はるおみ さん プロフィール

  •  
はるおみさん: バイク売却
ハンドル名はるおみ さん
ブログタイトルバイク売却
ブログURLhttps://motorbike-sell.com/
サイト紹介文今のバイクを高く売却する買取りのコツをご紹介しているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 320日(平均1.2回/週) - 参加 2017/09/23 19:59

はるおみ さんのブログ記事

  • バイク売却 鹿児島
  • 【今回の口コミ体験者のプロフィール】◆名前:久保隆介 28歳 エンジニア◆住所:京都府京都市◆バイク売却日:2016年7月2日◆売却した車種:マジェスティー250◆売却金額:10万円◆売却方法:バイクを購入した店で売却◆売却した店舗:レッドバロン(鹿児島)人生初めてバイクを購入したレッドバロンでバイクを売却した久保さん。購入店舗で売るメリットを存分に語ってもらいましたので、ぜひ参考下さい。マジェスティー250を売 [続きを読む]
  • バイク売却 福岡市
  • 【今回の口コミ体験者のプロフィール】◆名前:藤原拓海(男・19・会社員)◆住所:福岡県福岡市◆バイク売却日:2017年7月26日◆売却した車種:エイプ50◆売却金額:25万円◆売却方法:オークション◆売却した店舗:ヤフオク福岡在住の藤原さんがエイプ50をヤフオクで売却した経緯についてお聞きしました。なぜオークションじゃなきゃだめだったのか?車種によっては売却方法も考えなければいけないことが出来る体験談を参考くださ [続きを読む]
  • スズキ 隼の買取
  • スズキが誇るアルティメットスポーツマシンと言われる「隼」世界的にはGSX1300Rで認知されている世界最速のバイクとも評されることでタイムアタックなどのオートバイに使われることも多い車種。もちろん、一般ユーザーも多くいるスポーツタイプのバイクですが、現在買取相場はどの程度になっているのでしょうか。2010年以降の年式で平均相場を調査した結果をまとめました。+────────────────────────── [続きを読む]
  • モンキーの買取
  • 2018年7月12日にモンキーが125ccで復活する一報が入ってきました!再び注目を集めそうですが、中古車の50ccのプレミア感も一層高くなってきそうですね。現在の買取相場をチェックしてみました。+─────────────────────────────+モンキー:5万円〜22万円モンキー スペシャル:11万円〜42万円モンキー リミテッド:9万円〜21万円モンキーBAJA:8万円〜15万円モンキーR:8万円〜18万円モンキーRT:9万円 [続きを読む]
  • モンキー 買取
  • 2018年7月12日にモンキーが125ccで復活する一報が入ってきました!再び注目を集めそうですが、中古車の50ccのプレミア感も一層高くなってきそうですね。現在の買取相場をチェックしてみました。+─────────────────────────────+モンキー:5万円〜22万円モンキー スペシャル:11万円〜42万円モンキー リミテッド:9万円〜21万円モンキーBAJA:8万円〜15万円モンキーR:8万円〜18万円モンキーRT:9万円 [続きを読む]
  • バイク用品 売却
  • バイク乗りってバイクだけでなく、ヘルメットやウェアはもちろん、リアサス、ブレーキ、マフラーなど、こだわり出したらとことんパーツ類を揃えてしまうものです。こうしたバイク用品ってバイク本体を手放してしまうと、そのバイク用に揃えたものだけに処分に困ってしまいます。また、何気にこうしたバイク用品って、全部合わせると軽く中古車バイク1台分くらいの額に相当してしまうため、燃えるゴミで処分するのは、正直言ってか [続きを読む]
  • バイク用品の売却
  • バイク乗りってバイクだけでなく、ヘルメットやウェアはもちろん、リアサス、ブレーキ、マフラーなど、こだわり出したらとことんパーツ類を揃えてしまうものです。こうしたバイク用品ってバイク本体を手放してしまうと、そのバイク用に揃えたものだけに処分に困ってしまいます。また、何気にこうしたバイク用品って、全部合わせると軽く中古車バイク1台分くらいの額に相当してしまうため、燃えるゴミで処分するのは、正直言ってか [続きを読む]
  • スカイウェイブ250の買取
  • スズキ初のビッグスクーターとして絶大な人気を誇ったスカイウェイブ。250ccは排ガス規制で惜しまれつつも生産終了が告げられましたが、400ccはバーグマン400 ABSとしてモデルチェンジ、大型の650ccは今もなお教習車としても使用されるスクーターとしても有名です。そんな生産終了が発表されて日が浅いスカイウェイブ250ですが、買取相場の状況はどうなっているでしょうか。グレードごとの平均の買取価格を調べてみました。+─── [続きを読む]
  • スカイウェイブ250 買取
  • スズキ初のビッグスクーターとして絶大な人気を誇ったスカイウェイブ。250ccは排ガス規制で惜しまれつつも生産終了が告げられましたが、400ccはバーグマン400 ABSとしてモデルチェンジ、大型の650ccは今もなお教習車としても使用されるスクーターとしても有名です。そんな生産終了が発表されて日が浅いスカイウェイブ250ですが、買取相場の状況はどうなっているでしょうか。グレードごとの平均の買取価格を調べてみました。+─── [続きを読む]
  • ズーマー 買取
  • 2001年の発売当初は「正直売れねーべ」と友達と話していた記憶が蘇るホンダのズーマー。なんのなんの、原付バイクぽくないデザインと極太タイヤが若者の間で人気となって一躍50ccバイクの代表格を担うまでに成長した車種です。残念ながら2017年に排ガス規制によって生産終了となりましたが、未だに根強いファンも多いことから中古車の買取価格は平均して高くなっているようですね。+────────────────────── [続きを読む]
  • ズーマーの買取
  • 2001年の発売当初は「正直売れねーべ」と友達と話していた記憶が蘇るホンダのズーマー。なんのなんの、原付バイクぽくないデザインと極太タイヤが若者の間で人気となって一躍50ccバイクの代表格を担うまでに成長した車種です。残念ながら2017年に排ガス規制によって生産終了となりましたが、未だに根強いファンも多いことから中古車の買取価格は平均して高くなっているようですね。+────────────────────── [続きを読む]
  • ジョグZRの買取
  • ヤマハの原付きスクーターで根強い人気を誇っているジョグ。1983年以来、現行モデルで8代目となるジョグですが、2009年に派生モデルとして登場したのがZRです。スポーツスクーターと呼ばれるジャンルに属し、50cc最速とも言われているため、ユーザーからの価値は非常に高いです。新車で買えば、販売店によっては10万円台で購入できるこのジョグZRですが、買取相場はどのくらいなのでしょうか。過去5年に遡って平均相場を調査してみ [続きを読む]
  • ジョグZR 買取
  • ヤマハの原付きスクーターで根強い人気を誇っているジョグ。1983年以来、現行モデルで8代目となるジョグですが、2009年に派生モデルとして登場したのがZRです。スポーツスクーターと呼ばれるジャンルに属し、50cc最速とも言われているため、ユーザーからの価値は非常に高いです。新車で買えば、販売店によっては10万円台で購入できるこのジョグZRですが、買取相場はどのくらいなのでしょうか。過去5年に遡って平均相場を調査してみ [続きを読む]
  • バイクのヘルメットを売却する方法
  • やむを得ない事情でバイクを手放す事になってしまったら、まずはバイクをどうやって処分するかを考えますが、多くの人は少しでもお金に変えたいので買取を選択します。ただ、残されたバイク用品って使い古しだからどうしようもないと考えてゴミとして処分するって言う方が意外なほど多いようです。でも、地味にバイク用品って購入する時は高いですよね。例えば、ヘルメット。半ヘルならまだしも、フルフェイスなら安くても2〜3万円 [続きを読む]
  • バイク ヘルメット 売却
  • やむを得ない事情でバイクを手放す事になってしまったら、まずはバイクをどうやって処分するかを考えますが、多くの人は少しでもお金に変えたいので買取を選択します。ただ、残されたバイク用品って使い古しだからどうしようもないと考えてゴミとして処分するって言う方が意外なほど多いようです。でも、地味にバイク用品って購入する時は高いですよね。例えば、ヘルメット。半ヘルならまだしも、フルフェイスなら安くても2〜3万円 [続きを読む]
  • TW225の買取
  • ティーダブの愛称でも人気のあったヤマハのTW。その最後のモデルであるTW225は2002年から2007年まで発売され、その後は国内向けの生産は行われていません。10年を経てTW200からフルモデルチェンジしたこのバイクは、排気量が225ccとアップして力強さとともにブレーキも強化されました。また、バルーンタイヤといった極太タイヤも特徴で、街乗り車として機能性とオシャレ感も相まって人気を博しました。生産終了後も尚、中古車とし [続きを読む]
  • TW225 買取
  • ティーダブの愛称でも人気のあったヤマハのTW。その最後のモデルであるTW225は2002年から2007年まで発売され、その後は国内向けの生産は行われていません。10年を経てTW200からフルモデルチェンジしたこのバイクは、排気量が225ccとアップして力強さとともにブレーキも強化されました。また、バルーンタイヤといった極太タイヤも特徴で、街乗り車として機能性とオシャレ感も相まって人気を博しました。生産終了後も尚、中古車とし [続きを読む]
  • バイク パーツ 売却
  • バイクを売却する時は、何も車体だけじゃなくパーツごとに売りたいという方も少なくありません。むしろ、バイク好きならマフラーやサスにはこだわるのはもちろん、アメリカンユーザーなら、ジャケットやレザーバッグにもこだわりがあるはず。よく計算したら、バイクの車体価格よりカスタムパーツ類の累計額の方が高いなんて方も決して少なくありませんよね。ただ、バイクを乗り換えてしまうとパーツだけが残ってしまい、この処分に [続きを読む]
  • バイクパーツを売却する方法
  • バイクを売却する時は、何も車体だけじゃなくパーツごとに売りたいという方も少なくありません。むしろ、バイク好きならマフラーやサスにはこだわるのはもちろん、アメリカンユーザーなら、ジャケットやレザーバッグにもこだわりがあるはず。よく計算したら、バイクの車体価格よりカスタムパーツ類の累計額の方が高いなんて方も決して少なくありませんよね。ただ、バイクを乗り換えてしまうとパーツだけが残ってしまい、この処分に [続きを読む]
  • KSR110 買取
  • 緑のフォルムが印象的なカワサキのKSR110。2009年に国内生産は終了しましたが、台湾で生産が継続されて並行輸入で購入できます。スーパーカブとならぶクラッチのボトムニュートラル4段変速タイプは二輪のAT限定でも乗れるため、根強い人気を誇るバイクです。このKSR110ですが中古車の買取額の平均はどのくらいになっているのかを調査してみました。+─────────────────────────────+KSR110 2013年〜20 [続きを読む]
  • KSR110の買取
  • 緑のフォルムが印象的なカワサキのKSR110。2009年に国内生産は終了しましたが、台湾で生産が継続されて並行輸入で購入できます。スーパーカブとならぶクラッチのボトムニュートラル4段変速タイプは二輪のAT限定でも乗れるため、根強い人気を誇るバイクです。このKSR110ですが中古車の買取額の平均はどのくらいになっているのかを調査してみました。+─────────────────────────────+KSR110 2013年〜20 [続きを読む]
  • バイク 売却 委任状
  • 査定額にも納得して、いざバイクを売却しようとした時に、予め確認しておかないとスムーズに行かない事の1つに、「バイクの所有者の名義確認」があります。例えば、バイク販売店でローンを組んで購入した場合には、所有者は自分ではなくてバイク販売店名で登録されます。ローンを完済した後も所有者名義を自分で変更しない限り、自動的には変わることがないので、いざ買取をしてもらう時に気づくなんて方も決して少なくありません [続きを読む]
  • バイクを売却する際の委任状
  • 査定額にも納得して、いざバイクを売却しようとした時に、予め確認しておかないとスムーズに行かない事の1つに、「バイクの所有者の名義確認」があります。 例えば、バイク販売店でローンを組んで購入した場合には、所有者は自分ではな […] [続きを読む]
  • Dトラッカー125 買取
  • 1998年にカワサキから発売され、2016年のファイナルエディションまで生産されたDトラッカー125。シンプルながら5速マニュアルのトランスミッションで跨ってみると125CCながら、なかなかの加速が心地よいバイクです。日本のみならず、海外(特にアジア)向けとして今も尚販売されていますが、買取金額はどの程度のアベレージになっているでしょうか。+─────────────────────────────+2015年式:平均24 [続きを読む]
  • バイク 売却 レッドバロン
  • 全国展開でバイク販売を行っている有名チェーン店と言えばレッドバロン。2017年末現在、国内310店舗と海外にも7事業所を構える正にグローバル企業です。手続きのスムーズさもあってレッドバロンでバイクを購入し、数年経って売却をして新しいバイクに乗り換える。そんなレッドバロンユーザーも多いですが、ことバイクの買取額に関してはどうなのでしょうか。一般的にバイクの買取方法には、・バイク販売店による直接買取・バイク買 [続きを読む]