muunoo[o_0] さん プロフィール

  •  
muunoo[o_0]さん: 占い館主のココだけの話。
ハンドル名muunoo[o_0] さん
ブログタイトル占い館主のココだけの話。
ブログURLhttps://ameblo.jp/0101623/
サイト紹介文ヨソで言わんとい亭。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2017/09/10 13:49

muunoo[o_0] さんのブログ記事

  • 半歩先の想像力。
  • 占いの世界に限らず、中小零細企業で働いていると、どんな業界であれ、甘くはないのではないでしょうか。私も、日々、それを実感しています。で、我々は、来店型のサービスを運営していますので、毎日、シーソーゲームを繰り返しております。水は使っていませんが、水物の業界ですね。また、飲食とか美容とか、定期的に需要が確実に発生する分野でもなく、年々、可処分所得が減っていくと、真っ先に節約される支出になります。だ [続きを読む]
  • まず、顔を洗って髭を剃れ。
  • これは、私が派遣社員の仕事を辞め、電話占いのサイトを立ち上げるべく、ほぼ引きこもり状態で、webサイトを作っていたときのお話です。誰とも会わずに、パジャマ姿で寝ぐせも直さず、1ヶ月ほど、PCに向かっていました。唯一の救いは、一応、仕事をしていたことぐらいかと。そのとき、もう一人の私が掲題の台詞をつぶやきました。で、出来上がったwebサイトは、何となくアンニュイなムードが漂う、ちょっと、陰鬱な感じのテイス [続きを読む]
  • 独り占めしたい気持ち。
  • あるとき、うちの先生が某掲示板のスレッドに、結構な勢いでアンチコメが書かれているらしく、ご本人にそのことをご存じがお聞きしてみました。すると、あぁ、その人は、よく来てくれるお客さまらしく、ファンなのかアンチなのか、よくわからない(笑)。と、仰っておられ、ちとビックリ。よく、お気に入りのお店は、人には教えたくないとか、好きな子のことは、あえて悪く言うとか、いろいろありますが、その類なんだろうなぁ、 [続きを読む]
  • 五十才の憂鬱。
  • まさに、これなのですよ。これ。わりとマジで。カラダは中年から老人へと変わっていき、筋肉は落ち、気力は萎え、ほぼほぼ、人生の結末も見え隠れし、モチベーションは著しく低下します。さらに、消えない倦怠感のため、思考能力も低下します。あるとき、新聞の人生相談で、同年代の方が、厭世観に満ちた内容を投稿していて、まぁ、言うと、そういうことなんだろうなぁ、と思ったり。かと言って、足元が盤石な訳でもなく、いつ何 [続きを読む]
  • プロファイリング。 vol.2
  • 我々の占い館は、受付スタッフがおりますので、占いについての知識がない、どの先生に頼んでいいかわからない。そんなお客さまも、お気軽にお越しください。まずは、お越しいただくと、・鑑定希望の先生が決まっていますか?・鑑定方法のご希望はありますか?・何について聞かれたいですか?だいたい、この順番で軽くお尋ねします。あと、お客さまと先生との相性を考えつつ、おすすめもしておりますよ。私は、まず、お客さまがど [続きを読む]
  • 婚外恋愛脱出手帳。
  • だいぶ前の話になりますが、ある会社が「失恋回復手帳」を販売していて、興味を持ったことを思い出しました。当時、それなりに話題になっていました。ふとした拍子に、普段使いの手帳とは別に、願望別に手帳があってもいいのではないかと考えた訳です。掲題も目的のうちの1つになりえます。わりマジで。「失恋回復手帳」は、失恋の痛手から、3ヶ月を目標に立ち直るのがテーマになっていて、その期間に手帳の力を借りて、感情と思 [続きを読む]
  • 融点。
  • これは、いわゆる固体が融解し、液体になるときの温度のことなのですが、比喩として、私は、占いの現場においても、よく、この言葉を使うのでした。それは、モヤモヤが言語化されたり、疑問がスッキリしたりといった、明らかに状況に変化が認められるときの表現として、適切だと思うからなのです。よく、スッキリする、腑に落ちるというとき、何かが、変化するイメージ。この世界においては、言葉にできないことを言葉にするとか [続きを読む]
  • 2018年を振り返ってみる。
  • まだ、12月になったばかりですが、この一年を振り返ってみたいと思います。まず、仕事の面ですが、去年の後半にごだついていたのを、何とか立て直し、次なる方向性を模索していましたが、未だ、見いだせないまま終わりました。さて、どっちに向けて走り出そうか、来年の宿題になります。で、プライベートですが、どうもこの一年は、肉体が中年から老人に変わりつつあるようで、半月も入院する羽目になってしまいました。オーマイ [続きを読む]
  • ちょっと工夫でこの美味さ。 vol.2
  • ちょっとしたことがキッカケになることは、往々にしてあります。ある先生が名刺を渡される際に、今日の鑑定内容を一言で表すとこの言葉になる、というメッセージを書いておられました。これは、いいことだと思いました。お客さまが、その言葉から、お話の内容を思い出すトリガーになるからです。それは、忍耐、精進とかいう感じではなく、ちょっと、我慢する、頑張るを10%増量みたいなノリの方がいいかもしれません。まぁ、私の [続きを読む]
  • 俺は占い界のラーメン二郎なのだ。
  • うちの偉い先生から、我々のお店にも、男性の鑑定師が必要だとのアドバイスを受け、とりあえず、俺が、現場復帰したらよどうなのという話になりました。でも、私は、形式上、お店のオーナーなので、鑑定を受けていただいた方に、残念だと思われると、お店に迷惑をかけてしまうのが、心苦しいと話しました。でも、そんなことは関係なく、男がいた方がいいと言ってるんだろ、このボケw正直、私は、一般受けするタイプではなく、好 [続きを読む]
  • 戦略の重要性。
  • 我が愛する梅田の地下街に、ある地方では有名な食べ物の専門店ができ、私も、そのお店の屋号は聞いたことがあるし、ちょっと、興味がありました。ですが、しばらく観察しても、そんなに繁盛している様子はなく、やはり、地域によって味の趣向も変わるので、そんなこともアリなのかと思ったり。まぁ、大阪でもんじゃ焼きの店が流行らないような感じですかね。で、あるとき、その地下街がセールを始めた際に、そのお店は、全品半額 [続きを読む]
  • 話し言葉と書き言葉。
  • よく、占い師さんにとって、ブログは、有効なツールであると言っていますが、どうも、全員の占い師さんがそれが得意ではないのを不思議に思っていました。言葉のプロであるはずなのに、どうしてなのでしょうか。また、同じような例として、小説家の方がTVのフリートーク番組に出演したと仮定して、寡黙のあまり、番組的には面白くないこともあるのかもしれませんし。そこで、思ったのは、話し言葉と書き言葉を操るのは、また、別 [続きを読む]
  • ハートに火をつけて。
  • これは、私のこの子もやればできるんですエピソードなんですが、中三のときに、ある映画を見て、急にやる気スイッチが入ったといいうお話です。ちょうど、夏休みに入ったころで、友だちのワタナベくんと暇つぶしに映画に出かけました。で、この「炎のランナー」という作品を観たのですよ。そこから、一ヶ月以上、狂ったように勉強し、夏休み明けのテストで、何と、偏差値が15以上も上がるという快挙を成し遂げました。わりとマジ [続きを読む]
  • 問題をシンプルにする。
  • 占い館を訪れる方々には、多かれ少なかれ、気にかかることや、迷っていることがあります。それらのことは、占いだけでは、正直、解決できないことも含まれます。そんなとき、何を心がければいいでしょうか。そこで、掲題のお話なんですよ。多くの場合は、お客さまは、ご自身の置かれている状況をシリアスに捉えすぎな傾向があるようなので、俯瞰的な目線で、問題を整理してあげることが必要なのです。そうすると、お客さまに、思 [続きを読む]
  • 向き合う姿勢。
  • 占いにおいては、占術能力もさることながら、お客さまに向き合う姿勢が大切になります。お客さまは皮膚感覚で、この先生は、どういうスタンスなのかを感じ取ります。親身に話を聞いてくれる。気持ちに共感してくれる。良い方向に導こうとしてくれる。などなど、そういった姿勢は、お客さまにとって、とても重要なポイントなのです。能力的に優れていたとしても、評論家みたいに突き放した感じだとしたら、とてもその人の言うこと [続きを読む]
  • ローカルビジネス。
  • いわゆるある地域に店舗を構え、商圏内のお客さまに認知していただき、ご来店いただくというビジネスモデルになります。我々も、もろこれに該当します。比較的、占いとか美容とかは、商圏が広いと言えばそうかも知れません。逆に、コンビニは、わざわざ電車に乗って、このコンビニに、というニーズがないため、近隣に同じようなお店ができると、ダメージを食らってしまいます。商圏内のお客さまの母数は限られていて、まず、それ [続きを読む]
  • 迷走の軌跡。
  • ここ、1〜2年というもの、ずいぶんと迷走しているのですが、頭の整理も兼ねて、その道のりを記してみます。もう、いい加減、くたびれてきました(笑)。まず、今のお店をもう少し拡大したいよね。   ↓マネージャーさんの雇用はどうするの。しかも、能力の高い占い師さんもごろごろいないよ。   ↓じゃ、占いに関係ある仕事はどうよ。結婚相談所とかさ。   ↓そっち系は飽和状態だし、しかも、結婚適格の男子がそもそも [続きを読む]
  • 整体と占い。
  • 私のお店のすぐ隣に、中国整体があるのですが、すごい人気店なんですよ。その料金を垣間見て驚いたのですが、安い、安すぎる。。このリラクゼーション激戦区の大阪駅前ビルにおいても、驚きの安さなのでございます。つか、うちの鑑定料金よりも、時間単価でいうと、安いじゃねーかよ。恐らく、スタッフさんは、出来高制の報酬体系だと思うので、相当な数のお客さまの施術をこなさないと、ギャラがヤバいことになるような気が。そ [続きを読む]
  • オフィシャルサイトをレンタルする。
  • 近ごろ、新しいビジネスについて、思考錯誤しているのですが、どうも、既存の商売のスキームに乗っかるだけでは満足できないようです。そこで、独自の取り組みをしてはどうかと考えた訳です。しかも、ネット完結で。今や、プロ、アマも関係なく、自分自身を世界に向けてアピールする時代です。ネットで独自にタレント活動する人も増えてきていますし。そこで、それらの人が気軽にオフィシャルサイトを持てるように、お兄さんがレ [続きを読む]
  • 所有しない。
  • 近ごろ、物に対する考え方が変化しつつあるように思います。来年ぐらいから、トヨタが月定額制で乗り換え可能なリースを始めるように、所有するから借りるという流れは、止まらないような気がしています。また、災害リスクの高まりに伴って、持ち家に対する意識も変わり、フレキシブルな賃貸志向へと、人々の意識も、大きく変わりつつあるようです。こういう価値観は、ヒトやモノとの距離感を大きく変え、一夫一妻制という結婚制 [続きを読む]
  • 私は、〇〇専門の占い師です。
  • 今、私の占い館においては、いつ、どんな依頼をいただいても、適切に対応するというのを心がけておりますが、ふと、別の考え方もあるのかなと思いました。それは、格闘技の世界にも、ボクシング、K1、総合など、ルールがいろいろと存在しており、それぞれ別々に、チャンピオンが存在していることからなのです。現状は、総合格闘技が最強と言っているようなものですね。わかりやすく言うと、占い師の先生方の専門分野も、もっと、 [続きを読む]
  • やっぱ、占い師はブログでしょ。
  • 今や、SNSもいろいろ。ブログに始まり、Twitter、Facebook、Instagramなど、それぞれ、ユーザ層が違いつつも、独自のカルチャーがあるようですね。近ごろ、実感するのは、Facebookの残念ぶりです。お店でも、Facebookページがありますが、一時期と比較して、明らかに、閲覧者の数が減っています。そもそも、個人のFacebookユーザはクローズドの世界ですし、40代以下の人のユーザは、どんどん減っているようです。Instagramに流れ [続きを読む]
  • 霊視とかチャネリングとか。
  • 一時期ほどではないにしても、まだまだ、スピリチュアル系の占術は人気があります。お客さまは、スピリチュアルに興味がある方もおられますし、イメージ的に、スピリチュアル=当たるという先入観をお持ちのケースもあるようです。そういった能力のない私が、お客さまに占術をご説明の際に、いつも使っているフレーズがあります。でも、それ以上、聞かれても、出てきませんよ。霊視=霊的な存在にお聞きするチャネリング=宇宙の [続きを読む]
  • とりあえず、年収1,000万以上で。
  • 婚活パーティに参加された女子が、あまりに男子の年収を聞き過ぎて、今、男子の婚活パーティの参加者が激減しているんだそうですよ。あと、とりあえず、ビール。みたいなノリで、年収1,000万とか言う人をおられますが、独身でそんな人がどれくらい存在するんやろか。でも、初婚、もしくは、再婚でも子どもがいないなど。言いたい放題に付け加えていくと、宝くじより確率が低いんちゃうんかと思われ。まぁ、安定志向なのは理解でき [続きを読む]
  • 病んでいるとサイキックな能力があるとの違い。
  • 私も、子どものころ、お風呂に入っていると、空気中に微生物がいるのが見えたつもりになっていたのですが、そんな能力はなかったというオチに。まれに、サイキックな能力が覚醒したと感じた方が、私は、この占いの世界で生きていくべきだと考えられたとしても、実は、そうではなかったり。この世界においては、三振かホームランかみたいな人ではなく、その能力を安定的に70%ぐらいで駆使できる方が、生き残れるように思うんです [続きを読む]