happiness さん プロフィール

  •  
happinessさん: 心のデトックス
ハンドル名happiness さん
ブログタイトル心のデトックス
ブログURLhttps://ameblo.jp/pisces-21/
サイト紹介文天聖経訓読で心のデトックスをしていきます。 毎日の訓読の効果はいかに...
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供301回 / 229日(平均9.2回/週) - 参加 2017/09/07 00:28

happiness さんのブログ記事

  •  蕩減条件は、自分自身が立てなければなりません。
  •  蕩減条件は、自分自身が立てなければなりません。他の人が代わって立てることができるものではありません。堕落は、主管圏を失ったことを意味します。復帰のためには、他の人がある関心をもったとしても自分自身の確固とした主体性をもっていかなければなりません。  他の人はどんな道を行くとしても、私が行く道は忙しいのです。横でどんな言葉を言ったとしても、ここに気を使う暇がないのです。夜寝る時間がありません。定着 [続きを読む]
  •  皆さんは、「生きた人間」の哲学を探究しなければなりません。
  •  皆さんは、「生きた人間」の哲学を探究しなければなりません。いつも私がどのようにすればあの人を、先生に、 または皆さんに導いてくることができるのかを考えなさい。その人たちが、皆さんに引かれてくることができるようにしなさい。 このようにするためのただ一つの方法があるのですが、先生はその方法を知っています。それは、他の人に仕える精神です。人間には自分自身に利益になるものがあるときは、いっでもそ ちら側に [続きを読む]
  •  私が生命を捧げ、悪を屈服させれば、神様の愛が私に来ます。
  •  私が生命を捧げ、悪を屈服させれば、神様の愛が私に来ます。これは公式的です。秤(はかり)の分銅と同じです。片方が下がれば、もう一方は上がるようになっているのです。悪を多く取り除けば善が上がり、悪が多くなれば善が下がるのです。悪を取り除いただけ愛を受けるのです。 ですから、誰よりも私を愛しなさいというのです。神様をもっと愛しなさいと言うのは、神様を愛するほど神様の愛をたくさん受けるというのです。すなわ [続きを読む]
  •  統一教会の幹部の中に、公金や物質の扱いを誤って、
  •  統一教会の幹部の中に、公金や物質の扱いを誤って、人情で自分の家庭を中心として公金を使い、心情的に蹂躙(じゅうりん)する人がいます。それは、自分の息子、娘の前に毒薬を配給するのと同じです。間違いありません。サタン世界ではこれが引っ掛かるのです。公金に対してはどうすべきか、公金にどのように対すべきか、公的なことをどう決定し処理すべきか、統一教会の牧会者は、今後、一大革新をしなければなりません。(46-95,1 [続きを読む]
  •  食口が離れていったと、失望してはいけません。
  •  食口が離れていったと、失望してはいけません。不思議なのは、一人の食口が出ていけば、その人と性格も、話し方も、歩き方まで似た人が入ってきます。どの面を見ても、不思議なほど出ていったその人ととても似た人であ りながら、すべての面でとびきり立派な人たちが入ってきます。そのようなことを見るとき、精誠を尽くしたことは失われないということが分かります。これは間違いない事実です。(42-162,1971.3.4) にほんブログ [続きを読む]
  •  皆さんは血統を通して神様の息子、娘であることを証し、
  •  皆さんは血統を通して神様の息子、娘であることを証し、真理を通して神様の息子、娘であることを証し、生活を通して神様の息子、娘であることを 証し、仕事を通して神様の息子、娘であることを証し得る基準を求めて立つことができなければなりません。この基準を求めることができないならば、教会に来て信仰生活をしていても、それは小間使のすることにすぎないのです。(3-40,1957.9.15) 여러분은 혈통을 통해 하나님의 아들 [続きを読む]
  •  人倫は何を通じて形成されるのかといえば、情を通じて形成されます。
  •  人倫は何を通じて形成されるのかといえば、情を通じて形成されます。家族関係や道徳観念、社会制度、秩序というのは、全部情緒的な面です。情を先に感じた、それが長くなったとか次元が高いということになれば、そこに頭を下げるようになります。皆さんは、それを知らなければなりません。人倫形成の動機は情からです。父母が子女を愛するところから人倫が始まります。子供が父母を愛するところから真の人間関係は成立するのです [続きを読む]
  • 神様が喜ばれ、悲しまれることをいつも鑑別しながら生きる人は、
  • 神様が喜ばれ、悲しまれることをいつも鑑別しながら生きる人は、悪い人になろうとしてもなれず、天の法度に 背こうとしても背くことができません。そのような男性は、いくら美人が誘惑しても堕落しません。そこに同化されないというのです。(40-297,1971.2.7) 하나님이 기뻐하시고 슬퍼하시는 것을 항상 감별하면서 사는 사람은 악한 사람이 되려 해도 될 수 없고, 하늘의 법도에 어긋나려 해도 어긋날 수 엇습니다. 그런 남 [続きを読む]
  •  侍る場に同参するためには
  •  侍る場に同参するためには、今まで悲しんでこられた神様を慰労してあげることができ、悲しい精誠の事情に同参することのできる内容を備えなければなりません。これを紹介し、それに伴う蕩減条件を神様の前に立てるために出てきたのが復帰原理です。(17-245,1967.1.29) 모심의 자리에 동참하기 위해서는 지금까지 슬퍼해 나오셨던 하나님을 위로해 드릴 수 있고 슬픈 정성의 사연에 동참할 수 있는 내용을 갖추어야 합니다. 이 [続きを読む]
  •  これから皆さんは、侍る生活をしなければなりません。
  •  これから皆さんは、侍る生活をしなければなりません。今までの信仰生活は信仰によって救いを受けましたが、 これからは侍ることによって救いを受ける時代です。 本来堕落しなかったならば、神様に侍ることによって私たちが行くべき道を歩むのです。侍るには、皆さんの生活と心で共に侍らなければなりません。 (150-213,1961.4.15) 이제부터 여러분은 모심의 생활을 해야 됩니다. 지금까지의 신앙생활은 믿음으로 구원을 얻는 [続きを読む]