ヒトリスト さん プロフィール

  •  
ヒトリストさん: ヒトリストの登山
ハンドル名ヒトリスト さん
ブログタイトルヒトリストの登山
ブログURLhttp://hitolist.jp
サイト紹介文鈴鹿山系と比良山系の日帰り中心に、年に数回北アルプスや南アルプスでテント泊縦走してます。
自由文平成26年から登山をしているサラリーマンの40代半ばの男です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 97日(平均5.3回/週) - 参加 2017/09/07 10:55

ヒトリスト さんのブログ記事

  • 10月5日 剣沢キャンプ場〜立山三山〜龍王岳〜雷鳥沢キャンプ場パート2
  • 別山に到着して、ザックをデポして、別山北峰を目指します。山と高原の地図には、剣岳の眺めが良いと書かれています。北峰到着。ケルンがありました。それでは、北峰からのパノラマです。まずは、立山、富士山、針ノ木、スバリ岳。裏銀座。針ノ木岳と裏銀座の間に富士山が見えます。左から鹿島槍ですが、北峰は隠れています。次のピークが爺が岳、岩沢小屋岳、鳴沢岳、赤沢岳と続きます。後立は去年歩きました。赤沢岳が絶景でした [続きを読む]
  • 剣沢キャンプ場〜立山三山〜龍王岳〜雷鳥沢キャンプ場
  • 朝2時ころ目が覚めてトイレに行ったのですが、めちゃくちゃ寒い。上下ダウンでも寒い。これは、太陽が出るまで活動したくない寒さ。今日のCTは、龍王岳の往復を考慮しても7時間ほど、全く急ぐ必要はない。別山でご来光を見ようと思っていたけど、寒いのであきらめて、寝袋に入ってもう一眠りしました。テン場でモルゲンロートに染まる劔を見るのも悪くない。4時過ぎに起きて、食事の準備をしました。ドン兵衛のノーマル味のリフ [続きを読む]
  • 10月4日雷鳥沢キャンプ場〜劔沢キャンプ場〜剣岳〜劒沢キャンプ場パート6
  • カニの縦ばいを越えて、やれやれです。少し進むと、10番目の鎖場、カニの横ばいが出てきました。山ガール2人が取りついていました。山ガール2人が無事にクリアするのを待って、自分も進みます。まずは、縦に下ります。高度感のある場所を横にすすみます。赤いペンキで足の置き場が示されているので、そのとおり行けば良い。ここは、最初の足さえ置ければ何の問題もないでしょう。短いのであっという間に終わります。横にトラバ [続きを読む]
  • 10月4日雷鳥沢キャンプ場〜劔沢キャンプ場〜剣岳〜劒沢キャンプ場パート5
  • 剣岳山頂に向けて進みます。また長い鎖場が出てきました。5番目です。この鎖場は、高度感があって長いので、ここがカニの横ばいかと思ってました。カニの横ばいよりここのほうが、難所っぽい気がします。6番目の鎖場です。ここは、全く問題ないでしょう。剣岳少しガスってます。空は快晴なんですが。ガスが晴れた。一瞬だけでしたけど。もう少しで着きそうです。7番目の鎖場です。平蔵の頭らしい。ここも問題ないと思います。も [続きを読む]
  • 10月4日雷鳥沢キャンプ場〜劔沢キャンプ場〜剣岳〜劒沢キャンプ場パート4
  • テントの受付を済ませようとしましたが、管理人は不在にしてますと張り紙してありましたので、少し休憩した後、サブザックを用意して剣岳のピストンに出発です。管理棟の脇を下っていきます。剣岳は微妙にガスの中。青空なんですけどね。今日は、昼から快晴と思ってたんですが。青空と紅葉が本当に美しい。剣沢小屋から剣山荘をパシャリ。美しいカールです。一服劔に向けて、登りが始まります。サブザックなんで本当に楽です。チラ [続きを読む]
  • 10月4日雷鳥沢キャンプ場〜劔沢キャンプ場〜剣岳〜劒沢キャンプ場
  • 雷鳥沢キャンプ場は、稜線上にないので、ご来光は見れません。朝4時前に起きて、空を確認すると、完全に曇ってました。しかも寒い。ご来光は見れないので、もう少し寝ます。5時ころに起床して、朝食をとりました。最近、朝食はカップラーメンのリフィルとおにぎりかパンにしてます。カップラーメンは昼食に食べることが多かったですが、水場がないと水を400グラム運ぶ必要があり、軽量化できませんので、朝食に食べるようにな [続きを読む]
  • 10月3日室堂〜雷鳥沢キャンプ場
  • 10月3日から10月6日の日程で立山、劔、奥大日岳と縦走してきました。白馬に行こうと思ってたのですが、6日から天気が崩れるという予想外の展開になり、行先変更しました。事前の天気図からは、7日から崩れる感じと思ってたのですが、少し早まりました。プランB発動です。木曾駒で痛めた左足首の不安もあるので、CT的に楽なプランなので安心です。急いで仕事から帰宅して、11時30分に自宅を出発。グーグルマップでは、湖 [続きを読む]
  • 10月1日 上松Aコース木曽駒、宝剣岳日帰りピストンパート5
  • 清水岳、自宅に帰ってきて、ブログを書きながら写真を見ていると、行けば良かったと後悔してます。次は必ず行きます。下山木曾駒への登りと巻道の分岐に来ました。もう一度、木曾駒に登って、ランチにすることにしました。山頂は相変わらず人が多い。ロープウェイなかったら、たぶん、10人もいないんではないでしょうか。絶景を見ながら、ソースカツ丼弁当をいただきました。30分ほどゆっくりして下山です。この絶景を見ながら [続きを読む]
  • 10月1日 上松Aコース木曽駒、宝剣岳日帰りピストンパート4
  • 宝剣岳を目指しますよ。ヤマップとかブログとか見てると、宝剣岳は岩場で危険みたいなこと書かれてるし、ヘルメット着用推奨になってるし、破線になってるし、どんな岩場かワクワクします。鎖場は、ここと、もう1か所。あっけなく、山頂に到着。岩場は、ほとんどないと言ってもよいです。難所もない。高度感もない。破線にしなくても良いと思います。宝剣岳は、難所でないですよ。心配無用です。高所は苦手な自分でも大丈夫です。 [続きを読む]
  • 10月1日 上松Aコース木曽駒、宝剣岳日帰りピストンパート3
  • ここからは、宝剣岳への稜線歩き、絶景のオンパレードです。南アルプスの北側と富士山ですね。南アルプスの南側と富士山。小屋を入れて南アルプス。北アルプスまでくっきり見えます。御嶽山です。今日は、噴煙あがってない。八ヶ岳かな。宝剣岳と空木岳への縦走路。テン場。いつか泊まってみたいテン場の1つ。上松Aコースから空木岳までテン泊縦走もいいかも。空木岳は、5時間くらいでピストンできるけど。中岳ゲット。八ヶ岳が大 [続きを読む]
  • 10月1日 上松Aコース木曽駒、宝剣岳日帰りピストンパート2
  • 金懸小屋を出発です。金懸小屋直近の水場は枯れてますので、あてにしないように。まだ5合目なのに胸突き8丁、早すぎ。気持ちの良い平坦な道が続きます。ラクダの背どういう意味だ。御嶽山が見えてきました。かっこいい。この山は、名前が分からない。展望が見えました。霜柱です。まだ、10月1日なのに。8合目まで来ました。ここから、道が悪くなり、歩きにくくなりました。仏像が設置されていました。まだ新しい。ようやく、 [続きを読む]
  • 10月1日 上松Aコース木曽駒、宝剣岳日帰りピストン
  • 天気が良いのを見計らって、前から日帰りピストンしたかった木曽駒が岳の上松Aコースに行きました。前泊で、できるだけ下道で行き、750円だけ高速使いました。登山口を確認しに行きました。登山口からパシャリ、明日はここから登ります。近くのコンビニ駐車場の片隅で車中泊。翌朝、登山口に到着すると、車は1台だけ。日曜日で快晴予報なので、満車でとめられなかったらどうしようと思ってたのに杞憂でした。車の中に人がいま [続きを読む]
  • 9月25日 武平峠〜御在所〜イブネ〜雨乞岳〜武平峠パート3
  • 今日で最終章にしたいです。イブネを下って、佐目峠を通って、杉峠を目指します。杉峠到着。この杉が目印やったのだろうか。千種街道は織田信長が鉄砲で狙撃されかけた場所らしいです。なんと、村があって小学校なんかもあったらしい。杉峠からの急登をこなし、稜線に乗ると、ススキ畑。びわ湖が見えます。少し霞んできた。雨乞岳到着。展望はないんです。東雨乞岳が見えます。東雨乞岳到着。ランチ中のグループがいました。ここの [続きを読む]
  • 9月25日 武平峠〜御在所〜イブネ〜雨乞岳〜武平峠パート2
  • さて、イブネへの直登ルートを行くことにしました。初めての道でうれしい。かなり崩れた沢を登るようです。しかも、崩れたのが新しい感じがして、危険そう。落石注意。本当にこんなところ行くのか?さすが鈴鹿のコース。下は滑るし、ほぼ、垂直に近い所をこのロープを頼りに登ります。厳しい道に不安になります。こんな所でけがでもしたら、電話は圏外、いつ人が通ってくれるか分かりません。大キレットよりも恐ろしい。登ったとこ [続きを読む]
  • 9月25日 武平峠〜御在所〜イブネ〜雨乞岳〜武平峠
  • 鈴鹿のヒルがいないのが分かったので、好きなコースに行って来ました。武平峠の分岐まで登ってきました。今日は、天気が良い。鎌が岳が美しい。もう少しで御在所岳山頂。今日は最高の天気です。山頂から、霊仙まで見えます。何度も来てるけどいいね。これから行くイブネとクラシ。その後に行く雨乞岳。左の双耳峰が仙が岳。まだ、ロープウェイが動いていないので、静かでなお良い。観光客が多いと興ざめの御在所岳です。三角点。水 [続きを読む]
  • 9月22日 綿向山訓練山行
  • 前回ヒルも見なかったので、綿向山にまたやって来ました。9時34分に出発。山頂10時35分到着。1時間で到着。今日は、風が強く、ガスで見えない。寒い。寒いのでおにぎり食べてすぐ下山。11時22分に下山。1時間48分で終了。いちおう、CTは4時間です。 [続きを読む]
  • 9月19日 綿向山訓練山行
  • そろそろ涼しくなってきたので、ヒルも少なくなってきたのではないかと、鈴鹿山系の綿向山へ訓練山行へ行きました。8:50に出発。無駄に立派な避難小屋。必要性あるのか?税金で建ててるならもったいない。西明寺へ下りられます。7合目。これも7合目にあります。山頂到着。雨乞まで行けます。山頂から。鎌が岳が見えます。雨乞岳とイブネが見えます。釈迦が岳と竜ヶ岳。駐車場まで戻りました。10:50です。2時間で終了で [続きを読む]
  • 三上山訓練山行
  • 夜勤明けで、三上山に訓練山行。登山口まで走ります。家を出るとき、妻にどこ行くのか聞かれて、三上山まで走って登ってくると言うと、三上山まで送ろうかと。ありがたいが、それじゃ訓練にならないが、三上山まで走って登るのが考えられないらしい。たいしたことないんですが。見えてきました。登山口到着です。中腹まで来ました。びわ湖がきれいに見えます。山頂到着です。そこそこの景色です。後は、下るだけなんですが、下りが [続きを読む]
  • 9月5日 北穂テン場〜槍ヶ岳〜上高地パート7
  • さて、槍ヶ岳山荘に到着ですが、この快晴で槍ヶ岳山頂に登れるとは、なんとも幸せ。3年前は、ガスで真っ白で何も見えなかった。早速、荷物をデポして空荷で登ります。この日は、どんくさい登山者が少なく、多少の待ち時間はあったもののサクサク山頂まで登れました。3年前は、ここの梯子に少しビビッてましたが、多くの山行経験を積んで、梯子に対する恐怖感は0になりました。こういう慣れてきたときに、事故をしそうなので気を [続きを読む]