椿 そら さん プロフィール

  •  
椿 そらさん: 心美人に生きよう
ハンドル名椿 そら さん
ブログタイトル心美人に生きよう
ブログURLhttps://ameblo.jp/uranaiartist/
サイト紹介文日々の小さな気付きの中で、心豊かに暮らせるように。心の芯から美人になる方法を綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 342日(平均1.7回/週) - 参加 2017/09/07 13:10

椿 そら さんのブログ記事

  • 中庸の超パワーをもつ土地
  • 今日は長野県原村のお隣、山梨県の北杜市へ来ました。吐竜の滝。天然のミストが気持ち良いです。美し森の羽衣の池。日本百名山の多くが長野県に集中しています。すぐお隣のここ山梨にもこんな気の良い山々があります。この八ヶ岳山麓、清里にある美し森からは数々の山と富士山がのぞめます。ある研究者によると、八ヶ岳の8つの山のうち4つはアルカリ性の岩石から、残り4つの山は酸性の岩石からできているらしく、4 : 4でアルカリ性 [続きを読む]
  • 君の名は。の神社
  • 長野県に来てます。好きすぎて旅はいつも長野になってしまう。新海三社神社。新海監督の映画、「君の名は。」の口噛み酒を奉納する神社のモデルになった神社らしいです。新海監督の名前もこの神社が由来だとか。夜は"星の降る村" 原村で流れ星を6つ見ました?宿泊先のペンションに咲く百日草、夜の顔です。夜は花も艶っぽく見せますね。 [続きを読む]
  • 人生のハイライト
  • 一番長い部分で腰らへんまであった髪をバッサリ、ボブにしてみました。いやー、約10年ぶりの短さ。やっぱり髪って、今までの記憶とか匂いとか思いとかを吸い込んでるんだろうな。過去から解放された爽快感。失恋したら切る理由分かる。昨日、今日で3人と話したけれどやっぱり人から話を聞くのが私は心から好きなんだな、と実感。ああ、この人はこんな風に世界を見てるんだなあと知るのがとても楽しい。人の感性に触れるのが好き。 [続きを読む]
  • 中間こそが、心地良い場所
  • ゴリゴリのファンタジーが昔から苦手だ。魔法とか聖獣とか空飛ぶ絨毯とか。非現実でぬたくられた世界にどうも抵抗がある。かといってゴリゴリの現実だけでは味気なさすぎる。ファンタジーと現実の中間。そのスレスレを漂うのが心地良い。カフェ巡りが好きな女子は多いと思う。しかし私はカフェよりも自然散策を選んでしまう。自然には現実の中にファンタジーが住んでいるから。カフェはどちらかというと現実の色が濃く浸潤している [続きを読む]
  • ネガティブは才能だ
  • 「お前って本当、 根暗だな。」以前、言われたことがあります。たぶん今も変わらず根暗ってます。とにかく私はけっこうな心配性で基本ネガティブな人間です。ガスの元栓は外出するまでに何度も何度も調べます。扉が壊れるんじゃないかって程ガンガンガンガン何度も取っ手を引っ張って施錠の確認をします。ひどいとさっき 絶対 鍵したでしょ、と自分で分かっていても来た道を引き返してもう一度確認しに行きます。なかなかのクレイ [続きを読む]
  • 夜想曲
  • 「お前って本当、 根暗だな。」以前、言われたことがあります。たぶん今も変わらず根暗ってます。とにかく私はけっこうな心配性で基本ネガティブな人間です。ガスの元栓は外出するまでに何度も何度も調べます。扉が壊れるんじゃないかって程ガンガンガンガン何度も取っ手を引っ張って施錠の確認をします。ひどいとさっき 絶対 鍵したでしょ、と自分で分かっていても来た道を引き返してもう一度確認しに行きます。なかなかのクレイ [続きを読む]
  • 玄関で人間力が試される
  • 私は毎朝 玄関にて人間力を試されています。毎朝少しドキドキしながら開ける自宅玄関のドア。ドアを開けてすぐの石畳の上に1ヶ月前から育て始めた花があるのです。「良かったー! 今日も生きてたー!」と花の無事を喜ぶのが日課。なんせ花枯らしキングの異名で家族の間で有名だった私です。そんなキングな私が1ヶ月も花を育てているのがなかなかの奇跡だったりするのです。花を育てるって、人間力が試される、ということ。植物っ [続きを読む]
  • 幸せな人がためているモノ
  • それはお金です。って、身も蓋もないことを言ってみましたが今回はそうではありません。お金をたくさん持っている人が幸せとも限らないので。じゃぁ 幸せな人がためているモノって?それはおしっこです。・・・静かにページを閉じようとしたアナタ!ちょっと待ちたまえ。(何様)今おしっこと打ち込んでいるワタクシの顔は超真面目です。真顔の北斗のケンシローみたいな顔してます今。明日から二宮金次郎になれるんじゃないかって [続きを読む]
  • SAKAE SP-RING 2018
  • 晴天の本日はSAKAE SPRINGへ行ってきました。名古屋市の都心部にあるライブハウスを点々として色々なアーティストを見てまわるというものです。お昼のトンカツ&1日フリーパス。出演アーティスト表。ライブハウスからライブハウスへ歩きすぎておケツが2つに割れました…撮影OKのものをのせてます。宇宙まおちゃん。お寺の御堂でのライブ。斬新すぎる。め組。熱いバンドです。あとはグッバイフジヤマとかおいしくるメロンパンとか見 [続きを読む]
  • 自己顕示と自己嫌悪は双子の兄弟
  • という言葉を最近知りました。幻冬舎の社長見城徹さんの言葉です。自分をアピールしたい気持ちが仕事の原動力になる。様々な世界で活躍している人は皆 自己顕示欲が強い。しかしその一方で同じ分量の自己嫌悪が必要なのだ。魅力ある人間は必ず自己顕示と自己嫌悪が双子のようにつながっている。その2つを揺れ動くからこそ人としての幅が生まれ魅力に映る。心が運動するとそこに風がおこり熱が発生する。それがその人のオーラなの [続きを読む]
  • 愛ある人は、刻む人です。
  • 愛の反対語は憎しみではなく、無関心です。と、よく聞きますが私なりにもう少し突っ込んで考えてみると、愛の反対語は忘却のように思います。忘れること、が愛の無い行為のように感じています。「無関心」とは、これまでに関係のなかった者(物)をも指す場合がある言葉です。しかし「忘れる」とは、一度関係があった者(物)に関心が無くなることを指す言葉です。これまで心の中にあった者(物)、に関心が無くなる方がちょっと重いんで [続きを読む]
  • 散歩が心を若くするワケ
  • 最近 おなかがポッコリはんなので少しだけ散歩したり走ったりするようになりました。日差し対策のためのキャップ&パーカーとスウェット。パーカーとスウェットはUNIQLO。キャップは3COINSで150円。旦那が「クソだせぇキャップ」と言ってきますがそんなの関係ねえっ!(古)むしろクソだせぇキャップをかぶって町を闊歩する自分になぜか優越感すら覚えます。どや!かぶってやったぞ!みたいな。クソだせぇキャップを着こなす自分、逆 [続きを読む]
  • 「自然が一番」教の信者
  • 人は不自然なのをとても嫌います。不自然な顔、不自然なふるまい、不自然な出会い。整形したり歳にそぐわない服を着たり出会いの場を求めたり。「そんなに頑張んなくてもさ、自然に任せてればいーじゃん。」て、ナチュラルであること、自然が一番美しいでしょ、と「自然が一番」教の信者がぼちぼちいるように思います。私なりの「自然」の類語を挙げるとすれば「普通」とか「格好いい」です。 確かに歳にあった自分の見せ方、逆ら [続きを読む]
  • 何も無いけど満たされてる
  • 昨日、行ってきました「森、道、市場」。愛知県 蒲郡市のラグーナで行われる音楽フェス&市場のことです?ビーチで音楽フェスをしたり、ラグーナの遊園地内でパン屋さんやカフェ、飲食店、ハンドメイドの小物屋さんなどが所狭しと小さなテントで出店したりしています。音楽フェスの合間をぬって遊園地のアトラクションで遊んだりバラ園を見たりが入場料の3000円ポッキリで楽しめるので、かなりお得なフェスでした!クオリティーの高 [続きを読む]
  • つれづれゆるゆる日記
  • 久々の更新です?4月や5月のGWの色々をのせてみます^ ^4月はサチモスのライブへ行ったり友達にネイルしたりコメダへ行ったりしました。GWはキャンプへ行きました。テントはったり強引にコンロでバーベキューしたり。皆さん炭から火を起こすガチなキャンパーだったのでコンロで焼肉してるゆるゆるキャンパーは私達だけでした。ついにはフライパンで焼きそば。こんな感じのGWでした。最近は運動不足なのに食べすぎてるしおとといは化 [続きを読む]
  • あなたのせいではないから
  • 更新がずいぶん遅れてしまいました。汗おととい、なばなの里へ行ってきました。今年初めての桜の写真が撮れました。最近よく思うのです。自分は何の原因も作っていないのに受け入れなければならないことがこの世界には、あるということ。突然事故にあってしまったのは自分の行いが悪かったからだ、と考える時があるけれど全てが因縁で片付けられるものではなかったりします。何の説明もつけられず、自分の身の上に”ただ起きた現実 [続きを読む]
  • 桜の季節、変化の時。
  • 昔、6年ほど前に撮った桜の写真。今とは明らかにとれる写真が違う。昔は世界がこんな風に見えていたのか、と客観的に自分というものが分かります。今の私が桜の写真を撮ったら一体どんな風になるのだろう。当時とは視点も違うし見る角度も、惹かれるポイントも、おそらく違う。必ず違う写真になる。もうじき春本番がやってきます。桜の季節は、変化の時。自分の写真はどう変わっているだろうか。今の写真を好きになれるかな。今年 [続きを読む]
  • 偉大な力を持つ言葉
  • - モーンガータ -スウェーデンの言葉で、水面にうつった道のように見える月明かり。その国にしかない言葉があります。「切ない」のように日本語にしか表せない言葉も。2人の間でしか分からない言葉もあります。2人で過ごした時間だけが作り上げる事ができる言葉。それは合言葉のように一瞬で空気を変えてしまうような偉大な力を持っています。私達は太古の昔から気の遠くなるような時間をかけて地球の、国の、家族の、2人のたった1 [続きを読む]
  • 感性を鋭くする3つの方法
  • 感性を鋭くする=五感を強める。だとすると、中でも嗅覚は大事になってきます。鼻が利く、という言葉もありますね。嗅覚を磨く方法で特に大事だなと思う3つは① 雨あがりに散歩をする② 腰を低くする③ プルースト効果雨あがりや雨降りの最中には私たち人間を含めて動植物などあらゆる物の匂いが強くなりますね。特に暑い時期、水に濡れると植物などは放出する分泌物をより周りに広げるそうです。それが雨あがり、土や植物の匂いが [続きを読む]
  • 大切な物は怒りの奥にある
  • 昨年後半で考えさせられたのが「怒り」について。私生活で何度か向き合わされる場面がありました。そんな中で「ああ、怒りってこういうことか。」と自分なりに気付いたことがありました。なぜ 怒りという感情が湧いてくるのだろう?怒りの根本原因は?怒りの正体って?結論、怒りとは「喪失の表現」だということです。悲しみも喪失の表現の一つ、だと思うのですが怒りもまた喪失の表現の一つ、だと思うのです。"奪われた"と感じる [続きを読む]
  • キレイな人は穴が開いている
  • っていう、あんまりキレイには思えないタイトルから始まりましたけれども。決して毛穴のことではないです。むしろ毛穴は引き締めていきたい。この場合の穴というのは、目、鼻の穴、耳の穴のことです。めんどくさいので(オイ)目もザックリ穴ってことにしました。以下は聞いた話です。「女は見られて美しくなる。」とよくいいます。脚を細くしたかったら、スカートをはきなさい。つまり脚を人に見せる(見られる)ようにしろ、と。しか [続きを読む]
  • 2018年の抱負
  • あけましておめでとうございます?昨年末に訪れたフェス、レディオクレイジーの会場です。会場内には神社が設置してありました。この神社にお参りをすると、半紙に書き納めできるとの事でした。↑こんな風に。てことで、書いてみました。↑旦那の好きな言葉です。笑道草や無駄が好きな私とは真逆。笑いやー、だだスベりでした。ふざけているように見えてけっこう真剣に書いてます。2018年の抱負はずばり「破!!」ハッ!!と気合い [続きを読む]
  • 内臓は表情に表れる
  • 今日は奈良へ行ってきました。かーしー(鹿)の耳を思う存分クンクンしてきました。やっぱり「太陽光で満たされた森林」みたいな匂いがしました。本当に良い匂い。「内臓は表情に表れる」と最近聞きました。内臓の状態が顔や表情に表れるみたいです。月経など、内臓は宇宙とつながっていてう◯こは大便って言いますが「大(宇宙)からの便り」っていう意味があるみたいです。大いなる存在からの便り。「大」の字って、五角形なので星を [続きを読む]
  • 心が開く時のサイン
  • 3、4日に一回のペースで更新すると言いつつ前回から見事に一週間経ってしまいましたゴーーーーン。これからは週一になるかもです。汗「心が開く」という感覚、日常の中で味わえる人ってとても幸せな人だと思います。知らない内に開いている事ってあるとは思うのですがそれをその都度自覚できる人は実はあまりいないのかもしれません。心が開く時のサインは人それぞれだとは思いますがやはり「自然と溢れてくるもの」がサインとなる [続きを読む]
  • 運の良い人がしていること
  • 人が行動する時の大きな二本柱って好きか、嫌いか。関係あるか、ないか。ではないかと思います。二つ目の柱、関係あるか、ないか。つまり「テリトリー意識」ですね。結論、テリトリー意識を広げている人が運の良い人だということです。人は目には見えなくても、生活する中で自分が関与する幅を自然と決めているものです。自分に関係あると思えば入り込んで行くし、関係無いと思えば触れようとしないし。自分の欲求に素直で実はとっ [続きを読む]