グローバルファースト さん プロフィール

  •  
グローバルファーストさん: グローバルファースト
ハンドル名グローバルファースト さん
ブログタイトルグローバルファースト
ブログURLhttp://globalfirst.jp/
サイト紹介文外国人との仕事、海外留学・生活、国際結婚・恋愛、英語の勉強、海外旅行、等を紹介する情報サイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供773回 / 317日(平均17.1回/週) - 参加 2017/09/07 20:58

グローバルファースト さんのブログ記事

  • 英語力を伸ばす方法とは?目的に合わせた勉強をしよう!
  • オーストラリアに住み始めて5年が経ちます。オーストラリアに来た当初は英語力は低く、話す事もほとんどできませんでした。相手が何を言っているかということもわからず、愛想笑いでごまかすことも多かったです。日本に住んでいると英語を話す機会はほとんどありませんから、英語力が自然に上がるということもありません。ここでは、なぜ私は英語力を上げることができたのかという事についてお話ししたいと思います。現地の学校に [続きを読む]
  • オーストラリアの病院とは?公立よりも私立が安心
  • オーストラリアに約5年住んでいます。日本では、風邪をひいたら近くの内科に行き、目の調子が悪くなれば眼科に行き、そこですべての処置をしてもらえますよね。日本の医療システムはなんて素晴らしいんだろうと感じます。私はオーストラリアという国は好きですが、オーストラリアの医療システムについては改善すべき点がたくさんあると思っています。ここではその点についてお話させていただきます。GPという場所 最初にGPに行く [続きを読む]
  • 乳児を連れて飛行機に乗る!何を準備したら良いんだろう?
  • 最近、赤ちゃんを連れて海外に行くという人も増えましたよね。しかし、赤ちゃん連れの海外旅行は忘れ物がないかどうか、いざという時に現地のものを買いたいと思っても、現地のものは大丈夫なのか、そもそも海外にはどのようなものがあるのか、などと不安になる人も多いではないでしょうか。そもそも赤ちゃんを何時間も飛行機に乗せて、泣いたらどうしよう、と思う人もいるかもしれません。私は夫がベルギー出身で8ヶ月の息子がい [続きを読む]
  • カンボジアへの移住!海外に行きたい理由は人それぞれ!?
  • カンボジアに移住し、今はこの国で生活をしています。最近では海外で就職をするという人も増えましたから、移住や海外転勤も珍しいものではなくなりました。ここでは、私がカンボジアに移住して仕事をどのように探したのか、ビザや生活費等は一体どのようになっているのか、という事についてお話ししたいと思います。仕事の探し方 日本人は仕事が見つけやすい!?カンボジアという国は発展途上国ではありますが、現在安定した経済 [続きを読む]
  • TOEICよりもハイレベルなTOEFL!その効果的な勉強法とは!?
  • イギリス以外の英語圏の国に留学したいと思う場合、TOEFLの試験が必要になります。願書を提出する時、TOEFLの結果も併せて提出しなければいけないということがほとんどです。その場合、TOEFL iBTというものが必要になります。TOEFLと言われても、TOEICと何が違うのかわからないという人もいるかもしれませんね。TOEICというのは非英語圏に住む人、特にアジア人向けの試験だと考えられています。それに対してTOEFLというのは英語圏 [続きを読む]
  • ネパール人の夫との子育て!子育て上の問題とは?
  • ネパールの男性と結婚した息子と一緒に3人で九州に住んでいます。出産し、子供は寝ているだけだと思っていたらあっという間に元気に走り回るような年齢になってしまいました。時が経つのは早いものです。基本的には子育ては楽しいですが、やはり大変だったり難しかったりすることもたくさんあります。そんな大変だと感じることの中には、父親であり夫である男性がネパール人だから、つまり考え方や文化が違うということによりなか [続きを読む]
  • イタリアで暮らしでの奇妙な体験!働かない国民性?
  • イタリアに15回訪問、6ヵ月レストランで働いた経験があり、現在はイタリア人の彼氏がいる28歳女性です。そんなイタリア好きな私ですが、イタリアを観光するのと、実際に住んだりイタリア人と多くの時間を過ごすことは全く異なること。そこで、イタリアで暮らすとこんな裏側が見えてきちゃう。。というびっくりエピソードをご紹介しようと思います。銀行の窓口 なかなか担当者に会えない!イタリア、ローマのレストランで働い [続きを読む]
  • 旅行するならタイへ!タイの治安、気温、時差とは?
  • タイ在住です。タイと言えば東南アジアでもよく知られている国の1つですが、海外旅行をしようと思った時にぱっと行き先として思い浮かべる国では無いかもしれませんね。しかし、タイは素晴らしい国だと思います。海外旅行をするなら、ぜひタイはいかがでしょうか。ここでは、旅行者に向けてタイの治安と気温、そして時差についてお話ししたいと思います。治安について タイは軍事政権現在、タイは軍事政権家にあります。しかも日 [続きを読む]
  • イギリス留学での体験!クラブで遊んだ帰り道に・・・
  • 東京の大学に通って1年が経ったころ、私は、高校時代から夢であった海外交換留学に申し込みました。英語の上達を目指していた私は、アメリカ、イギリス、オーストラリアの数ある大学の中から、イギリスのニューカッスル大学を選択。ここでの生活は、人生を180度変え、またイギリスという国についてもネットや本だけではわからないこと、たくさん知り、そして経験することができました。そこで、今回は数あるエピソードの中から [続きを読む]
  • カナダでのワーキングホリデー!”Sorry”とは言わないで!
  • カナダのトロントでワーキングホリデーを経験しています。今はカナダで生活を始めて3ヶ月目に入りました。語学学校に通うことなくオンラインで勉強しながら独学で英語を身に付けています。私は決して英語が堪能というわけではなく、日本国内においてもコミュニケーション能力が長けているというわけでもありません。しかし不思議な縁で、カナダの地元のカフェベーカリーで働かせてもらえることになり、英語だけの環境の中で外国人 [続きを読む]
  • フィリピンへ旅行するならセブ島へ!安全で魅力がいっぱい!
  • フィリピンのセブ島で17年暮らしています。独身の時にこちらに来ましたが、フィリピン人の女性と結婚し、今は子供2人と4人で生活しています。私は生活の基盤をこちらに移しましたが、こちらの目線でフィリピンの観光地について紹介したいと思います。フィリピンの観光はセブ島がオススメ セブ島は人気が高い私はセブ島で暮らしていますが、仕事の関係上、あるいは観光に来られる方々に頼まれたりしてツアーガイドをすることがあり [続きを読む]
  • アメリカで便利なアプリ!Uber、Venmo、Airbnb!
  • 皆さんはどのようなアプリを使っているでしょうか。人気のあるアプリというのは国によって変わってきます。例えば日本ではLINEが一般的ですが、海外に行けば違いますよね。例えばアメリカの人はLINEなど使っていないのです。日本では人気でも、アメリカを含め海外ではほとんど使われていないアプリもたくさんありますし、逆にアメリカでは多くの人が当たり前のように使っていても、日本人には全く馴染みがないというものも少なくあ [続きを読む]
  • オーストラリアで物件探し!アジア人への審査は厳しい!?
  • オーストラリアに住み始めて約5年が経ちます。オーストラリアに来た当初、私は日本人向けウェブサイトに掲載されていたシェアハウスに住んでいました。しかしシェアハウスとは他の人と家を共有するため、基本的にルールが多く、自分で家を借りることができないだろうかと考えるようになったのです。そして賃貸物件というのは一時的滞在ビザでも借りることが可能です。ここでは私の経験についてお話しします。賃貸物件を探すために [続きを読む]
  • 60か国旅した私がおすすめする旅先!大自然があふれるアイスランド
  • アイスランドというとみなさんは何を思い浮かびますか?アイスランドがヨーロッパなのはわかるけど、実際は地図上のどこに位置するかわからないという方が多いかと思います。アイスランドはイギリスからさらに北側の地球のてっぺんに近い島国です。もちろん、ものすごく寒い国です。首都はレイキャビック、EUには未だ加盟していません。他のどの国よりも遠く孤立したような存在が人々を魅了するのか、アイスランドは他の国には決し [続きを読む]
  • タイはLGBTの天国!同性愛に寛容な社会について
  • LGBTという言葉を聞いたことがあるでしょうか。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字であり、それぞれ女性同性愛者、男性同性愛者、両性愛者、精神的な性と生物学的な性が一致していない人々、を指します。日本ではまだまだ一般的ではありませんが、タイはこのような人々にとって天国だと思います。社会が個人的な特徴に優しく、実際に私の妻の姪はアメリカ人女性と結婚していますし、家族もそれを受け [続きを読む]
  • ロシアW杯 日本の戦い方は正しかったのか 各国の反応いろいろ
  • 28日深夜に行われたロシアW杯日本対ポーランド戦。もともと「同点以上で決勝トーナメント出場決定」ということで気合を入れて応援していた日本のサッカーファンたち。しかし意外にも試合に負けても決勝トーナメントに出場する道が残されていたのです。実はW杯では「警告数」というイエローカードとレッドカードの数がチームのポイントとなる制度があり、日本はその「フェアプレーポイント」により決勝トーナメント進出を決めました [続きを読む]
  • ロシアW杯 日本の戦い方は正しかったのか 各国の反応いろいろ
  • 28日深夜に行われたロシアW杯日本対ポーランド戦。もともと「同点以上で決勝トーナメント出場決定」ということで気合を入れて応援していた日本のサッカーファンたち。しかし意外にも試合に負けても決勝トーナメントに出場する道が残されていたのです。実はW杯では「警告数」というイエローカードとレッドカードの数がチームのポイントとなる制度があり、日本はその「フェアプレーポイント」により決勝トーナメント進出を決めました [続きを読む]