グローバルファースト さん プロフィール

  •  
グローバルファーストさん: グローバルファースト
ハンドル名グローバルファースト さん
ブログタイトルグローバルファースト
ブログURLhttp://globalfirst.jp/
サイト紹介文外国人との仕事、海外留学・生活、国際結婚・恋愛、英語の勉強、海外旅行、等を紹介する情報サイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供571回 / 227日(平均17.6回/週) - 参加 2017/09/07 20:58

グローバルファースト さんのブログ記事

  • なでしこジャパンがアジア連覇を達成!1-0でオーストラリアを下す
  • 4月6日から開催されている女子サッカーアジア大会。日本はオーストラリア、韓国、ベトナムとともにチームBに参加し順調にトーナメント戦を勝ち進んでいました。迎えた決勝戦は対オーストラリアとの試合。試合序盤オーストラリアに押され気味だった日本代表。開始14分にはペナルティエリア内のハンドでオーストラリアにPKの機会を与えてしまいます。オーストラリアのケロンドナイトがシュートを打ちますがここはGK山下がセーブ。な [続きを読む]
  • イスラエルの研究者が発見 死者から昔の記憶を取り出せる?
  • イスラエルのヘブライ大学の研究チームがこの度驚くべき研究結果を発表しました。なんと彼らはマウスを使った実験で経験をコード化して記憶する遺伝子マーカーの存在を発見しました。つまり死者の脳から記憶のコードを取り出して死者が生前何を経験していたかをたどることができるようになったのです。研究チームはマウスを使って脳が記憶を神経細胞同士の新しい結合の中に蓄える仕組みを解き明かす実験を実施。脳は記憶の保存にタ [続きを読む]
  • スリランカでのティータイムを楽しもう!
  • スリランカは紅茶の産地として知られていますが、紅茶の中でもセイロンティーが愛されています。これは日本でもなじみがあり、誰でもいちどは口にしたことがあるのではないでしょうか。私はスリランカの夫と結婚し、今はスリランカに住んでいます。結婚前からスリランカの紅茶が好きで、特に兵庫県の甲子園に総本山があるムレスナティーハウスのフレーバードティーが大好きでした。スリランカのムレスナと言うブランドの紅茶に、日 [続きを読む]
  • イギリスのキャサリン妃が出産間近!入院準備もバッチリ
  • イギリス王室のキャサリン妃の第3子の出産が間近となっています。出産予定日は4月23日。すでに出産に臨むロンドン市内にあるセント・メアリー病院の特別病棟「リンド・ウィング」の玄関口にはすでに出産に向けてバリアが張られており熱狂的な王室ファンがテントを張って第3子の誕生を今か今かと待ち構えています。キャサリン妃はいつでも入院ができるように入院の準備が整ったバッグを用意しているんだとか。中にはキャサリン妃お [続きを読む]
  • 海外での仕事の探し方!やっぱり強い人脈
  • 将来は海外で仕事をしたいと思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、海外で仕事をするというとなかなか難しそうですよね。一体どうやって探したら良いのでしょうか。ここでは、日本にいながら海外での仕事を探す方法、そして海外にいながら仕事ができる、アフィリエイトについてお話しします。転職サイトを使う 地域ごとの求人を見るもしも海外で仕事をしたいと思うのであれば、その地域で求人情報を統括しているウェブ [続きを読む]
  • 海外で仕事をする時はどんなふうに化粧をすべきか?
  • 女性が仕事をするときには、多くの割合で化粧しますよね。もしも海外で化粧するならば、一体何に気をつけたら良いのでしょうか。ここでは、外国での化粧事情についてお話しします。職場によって異なる 注意すべきこと海外であっても日本であっても、化粧するときにはやはり職場によって注意が異なってきます。例えば、オフィスの受付をするのであればやはり小ぎれいな化粧が求められるでしょうし、個人主義の会社であればどんな化 [続きを読む]
  • ドイツの航空機内展示会にて立ち乗り飛行機を発表!?
  • ハンバーグの生まれた街、ドイツハンブルク。この街で先日、航空機の内装展示会が開催されイタリアの座席メーカーによる驚くべき飛行機の内装が披露されました。なんとその飛行機は乗客が立った姿勢で航空機に搭乗する垂直型座席モデル。これを開発したイタリアの座席メーカー「アビオンインテリアズ」は「座席と座席の感覚が狭まるので、超高密度で乗客を詰め込むことができ旅客機の搭乗人数を増やすことができる」とうたっていま [続きを読む]
  • タイ駐在員や駐在妻の魅力と問題!日本に帰ってからが大変!?
  • 私自身はタイの駐在員ではありませんが、兄夫婦がバンコクで駐在していたことがあります。知り合いにも駐在員の経験者がいますので、ここでは第三者の視点でその魅力と問題点について書いてみたいと思います。仕事や生活でのゆとり 優雅な生活駐在員は、現地でも日本の給料プラス手当をもらっています。そのため特に発展途上国などでは優雅な生活を送っているというイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。実際にタイ [続きを読む]
  • シンガポールで解明!始業時間が遅くなれば幸福度も上がる?
  • この度シンガポールで興味深い研究結果が報告されました。なんと学校の始業時間を遅くすることで生徒たちの幸福度も比例して上がったというのです。研究を行ったのはデューク・シンガポール国立大学医学部の研究者たち。女子中学生の7年生から10年生のうち375人を対象に通常7時30分である始業時間を8時15分に遅らせ通学してもらうという実験を行いました。研究者たちは生徒たちの睡眠時間・眠さ・幸福度を「実験前」「1ヶ月後」「9 [続きを読む]
  • 中国のガッキー ロン・モンロウが日本のCMに初出演!
  • 新垣結衣に激似の中国のロン・モンロウがこの度日本でCMデビューすることが分かりました。出演するのは4月24日にグランドオープンを控えているホテル東急ステイ札幌の新CM。一体どんなCMに仕上がったのか?そもそもロン・モンロウとはどんな人物なのか?今回は掘り下げてみたいと思います。ロン・モンロウは中国湖南省出身の22歳のモデル・歌手です。2014年12月から2015年3月まで放送された中国の未来のスターを発掘する「来吧!灰 [続きを読む]
  • ロボットに市民権を与えるべき?ヨーロッパで議論が白熱
  • ロボットにも人と同じように市民権を与えるべきなのか?そんな議論が現在ヨーロッパで白熱しています。2017年には香港を拠点とするHanson Roboticsの人型ロボット「ソフィア」がサウジアラビアで市民権を獲得したことが話題となりました。ソフィアはロボットとして市民権を獲得した世界初のロボットであり、この動きに続こうとする欧州議会とその動きに反対するAI専門家たちの間で対立が起きています。人工知能のレベルや制度が上 [続きを読む]
  • 行動力と適応力!国際結婚の秘訣
  • イギリス人の夫と結婚して、今年で11年目を迎えます。今は2人の子供と4人でイギリスにて生活しています。結婚する前は、別に「外国人と結婚したい!」なんて思っていたわけでもなく、たまたま出会い、恋に落ちた相手が外国人だった、という事にすぎません。最近は国際結婚のカップルも増えていますよね。ここでは、私が経験から思う「国際結婚を成り立たせるコツ」についてお伝えします。やっぱりあるある言葉の壁! 日本語ほどは [続きを読む]
  • パリ・ニュース!フランスに広がる学生運動
  • ストライキで明け暮れているフランスですが、日本はいかがですか?さて、今日の話題は「広がる学生運動」、「仏ついにシリアを攻撃」、「フランスの納税革命」の3本です。広がる学生運動先週の「パリ・ニュース」では、仏国鉄 (SNCF) のストライキに絞ってお知らせしましたが、実は、フランスを混乱させているのはSNCFだけではありません。SNCFのストライキに平行して、実は今フランスでは、数々の社会運動が沸き起こっているので [続きを読む]
  • 国民的スポーツ!コロンビアにおけるサッカー
  • コロンビアと言えばサッカーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。私はコロンビアに留学し、地元が人たちと出会い、そこで彼らのサッカーへの情熱を目の当たりにしました。ここでは、私が驚いた彼らの情熱についてお話しします。応援するときはみんなユニフォーム サッカーは国民的スポーツコロンビアの人にとって、サッカーは国民的なスポーツです。とても大切なもので、試合があるとたくさんの人が集まります。彼らは自 [続きを読む]
  • 1分で死ねる!?安楽死の「ファスト安楽死マシン」が発表される
  • オーストラリアの医師である安楽死推進活動家のフィリップ・二チキ医師がこの度マシンの中に入ると1分ほどで死ねる安楽死マシン「Sarco」を発表しました。安楽死マシンは人1人が横たわれるほどの大きさ。使用するにはまず精神が正常であることをテストによって調査し、本人にきちんと自殺の意思があるのかを確認しなければいけません。このテストに合格するとコードが発行され、そのコードを入力してボタンを押すとカプセル内が窒 [続きを読む]