綱田ツナ さん プロフィール

  •  
綱田ツナさん: 日々、楽しく
ハンドル名綱田ツナ さん
ブログタイトル日々、楽しく
ブログURLhttp://mochikax2.hatenablog.com/
サイト紹介文面白かった本のこと、日々感じたことを楽しく綴ります!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 97日(平均2.7回/週) - 参加 2017/09/07 16:21

綱田ツナ さんのブログ記事

  • 定食は偉大だ!
  • 小さい頃はなんだか変わり映えしなくて、定食屋さんって好きじゃありませんでした。がっ!年とるにつれ、抜群の安定感にやられついつい入ってしまいます。理想は近所にある個人経営のお店ですが、ないので大戸屋に行くことが多いです。あとは、最近定食を置いているカフェも見つけたのでそこもしょっちゅう行きます。…という私の話は置いといて、定食屋さんを題材にしてる小説って結構あるなーと思い紹介します。小路幸也さんの定 [続きを読む]
  • 10年後に思いを馳せて…
  • 久々にアンソロジー小説を読みました。オリンピックが終わってから、10年後の世界を描いた小説。恩田陸、山内マリコ、小路幸也、宗田理などの有名どころです。ヴァーチャルリアリティが進化したら、実際に"出かける"とか"会う"という行為は著しく減るだろうなーと思いました。通勤・通学から旅行などが減るわけだから鉄道会社や航空会社が受けるダメージはかなりあるかも…いや、その前に人口減少でやられる方が先か。今はガラケー [続きを読む]
  • ハワイで買ったもの
  • ブランド物にあまり興味がないのとそんなお金もないのでプチプラ中心の買い物日記です。・パイナップルトート20ドルくらい・ハワイ限定のレスポートサック(ポーチ)30ドルくらい・お揃いで買ったワンピースABCストアで30ドルくらい・ビーチサンダルこっちもABCストア。20ドルくらい。あとは、お土産に100ドルくらい使ったかなー。5万円を換金してほぼ使った(笑) [続きを読む]
  • ハワイで便利だったもの。
  • 11月に3泊5日でハワイに行って来ました。帰って来てから随分経つけど、備忘録的に便利だったものを書きます。・ユニクロのウルトラライトダウンちっちゃくなって便利かも…と思いました。トレンチはスーツケースに入れるとシワになる。・100圴の折り畳みスリッパ主に機内用だけどホテルにスリッパないとこ多いので、部屋でも使えます。帰りに捨てても惜しくない。・ウェットティッシュおしぼりがない飲食店が多いので。あとは、外 [続きを読む]
  • ティアラと肉子
  • 漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)を読みました。タイトルにもなってる肉子ちゃんのキャラが憎めなくて好きだな。娘のキクりんも大人びているけど、しっかり子供の部分があってリアリティがある。作中に出てきた缶詰のミートソースに残り野菜入れて煮込んだミートソーススパゲティが美味しそう。同じくシングルマザーのティアラ。本屋さんのダイアナ (新潮文庫)肉子ちゃんは太ってるけど、ティアラは綺麗。どちらも男の人に恵まれない [続きを読む]
  • 理想or現実逃避?
  • 11月上旬に友達の結婚式でハワイに行って来ました。初ハワイ。5年振りの海外旅行(前回は台湾)行く前は随分緊張したけど、楽しかった!ハワイにはまるの分かるよ。のんびりとしていて、ハワイ文化、アメリカ文化が程良い感じであるの良いね。お店の店員さんやレストランのウェイターさんなど接客業を日本と比べると全然違う。良く言えば大らか。悪く言えば雑。ただ、接客受けていてとっても楽。言葉の問題や旅行マジックもあると [続きを読む]
  • きびきびからのだらだら
  • 今週のお題「休日の過ごし方」シフト勤務のため、不定休です。なので、平日休みの日は美容室や病院、銀行など事務処理を済ませます。美容室は平日だと予約が取りやすいし、平日午前限定で安いメニューがあるお店もあっておトク。あまり遅くまで寝てないで、8時には起きてトーストとコーヒー飲んで出発。お昼食べて帰ってきてから、洗濯機回してる間に掃除してからの…だるんだるん。甘いもの(アイスが多い)とドリップコーヒーを [続きを読む]
  • お料理探偵系
  • 先日、近藤史恵さんのを読みました。というのも、私は公共図書館に勤めているのですが購入する本を選ぶ際カタイ本を推すことが多い後輩が「ビストロシリーズが動いてたから、これも動きそう!」と言ってたので読んでみました。5月くらいに納品されたとおもうのですが、棚に戻ってきたのはつい最近。やっぱりそれなりに動いてるな。タイトルからファンタジー系?って思ったけど、そうではなくてカフェのオーナーが月の前半2週間を休 [続きを読む]
  • やっぱり、これ!
  • 今週のお題「私の癒やし」本ですね。整理とかの実用書も良いけど、やっぱり小説が一番の息抜きになるかも。自分とはかけ離れた人達の話を見たい、現実逃避したいってことなんだと思います。そこに、コーヒーや紅茶があれば最高ですね。仕事のお昼休憩も15分くらいでご飯食べて後の45分はひたすら読書。本当にこれがリラックス。今はこれ読んでます↓ [続きを読む]
  • それって必要?
  • 11月頭に友達の結婚式のため、ハワイに行きます。パスポートは先月取得し今日はESTA(電子渡航認証システム)の申請をしました。これが結構面倒で、心折れそうになりました。日本語ページはあるけど、入力は英語だから住所の入力がとにかく時間かかりました。普段、英語で住所書くことなんてないからね。で、不思議だったのがなんで職場の情報の項目があったのか?しかも現在または過去に働いていた経験はあるか?という質問。もし [続きを読む]
  • 行ってみたい場所(現実編)
  • 今週のお題「行ってみたい場所」モロッコです。数年前までは休みとお金の都合が付けば行けたのだろうけど、今は治安良くないみたいだからどうなんでしょうね。昔からアラブの文化に憧れがあって、西と東の狭間みたいな場所でモロッコに興味があります。モスクを見るだけなら、代々木上原に行けばってはなしですが。→東京ジャーミイトルコ文化センターのことね。もし、行けたらモスクを含めた建物をとことん見て、市場でバブーシュ [続きを読む]
  • 行ってみたい場所(妄想編)
  • 今週のお題「行ってみたい場所」絶対行けないけど、19世紀初頭のロンドンに行きたいな。ドレス着て、馬車乗って、アフタヌーンティーが希望です(笑)馬車は難しいけど、執事喫茶でドレス付きのプランとかないかなー。あるいは、横浜や神戸の洋館でそんなプランやってくれませんか?妄想を掻き立てる一冊。現代日本でビクトリアン時代の生活をする老婦人やメイド達のおはなし。時代考証等しっかり調べているのでらリアリティばっちり [続きを読む]
  • 何度も読みたくなる絵本
  • 今週のお題「読書の秋」うさぎのラビッタちゃんがおつかいに行くというお話なんですが、ラビッタちゃんが可愛くていじらしくて応援してしまいます!そして、この本の素晴らしさは色彩が鮮やかでうさぎの毛のフワフワ感など丁寧に描かれています。舞台が東欧?なのか民族衣裳や市場などディテールか凝っていてきちんと調べているように思います。作者のかじりみな子さんは、本作が一作目。次回作が楽しみな作家さんです。 [続きを読む]
  • シンプる
  • 一時期流行ったラインストーンやらシールを貼って物を飾る"デコる"行為。最近はその逆で、洗剤やシャンプーを無印のシンプルな容器に詰め替えたりと"シンプる"人を多く見かけます。ドラッグストアで売ってる洗剤やシャンプー、歯磨き粉、ハンドクリーム…などなどパッケージの派手さにうんざりします。派手じゃなくても並べると、統一感がなくて洗面台が散らかった印象に。詰め替えるのが面倒な人間なので効果に差がないと思ったも [続きを読む]
  • ほっこり
  • 今週のお題「読書の秋」大人になってから、子供の本を読むことはほぼ無かったです。仕事で読まなくてはいけなくなり読んだのですが、出会って良かったと思えるくらい素敵な作品です。高楼方子さんの対象年齢は、中学生くらいかな。主人公も中学生だし。ただ、読み応えがかなりあって大人でも満足できます!耳をすませば好きな人には、グッとくると思う。あらすじは、十一月荘に住み始めた爽子の二ヶ月の物語と爽子が書く「ドードー [続きを読む]
  • 連休に思うこと
  • 接客業のため、土日や祝日は関係ありません。一瞬で下火になったプレミアムフライデーは、ハナから対象になっていません。三連休は今日のみお休みなので、友人とランチに行きました。台風だし空いてるかな?って思ったけど、新宿はどこも混んでいました。やっぱり、天気が悪かろうと土日祝日は混むね…プレミアムフライデーが始まったとき、サービス業の人は恩恵ないじゃんという意見もありました。ええ、本当に。混むことが予想さ [続きを読む]
  • おじいちゃんは、コックさん
  • 今週のお題「私のおじいちゃん、おばあちゃん」今は亡き母方の祖父の話。祖父は、若い頃ホテルで西洋料理の修行をした後、洋食屋をしていました。私が生まれた時には店は閉めていたのですが、同居していたので母が仕事でいないの日のご飯は祖父が作ってくれていました。オムライス、ナポリタン、卵スープ、ラーメン…思い出すだけでお腹がへってきます。材料揃えて、何時間も手間ひまかけて作る料理じゃなくて家にあるものでぱぱっ [続きを読む]
  • みんな持ってるもん!
  • 小さい頃に、○○ちゃんも△△ちゃんもみんな持ってるから欲しい!と、おもちゃや文房具を親にねだったことはありませんか?考えると、その時の"みんな"の総数は多くて5人くらい。クラス全体の女子を調べた訳ではない。そして、自分自身が欲しいかどうかはビミョウ。みんな(5人以下)が持ってるヤバイ!という焦りから欲しかったんだよね。当時は、みんな(5人以下)と違うと見られることを極度に気にしていました。三十路も過ぎ [続きを読む]
  • 妄想の生活用品
  • 固定費が浮いたら…・今治タオルフェイスタオル2枚をバスタオル仕様に。色はブラウンが良いな。・マークスアンドウェブの洗顔フォームビジュアル重視で買ったハンドソープの匂いにノックアウトされ、ボディソープも使っています。さっぱりした香りが良い!・一保堂のほうじ茶味がしっかりしていて、美味しい。鳥獣戯画のパッケージもかわいいぞ。 [続きを読む]
  • 固定費について考える
  • 食費をチマチマ下げるより家賃などの固定費を下げる方がよっぽど節約になるというのが最近言われていますよね。やっぱり都内は、家賃が高い…他にも光熱費・通信費と合わせて固定費でお給料の半分を持っていかれます。スマホ代だけでも安くしようと思って格安シムに変更しました。月々6,000円くらい安くなった。イエイ!次は、一番の強敵である家賃を斬りこみたい、、、シェアハウスに引っ越そうと思っています。そうすれば、自動 [続きを読む]
  • 月3万
  • 読みました。薄給の会社員をやっています。もう少し時間に余裕がある仕事がしたいなと思います。さてさてこの本は、月三万の仕事を3つから5つして生活しては?という問いかけから具体的なビジネスの紹介をしています。それも、自然環境にプラスになることや人と人を繋げる仕事だったりと自分以外にも還元できる内容。その仕事だけで生活するのは、無理だけど何個かやれば確かに生活できそう。読んでいて思ったのは、何だってできる [続きを読む]
  • 勝手にキャスティング
  • 原田マハさんの読みました。タイトルの通り、日本初の女性総理とその夫(鳥類の研究者)が様々な陰謀やらトラブルを乗り越えていくストーリー。そう遠くない将来女性が総理になるだろうし、既婚の場合もある。ドイツはそうだしね。そんな世の中甘くないとツッコミたくなる展開もあったけど、コメディ要素もありとても面白い作品でした。女性総理の相馬凛子は、美人で仕事のできるタイプ。総理の夫の日和(ひより)は、おぼっちゃま [続きを読む]
  • どうやら、○○バブルが崩壊しつつあるようです!
  • なんだか、ラノベのタイトルみたい(笑)ちなみに○○に入る言葉は"神様"です。宗教の話でもなんでもなく、 サービス業のお話です。もともと三波春夫が言ったことを間違った意味でマスコミが報道してクレーマーの常套句になったのは有名な話。"お客様は神様です"でググると、この事を書いたページがたくさん出ます。(詳しいことは、グーグル先生へ)最初と最後の文章くっつけて、全く違う意味の神になったようです。言うなれば、勘 [続きを読む]
  • 年収を一日で使う
  • 年収分のお金を1日で使うと聞くと、どこぞのお金持ちか宝くじに当たった人という特異な人物を思い浮かべるように感じます。まぁ年収といってもピンからキリまでなので、とりあえず3,000,000としましょう。簡単に書くと、300万。ゼロが多くて合ってるか不安になる…高級車や貴金属、不動産の購入ではなく、サービスしてもらうのに1日で300万を使う。それもお金持ちでも宝くじが当たったわけでもない普通の人が行う。ものすごく奇妙 [続きを読む]
  • スペードの女王
  • 中学生くらいの時に、父の書斎から引っ張り出して読んだけど全くわかりませんでした。未だに海外文学は苦手です(笑)本の話ではなく、この間ボーナスが出たので初のブランド物を買いました。ケイト・スペードのパンプスです!ブランド物じゃないとおっしゃる方もいそうですが、原産国(?)にはブランド物という翻訳語があるのかどうか怪しいのでいいや。まぁ、これを読んで良い靴を買おうと思ったのが発端です。長く履けるペタンコの [続きを読む]