れーこ さん プロフィール

  •  
れーこさん: マンガ「週刊哲学」
ハンドル名れーこ さん
ブログタイトルマンガ「週刊哲学」
ブログURLhttps://ameblo.jp/jjagat/
サイト紹介文日常を生きるソクラテスであれ!マンガで日常を哲学。言霊、神道、イン哲、般若心経、禅、仏教を日常目線で
自由文考えるて考えて考え過ぎなくらいに毎日過ごして。唯識を学んだり、仏教講座に通ったり、サンスクリット語を勉強したり、知識が大好きなことを、この年になってから知る。。。。
目下、私がどう対象を捉えているかという、認識の命題に取り憑かれ、そのことばかり考えちゅ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 94日(平均1.3回/週) - 参加 2017/09/10 09:37

れーこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 女子会は止められない
  • なるほど!!るーぱ、ご本を読むのは苦手だけどさ肉体から出てくる 生の『声』肉声って、すごい! 人間の、言葉を発する力、そして言葉の元のイメージを形作る力ってなんなのかしらって…それが音をまとって口から「おとずれる」とき「よみがえっちゃう」なんて!すごいこと! コトノハ 言ノ葉 (…なんか、まとまりが悪いけども…) とにかく女子は食べておしゃべりして愛を分かち合い共有し撒き散らし拾い集め離散融合はないち [続きを読む]
  • 動きの哲学
  • そんなことがあるの??? 例えば「北極星」〜ドゥルバ〜は動かない=真理であるというようにね (歳差運動はあるけれどね)動きまわって変化ばかりのものは真理とは言わないんだこれは「法輪」ダルマチャクラと言って仏教の教えを表わす形=車輪お釈迦様が最初に説法したエピソードは「初転法輪」と言って初めて教えが説かれた出来事を指すんだうごかないものがうごくものを支えているという喩え話な訳ね!不動のものがあって全 [続きを読む]
  • 山の哲学
  • 岩山登るわけではないですけどね磐座はスキなので磐座の情報が入ると行きたくてしょーがない でも今回は磐座ではなくてふつーのハイキングいちおー百名山のひとつ「大菩薩嶺」仙人とか妖怪とか木霊とか谷神 谷神は死なず 之を玄牝(げんびん)と謂う玄牝の門 是を天地の根と謂う 緜緜(めんめん)として存する如く 之を用いて動ぜず            …老子…ひたすら足をあげひたすら足を下ろすそういう繰り返しで全ての思 [続きを読む]
  • つぶやく哲学
  • それでさぁ16日の続きだけど「行為=カルマ」の話題 うごかす動かす力エネルギーがカルマ そう言えないこともないのでは?るーぱの勝手な考えですけどね 動くことを支えているイノチのあることそれは本当に奇跡だから 自分の命に畏怖するるーぱでした イオンカルチャースクールでパステル・ぬりえ・マンガの教室を開講をしていますただいま生徒募集中!https://ameblo.jp/jjagat/entry-12307919618.html [続きを読む]
  • 今日の哲学
  • 毎日あれしてこれしてそれしてそれこれあれでああ忙しい忙しい 「知りたい」が「やってみたい」(経験してみたい)の正体だったわけで…走って走って走り疲れてお墓に入るまで走るんだよ!すごいね〜 「知りたい」っていう思考 「知性」かぁ知性って、人間が人間であることの証なんだね、ブリハスバティ先生 るーぱの知性は宝の持ち腐れ何かしっかりした目的のないまま生きていると欲望ばっかりでお墓にまっしぐらになりそう [続きを読む]
  • 一碗から哲学♪
  • ↑ 唯識で 悟りの境地に至ると我々の持っている思考器官(いわゆるmanasつまりマインド)は、全てのものことを平らかに見通す『平等性智相応心』とゆう清らかな状態になのですって!かと言って凡夫の心は清らかではないとゆーことではないと思ふ… そゆところがね仏教のかたくるしいとこよね 清らかではないというのは思考がとっちらかってるってことだと思うのお部屋も、乱雑になってると清らかとは言わないから思考が整理整 [続きを読む]
  • 初秋の香り漂う…
  • ちなみにダライララマが説法するとき(いや、多分他の偉いボーさんが説教するときも)「私は全ての衆生の言葉で語ろう」と宣言するそれは、人間他の動植物、天界人、龍を含めた全ての生きとし生けるものへ輪廻の海に漂う生類へ尊い知恵の教説を伝えるという趣旨みたいですよ ガンダルバ(天空の楽師)とかアプサラ(天女)とかの説話ほか神話物語というのは人間が「そう思いたい」とゆー願望の一面もあり それを「衆生に起因 [続きを読む]
  • 日々ソクラテス!(嘘)
  • マコトを保つかあ〜 はて、保つとは?「た」「も」「つ」田  藻  津ん  す  なぼ  そ  が      り みたいな??? るーぱがやってることって言葉を使った哲学だわよね言葉が大事なこと「言葉によって言葉を浄化する」そんな意味もあるのね言葉の哲学 仏教(インド)では「身口意」と言います身口意を浄化するのに身は医術(アーユルヴェーダ)意は知識(聖典)言葉の浄化は(多分)文法 で(宣言の前の「せ」 [続きを読む]
  • ☆おしらせ☆マンガ講師をします
  • @@@広告です@@@こんにちわ〜るーぱちゃんは今回はお休みこのブログの作者としてのお知らせです 突然ですが、カルチャースクールで講師をやることになりましたマンガ と ぬりえ と パステル 三講座です 場所は都内のイオンカルチャースクール成増と赤羽ですhttps://www.aeonculture.jp/products/detail.php?product_id=12089 本講座は、10月開講ですが、体験講座が9月の13日成増(ぬりえ)、9月17日成増)マン [続きを読む]
  • どーしてどーし言葉の不思議
  • 言葉のことを考えていると突き当たる『文法』とゆーもんだい 脳みその中は言葉の海色々な言葉が流れたり渦巻いたりそれはもうまさしく「水」 でその中でもきになるのが『動詞』「動詞」っていうのは「動きを表す詞」じゃあ動きってなんだろう? 動きがあるってことは『時間』が言葉の中に入ってるってことよね!動詞と時間!なんか世界の秘密みたい 世界の秘密 それは動いている命のこと 言葉って不思議だなあ… ううん、 [続きを読む]
  • いろいろなことが無意識すぎる…
  • 認識のおはなし 『認識』かい?般若心経に『認識』についてのことが書いてあるね五つの感覚器官視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚(眼識、耳識、鼻識、舌識、身識)と言う微細な体に属する器官と眼、耳、鼻、舌、身と言う粗大な体に属する器官が五つの感覚対象色、声、香、味、蝕と言う情報を捉える眼や耳が、色や音を認識対象として入力している、とも言えるね舌はお茶を味わい耳は虫の声を聞き眼は月を見て肌は秋の風をまとい鼻 [続きを読む]
  • 「たたなわり」
  • おやそれで何がわかったのかな? 〜あたりまえのこと〜それは目に見えなくなってしまうもの耳に聞こえなくなってしまうもの幽霊のようなものあるのにない目の前にあるのに気がつかない! 「たたなわる」たたみ重ねるたように幾重にも重なり続く折り重なる 考えてみれば「タタミ」って不思議なものた、た、み「た」がふたつ重なって「み」洋服をたたむたたみこむように話すみんな「た」と「た」がつく 「た」ってなんだ [続きを読む]
  • 猫の瞑想
  • 猫は時々瞑想をしている 微動だにせず一点集中何を瞑想しているのかしら とかとか??? まだから全部同じイノチじゃからのお〜わしがお前さんの父であっても良いじゃないかねほっほっほ 計算が合わないるーぱ11さい猫爺は10さい ひゃははは猫爺にはかなわない〜 おしまい [続きを読む]
  • まんだら2
  • あのね るーぱ色々勉強したの って -------------------ほうそれで勉強して何がわかったのかな? それがね全然なんにもわからないのでもね先生るーぱ何を知りたかったのかがわかったの それから 今まで何も知らなかったことがわかったの ふむ 形と色と名前と生年月日と味と匂いとスキとキライが違うけど同じなの! 大大大大発見なの!!違うけど同じなの!曼荼羅なの! るーぱの知りたかったこと今まで何も知らなか [続きを読む]
  • まんだら
  • 曼荼羅っていうのは「宇宙」を平面に表したもの 図形はコトバとも言えるねそれは、カタチというコトバを使って「世界・宇宙」を表そうとするこころみなんだ… アルゴリズム大小大小大小大小大小大小くりかえし10000回 「多」でありつつ「ひとつ」であるもの…ひとつを構成する多 多様性 るーぱちゃんが自分自身に 〜わたしはこの世界の多様性のひとつです〜 ということを教えているんだねるーぱちゃん自身が見本だよ 世界 [続きを読む]
  • 神主体験「非ゼロ和」とは???
  • 川崎の稲毛神社で神主体験ほとんどコスプレです!(中身が伴ってない) 神職の階級では特別な白の袴をつけさせてもらっちゃいました!感謝ですぅ 神様への奉仕と(御日供祭という)神道のお勉強(神社専門用語とか!)お掃除(雑巾絞って拭き拭き)「紙垂」(しで)作り! しで四垂四手などとも書くちなみに「御幣」はこれを串にした形「弊串」とも言う紙垂は色々な種類があるのですと神道にはいろいろな流派があってその流派を受 [続きを読む]
  • 過去の記事 …