morimorimoi さん プロフィール

  •  
morimorimoiさん: ドラマ好き 連ドラ楽しみですね
ハンドル名morimorimoi さん
ブログタイトルドラマ好き 連ドラ楽しみですね
ブログURLhttp://doramarendora.seesaa.net/
サイト紹介文ドラマの視聴しての感想、あらすじに沿っての感想。閲覧記録でもあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 97日(平均7.3回/週) - 参加 2017/09/07 12:22

morimorimoi さんのブログ記事

  • わろてんか  (37)「風鳥亭、羽ばたく」
  • わろてんか   37話「風鳥亭、羽ばたく」てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は念願の寄席を手に入れたが、座布団や湯のみなど備品の用意をしておらず、啄子(鈴木京香)にあきれられてしまう。万丈目(藤井隆)ら芸人の協力を得て開業準備を始めたものの、肝心の寄席の出演者が決まらない。そこで藤吉は客が呼べる落語家を探し回るが、新規開店の小さな寄席に出演してくれる人は見つからなかった。そんなある日、藤吉はてんの一 [続きを読む]
  • トットちゃん! 31話
  • トットちゃん! 31話あらすじ yahoo!japanテレビから引用】東洋音楽学校で声楽を学ぶ徹子(清野菜名)は、気分で歌っていると教師に怒られ、かつての母・朝(松下奈緒)と同じ口パクを余儀なくされてしまう!また父・守綱(山本耕史)からは、女性の幸せは夫に守られ家庭を築くことだと諭され、徹子は、子供に上手に絵本を読んであげられる母親になろうと決心する。そんな折、NHK専属俳優募集の広告を見つけ、NHKで勉強すれば夢を叶えら [続きを読む]
  • わろてんか  36話 「ふたりの夢の寄席」
  • わろてんか  36話 「ふたりの夢の寄席」てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)が買うはずだった寄席を、興行師の寺ギン(兵動大樹)が即金で買うと割り込んできた。金を用意できない藤吉はあきらめようとするが、てんは意を決して京都の実家へ向かう。母のしず(鈴木保奈美)は帰るよう諭すが、てんは「今日は娘ではなく、商人として来た」と言い放つ。そして、父の儀兵衛(遠藤憲一)に借金を申し込み断られてしまうが、そこへ祖 [続きを読む]
  • わろてんか  35話 「ふたりの夢の寄席」
  • わろてんか  35話 「ふたりの夢の寄席」てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は待望の寄席を亀井(内場勝則)から譲ってもらえる約束を取り付け喜んだが、最後の難関・啄子(鈴木京香)の説得が残っていた。キース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)が啄子に寄席開業を認めさせると説得を買って出るが、まったく歯が立たない。てんと藤吉は早朝家を出たままの啄子を心配して町を探すと、藤吉が買おうとしている亀井の寄席の客席で [続きを読む]
  • トットちゃん! 30話
  • トットちゃん! 30話あらすじ yahoo!japanテレビから引用】昭和24年。母・朝(松下奈緒)とともに疎開先の青森から帰京した徹子(清野菜名)は、背が高く端正な顔立ちの牧師と運命的に出会い、恋に落ちる。徹子は、取り壊されず残っていた乃木坂上倶楽部でカレーを食べようと牧師をデートに誘う!一方、朝の父・周通(佐藤B作)の訃報が届き、朝は徹子を連れて北海道の原乃へ向かう。同年・冬、徹子と朝は、シベリアからの復員兵に父・ [続きを読む]
  • わろてんか  34話 「ふたりの夢の寄席」
  • わろてんか  34話 「ふたりの夢の寄席」突然風太(濱田岳)が京都から現れたが、いつもと違うその様子にてん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は訝(いぶか)しがる。藤吉が亀井(内場勝則)を訪ねると、寄席を売って取り壊すことに決めたと言われ藤吉はショックを受ける。だが亀井の本意は寄席をこのまま残すことだと信じるてんは、もう一度藤吉と一緒に亀井の元を訪ねた。そして寄席を自分たち夫婦に任せてもらえれば、また昔の [続きを読む]
  • トットちゃん! 29話
  • トットちゃん! 29話あらすじ yahoo!japanテレビから引用】昭和24年。母・朝(松下奈緒)とともに疎開先の青森から帰京した徹子(清野菜名)は、背が高く端正な顔立ちの牧師と運命的に出会い、恋に落ちる。徹子は、取り壊されず残っていた乃木坂上倶楽部でカレーを食べようと牧師をデートに誘う!一方、朝の父・周通(佐藤B作)の訃報が届き、朝は徹子を連れて北海道の原乃へ向かう。同年・冬、徹子と朝は、シベリアからの復員兵に父・ [続きを読む]
  • トットちゃん! 28話
  • トットちゃん! 28話あらすじ yahoo!japanテレビから引用】昭和24年。母・朝(松下奈緒)とともに疎開先の青森から帰京した徹子(清野菜名)は、背が高く端正な顔立ちの牧師と運命的に出会い、恋に落ちる。徹子は、取り壊されず残っていた乃木坂上倶楽部でカレーを食べようと牧師をデートに誘う!一方、朝の父・周通(佐藤B作)の訃報が届き、朝は徹子を連れて北海道の原乃へ向かう。同年・冬、徹子と朝は、シベリアからの復員兵に父・ [続きを読む]
  • わろてんか  33話 「ふたりの夢の寄席」
  • わろてんか  33話 「ふたりの夢の寄席」藤吉(松坂桃李)はリリコ(広瀬アリス)からひいきの旦那と金目当てで結婚すると聞き、猛反対するがリリコに拒絶されてしまう。夜中に藤吉とリリコが痴話げんかしていたという噂が長屋に広がって、それを聞いたてん(葵わかな)はショックを受ける。だが啄子(鈴木京香)から藤吉のことを信じるのが大事だと諭され、てんは藤吉の寄席探しを再び後押しする。一方京都では、てんの父・儀兵 [続きを読む]
  • わろてんか  32話 「ふたりの夢の寄席」
  • わろてんか  32話 「ふたりの夢の寄席」藤吉(松坂桃李)は近所の廃業した寄席を一目見て気に入り、てん(葵わかな)の後押しもあって、その寄席を手に入れようと決める。だが持ち主の亀井(内場勝則)は偏屈者で、藤吉の話を聞こうとすらしない。蓄えを切り崩す生活の中、啄子は日銭を稼ごうと芸人のアサリ(前野朋哉)に手伝わせて野菜の行商を始め、てんも昼は食堂で働き、夜はお針子の内職をして寝る間もない。ある晩、藤吉 [続きを読む]
  • 監獄のお姫さま 4話
  • 監獄のお姫さま 4話スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-
    ad-client="ca-pub-2319340877501515" data-ad-slot="8039649770">馬場カヨの元旦那が会いに来
    た。 夫は、刑務所の中にいる完璧じゃない妻の事を喜んでるように見えた。 しかし、夫との面会
    中にも冷静にというあいかわらずの「冷静にさん」 要点し.. [続きを読む]
  • トットちゃん! 27話
  • トットちゃん! 27話あらすじ yahoo!japanテレビから引用】空襲の激しさ増す東京で身の危険を感じた母・朝(松下奈緒)は、徹子(豊嶋花)を連れて青森の農家・佐々木を頼りに疎開するが、居候の身として迷惑をかけまいと、畑の隅にある小屋で徹子との2人暮らしを始める。青森での日々は流れ、日本は終戦を迎えた。それから3年後の夏、15歳となった徹子(清野菜名)の登場で物語は大きく動いていく!一方朝は、働いていた村の農業会を辞 [続きを読む]
  • わろてんか  31話 「笑いを商売に」
  • わろてんか  31話 「笑いを商売に」てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は啄子(鈴木京香)を連れ、芸人たちが住む貧乏長屋に引っ越した。啄子は寄席開業を夢見る藤吉に、一月経ってもメドが立たなければあきらめろと釘を刺す。てんと藤吉は寄席小屋探しに大阪中を歩き回るが、良い物件は見つからず焦り始める。万丈目(藤井隆)ら長屋の住人たちが、もち米の代わりに雑草で餅を作っているのを見た啄子は、彼らに塩を節約するケ [続きを読む]
  • トットちゃん! 26話
  • トットちゃん! 26話あらすじ yahoo!japanテレビから引用】空襲の激しさ増す東京で身の危険を感じた母・朝(松下奈緒)は、徹子(豊嶋花)を連れて青森の農家・佐々木を頼りに疎開するが、居候の身として迷惑をかけまいと、畑の隅にある小屋で徹子との2人暮らしを始める。青森での日々は流れ、日本は終戦を迎えた。それから3年後の夏、15歳となった徹子(清野菜名)の登場で物語は大きく動いていく!一方朝は、働いていた村の農業会を辞 [続きを読む]
  • 陸王 3話
  • 陸王 3話飯山に掛けると決めた宮沢。やりがいのない仕事を続けるのは就職できないよりも辛いのかもと大地に言う友達。陸王チームの始動。と共に、機械が動き始める。こう言う所うまいですね。茂木がついに!!!陸王を履き始める。宮沢は諦めずに、もう一度茂木選手に売り込みに行く。こう言う所すごいな!って思います。熱意!熱意!熱意!融資をお願いしに行くも、実績を作ってから着て下さいと言われる。二次面接が決まる大地 [続きを読む]
  • わろてんか  30話 「笑いを商売に」
  • わろてんか  30話 「笑いを商売に」てん(葵わかな)は笑いが好きな藤吉(松坂桃李)のため、米屋はあきらめて寄席経営を始めようと提案する。だが啄子(鈴木京香)の猛反対にあい、計画はあえなく頓挫。北村屋の家土地を売った代金で借金を返済した啄子は、引っ越しの朝、店を隅から隅まで丁寧に掃除して北村家代々の先祖に泣いて謝った。てんは北村家の嫁として、これから厳しく指導して欲しいと啄子に頼み込むが、嫁と認めた [続きを読む]
  • トットちゃん! 25話
  • トットちゃん! 25話あらすじ yahoo!japanテレビから引用】空襲の激しさ増す東京で身の危険を感じた母・朝(松下奈緒)は、徹子(豊嶋花)を連れて青森の農家・佐々木を頼りに疎開するが、居候の身として迷惑をかけまいと、畑の隅にある小屋で徹子との2人暮らしを始める。青森での日々は流れ、日本は終戦を迎えた。それから3年後の夏、15歳となった徹子(清野菜名)の登場で物語は大きく動いていく!一方朝は、働いていた村の農業会を辞 [続きを読む]
  • わろてんか  29話 「笑いを商売に」
  • わろてんか  29話 「笑いを商売に」店を取り上げられまいと必死に抵抗する啄子(鈴木京香)を見て、藤吉(松坂桃李)は捨て身の芝居を打って高利貸しを退散させる。てん(葵わかな)は店にある米を最後の一粒まで売り切ろうと決心した藤吉を助け、大阪の町中を一緒に売り歩く。万丈目(藤井隆)の店でご飯を食べるてんと藤吉は、そこに居合わせたキース(大野拓朗)たち芸人が景気づけに披露してくれた芸を見て、久しぶりに腹の [続きを読む]
  • わろてんか  28話 「笑いを商売に」
  • わろてんか  28話 「笑いを商売に」藤吉(松坂桃李)が北村屋の家土地を担保に、高利貸しから借金していたことを知った啄子(鈴木京香)は激怒する。てん(葵わかな)は啄子から京都へ帰れと言われるが、意地でも帰らないと言い張った。藤吉の窮地を救いたいてんは、貿易に詳しい伊能(高橋一生)を頼って相談に行くが、藤吉と一緒になるのは間違いだと諭されてしまう。藤吉はふがいない自分にむち打つように、少しでも米を売ろ [続きを読む]
  • トットちゃん! 24話
  • トットちゃん! 24話あらすじ yahoo!japanテレビから引用】空襲の激しさ増す東京で身の危険を感じた母・朝(松下奈緒)は、徹子(豊嶋花)を連れて青森の農家・佐々木を頼りに疎開するが、居候の身として迷惑をかけまいと、畑の隅にある小屋で徹子との2人暮らしを始める。青森での日々は流れ、日本は終戦を迎えた。それから3年後の夏、15歳となった徹子(清野菜名)の登場で物語は大きく動いていく!一方朝は、働いていた村の農業会を辞 [続きを読む]
  • 監獄のお姫さま 3話
  • 監獄のお姫さま 3話スポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-
    ad-client="ca-pub-2319340877501515" data-ad-slot="8039649770">とっても、わちゃわちゃして
    て(笑)面白かった・・・新しい刑務官の沙也香と、姫こと、江戸川しのぶ2人の新入りが自立と共
    生の刑務所にやってきた!刑務官の方も、犯罪者の方も新入.. [続きを読む]
  • わろてんか  27話 「笑いを商売に」
  • わろてんか  27話 「笑いを商売に」藤吉(松坂桃李)はキース(大野拓朗)のもうけ話に乗り、外国からパーマ機を大量に買いつけたが、その機械が欠陥品だと分かってぼう然となる。てんは家に戻って来ない藤吉を心配してあちこち探し回り、リリコ(広瀬アリス)の家にいるところを見つけてショックを受ける。藤吉はキースを捕まえるためリリコの家で待ち伏せしていたと言い訳するが、それを信じられないてんはリリコの家に上がり [続きを読む]
  • トットちゃん! 23話
  • トットちゃん! 23話あらすじ yahoo!japanテレビから引用】空襲の激しさ増す東京で身の危険を感じた母・朝(松下奈緒)は、徹子(豊嶋花)を連れて青森の農家・佐々木を頼りに疎開するが、居候の身として迷惑をかけまいと、畑の隅にある小屋で徹子との2人暮らしを始める。青森での日々は流れ、日本は終戦を迎えた。それから3年後の夏、15歳となった徹子(清野菜名)の登場で物語は大きく動いていく!一方朝は、働いていた村の農業会を辞 [続きを読む]
  • トットちゃん! 22話
  • トットちゃん! 22話あらすじ yahoo!japanテレビから引用】空襲の激しさ増す東京で身の危険を感じた母・朝(松下奈緒)は、徹子(豊嶋花)を連れて青森の農家・佐々木を頼りに疎開するが、居候の身として迷惑をかけまいと、畑の隅にある小屋で徹子との2人暮らしを始める。青森での日々は流れ、日本は終戦を迎えた。それから3年後の夏、15歳となった徹子(清野菜名)の登場で物語は大きく動いていく!一方朝は、働いていた村の農業会を辞 [続きを読む]
  • わろてんか  26話 「笑いを商売に」
  • わろてんか  26話 「笑いを商売に」藤吉(松坂桃李)がほとんど店に姿を見せなくなり、北村屋の使用人たちは店の先行きに不安を覚える。てん(葵わかな)は藤吉を信じて店の仕事に精を出すが、手代までが辞めてしまい、その負担が啄子(鈴木京香)にのしかかってきた。無理がたたって腰を痛めた啄子は、てんについ弱音を語ってしまう。そのころ藤吉は、キース(大野拓朗)が持ち掛けてきたもうけ話で一山当てて店の借金を帳消し [続きを読む]