けずる さん プロフィール

  •  
けずるさん: けずるくんの自作工房
ハンドル名けずる さん
ブログタイトルけずるくんの自作工房
ブログURLhttp://www.kezuru.info/
サイト紹介文気になるモノはDIY。 Fusion360の使い方やCNCフライスの裏技を集めたモデリングブログ。
自由文3Dモデリングとは何か?

CNCとは何か?

DIYとは何か?

Fusion360 とはなにか?

・・・その答えがここにある。

Clickおねがい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 77日(平均3.1回/週) - 参加 2017/09/10 16:18

けずる さんのブログ記事

  • ハンドメイドサイトのminneをやってみた結果
  • CNCを使って作ったものをminneで販売し始めてから3カ月が経過。とりあえず、おこずかい程度に売れることを目標にして、じっくり育てていく感じでやっています。最初は、アクセス自体が全然来ない状態でしたが、ネットというのはブログでも何でもそういうものなので、とりあえずコツコツと続けてみる事が大事。新しく商品を出品するときは、一日に一気に10個も増やすとかはダメですね。minneにもminne内のSEOというのがあると思 [続きを読む]
  • 「もったいない」から生まれた変なスプーン
  • 最近よく聞く言葉人工知能、フィンテック、ドローン、ブロックチェーン、IoT、シンギュラリティー、ディープラーニング、VR、自動運転、ビットコイン、IOC・・・などなど、最近IT技術の発展が目覚ましいです。あと数年もすれば、一家に一台ロボットっていう勢いですね。というわけで、ロボットっぽいクラフトを作ってみました。さすがにまだ誰も作っていないので、時代に先駆けて作ってみました。木製ロボット専用スプー [続きを読む]
  • Fusion360とCNCミリングマシーンでベビーフェイスをデッサンしてみる
  • Fusion360でも写実的な事ができるか?Fusion360は一般的に機械パーツなど工業的なものづくりに使われるソフトです。CAM機能があるのでCNC加工したい人向きなのは確かです。でも、工業的なことしかできないというわけではありません。Fusion360は、STLファイルで出力できるので、一応、Mayaとか3dsMaxなど他の3Dモデリングソフトと相互性はあるはずです。というわけで、今回はFusion360っぽくないモデリングをやってみたいと思 [続きを読む]
  • 仕上がりがグッと良くなるやすりがけのちょっとしたコツ〜DIYをもっと楽しく〜
  • 丁寧にやってもありがちなミス木工DIYのやすりがけでよくある失敗は、「きれいにできた!」と思ってよく見てみると、細い線(小さなキズ)が残っている事です。つるつるにしようと一生懸命に磨いたのに、一本でもこの線が残っていることで、一気にクオリティーが下がった感じがして、少しヘコみすよね?この線を消すにはもう一度粗いサンドペーパーでこすらないと消せません。小さなキズが残っているさて、よくありがちなこの失敗 [続きを読む]
  • コーヒー豆の豆知識・手挽きコーヒーに挑戦してみた結果
  • 今回はいつもと趣向がちがいます。手作りの木工品を作っているだけあって、コーヒーを手挽きに挑戦してみます。木工も、人の手が入ることで総機械仕上げのものと違ってきますよね。見た目はほとんど同じでも「何か」が違う。その「何か」を人は感じるから、機械化が進んだ現代でも、ハンドメイドの人気が廃れないのだと思います。廃れないどころか、むしろ見直され需要は伸びています。それは、minneやクリーマなど国内のハンドメ [続きを読む]
  • Fusion360でスプーン作りの工作キットをCNC加工してみる
  • いつもFusion360とCNC加工と3Dモデリングのことばっかり書いていますが、最近は、手でモノを作るのもいいなと思います。・・というのは気分転換になるんですね。特にスプーン作りというのは結構夢中になれる。気分転換になるものはさまざまかもしれませんが、調べてみると、やっぱり「手作業(ハンドメイド)」というのがいいらしいです。メンタル系の医療の分野でも「作業療法」という形で活用されているみたいで、ハンドメイド [続きを読む]
  • Fusion360 で肉球コースターをDIYしてみる【CAM工程のみ】
  • 小さな部品を自作できてしまうFusion360 を使ったCNC加工。DIYなどで止め具など必要な時、ホームセンターもかなりの品ぞろえですが、こだわったものを自作しようと思うとホームセンターでは手に入らなかったりします。昔、CNCが普及していなかった頃は部品の調達を個人でするのは大変でしたが、今ではFusion360 で部品もモデリングしてそのままCNC機械でDIYできてしまう。これによって、複雑な機構を持った家具やデザインが製作可 [続きを読む]
  • 3D技術で作ったコーヒー雑貨をハンドメイドサイトで売る
  • 最近、小物雑貨をネットで売ってみようかなと、minneにページを作りました。         ↓↓↓ハンドメイドサイトminne(ミンネ)CNCで使ってるので「ハンドメイド」かは微妙ですが、最後に手作業も入るし、ハンドメイドという事でOKだと思います。Fusion360とCNCを使って形を削り出すだけなら誰でもできるので、手作業も入れて、とりあえず木製のクラフト雑貨をそろえていきます。また便利なもので、ハンドメイド商品の場 [続きを読む]
  • Fusion360をカンタンに極める3つのポイントまとめ
  • Fusion360は大変優れた3Dモデリングソフトです。Autodesk社の傑作。正直、もっと普及してもいいと思います。専門家目線でこのソフトの使い勝手を見れば、それはそれは素晴らしいものです。でも、多くのユーザー確保を目的にする場合、誰でも、いかなるスキルレベルでも、「途中でつまずかない」でモデリングできるかということは必須な気がします。その点で、Fusion360は、いくつかのポイントを理解していないと、先になかなか進 [続きを読む]
  • エンドミルの研摩を100円で可能にする方法
  • 切れなくなったらどうする?エンドミルは使っていると切れなくなります。エンドミル用の研磨機というのがありますが、大変高価です。また研摩業者に頼むとネットで検索する限りでは一本2000はしそうですね。超硬の高級なエンドミルや特殊な形をしたエンドミルなら依頼する価値はありますが、趣味でCNCやってる人や、私みたいに1000円〜3000円の安価なエンドミルしか使わない人間にとって、2000円は判断に迷う、と [続きを読む]
  • 木工CNCで避けられない逆目の問題について
  • CNCフライスはエンドミルによって切削します。エンドミルの刃の向きは決まっていて、回転方向は上から見て時計回りと決まっています。つまり、どうやっても逆目は起こります。手作業であれば、木目に合わせて刃物を入れる方向を変えることができますが、CNCではそれができません。少しわかりにくい話かもしれませんので、写真を交えて説明したいと思います。例えば、下の写真はfusion360でCAMまでやってGコード出してCNC加工したも [続きを読む]
  • 【刻印DIY】CNC加工機で商品にネーミングを入れる方法と手順
  • 前回は、焼き印をFusion360とCNC加工機を使ってDIYする方法を書きました。ペンで書いた筆記体から焼き印を自分で作る ~fusion360の使い方とCAM応用編~焼き印を使えば、CNCで作った木工制作物にネーミングやロゴを入れる作業が簡単になりますし、見栄えもそれなりにいいですよね。木工DIYで自作したものであっても焼き印を押すと、どこかのブランドみたいになったりもします。完成度の高い「商品」を仕上げようと思ったら焼き印は [続きを読む]
  • ペンで書いた筆記体から焼き印を自分で作る ~fusion360の使い方とCAM応用編~
  • こんにちは。今回は焼き印をfusion360とCNCフライスを使って自分で作ります。焼き印は一般的に専門の業者に依頼すると思います。しかし最低でも1万円以上の予算を用意しなければいけません。自分で作るという選択肢があります。ハンドリューターなどを使って金属を削るといった方法で自作できますが、結局、大変な手作業になります。そこで、Fusion360とCNC加工機を使って、今まで困難だった焼き印の自作を誰でもでき [続きを読む]
  • Fusion360とCNCフライスでソフトクリームを作る
  • 完成したソフトクリームをブログにアップし忘れてました。こんな感じになりました。なぜに木でスイーツをDIY?もうだいぶ昔の写真です。工程だけをアップして完成は忘れていました。なんでソフトクリームなんぞを作ろうと思ったのか。それは、Fusion360 とCNC加工のスキルも上がってきたので、一度腕試しでもしてみようと思ったんです。3DモデリングとCAMの使い方それら一通りのレベルを測るならソフトクリームはちょうどいいフォ [続きを読む]
  • Fusion360とCNC加工機でテオ・ヤンセン機構を作ってみる
  • テオ・ヤンセンというオランダ人をご存知でしょうか?下が彼の作品です。生きた動物みたいな動きをハイテクなしで、しかもシンプルな構造のみで可能にした機構です。今では、そのノウハウがロボットなどに幅広く応用され始めています。本来であれば、このような動きをさせる場合、コンピュータープログラムを用いて、複雑な構成になるのが一般的でした。彼の発見は、多くの人々を魅了しています。さて今回は、その”ヤンセン機構” [続きを読む]
  • 複雑な形状を切削するには必須の知識「円滑化トレランス」機能について
  • 円滑化トレランスについて説明されているサイトがないみたいなので、今回はこの「円滑化トレランス」について書きます。トレランスとは「交差、許容範囲」のことです。つまり、許容範囲内でパスを変更し、円滑かつ切削時間を短縮させるための機能です。Gこーどによって生成されるパスのほとんどは直線の組み合わせです。そして、その直線から他の直線に移るとき、0.何秒という短い時間ですが、方向変換のために時間をロスします [続きを読む]
  • Fusion360ソフトクリームの作り方 〜コーンの両面切削〜
  • 3Dモデリングで大切な事は論理的に形の特徴を把握することこんにちは。ソフトクリームDIYも大詰め。クリームの部分は完成し、いよいよコーン部分をCNCで加工したいと思います。クリーム部と違ってコーン部分は綺麗な円錐形です。その円錐形の上にストライプや文字が入っているという形状です。なぜ、こんな当たり前のことをいちいち書いているかというと、3Dモデリングというのは、論理的に形の特徴というものを把握している事が [続きを読む]
  • 実物大ソフトクリームのクリーム部完成 〜木工CNC講座〜
  • やっとできました。両面切削の精度を高めようと研究していたら、あっという間に時間が過ぎていきました。しかし、研究の甲斐あってしっかり決めることができました。両面切削は表裏両面の切削原点がぴったりと一致していることが命なのですが、その際、写真のように位置合わせのための試し削りを行います。前の記事に手順を書きましたが、この切削を表と裏両方に行います。すると中央の貫通させた穴が大体数ミリずれているので、そ [続きを読む]