はは さん プロフィール

  •  
ははさん: ワーママのミカタ
ハンドル名はは さん
ブログタイトルワーママのミカタ
ブログURLhttp://wm-mikata.com
サイト紹介文4人のこどもをそだてること、はたらくこと、おうちのことをつづります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 187日(平均7.0回/週) - 参加 2017/09/09 14:05

はは さんのブログ記事

  • サクラサク〜二次募集で第一希望の認可園に内定!〜
  • サクラ満開なななななんと!期待度2%であった二次募集において、第一希望としていた兄弟の通う認可園で辞退者がでたようでその枠に内定が決まりました!!内定の勝因、それは運としかいいようがありません。実は、2月は、不承諾通知にはじまり、長女、長男のインフルエンザからの結局、家族全員インフルエンザに罹るという流れの悪い1ヶ月でした。3月にはいり、新しい風が吹き始めたようです。ブログ休止宣言をしておきながら [続きを読む]
  • いろいろありまして、いろいろありましてブログをお休みします。
  • 最近、なかなかブログを更新する時間と余力がなく、すこし、ブログをお休みしようと思います。4人のこどもを育てながらはたらいてきたこれまでのアレコレをもっとお役に立てるよう情報を発信できればいいのですが今は少し時間と気力が足りないようです。また、充電期間を経て復活するかもしれませんし別カテゴリーに移動するかもしれませんしこのまま卒業となっていまうかもしれませんがブログを書くたのしみは感じているのでまた [続きを読む]
  • 小学校入学、こどもの成長と親の役割。
  • 小学校1年生、成長のキロク小1長男の小学校1年生の生活を振り返ると成長ということばがふさわしい一年間でした。今思えば1学期のあの登校しぶりはなんだったんだろう?関連記事小1の壁からの復活。と信じられない気持ちですが、長男なりにこの1年間、心も体も成長したのだと実感しています。2学期にはいって学校に行きたくない!ということは皆無になりました。むしろ好きな教科である図工や生活がある日には楽しみにしなが [続きを読む]
  • ワーママにとっての子育ての相談相手は?
  • ワーママにとって切っても切れない関係わたしが絶大な信頼をよせる子育ての相談相手、それは、以前も書いていますが、保育園の先生です。ワーママにとって保育園の先生こそが子育ての相談相手として信頼できる相手ではないかと思うのです。もちろん、保育園の先生にも新米の先生からベテランの先生までいて、あう先生もいればあわない先生もいるのですべての先生が相談相手というわけではありません。が、最大6年間通う保育園で信 [続きを読む]
  • おとなよりも百人一首が強い小1のこどもたち。
  • こどもの可能性は無限大先日、学校公開(授業参観)がありました。小1長男のクラスで百人一首の授業があり、先生の企画でこども vs おとなで、百人一首の対戦がありました。まー、こどもたちの強いことといったら!おとなたち足元にも及びません。それもそのはず、小1にして40首ちかくを諳んじているこどもたち。かくいうおとなは・・・もう古典も忘れかけた身・・・勝負になりません。家でも毎日、百人一首をやりたがる長男。 [続きを読む]
  • 起業家には次男次女がむいている?
  • 起業家の素質?オットが起業してから経営者という肩書をもっているためか、仕事上、お付き合いする方々はやはり同じ起業家や経営者、フリーランス、大手企業でも部長職以上の役職の方とのお付き合いが多くなっています。オットを通して大なり小なり会社を経営している経営者たちの話を小耳にはさむのですが、わたし、ふと思ったのです。起業家って長男より次男がおおいのでは?と。なんの根拠もないんですが、かくいうオットも次男 [続きを読む]
  • 不登校という先の見えない道のり、ワーママの決断。
  • 不登校という先のみえない道のりお友だちが不登校になりもう1年以上たちます。まさか、あの子が?!という社交的で明るく、元気な子。ご両親もとても子ども想いでお父さんも育メン、どこからみてもまったく問題のないご家庭。もちろん他人にはわからないことはあるでしょうが、なんで???という言葉しかでてこないです。詳しいことはもちろんわかりません。いろいろな要因が重なってのことかもしれません。でも、ただひとつ確か [続きを読む]
  • 費用対効果を考えても買ってよかった冬物家電。
  • 寒い冬でもつらくない朝寒い日々がつづいたこの冬。わが家では例年になくぬくぬくと過ごしております。特に、寝ている間、家族みんなで寝ている寝室にあたらしく購入したコレのおかげです。高額な代物ゆえコレを買うかどうか2シーズン悩みました。悩んで悩んでかなり値が下がったタイミングでこの冬、ついに買いました。コレを寝る前から朝まで寝室で稼働させます。乾燥もなく、朝のひんやりもなく、そしてほどよくあたたまった部 [続きを読む]
  • 最近のママとラインは切っても切り離せない?
  • 脱ラインを目指していたものの当たり前の話ですが、小3長女や小1長男がまだ乳児期にはラインなんてものはいっさいなく、情報ツールといえばメールが主でした。ラインはここ3,4年で急拡大といったところでしょうか?こどもをとおしてママとラインの関係に否が応にも直面することになったわけです。わたしは脱ラインを目指しています。が、しかし、まわりの状況をみると、ラインの依存度が年々高くなると思わずに要られません。 [続きを読む]
  • 復帰前、慣らし保育中におすすめしたいあれこれ。
  • 二月は逃げる、三月は去る、あっという間に復帰保育園の入園の結果が出はじめ、結果がわかり入園が決まった方はほっとしつつも復帰後の生活を想像すると暗澹たる気持ちになるのでしょうか。自分の経験を振り返って復帰前にやっておいてよかったと思われることをまとめてみました。参考になれば幸いです。まず、復帰まで1ヶ月少々しかないというタイムスケジュールであれもこれもは難しいと思いますので復帰前の1ヶ月から慣らし保 [続きを読む]
  • 受験時期に思い出す、運の使い方には気をつけよう!
  • 受験生へ贈る言葉大学受験シーズンですね。近くには、国立大学から有名私大などたくさんあるのでこの時期、受験生たちをよく見かけます。がんばってと心でエールを送りつつ、思い出す出来事があります。あれは、1年前のこの時期。うちの近く(徒歩5分ほど)に有名難関私大のキャンパスがあります。車で保育園の送迎を終えて家に帰ってくる途中、焦った様子の学生が手を上げて必死にアピールしてくるのです。なんだろうと思って、 [続きを読む]
  • 夫婦そろってダウンの週末、こどもたちの過ごし方。
  • こどもの次はおとなが絶不調こどもたちのインフルエンザもすっかりよくなり、3連休は家族でどこかおでかけしようかと思っていた矢先、数日前からオットの調子が悪く、連休初日に高熱。そして、わたしもこどもたちの看病疲れなのか体調が今ひとつ。熱はないものの頭痛とダルさ。夫婦そろってダウンしてしまうなんて子育て10年近くになりますがはじめてのこと。ここで実家が近いと助けを求めるんだろうなーと思いつつ、新幹線で2 [続きを読む]
  • 図鑑がどんどん増えていくリビングの本棚。
  • 本棚の図鑑率高しリビングにはすぐに本が手に取れるように本棚をおいています。絵本も多いのですが、長女、長男が小学校にはいってから図鑑や科学系の本を好むようになりました。わが家では、月に1回、オットとこどもたちが本屋さんに行くと好きな本を買ってもらえます。それぞれ好きな本を選ぶうちに一冊また一冊と図鑑が増えていき、気づいたら10冊ほどになっていました。図鑑を大人買いなんてできませんが、いつの間にか図鑑 [続きを読む]
  • アラフォーのお雛さまとお手軽な手巻き寿司。
  • いつの間にか節分と立春2月に入って保育園不承諾に翻弄されていましたが、今年は、2月3日の節分が土日に重なったこともあり、家族で豆まきをして鬼を追い払い、手巻き寿司をつくりました。手巻き寿司はこどもたたちが好きな具材を用意して並べるだけなのでとってもお手軽です。お刺身、イクラ、たまご、ツナマヨ、桜でんぶ、コーンあたりが人気。つくるのは薄焼き卵、ツナマヨ、コーン炒めだけという手抜きさ。あとはこどもたち [続きを読む]
  • 保育園不承諾、次の一手を考える。
  • 不承諾からの次の一手不承諾通知を受け取って呆然としてもいられません。次の手を考えてみました。まずは、二次募集にかける。でも、募集人数は限りなく少ないでしょう。そして、希望園に辞退者がでるとは考えにくい。→期待度2%今年度に引き続き、一時保育をつづける。かなりの綱渡りを1年つづける自信がない。ましてや、その前に抽選。運良く抽選にあたればラッキーというくらいでこれも不確実。→期待度30%新規の認可保育 [続きを読む]
  • 保育園不承諾、敗者たちと語らう。
  • 敗者たちの憤り次男3歳児クラスで下の子の保活をしていたママがわたし含め5人います。うち、1人は保育園内定。うち、1人は保育ママ予約。そしてわたし含め3人が不承諾という厳しい現実が突きつけられました。ちなみに5人の共通点、みんなフルタイム満点でございます!!(契約時の条件で加算あり)送迎で顔をあわせば、ママたちみんな憤慨でございます!!!そりゃそうです。仕事かかってますから。日々の生活かかってますか [続きを読む]
  • 保育園不承諾、怒りがわかない今のキモチ。
  • 不承諾となった今のキモチ想定外の保育園不承諾通知を受け取ったときにはマサカの坂を転げ落ちたわけですが、関連記事サクラチル〜保育園不承諾の敗因〜不承諾通知を穴があくほど眺めれば眺めるほど不思議と怒りを通り越して諦観のような気持ちに達しました。なぜか?怒りをぶつける先がわからないというところでしょうか。内定された方に怒りをおぼえる?→毛頭そのような気持ちはわきません。各自治体の基準のもと、入園を勝ち取 [続きを読む]
  • サクラチル〜保育園不承諾の敗因〜
  • マサカの坂4月の保育園入園の不承諾通知がきました。一言でいうならばまさかですね。人生には、上り坂、下り坂、そしてマサカの坂があるとある人はいいましたが、そのマサカです。他の方のブログで、保育園入園が決まったという記事を指をくわえてみていたわけですが、実をいうと98%くらい入園できるだろうとタカをくくっていました。この条件ですよ!両親フルタイム満点(時短勤務ですが、契約時の条件で加算)在園児兄弟あり [続きを読む]
  • 不本意ながら東京うまれ東京育ちにしてしまったこどもたち、願わくは。
  • わたしもオットも田舎がすきです。環境が整うならば、双方の実家にこだわらずこどもたちは自然豊かな田舎で育てたかった。ですが、オットの仕事、またわたしの仕事の都合で結果、東京うまれ東京育ちのこどもとなりました。今後、わたしの転勤の可能性もなくはないですが、それは子育てが一段落したタイミングだと思われるので、東京うまれ東京育ちがほぼ確定です。東京、といっても都心から離れた郊外ではありますが、一応、東京に [続きを読む]
  • 社会人入学こそが真の勉強。
  • 社会人にして一大決心いまの部署は研究職です。研究職に配属されるのはマスターをでていることが条件というか暗黙のルールのようなところがあります。わたしも最終学歴は院卒になりますが、研究職に配属になって研究職と名乗るべき知識が圧倒的に不足しているという事実に直面し、焦りを感じました。特に、統計の知識に弱点を感じており、修士論文などでは統計をもとにまとめていたものの、それはSPSSというソフトを駆使していたた [続きを読む]
  • 小4の壁、放課後のタイムスケジュール。
  • 新学習指導要領で小学校生活も変化のきざし平成32年度から全面実施される新学習指導要領の改訂にあわせこどもたちが通う小学校も来年度から授業時間や下校時間が少しずつ変わるようです。簡単にいうと授業時数が増えるようです。外国語学習や外国語活動などが増え、小3以上で週1コマ分の授業時間(年間35時間分)が上乗せされるようです。それに伴い、授業数確保のため、タイムスケジュールの見直しが必須とのことでうちの小学 [続きを読む]
  • インフルエンザ、兄弟間の脅威の感染リスク。
  • 感染症だけはお手上げ長女がインフルエンザになって数日。長男クラスが学級閉鎖になったと思ったら、元気だった長男が昨夜から急にぐったりして高熱をだしました。なんと長男もインフルエンザに感染。感染症だけは兄弟間でうつしあうのはどうしようもありません。一応、寝る場所を変えてはいたのですが、同じ家で生活していたらどうしても接触せざるを得ないですからそこは受け入れるしかありません。唯一の救いは数日ですが出席停 [続きを読む]
  • 文教地区ゆえのメリット。
  • 大学のイベントはかなりお得国立大学、有名私立大学、単科大学などが多く点在して、教育機関が集まっているという点でみれば住んでいる地域は文教地区ともいえると思います。住んでみて実感しますが、大学などの教育施設がたくさんあると、そこで一般向けに開催される文化系、科学系のイベントや祭典がたくさんあります。だいたい参加は無料なので気軽に参加することができ、イベントの内容も電気系、ロボット系の工作やものづくり [続きを読む]
  • ついに学級閉鎖、そしてインフルの危機。
  • 長男クラスが学級閉鎖小1長男のクラスで10人以上の欠席者がでてついに学級閉鎖となりました。「明日から2日間の学級閉鎖です」といういきなりの連絡。ワーママにとっては不測の事態です。長男クラスの学級閉鎖だけなら学級閉鎖でもあずかってもらえる学童という選択肢があるのでありがたく学童にお世話になるところですが、なんと、実は、長女が数日前から体調を崩し、インフルエンザに。ここは腹をくくっていさぎよく看護休暇 [続きを読む]