Kantaro1966 さん プロフィール

  •  
Kantaro1966さん: 家族で行こう!自転車の旅/算数・数学雑記帳
ハンドル名Kantaro1966 さん
ブログタイトル家族で行こう!自転車の旅/算数・数学雑記帳
ブログURLhttp://kantaro1966.net/
サイト紹介文ヨーロッパ自転車旅行記/算数・数学雑記帳
自由文家族そろって自転車旅行に行けるのは、一番下の子がスポーツタイプの自転車に乗れるようになってから、一番上の子が「一緒になんか行かねーよ」と言うまでのほんの僅か数年。チャンスを逃さず実行していただきたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 289日(平均1.1回/週) - 参加 2017/09/09 09:57

Kantaro1966 さんのブログ記事

  • 関数の基本
  • おかげさまで、「中学生の知識でオイラーの公式を理解しよう」等の数学講義動画の総再生回数が2万回を突破、チャンネル登録者100人になりました。 今回の動画は中学2年生〜高校2年生に必須の関数の基本です。該当する年齢のお子さん、知り合いがいたら紹介して下さい。直線の式を出すテクニックで、学生時代に知らなかった大人も是非。「放物線上の2点を通る直線の式を「3秒」で出だす方法 」「2点を通る直線の方程式を求 [続きを読む]
  • ネイピア数 自然対数の底 eとは?
  • ネイピア数 e 数2までしか学習しなかった方は知らない数。私の高校は全員数3まで必修だったのですが、高校時代は馬鹿すぎてこの数を習ったことは記憶の片隅にもなかった。ロンドン在住時に高校生の家庭教師をやっていてその生徒に教える必要があり、40歳過ぎて初めてこの数について学習しました。なので、高校時代は習わなかった方、習ったけどなんとなく公式だけを覚えて本質を理解しないまま使ってしまった方、是非ご覧になっ [続きを読む]
  • 覚えただけの公式と理解した公式の違い
  • 積の微分、合成関数の微分、商の微分の導出「家族で行こう自転車の旅」はこちらです 羽生棋聖が永世七冠を獲得して話題になっています。本当に凄いことなのですが、将棋を知らない人にとっては、観たこともない競技で日本人の誰かがオリンピックで金メダル獲ったぐらいの感覚でしょう。 将棋をある程度知っている人なら、永世七冠獲得の凄さはもちろん、それ以上に、羽生の指す驚愕の一手(伝説の52銀や86歩など、いずれもyou tu [続きを読む]
  • 定積分で面積が求められる理由
  • 「定積分で面積が求められる理由」「家族で行こう自転車の旅」はこちらです あまりにも有名な話ですが、作家の曽野綾子さんが 「二次方程式を解かなくても生きてこられた」「二次方程式などは社会へ出て何の役にも立たないので、このようなものは追放すべきだ」と主張し、教育課程審議会会長の旦那様の三浦朱門さんが教育課程審議会で削除を主張し、中学課程で「二次方程式の解の公式」は必修の事項ではなくなったことがあった( [続きを読む]
  • なぜ、(負)?(負)=(正) なのか? 虚数(複素数)を使って美しく調和
  •  なぜ、(負)?(負)=(正) なのか?これを「証明」することはできません。なぜならこれは定義だから。二等辺三角形の二辺が等しいことが証明できないのと同じです。 ただ、定義には二種類あり(これは私の勝手な分類)、誰でもすんなり受け入れられる定義、例えば、2の3乗=2?2?2や4!=4?3?2?1のようなもの。一方、すんなりは受け入れられず、「なぜ?」と聞きたくなる定義、例えば、2の0乗=1や、0!=1,5の( [続きを読む]
  • 素数のお話 
  • 素数のお話「家族で行こう!自転車の旅」はこちらです。「0の階乗はなぜ1なの?」はこちら2,3,5,7,11,13,17,19,23,29,31,37,41,43,47,53,59,61,67,71,73,79,83,89,97…… 素数は無限に存在します(証明は動画で)。しかし、人類が現時点で知っている素数は有限です(約2233万桁、広辞苑が全て数字くらいの数!!)。 2以外の素数は全て奇数なので、1 [続きを読む]
  • なぜ弧度法を使うの?なぜ360度を2πとしなければいけないの?
  • なぜ弧度法を使うの?なぜ360度を2πとしなければいけないの?「家族で行こう!自転車の旅」はこちらです「0の階乗はなぜ1なの?」はこちら 高校で三角比を習っていると、ある日突然「これからは角度を度数法(1周を360度)ではなく、弧度法(1周を2πラジアン)を使うように」と言い渡される。 しかし、「彼はその時考え方を180度転換した」という表現を「彼はその時考え方をπラジアン転換した」と言うように、とま [続きを読む]
  • 0乗はなぜ1?(−2)乗、(1/2)乗はいくつ?
  • 0乗はなぜ1?(−2)乗、(1/2)乗はいくつ?「家族で行こう!自転車の旅」はこちらです。「0の階乗はなぜ1なの?」はこちら 5の3乗=5?5?5 指数は自然数だけで定義している限りは意味は明白で、なぜ、5の3乗=5?5?5なのですか?と聞く人はいないし、もしきかれたとしても「そう決めたから」としか答えようがない。 しかし、「5の0乗=1、5の(−2)乗=1/25、5の(1/2)乗=ルート5、これは定義 [続きを読む]
  • ゼロの階乗(0!)はいくつ?
  • 算数・数学について思いついたことを書き綴り、動画で解説していく予定です。「家族で行こう!自転車の旅」はこちらです 4人でリレーの順番を決める時には、4?3?2?1=24通りです。 このように1ずつ減りながら1まで掛け算することを「階乗」といい、4!と表します。一般的に、n!をn!=n(n-1)(n-2)(n-3)……3?2?1と定義し、nが自然数である限りは、この定義に対して「なんで?」と聞く人もいないだろうし、 [続きを読む]
  • 家族で行こう!自転車の旅 
  • 家族で行こう!自転車の旅マイカー旅行は寝ているだけ  2010年の1月に妻の転勤で家族そろってロンドンのウィンブルドンに移り住んできた(あ、私、専業主夫です)。スコットランド スカイ島でキャンプ その年の夏休みは車にキャンプ道具とマウンテンバイクを積んで湖水地方やスコットランドに行った。キャンプをしたり自転車でスコットランドの大草原を駆け巡ったりと、それなりに楽しむことはできた。 しかし、日によっては1 [続きを読む]
  • 家族で行こう!自転車の旅 Vol.29
  • Vol.29③ 自転車+車+フェリー フェリーの港までの距離が自宅から遠すぎる、または、自転車で走るにあまり適していない場合は、港までは車で行ってしまうという手もある。港の近くには比較的安価で長期間車を停めておける駐車場がある場合が多い。 この方法ならフェリーの選択肢が増えてかなりのバリエーションがある。我が家の場合はヨーロッパ遠征第二弾がこのパターンであった(Vol.4〜参照)④ 自転車+車 マイカーの [続きを読む]
  • 家族で行こう!自転車の旅  Vol.28
  • Vol.28続きものです、初めての方は是非Vol1からこちらですZenlogic旅行プラン① すべて自転車 一番シンプルな全て自転車で行く場合。当然のことながら家を出発して家に帰ってくる。我が家の場合も初の家族自転車旅行はこれ(Vol.1参照)">(Vol.1参照)。だが、実はこのパターンはこれが最初で最後であった。 全て自転車で行くことのメリットは、他の交通機関を使う際のデメリットがないこと。 デメリットは、コースが極 [続きを読む]
  • 家族で行こう!自転車の旅 Vol.27
  • Vol.27次男が帰ってきたので寿司握ってあげた。茶碗蒸し付き。今年は秋刀魚はダメ、イワシはいい。一番下の子の自転車 家族でそろって自転車旅行に行けるのは一番下の子が長距離走行に耐えうる自転車に乗れる身長になった時からです。我が家の場合、身長はクラスで一番前と平均以下だったので小学4年生身長130?弱。当時はまだ私にロードバイクを買うという概念がなかったので24インチのマウンテンバイクを買って初の旅行に行き [続きを読む]
  • 家族で行こう!自転車の旅   Vol.26
  • Vol.26ロードバイク ロードバイク、それは世界最高峰の自転車レース、ツール・ド・フランスをはじめとしたプロのロードレースで選手が一日に200?以上走るときに乗る自転車、アマチュアでも各地で行われる100?〜200?の距離のロングライドイベント(それ以上の距離もあります:佐渡島一周とか)で使われる自転車。 これは速く長距離を、そして、急な勾配の登り坂を少しでも楽に上れるように、できる限り軽く作られた自転車。 [続きを読む]
  • 家族で行こう!自転車の旅 Vol.25
  • Vol.25クロスバイク 「ロードバイクのように速く遠くまで走りたい、けどあの極細タイヤとドロップハンドルには抵抗がある」とうい人に向けて、ハンドルは握りやすいマウンテンバイクのようなバーハンドル、タイヤはロードバイクほど細くないけどマウンテンバイクのようなブロックタイヤでもないものを装着して軽快に走れるように、マウンテンバイクとロードバイクのいいとこどりをしたのがクロスバイクです。 代表格はジャイア [続きを読む]
  • 家族で行こう!自転車の旅  Vol.24
  • Vol.24続きものです、初めての方は是非Vol1からこちらです用意するもの子供の体力 1日100?を走るのなんてどうってことないように書いてきましたし、実際にどうってことないのですが、毎日ゲームばかりで外で遊ばない、5?程度の場所にも車で送り迎えといったような生活の子ではさすがに無理です。普段から片道5?程度は自転車圏内という意識を家族で共有しましょう。何といっても必要なのは「自転車」 家族そろっての自転車 [続きを読む]
  • 家族で行こう!自転車の旅  Vol.23
  • Vol.23続きものです、初めての方は是非Vol1からこちらです 公道を156km全面封鎖して行われるスロベニアの自転車ロードレース、次男が14歳の時に2人で参加し(Vol.19参照)、その後私だけさらに2度参加した。ブログに映像を貼り付ける技を習得したのでそのレースの模様です。家族そろって行けるのはせいぜい6年間 家族そろって自転車旅行に行けるのは、一番下の子が長距離走行に向いたスポーツ自転車に乗れる身長になってか [続きを読む]
  • 家族で行こう!自転車の旅  Vol.22
  • Vol.22次男一人旅編2前回はこちら続きものです、初めての方は是非Vol1からこちらですスポーク折れ GWに寮にいられない次男、帰ってこられても煩わしいので、自転車を松山に送って一人旅をすることになった。 北九州でフェリーに乗る日、乗船までに余裕があるからと、荷物をホテルに預けて自転車で博多の繁華街に出かけた時、駐輪場のラックに前輪を引っ掛けてスポークを1本折ってしまった。車輪がぶれてブレーキに引っかか [続きを読む]
  • 家族で行こう!自転車の旅  Vol.21
  • Vol.21続きものです、初めての方は是非Vol1からこちらです次男一人旅 高校2年になった次男、例によってGW休みに寮にはいられない。離れて暮らす息子なんて、たまに会えば、ちょっとは嬉しいけど、2日も一緒にいれば十分。よく孫は「来てよし帰ってよし」というけれど、息子とて同じこと。帰省されても煩わしいので、自転車を松山に送るから勝手に一人旅してこいということになりました(多分寮の規則には違反してる)。 次 [続きを読む]
  • 家族で行こう!自転車の旅  Vol.20
  • Vol.20続きものです、初めての方は是非Vol1からこちらですしまなみ海道 4月から愛媛の高校で寮生活となった次男、寮の規則で春、夏、冬、の長期休暇とゴールデンウィークは寮にいることができない。ゴールデンウィークは寮生活が始まってたった1ヶ月。そんな行って間もない時期に帰省もないだろうということで、私が愛媛に行って、しまなみ海道をサイクリングしようということになった。 寮は規則でロードバイクはおろかマ [続きを読む]