチャメチャなんですが、気持ちよくわかる描き方をしています。 タヒチの景色も、少しトーンを落としたような色合いで、絵の鮮やかさが浮き上がります。 実際の作品と、映像がクロスして、映画は静かに展開していきました。 [続きを読む]
  • 誕生日は嫌い?(その2)
  • 今回私は、誕生日に合わせて多めにお休みが取れたので、 3日(土曜日) の夕方に出向いて、6日(火曜日) の夜勤前まで、ゆっくりと過ごすことが出来ました。 前日。 ??「寒いねぇ、 明日からの予定、希望あるかしら?」 ??「日曜日、10度で曇り後晴れなんだけど頑張って山行く勇気あるかねえ。」 ??「うそ!、トイレ、持ちませ〜ん。 映画行きましょう、(観たいと言っていた映画) やってます。」 ??「映 [続きを読む]
  • 誕生日は嫌い?(その1)
  • 2月5日はkoujiさんの誕生日。 でもkoujiさん、誕生日が嫌いです。 「おめでとうとは言われたくない‥、」 「誕生日は、知らぬ間に通り過ぎてほしい‥、」 ダメ押しの言葉は、 「サプライズは好きじゃないんだよ。」だって。 う〜ん、つまらないなあ‥、 出端を砕かれた私は仕方なく、二年間、手作りのお料理で気持ちだけお祝いしました。 でも、私は(プレゼントも渡したいのよ)と、 使ってもらえそうな物を [続きを読む]
  • 春の色が懐かしい。
  • 明日から、二月。 雪は溶けきらないけれど、時おり、春の気配を感じます。 花の色が恋しくなりました。 写真は、昨年の2月13日。 三浦海岸の河津桜です。 駅近くから、小池ヶ池公園まで、京浜急行の線路沿いを約1キロ、桜道を歩きます。 菜の花も同時に咲き並び、青い空に濃いピンクと黄色。 コントラストがとても綺麗です。 どこか懐かしく感じる田舎の風景を歩きながら、何気ないけど楽しい、そんな時間を過ごしまし [続きを読む]