bbblues さん プロフィール

  •  
bbbluesさん: 庵
ハンドル名bbblues さん
ブログタイトル
ブログURLhttps://bbblues1964.muragon.com/
サイト紹介文ノベログです 旅の紀行、小説の連載をしています
自由文日々思うことを紀行、小説に折り込み綴っています
「読む」ことが好きな方に
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供248回 / 185日(平均9.4回/週) - 参加 2017/09/10 14:00

bbblues さんのブログ記事

  • “Soul bar-IORI” 人災2
  • 「ですよね、大きくは何も変わらないですよね。先ほどおっしゃられたように、人は一度手にした物を手放せないし、変われないんです。原発の再稼動に反対される方も多いと思いますけど、国、企業、個人がそれぞれの立場で、原発を不要なものとして行動しているか、私にはとてもそう思えませんね」 「24時間開いてるスーパーや、コンビニも増えてますし、冷凍食品のスペースは増えて、おまけに店は年中無休。エアコンはどこも効き [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” 人災1 
  •  「震災を忘れないで」  昨日、この言葉を何度か見聞きした。誰が誰の為に発信している言葉なのであろう。  衝撃的な状況を体験したものにとっては、精神的に自らを苦しめる体験は忘れたいものなのではないであろうか。私なら忘れたい。だが、実際にあの恐怖を目の当たりにした者であれば、忘れたくても忘れることなど出来ないであろう。  犠牲者となった方への追悼の意味なのか。死者を偲ぶ気持ちは大切であるが、自然災害 [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” むらさき4
  •  亜鉛とは金属であり、人にとっての必須ミネラルの一つで無くてはならない物。体内で製造されるわけではなく、食物での摂取が必要だ。ただ、無くてはならないものではあるが、「頑張らなくっちゃ!」などと摂取のし過ぎは、急性亜鉛中毒や、継続的な過剰摂取で銅、鉄の吸収を妨ぎ、人体に悪影響を及ぼしてしまう。まぁ、今更そんなに頑張らなくても、、、何を?ただ、不足してしまうと、亜鉛欠乏症などと言われ多くの障害を招き、 [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” むらさき3
  •  お醤油の味は1年から3年を掛けゆっくりと醸し出され、熟成期間が長いほど味に丸みがでてとても優しい味。ただ、3年以上熟成させると逆に品質は落ちてしまうそうだ。国産の有機大豆は0.2%程しか流通がなく、この大豆を用いた3年熟成の醤油は恐ろしい値段で売られている。貧乏人の私にはとても買えない、、、  お醤油の製法は本来の微生物の力を用い発酵させる物と、化学の力を用いる物とがあり、微生物と化学の力を併せ [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” むらさき2
  •  現在、生理学では味の基本要素は「旨み」を加えて5つとされているが、欧米人にはなかなか理解できない味のようだ。人にとって、くうねるやるが最も大切であり、楽しいことでもあり、より繊細に味の識別が出来、食事を楽しめる幅が広がることはとても素晴らしいことだ。  人の味覚は離乳時から形成が始まるとされる物や、母体内で羊水を通じ形成されているとかいろいろで、正直何が正しいのかはよくわからない。ただ、子供の味 [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” むらさき1
  •  むらさきと聞いてお醤油を思い浮かべる方は、もうそれほど多くはないのかもしれない。家康が征夷大将軍に任命され、中央政権が江戸に移され政治の中心にはなったものの、文化面では京、大阪に遠く及ばない。江戸に独自の文化を創ろうと、高価で貴重であった醤油に、皇族にしか使用が認められなかった紫色にその思いを支配階層が託したとされ、こう呼ばれるにようになったとか。醤油が紫と呼ばれるようになったのは諸説あるが、醤 [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” 豆3
  •  古来から人は食べ物の保存に多くの知恵を得ていた。苦労し手に入れた食材を無駄にすることなどはしない。食い溜めできる身体であったり、お腹が空いたらすぐにコンビニで食材、食料が手に入るわけでもない。乾燥、塩蔵、燻製、灰なども利用し食料の保存をしてきた。後、葉っぱで包むことも保存性を高めた物だ。  そして、発酵させることで保存を高める方法。微生物の存在など何もわからない時代から、発酵がもたらす恩恵を人は [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” 豆2
  • 「美味しい物が日常だったら、美味しい物はなくなっちゃいますもんね」 「決して私の日々の食事が美味しくないってことではないですよ。美味しくなるように自分の持ている知恵、技を費やして作ってますから。食材がそれほどかからないので、調味料は本物の良いものだけ揃えることが出来るんです」 「原材料も安心、安全の国産を選ぶことも出来ますしね」 「う〜ん、加工品は国産表示って50%以上国産であればそう表示できてた [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” 豆1 
  •  豆とはマメ科植物の種子のことで、人々は穀物と同じように古くから作物としてきた。広義には豆は穀物の仲間であるが、何も生物学を勉強するところではなく、ただの飲み屋。多種多様の豆があるが大豆のお話でお付き合いを、、、  春が訪れ、すぐに暑い夏がやってくる。枝豆とビールを楽しみにしている方も多いであろう。枝豆と大豆、これ実は同じ物で、枝豆はピチピチなお姉ちゃんで、大豆は熟女って感じで、、、いや〜どちらに [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” 元ゲリラ6
  • 「彩香さんの、『人らしく幸せに生きるってなんだろう』って最初の言葉への、彼の答えがここにあるかもしれませんね。消費社会に翻弄し、最も大切な家族との時間も犠牲にして働き、そこから得られる物が何なのか。それが笑顔が見えない日本人の姿であり、使い捨ての消費に明け暮れて環境破壊だけに留まらず、家族、そして自分自身までも壊してしまう。少なくとも彼は、そんな日本人を見て幸せとは感じなかったわけですよね」 「物 [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” 元ゲリラ5
  •  国は向かうべき方向を指導者が定め、国民を教育していく。国民の姿は日本の指導者達を映し出したもの。自然の摂理から大きく外れ、世の中のバランスを崩すことが日本人はとても好きだ。そうやって日本は伸し上がってきた国でもある。己のことしか考えない日本人が多いのも、これもまた指導者を映し出した姿。  政治家の報酬は各国により様々な考えもあり、大きく異なる。あまり意味のないことではあるが、日本の首相は月額の基 [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” 元ゲリラ4
  • 「根本解決させることが大切なのに、日本の政策って臭いものにはふたをしろ的なところ多いですもんね。一時凌ぎで給付金を出したところで何の解決にもなんないもんな」 「そうですね、根本解決しようと思ったら、政治家の立場が危うくなってしまう人達だらけですよ。一度権力を手にした者達は、見す見す逃すようなことはしませんからね」 「政治もお金儲けですもんね。その年齢に適したことを経験し過ごせば、決め事みたいに適齢 [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” 元ゲリラ3
  • 「人らしく幸せに生きるって何だろう」 「何を持って幸せかは人それぞれの感情であり一概には言うことは出来ないですけど、人が生物である以上、基本的なことは子孫を残すことですよね。いろんな考えがある以前にここが最も大切なことで、ここを踏み外してしまって、生物である人間が幸せであるなんてあり得ないことですよ。まずそこがあって初めて人らしくがあるんじゃないでしょうか」 「結婚しても子供を儲けない人が増えたり [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” 元ゲリラ2
  •  ホセ・ムヒカ、どこかで名前を聞いたことがある方も多いと思う。虫刺されの薬ではないので、念のため。この方、ウルグアイの貧困家庭に生まれ、大学卒業後ゲリラ組織に属していた。逮捕歴4回で内、2回の脱獄をし、戦闘では4発の銃弾を受けているつわものだ。軍事政権の終わりと共に政界に進出し、下院議員を経て2010年から15年まで大統領を務めた人物。政治家としての報酬は月額10万円ほどを受け取り、残りすべてを寄 [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” 元ゲリラ1 
  • 「会場にお越しの政府や代表のみなさま、ありがとうございます。 ここに招待いただいたブラジルとディルマ・ルセフ大統領に感謝いたします。私の前に、ここに立って演説した快きプレゼンテーターのみなさまにも感謝いたします。国を代表する者同士、人類が必要であろう国同士の決議を議決しなければならない素直な志をここで表現しているのだと思います。 しかし、頭の中にある厳しい疑問を声に出させてください。午後からずっと [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” 雑菌天国3
  •  人は生物としてのあるべき寿命を全うすることなく、ほとんどの人が人生を終える。身体がその年齢まで耐えられないには、様々な要因が絡み合い簡単な理由ではないだろうが、自然の摂理に反した多くの行いがそうさせているのだと思う。何も120まで生きたいとは思わないが、何か大切なことを人は見失っているのではないだろうか。  BGMはこの曲、この古い世界は私には格好いいんだ、なんて意味なのかな、、、 Joe Co [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” 雑菌天国2
  •  動物は呼吸することで酸素を取り入れ二酸化炭素を排出し、植物は逆でこれは共生していること。海、山の水が蒸発し雨を降らせ、微生物が動物の排泄物などを栄養に換え、それを含んだ水がまた海に流れる。素晴らしいバランスが保たれ循環し、多くの生物が地球上で共存できている。  人と菌は古来から深い結びつきがある。菌の存在などわからない時代から多くの発酵食品があり、人にとって有益な菌も多い。体内にも多くの菌を宿し [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” 雑菌天国1
  •  原始地球から今もなお生き続ける微生物。環境の劇的な変化で絶滅した生物がいる中、これ、凄いこと。とかく人からは嫌われ、除菌グッズが多くの店頭に並んでいる。見えてもいないものに、これほどの存在感があることも、これまた凄いこと。生物学などまったく理解せず、多くの認識違いもあるかもしれないが、嫌われ者の菌を考えてみた。  BGMはこの曲で。「ダンス天国」菌達も踊っちゃうかな Wilson Pickett [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” 加点と減点2
  •  マニュアル通りのことが完成形とすれば、それは減点評価の基準値でしかない。マニュアルで教え込まれて来た人間にとって、基準値までは辿り着くことが出来てもその先に進むことは難しい。また、マニュアルに書かれていない事案に対しては何も対処ができず、起こり得ることすらも想定外だ。型にはまった人間しか育つことはない。 「本来、マニュアルなんて必要のないものなんですけど、雇う側も経験のない者に時間をかけて指導で [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” 加点と減点1 
  •  物、人を評価するには概ね二通りがある。すでに完成形として形があったり、理想とする物(者)を100とし、劣る点を見つける減点評価。そして0からスタートをし、優れた点をみつける加点評価。戦後の日本はアメリカを目標にし、様々な製品をコピーして経済成長を成し遂げた。理想とする国、製品の完成形が存在し減点することで物事(人物)の善し悪しを評価してきたのではないかと思う。結果、どちらにしても同じ点数が付くの [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” 台湾ラーメン
  •  台湾とは国なのか?それとも中国の離島なのか?正直、私にはわからない。本人達がわかっていないのだから、私にわかるわけがない。この小さな島は過去にいくつもの国の支配を受けた歴史がある。アジア全土を支配下に置くことを目標にした日本も統治下に置いたことがある。台湾の中国支配が始まり日本との国交は途絶えたが、多くの台湾の方が日本で生活を営んでいた。  名古屋には繁華街と呼ばれるところがいくつかあり、名古屋 [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” あんスパ
  •  名古屋は先回ご紹介したように「イタスパ」「インディアン」「ミート」と3種のスパゲティがあるが、これはあくまでも喫茶店での軽食。調理に特別な技術も知識も要さない。名古屋めしはきしめん、味噌着込みうどんがあるように麺料理が多く、前記のスパゲティだけではなく、「あんスパ」を専門に提供する店が多い。「あんこ」を乗っけたスパゲティではなく、「あんかけスパゲティ」だ。  BGMはイタリア歌謡「村の娘」をカバ [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” 味噌
  •  味噌は大豆の発酵食品であり、日本で独自の発展を遂げた調味料だ。使われるこうじにより、米味噌、麦、豆に分けられる。米味噌とは米を発酵させたものでは決してない。あくまでも大豆を発酵させたものが味噌で、酵母の種類によって分類される。味噌の約8割が米味噌だが、名古屋に多い赤味噌は豆味噌。熟成期間がながく色が付くようだ。  若い方はあまり使うことがないかもしれないが、「手前味噌」と言う言葉がある。自分で自 [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” 飛ばない鶏
  •  もし私に翼があるとすれば、大空に舞い、向かうべきところは温泉街だ。温泉街は美しい景観に囲まれた地が多く、空から見てみたい。決して女性の露天風呂を覗きたいわけではない。あっ、まったく関係のない話だが、私の愛する人の次男坊が「翼」くん。大空を舞い、女性風呂を覗くような真似はして欲しくないと願う。ただ、私を抱えて飛んでくれるのは、特別に可。私を温泉街に連れてって〜〜〜  名古屋は飛ぶことを忘れてしまっ [続きを読む]
  • “Soul bar-IORI” 細切り
  •  既存食の食べ方を新しく提案することは、既成概念が邪魔をし躊躇させてしまうことが多い。より以上を完成させるには、既成概念に捉われない斬新なアイデアが必要だ。受け入れる側も物珍しさだけではすぐに飽きてしまう。何にでもマヨネーズをかければいいの発想とも違う。そんな中にあって「ひつまぶし」は多くのファンを持ち、全国区の知名度を誇るのではないだろうか。  このひつまぶしは三重県の津市にも発祥説があり、互い [続きを読む]