muunoo[o_0] さん プロフィール

  •  
muunoo[o_0]さん: 占い館主のココだけの話。
ハンドル名muunoo[o_0] さん
ブログタイトル占い館主のココだけの話。
ブログURLhttps://ameblo.jp/0101623/
サイト紹介文ヨソで言わんとい亭。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 285日(平均3.2回/週) - 参加 2017/09/10 13:49

muunoo[o_0] さんのブログ記事

  • 非日常と日常。
  • ついこの間、大阪に起こった地震で、フツーの日常のすぐ近くに、恐怖の非日常が潜んでいることを思い起こしました。でも、喉元過ぎれば熱さを忘れるというオチです。また、私は、それに対して、食料や水を備蓄しようとか、何かを変えようとかは、あまり考えない人なのです。家のすぐ向かいに、コンビニがあるからでしょうか(笑)。一日、物流が止まれば、弁当の棚はすっからかんですし、長時間、停電になれば、コンビニも営業が [続きを読む]
  • ここではないどこかへ。
  • これは、ずいぶんと長い間、私が考えていたことです。私は、高校生のころから、モラトリアムにどっぷりと浸かり、そのままのノリで、イヤイヤながら社会に参加し、考えることといえば、こればっかりです。ここではないどこかへ。さんざん、探し回った挙句に、そういう場所はないと気づいた訳です。で、居場所を探すのではなく、自分を変える必要があった。ただ、それだけのこと。場所は、与えられるのではなく、自らの力で、開拓 [続きを読む]
  • 友だちと一緒に占ってもらいたい。
  • こんなご希望をよくいただきます。ですが、我々の基本的なスタンスは、占い師の先生と一対一で占ってもらうというのをおすすめしています。若い方で、友だちと一緒の方が楽しい、友だちの鑑定結果を訊きたいなど、それなりに理解できるのですが、占いは、個人的な内容も含みます。でも、付き合いが長いので、隠しごともない。これも、よく言われます。ですが、別々の鑑定をおすすめするのには、いくつか理由があります。・占い師 [続きを読む]
  • 占術の優劣。
  • よく、お客さまに、霊視やチャネリングといった占術の方が、より当たると思われている人がいらっしゃいますが、それは、ちょっと違うと思います。お店によっては、スピ系の占術の先生の鑑定料金を高めに設定しておられるケースも見かけますが、我々は、今のところ一律の料金になっております。私は、統計学であれ、スピリチュアルであれ、それらは、占うアプローチが違うだけで、どちらが優れているということではないと考えてい [続きを読む]
  • 偶然は再現できないが、必然は再現できる。
  • 私は、占いのお店を運営していますが、全く、非科学的なものとは無縁の人です。元々は、左脳人間だと思います。なので、偶然に頼った生き方は、好きではありません。よく、困ったときの何とやらで、偶然を引き寄せるために、あれやこれや、右往左往している人を見かけますが、それも、所詮は、その場しのぎにしか過ぎないでしょう。偶然にばかり頼っていると、非科学的なものに目が行くことになりやすいです。やはり、必然を再現 [続きを読む]
  • 男女間に友情は存在するか。
  • 私が、意外だったのは、占い館を訪れる男女のペアは、ほぼほぼ、友だち関係で、カップルではないということです。9/10はこのパターンなのですよ。まぁ、幸せなカップルがわざわざ占うこともないといえば、そうかもしれませんが、あまりに、異性の友だち関係が多さに、ビックリしてしまいます。気が置けない異性の友だち。つか、YOUたち、付き合っちゃえばいいじゃん。と、思ってしまうのですが、お互いに、居心地のいい関係なので [続きを読む]
  • 愛はおしゃれじゃない。
  • モテたいぜ君にだけに いつもそればかり考えて...(^^♪そんな歌詞の歌がありましたが、それをリアルに実行した、今、話題の人がいますね。そう、あの紀州のドン・ファンこと、野崎幸助氏のことでございます。付き合った女子は4,000人、使ったお金は30億。かっけーー美人とつきあいたい。そのためには、大金持ちになるのが近道なんだと、その一心で、裸一貫から大富豪にまで上り詰めた、マジでとんでもない男なのですよ。鉄屑拾い [続きを読む]
  • 微差。
  • ほんの少しの違いが最終的には大きな差になるように思います。その昔、アイルトン・セナは、他のドライバーより、コーナーの脱出速度が1〜2?ほど早く、それが1周になると、コンマ何秒という差になるというお話です。日々の行動において、ほとんど違いがないように見えても、結果が大きく違っているのは、こういう微差の積み重ねにより、起こっていることが多くあります。特に、プロの世界においては、わかりやすく大きな差をつけ [続きを読む]
  • 社会の窓。
  • よく、出会いがないとお嘆きのあなたに、ぜひ、インターネットでの配信をおすすめしたいと思います。編集した動画をうpしたり、生放送したりのアレです。特に生放送は、そのために時間を作ろうとすると、なかなか、できないものですが、例えば、毎日の習慣に組み込んでしまうと、意外に、長続きしたりします。それは、毎日のメイクや車の通勤の時間などに、ついでにやってみると、どうせ、それに時間を費やしているのですから、 [続きを読む]
  • 狩猟と農耕。
  • あるとき、私は、今、人類が陥っている罠の原因として、狩猟をやめ、農耕で暮らすようになったことがあるのではないかと思っていました。食料が安定的に確保できるようになると、必然的に人の数は増えていきます。そして、本来、必要としなかった物も、欲するようになります。いわゆる贅沢の罠です。あるときは贅沢だとわかっていても、そのうち、当然のことになっていき、それが積み重なってくると、あらたな義務が生じてしまう [続きを読む]
  • 断捨離。
  • もともと、ミニマリスト的な気質の持ち主である私は、ふとしたキッカケで、10年ぶりぐらいに(マジで!!)、部屋の掃除をすることになりました。まずは、古いPCを数台とプリンタ類の処分を業者に依頼し、また、大量のPCの周辺機器、ケーブル、電話線、メディアなどを捨てる準備をしています。それらは、もう、今では使い物になるものもなく、物によっては、引き取りそのものを拒否されることもあり、なかなか、これが大変だった [続きを読む]
  • 大蔵省の改革に学ぶ。
  • かつての大蔵省は、省の中の省、官庁の中の官庁と呼ばれ、長きに渡って、強大な権限を担っていましたが、2001年の中央省庁の再編によって、財務省と金融庁に分かれました。これが、いわゆる財政・金融機関の分離です。話はトートツに結婚へ飛びますが、結婚も、これにに因んで、考え方をあらためてもいいのではないかと思ったのです。それは、カバーしている範囲があまりにも広いからです。結婚も、ライフパートナーとセクシャル [続きを読む]
  • 自称・カウンセラー
  • なんか、ニュース番組で、被疑者の職業を自称〇〇と報道されてたりしますが、自称というと、ちょっと、揶揄するような響きがあったりなかったり。しかし、この話題は大丈夫なのだろうかと(笑)。私が言いたいのは、SNS界隈で、石を投げれば当たるほどいる、〇〇カウンセラーという人たちのことなのです。こんなん、放置でいいのかなぁ、と。願望実現、愛される、思い描いた自分になる、セックスレス、良縁を引き寄せるなどなど。 [続きを読む]
  • 錯覚商法。
  • この占いの世界も、まだまだ、未成熟な世界で、未だに、錯覚商法のようなやり方をしているところも見かけます。なかなか、しぶとい存在なのですよ。で、具体的にどんな感じなのかというと、料金を非常に高額に設定し、ここまで高いのだから、きっと、いい鑑定に違いないという期待感を持たせます。ですが、実際は、そんなことはなく、お客さまは落胆し、振り出しに戻ります。こんな焼畑農法みたいなやり方では、当然、お客さまと [続きを読む]
  • 人口減少社会。
  • 占いの世界にいると、恋愛、結婚がテーマになることが多く、その先に、女子には、妊娠、出産というライフイベントがあります。少子高齢化の時代ですが、この先、どんな感じになるのか調べてみると、何と、2050年には、人口が1億人を切るとか切らないとか。サクッと、2,000万人減る予想だとか。それに、65才以上の比率が40%ぐらいになるらしく、働ける人が2人に1人になるそうですよ。しかも、それで下げ止まる見込みもなく、さら [続きを読む]
  • 結婚。
  • 占いのお店をやっていると、女子にとって、いかに結婚が重要なテーマなのかよくわかります。もちろん、男子にとってもですが。でも、10代後半や20そこそこの女子に、「私でも、結婚できますか?」的なことを、何度も訊かれると、ちょっと悲しくなります。おぃおぃ、心配すんの早すぎっしょ(笑)。今や、婚活は、結婚するのに適格な男子を、女子が奪い合う構図になっており、圏外の男子は、生涯独身でいる運命となるのです。とて [続きを読む]
  • わたあめの作り方。
  • トートツに何を言い出すのかと思われるかもしれませんが、あの夏のお祭りの縁日でお馴染みの、あのわたあめのお話ですよ。今は、あまり見かけないかもしれませんね。でも、お手軽にできるので、ご家庭で作っておられる方もいらっしゃるかもです。材料は、砂糖(ザラメ)のみです。それを熱して、糸状になったところを割り箸でからめとるだけです。まぁ、お手軽ですね。これは、物質の三態変化と遠心力を利用した訳ですが、ただの [続きを読む]
  • 出会いの場では出会えない。
  • ちょっと、日本語がおかしい気もしますが、出会いの場として、今は、街コン、相席居酒屋、婚活パーティーなどがあります。ですが、私の周りの方々で、それらの場所で、いい人と出会えたという話は、あまり聞いたことはありません。なぜでしょう。それは、出会いを目的とした場所だからです。逆に、いい人と出会えた人は、どこで巡り合ったのでしょうか。ボランティア、朝活、断食道場、仮想通貨勉強会などでした。よーいドンでい [続きを読む]
  • 言葉の量と質。
  • 日本人は、世界でも有数のTwitter大好きなんだそうですが、それは、短歌や俳句に親しんできた歴史があるからなのかもです。Twitterは、140文字という制限のあるSNSであり、それが逆に、創意や工夫を生むのでしょうか。まぁ、手軽なのもありますが。で、いつの間にやら、電話も、LINEなどを使えば、無料で好きなだけ話せる時代が到来しています。お兄さんが若いころは(ry...そんな時代に、コミュニケーションの質を高めるためには [続きを読む]
  • 占いの闇。
  • お客さまが占い館を訪れる理由は様々かと思いますが、精神的に弱っているときに、先の展望について訊きたいというのもあるでしょう。そんなときに、悪意のある占い師は、自分に依存させるべく、不安を煽るような話をしたり、物品の購入を勧めたりすることもあります。弱っているときに、そんな鑑定を受けられた方は、一種の催眠状態になって、その人の言うことさえ聞けば、大丈夫と思ってしまいます。こういうやり方は、中長期的 [続きを読む]
  • メカニズムを知る。
  • この頃、ちょっと、肩に違和感を覚えることがあり、とある整体のお店のYoutubeチャンネルの動画を見ておりました。タイトルは、40肩、50肩の原因はこれだ。みたいな内容だったのですが、これが目から鱗で、おぉ、みたいな感じです。肩の痛みを解決するために、直接的に肩へ施術することを考えがちですけれども、この根本の原因は手首だったという。で、痛みの経路として、手首→肩甲骨→肩という風に負荷が伝達され、肩の違和感と [続きを読む]
  • 経験値。
  • これは、近ごろ、私が思うことの一つです。よく言われますが、できる営業マンは、扱う製品やサービスが違っても、その仕事において、能力を発揮することができます。それは、お客さまの声を引き出す力、商品やサービスをプレゼンする能力、また、タイミングを見計らう経験などがあります。私においては、この仕事を始めて、年間ものすごく多くの女性と接する機会があり、いかにスムーズに対応するかが重要です。影の存在として、 [続きを読む]
  • Tomorrow is another day...
  • これは、英訳すると、「明日は明日の風が吹く」とか、「きっと、明日はいい日になるさ」みたいな感じなのでしょうか。ちょっと、ニヒルなニュアンスで言うと、「明日は、今日よりは、ちょっとはマシだろう」といったトーンなのかもです。また、映画・男たちの挽歌(英雄本色)の英題も、「A Better Tomorrow」なのですが、英語の表現もいろいろあります。しかし、この作品、香港ノワールの祖であり、チョウ・ユンファ先生の出世作 [続きを読む]
  • 浮浪雲。
  • 本屋の息子に生まれて、良かったことに、漫画や小説を浴びるほどに読めることです。当時のお客さま、申し訳ございません(笑)。で、ジョージ秋山によって、この44年もの長きに渡って、連載されていたこの作品は、いろいろな学びを私に与えてくれたのでした。この主人公の雲が、仕事をそっちのけで遊んでばかりなのですが、たまに言うことが、微妙にいい感じなのがニクいのでございます。今になって思うと、何となく、OSHOに通じ [続きを読む]
  • 自らを褒め称える。
  • 近ごろ、自己肯定感が低い方が多いように思う訳ですが、この自分を讃えるというのは、あってもいいのではないでしょうか。あなたは、天文学的な確率でこの世に誕生し、今まで、生き延びて来た唯一無二の存在なのです。もっと、褒めてもいいのに。で、こんな話をすると、ふと、自分を賛美する詩しか詠わないあの人を思い出しました。そう、三代目魚武・濱田成夫ですよ。駅の名前を全部言えるようなガキにだけは死んでもなりたくな [続きを読む]