武学MAS さん プロフィール

  •  
武学MASさん: 武学MAS情報局ブログ
ハンドル名武学MAS さん
ブログタイトル武学MAS情報局ブログ
ブログURLhttp://bugaku-mas.jugem.jp/
サイト紹介文神戸を中心に活動する武学MAS。伝統武術の八極拳、劈掛掌、八卦掌、太極拳、武器術の技術や情報を伝える
自由文ホームページ:http://bugaku-mas.com/
武学MASの公式ホームページには会の行事情報や写真・動画などもアップされています。伝統武術の八極拳,劈掛掌,八卦掌,太極拳,武器術などの紹介もしていますので興味ありましたら是非のぞいてみてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 361日(平均0.8回/週) - 参加 2017/09/06 19:05

武学MAS さんのブログ記事

  • 秋のグループレッスン参加者募集開始‼
  • お知らせです! 「秋の武学MASグループレッスン10/21」 参加者募集開始‼いたしました。今回はアンケートで要望の多かった 定期的に続けて参加できるような内容の グループレッスンとなります。 初心者の方から経験者、 伝統中国武術の 八極拳や劈掛拳(掌) 八卦拳(掌)や太極拳 に興味ある方まで お気軽にご参加ください(*^m^*) 詳細はオフィシャルのホームページより「行事案内」をご覧ください。 ホーム:http://bugaku-mas. [続きを読む]
  • 武学MASの基礎功夫 「弓箭式について」その2
  • 武学MAS基礎功夫「騎馬式〜弓箭式」の動画 動画では武学MASの基礎で学習する立ち方「騎馬式」と「弓箭式」の2種を紹介しています。 前回記事からの続きで 「弓箭式(きゅうせんしき)」について紹介します(^-^) 「騎馬式」については下記記事を参考にしてください。関連記事:「基本の立ちかた「騎馬式(馬歩)」BasicStance」「騎馬式(馬歩)の取り方・つくり方」「続、騎馬式(馬歩)の取り方・つくり方」 前回記事では、 重心 [続きを読む]
  • 最近は…
  • 最近は仕事と家庭と学習に 勤しんでおります。 新しい記事として「弓歩」の紹介記事の構想は 出来上がっているのですが もう少しお待ちください(´・ω・`) [続きを読む]
  • 武学MASの基礎功夫 「弓箭式について」その1
  • 武学MAS基礎功夫「騎馬式〜弓箭式」の動画 動画では武学MASの基礎で学習する立ち方を2種紹介しています。 「騎馬式」と「弓箭式(きゅうせんしき)」と言う立ち方です。 「騎馬式」については下記記事を参考にしていただき関連記事:「基本の立ちかた「騎馬式(馬歩)」BasicStance」「騎馬式(馬歩)の取り方・つくり方」「続、騎馬式(馬歩)の取り方・つくり方」 前回記事からの続きで 「弓箭式(きゅうせんしき)」について紹 [続きを読む]
  • 武学MASの基礎功夫 立ち方(把式)
  • 武学MASで学習する基礎の立ち方を二種紹介します。 立ち方は把式(はしき)とも言われています。 当会ではもっとも基本となる八つの立ち方を つなげて練習する型があります。 その型を「八式」と呼んでいます。 今回は動画でその「八式」の 1:騎馬式↓2:弓箭式(きゅうせんしき) の流れを紹介しています。 騎馬式につきましては以前にも当ブログで紹介しましたので そちらの方を確認していただくとして 関連記事:「基本の [続きを読む]
  • 次回の記事について
  • ここ何回か 武学MASの「思想・哲学」の記事をアップしてきましたので 次回の記事は久しぶりに「武術基礎」の記事をアップしようかと考えております 出来れば写真・動画を入れた記事にしたいと思っております(^-^ ) *武学MASは神戸を中心に八極拳・劈掛掌・八卦掌・太極拳・武器などの中国武術を指導しております。初心者や体力に自信のない方も基本から安心して学習できるプライベートレッスン(個人指導)とセミナーの依頼を [続きを読む]
  • 練習について・6「知己そして生涯学習」
  • 1回「練習について・1「火加減」」、2回「練習について・2「腹八分」」3回「練習について・3「自制心」」、4回「練習について・4「経験値」」5回「練習について・5「厳と勇」」からの続きです。 前回までに 自己を見つめ火加減を調節すること、 強弱の具合を知るには経験が必要であることなどを 長たらしく言ってまいりました。 こう言った調節の強弱に目に見える具体的な数値がある訳ではありません。 そこで必要になってくるのが [続きを読む]
  • 練習について・5「厳と勇」
  • 1回「練習について・1「火加減」」、2回「練習について・2「腹八分」」3回「練習について・3「自制心」」、4回「練習について・4「経験値」」からの続きです。 武術を練習するにあたって学習者には 字訣として「厳」と「勇」が求められます。(字訣とは武術の秘訣を一字でまとめてあらわしたもの) この字訣は八極拳を中心として中国武術・中国拳法を描いた 昔の漫画「拳児」にも取り上げられていますので このブログをお読みの方 [続きを読む]
  • 練習について・4「経験値」
  • 1回「練習について・1「火加減」」、2回「練習について・2「腹八分」」3回「練習について・3「自制心」」からの続きです。 前回まで練習の強度や量についてを料理に例えて 強すぎる火加減は「自分の身を焦がす」ことになると注意を促してきました。 では逆に弱すぎる火加減についてはどうでしょう? 料理では、火が弱すぎると素材に火が通りません。 武術の練習においても同じです、 練習の火加減が弱すぎると 身体と技術に変化は [続きを読む]
  • 練習について・3「自制心」
  • 1回「練習について・1「火加減」」、2回「練習について・2「腹八分」」からの続きです。 前回も記事にしましたが練習で「充分にやった・満足した」は、 自己満足に陥りやすく 武術の練習として効果の面からすれば実は 自分が思っているほど高くないのです(´・ω・`) 「充分やった・満足する」という気持ちは 自分の不安を消すための一つの逃げ口上で 裏を返せば「満たされたい」といった エゴ(我)がそうさせているこ [続きを読む]
  • 練習について・2「腹八分」
  • 前回「練習について・1「火加減」」からの続きです。 私は練習にあたっては、自主練習も含めて 最初の「火加減は弱め」が良いと指導しています。 料理では食材を使いますが、武術の材料は人間ですので 焦げ付いて失敗したからと言って 料理のように材料を捨ててやり直しが出来ないからです(-.-;) 武術練習で火加減が強すぎた場合、 身体を傷つけて練習を中止しなくてはならなくなったり ひどい場合は武術をやめてしまったりと言 [続きを読む]
  • 練習について・1「火加減」
  • 武学MASの練習について、特に練習の仕方・考え方と捉え方などを記事にしてみました記事文章が長くなりましたので今回より数回に分けてアップしていきたいと思いますo(^-^)o 「練習は料理と一緒で火加減が重要です。」 レッスン時に私が練習の仕方・考え方にについて、 それを料理に例えて言うセリフです。 他の例え方もあるとは思うのですが、 料理は多くのかたに馴染みがあり 連想しやすいのでちょうどよく、それで使っています [続きを読む]
  • 第二弾!グループレッスン風景動画「八極編」をアップ中!
  • 2018/5/3に神戸市の湊川公園にて開催しました武学MAS主催「ワンデイグループレッスン八極&劈掛」の 第二弾風景動画八極編を 武学MASのホームページ「ギャラリー」の ムービーページに追加しました。 今回の動画はレッスン中の八極システムの内容が 中心となっています。 レッスンでは套路(型)「大八極拳」の第一段階にあたる 「定・一陰一陽」の学習を主とし その他、「六大開」より 「貼山靠」「纏絲崩捶」と 初級者向けの基 [続きを読む]
  • 八極&劈掛のグループレッスン風景動画アップ中!劈掛編
  • 2018/5/3に神戸市の湊川公園にて開催しました武学MAS主催「ワンデイグループレッスン八極&劈掛」の レッスン風景動画劈掛編を 武学MASのホームページ「ギャラリー」の ムービーページに追加しました。 グループレッスンの当日まで 雨になる可能性があり屋外で気持ちよくレッスンすることが 危ぶまれたのですが、 動画を見ていただくとわかる通りで 「気持ちよーく」晴れてくれましたヾ(≧▽≦)ノ 動画の節々でゴボゴボッ⁉と言 [続きを読む]
  • 現在動画編集中
  • 現在、先日開催しました 「ワンデイグループレッスン八極&劈掛」の レッスン風景の動画を編集中です。 レッスンの雰囲気をお伝えできれば良いなぁと思います。 動画はオフィシャルのYouTubeチャンネルにアップする予定です アップが完了すればまたお知らせします。 *武学MASは神戸を中心に八極拳・劈掛掌・八卦掌・太極拳・武器などの中国武術を指導しております。初心者や体力に自信のない方も基本から安心して学習できるプラ [続きを読む]
  • 無事終了!「ワンデイグループレッスン」
  • 一昨日開催しました、武学MAS主催 「ワンデイグループレッスン八極&劈掛」 大きなトラブルなく 無事終えることができました。 参加された皆様ありがとうございました。 今回、関東・中部・近畿・中国・四国と 遠方の参加者の方が約半数おられました。 武学MASをより多くの方々に知っていただくことも 今回のレッスンの一つの目的としておりましたので とても嬉しく思っています。 協力いただきましたアンケートから 今回のグルー [続きを読む]
  • 明日、5/2受付〆切です!!
  • 5/3憲法記念日に開催する「ワンデイグループレッスン八極&劈掛」の参加受付〆切が明日に迫っております。レッスン参加をお考えの方はお早めに申し込み受付フォームよりお申込みくださいm(_ _)m 現在、本拠地神戸市以外の他府県の方々からも お申込みをいただいております、 「武学MAS」をより多くの方々に知っていただける機会に恵まれることを とてもうれしく思うと同時に感謝いたしますm(_ _)m [続きを読む]
  • 5/3ワンデイグループレッスン八極&劈掛まであと10日
  • 5/3武学MAS主催「ワンデイグループレッスン八極&劈掛」まで あと10日となります。 今回のレッスンに向けて馴れないソフトを使いながら やっとこさ 「レッスンの手引き」を 完成させました。 ちょっと一息入れることができそうです。 参加される予定の方には プライベートレッスン受講者もおられます。 武術は「彼我」の関係の中で行われるものです 稽古や鍛錬は内に向けるものが主体ですが 応用や実践ではそれが外に向かうことと [続きを読む]
  • 武術で使う単式(たんしき)ってなに?
  • 武学MASでは、井澤老師より学んだ伝統武術をシステム化してレッスンしています。 そのなかには八極、劈掛、八卦、太極、武器などの各システムが含まれます。 今回は「単式(たんしき)」について少し 説明します(*^-^*) 以前、説明した「套路(とうろ)」が各システムの表現法を訓練・学習するものであれば 「単式(たんしき)」は套路を作る一つ一つの動作を 切り取ったものと言えます。 武学MASでは、一つの動作からなるものを [続きを読む]
  • 5/3 ワンデイグループレッスン八極&劈掛in神戸
  • 来月の 5月3日(木)憲法記念日に 本拠地神戸にて 「ワンデイグループ体験レッスン八極&劈掛」を開催します。 武学MASの八極システムと劈掛システムの型を一日かけて体験しながらレッスンしていただく企画です。普段触れることの少ない伝統武術の型を楽しんでいただくことが出来ると思います。 興味ございましたら 詳細は当会ホームページの行事案内をご覧ください! [続きを読む]
  • ホームページと連動
  • 当ブログのカテゴリー「武学MAS思想・哲学」を ホームページの「武学MASとは」の項目に 「武学MAS思想・哲学」として 新しいページで連動させました!! 武学MASを一人でも多くの方に知っていただければ 嬉しいです(・∀-)b [続きを読む]
  • 練習時カンフースーツ着ません!!
  • 前回のブログで 八極システムや劈掛システムの 写真・動画が撮れそうと書きました、 今週の日曜日に家族の協力を得て何とか撮れました(*^m^ ついでに太極システムと八卦システムも撮れました。 撮影にあたって 久しぶりにカンフースーツを着ました 「えっ練習の時とかカンフースーツ着ないの?」って思った方おられませんか? 私はほぼ普段着で練習です、 「練習時カンフースーツ着ません!!」 ですから撮影時にカンフースーツ着て [続きを読む]
  • 動画と写真が撮れそうです!
  • 最近なかなか暇がなくて 新しい武術の動画や写真を 撮る時間を取れなかったのですが(´口`) 近いうちにその時間が取れそうですヽ(o・ω・o)ノ 撮るなら動画は八極システム「大八極拳」の套路で、 写真は八極システムの「六大開拳」かな(-ω-;) 後、劈掛システムの「基本四路」なんかも撮りたいし 太極システムの陳スタイルと楊スタイルの写真も少ないよな〜 時間が許す限りいろいろと撮りたいですね(。-&foral [続きを読む]
  • 「六大開」は形じゃない!
  • 武学MASの八極システムには 「六大開」があります。 この「六大開」は八極システムの核心となる学びの段階で 以下の六つの単招式(短い動作のコンビネーション)からなります。 一路:第一開 「貼山靠(てんざんこう)」 二路:第二開 「纏絲崩捶(てんしほうすい)」 三路:第三開 「猛虎硬爬山(もうここうはざん)」 四路:第四開 「按掌寸捶(あんしょうすんすい)」 五路:第五開 「挑打頂肘攔捶(ちょうだちょうちゅう [続きを読む]
  • 八極拳は人気拳種
  • 武学MASとして プライベートレッスンを始めてもう一年近くが立とうとしています。 伝統武術の持つ素晴らしい思想と技術群の 愉しさと厳しさを伝えることができるよう工夫する毎日です*´∀`)ノ 武学MASでは八極、劈掛、八卦、太極、各種武器術を システムとして全て学習できるように レッスンを個人に合わせて組み立てていくのですが レッスンを受けていただいた方の多くが八極拳に興味をお持ちのようです。 日本にお [続きを読む]