そんぐ太郎 さん プロフィール

  •  
そんぐ太郎さん: 爆雷
ハンドル名そんぐ太郎 さん
ブログタイトル爆雷
ブログURLhttp://bakurai.sakura.ne.jp/aaa/
サイト紹介文島根県松江市で活動中のアル中による小説、ブログ、お店紹介。お酒中心。
自由文駄目な居酒屋の見極め方。飛び込みでお店に入るコツ。 酔いどれ小説。ブログは基本、ふざけた事ばかり書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 102日(平均3.5回/週) - 参加 2017/09/07 23:10

そんぐ太郎 さんのブログ記事

  • 肴デブのカロリークエストVol.4 力技特産品〜ミルクたこ焼き〜
  • 毎年、冬になると蚊が出没する部屋に住んでいる肴デブです。今回ご紹介するのは、力技と言える特産品の一品。誤解されないよう予め言っておきますが、否定的な見方ではなく、あくまで「これを特産品として販売するとは・・・たくましいな!」という肯定的かつ好意的な見方でご紹介している、ということをご理解ください。世の中には力技と言える特産品、勝手に名付けますが「力技特産」が数多くあります。北海道定番のお土産「白 [続きを読む]
  • そんぐ太郎の「食べ物」#1 シジミのアヒージョ
  • こんにちは。ケンシロウの兄は ニッポニアニッポンです。そんぐ太郎です。あいたー。それ学名の方だったー。もう分かりにくすぎてすみません。さて。ちょっと、酒のつまみというか料理を紹介していこうかな。 今日はですね。誰でも簡単につくれるアヒージョを紹介だ。メインは島根の英雄。シジミ兄さんです。(メインでもないけど)以下、簡単に作り方。というか本当に簡単だから。ビックリするから。基本アヒージョなんてものは [続きを読む]
  • 肴デブのカロリークエストVol.3 宍道湖七珍 宍道湖版ドラゴンボール
  • ダイエットも虚しく、年内に大台の3ケタにのるのか!?飲み屋のお姉さんからは「背が高いからデブに見えない、たくましい!」と言われ、デブではないと勘違いしている肴デブです。今回のブログは風邪もひいたことだし、端的にします。 宍道湖七珍(シンジコシッチン) 島根県松江市にある西日本最大の湖「宍道湖」(シンジコ)には、七つの珍味があります。その七つを覚える方法として、各食材の頭文字を取って以下のように言い [続きを読む]
  • 肴デブのカロリークエストVol.2 牛骨ラーメングラウンド・ゼロ
  • 「私の身体はカロリーで出来てるの」牛骨ラーメンは、いまやメジャーなのかい!?鳥取牛骨ラーメンとも言われ、発祥は鳥取県米子市ときたもんだ。とはいえ、牛骨から出汁をとる文化は全国所々でみられるので、同時多発的に発祥したのでしょう。がしかし、牛骨ラーメンの発祥地が鳥取県米子市と言われ、そして発祥の店、まさにグラウンド・ゼロがこちら「満州味」と書いて「マスミ」です。読み間違えないように! 豚骨、鶏骨ときて [続きを読む]
  • 【そんぐ太郎のビールレビュー♯10】マストリ・ビライ・ウンブリ
  • どうもみなさんこんにちは。トーニャ・ハーディングです。(2回目)いいえ。そんぐ太郎だよ。さて、このビールシリーズも10回目になりまして。そろそろ新しい展開が欲しいなと模索はしてるんですが。ビールかけでもやろうかな一人で。その様を動画でUPするの。・・・・(ぽろぽろ)泣くのはよそうホトトギス。えー、今回は珍しくイタリアビールの紹介だ。いいね。イタリア。コロッセオやピサの斜塔。そろそろあの傾きなんとかし [続きを読む]
  • 肴デブのカロリークエストVol.1 『ドングリの唄・ドングリの里』
  • みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは、おやすみなさい。24時間365日休むことなく肴デブです。 今回から、題名を「肴デブのカロリークエスト」にしました。 肴デブの個人的な話に触れますが(誰も興味なし)、わたくし現在42歳の独身でございます。2年前に彼女と別れたきり独り者を謳歌しております。結婚は?との問いを仕事関係の人からよく質問されるのですが、今のところ考えておりませぬ。 何が言い [続きを読む]
  • これぞ極上鯖寿司 『吾左衛門鮓』でごさい!
  • 炭水化物依存症というものが存在する!と密かに信じている肴デブです。さて、今週も山陰の美味を紹介していきまっせ。今回紹介する極上の一品はこちら・・・※画像上段は【極上】下段は通常です。 株式会社米吾さんが製造販売されている「吾左衛門鮓」(ござえもんずし)でござる。 さて、この「吾左衛門鮓」はとても歴史があり、鳥取県米子市の発展とともに歩んできた鮓(すし)と言っても過言ではございませぬ。詳細な歴史は製造 [続きを読む]
  • さぁ何て読むのでしょう『十六島』〜岩海苔のおはなし〜
  • 程よくデブをキープしている肴デブです。さて、題名にもあります「十六島」の読み方ですが「うっぷるい」と読みます。十も六も島も関係ない、当て字にもならない読み方。そう!例えるなら・・・「本気」と書いて「マジ」「小宇宙」と書いて「コスモ」「強敵」と書いて「トモ」みたいな。十六島の語源は諸説あります、発音からもアイヌ語起源が有力と思われがちなんですが、どうやらそうでもないみたい。そして十六島を有名にした食 [続きを読む]
  • <癖になる>板ワカメ概論(テストにでる!?)
  • 肴デブが紹介する山陰特産品。今回はこちら・・・板ワカメ最近はTVでも紹介されることが増え、全国的に知名度も上がったと思う。「パリパリッ」の食感、ほのかな海の香り、程よい塩味、高い栄養価もあり板ワカメ愛好家も全国に増えつつあります。そんな板ワカメを「生産」「産地」「食べ方」の3方向でご紹介します。まずは【生産】作業工程はいたってシンプル、「収穫」「水洗い」「干す」。まずは「収穫」、山陰のワカメは比較 [続きを読む]
  • 【定番!】山陰土産の『するめ糀漬け』
  • そうは言っても、そんなにデブではない肴デブです。 さて、歳を重ねてくると面倒くさい人間になる人もいて、私も多分に漏れず面倒くさい一面が増えてきたなぁと反省しているところです。その一例として『わたし〇〇があればご飯何杯でも食べられるんですぅ』系のコメントに突っ込む自分。本当に何杯も食べられる訳もなく、ただそれだけ好きだという強調の表現なんですがね。この表現にいちいち反応する面倒くさいオヤジがこの私。 [続きを読む]
  • 『山陰チャンポン』なんじゃそりゃ??
  • 麺類に愛された男「肴デブ」です。はじめに、私の大好物の一つに「長崎チャンポン」がある。濃厚な鶏ガラスープ、もちっとしたチャンポン麺、魚介類の香り、そして野菜のシャキシャキ感。たまりませんなぁ〜。長崎だと、チャンポン発祥の店「四海楼」、福山雅治氏行きつけ思案橋ラーメンの「バクダンチャンポン」、「天天有」は行ってますよ、そりゃもちろんね。長崎以外だと、北九州の「銀河のチャンポン」、中国道下り美東SAの [続きを読む]
  • 知られざる珍味『サバの塩辛』
  • ガッデム!食事量を減らし、週3回ロードバイクでヒルクライム、飲み会の回数も減らしているが一向に痩せない肴デブ。♪デブがデブであるために、食べ続けなきゃならない。♪(絶対、怒られる)そんな私が今回紹介するのはこちら!!サバの塩辛色々なメディアに紹介された一品なので、ご存知の方も、食された方もいるはず。とはいえ、まだ島根の特産としてはマイナーな部類に入るかも。 さて、こやつをおススメするにはするが、お [続きを読む]
  • 【お得情報】地元民が愛する出雲そばの店紹介!
  • みなさんは『出雲そば』なるものをご存じだろうか。県外から島根に旅行する知人からよくある質問のひとつに「おススメの出雲そばのお店は?」があります。まずね、ちゃんとした所ならどこも美味しいですよ。ちゃんとした店で、ちゃんと『出雲そば』を提供しているのであればまぁ外れることはないよ。観光マップや食べログ、HPで「行列のできる『出雲そば』の店」なんてものを読んでから行けばまず間違いない。「インターネット [続きを読む]
  • 世界最古の修道院醸造所が作る白ビールを飲んでみた。
  • マジで恋する5年前。 なげえよ・・・。 どうも。そんぐ太郎です。さて。ビールといえばやっぱりドイツ。ドイッチェランド。今回はドイツビールのご紹介です。いいですね。ドイツ。ドナウ川。ケルン大聖堂。ハリーポッターの学校が4つくらい合体したみたいだなおい。行ってみたいなドイツランド! 今日はそんなドイツで、世界最古の修道院醸造所が作るビールを紹介。その名も「ヴェルテンブルガー」今回はその中でも白ビールだ。 [続きを読む]
  • 〈至極のひと皿〉あご野焼き徹底解明!
  • 3分でわかる『あご野焼き』特集!これを読めば地元民レベルです。さっそくですが、イメージしてください。島根県に遊びに行ったとしましょう。その時、あなたは『あご野焼き』を買うことにしました。さてどうする?・何を基準に買えばいいのか?・どういう人に贈るべきか?・そもそも、買う必要があるのか?その辺を知ってもらうべく、『あご野焼き』の深い世界と、購入する時の比較情報、味、概要などを紹介していきます。これを [続きを読む]
  • 喉越しの極み ベルギービールの最先端「Wolf7」
  • こんばんにゃ。そんぐ太郎のクソ野郎です。さて、ここから暫くは、私そんぐ太郎が日本も含め世界のちょっとめずらしいビールについて紹介していこうと思います。なんともベタな企画。ベタが良い。いや、ベタで良い!そういやベタっていう魚は餌を与えなくても死なないって本当かなぁ。という事で初回のビールはこちら。名前:wolf7(ウルフセブン)原産地:ベルギー値段:330ml/¥500販売所:全国のイオン系列、酒屋。お勧め度数: [続きを読む]
  • 【郷愁】夏の終わりの酔っ払いのブログ
  • 痩せない、いつになっても痩せない。私は自身の脂肪に対し”史上最高の超強硬対応措置”を断行せねばなるまい。山陰のロケットマンこと肴デブです。春には夏特集、夏には秋特集、秋には冬特集、そして冬には春特集。これから訪れる季節に楽みを膨らませながら特集に目を通す。今年も春と夏が終わった。これから秋特集の雑誌が書店に飾られるのでしょうね。このタイミングだからこそ、敢えて松江市と米子市の夏祭り特集をします。 [続きを読む]
  • 世界最高額のプレミアお酒達紹介
  • どうも。やくみつるです未だに丁度になれません。いいえ。そんぐ太郎です。難しいボケにもついてきてくださいねー皆さんねー。さて、先日ですね、とある酒屋さんにて所謂「プレミア焼酎」の定価販売が実施されてました。通常1万円以上するような焼酎が定価の3000円で買えるというイベント?なんですが。まぁ人気なため、購入権利は抽選になるわけです。で、私はこれを3000円で購入できました。百年の孤独。現在の平均流通価格 [続きを読む]