逢坂純 さん プロフィール

  •  
逢坂純さん: 逢坂純の日々、一生懸命。
ハンドル名逢坂純 さん
ブログタイトル逢坂純の日々、一生懸命。
ブログURLhttp://atushiousaka.blog.fc2.com/
サイト紹介文シナリオライター、逢坂純の日々、頑張っている具合の報告です。
自由文シナリオライターの日々の頑張り具合の報告です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 71日(平均3.5回/週) - 参加 2017/09/10 18:38

逢坂純 さんのブログ記事

  • ド迫力の女スパイの話とか。
  • 実習の始まる前の土曜、アトミックブロンドを観てきました。11月末で上映終了のこの映画を、予告の時から絶対観たいと思っていたこの映画を遂に観てきました。東西冷戦の陰で暗躍した女スパイの話だったんですが、ド凄いアクションに次ぐアクション、主人公の女スパイ役のシャーリーズ?セロンがフラッフラになりながらの殴り合いのシーンには、只ただ、圧巻でした。イイモノ観させてもらいアシタ。                [続きを読む]
  • ここ一週間の話とか。
  • アルバイトの実習が終わりました。14 日から18日までの実習だった訳ですが、感覚的には、5日間が本当にアッという間に過ぎていった感じでした。ひたすら食洗機にお皿やらグラスやらを掛けていった5日間でした。率直な感想を言わせていただくなら、本当に楽しかったです。タイカレー専門店なので、まかないには、毎日違う種類のカレーを食べさせてもらい、只々、感激の一言に尽きませんでした。洗ったお皿をホールの人が持っていく [続きを読む]
  • リレー小説その後の話とか。
  • レインボー祭りでは、リレー小説もご来場の皆々様方のお陰で、大変盛況のうちに終わりました。でも、折角作ったリレー小説、このまま終わらせては勿体ない!!そのノート、もっと多くの人に見てもらいたい、書いてもらいたいと思い、作業所の一角にある棚に、置かせてもらう事となりました。この先、あのノートをふと目に留めた人が、何か書いてみよっ、と物語を繋げてくれる事を密かに期待しております。そんな事を思いました。   [続きを読む]
  • ちはやふる上の句の話とか下の句の話とか
  • ちはやふるの上の句と下の句を鑑賞しました。俳優さんという仕事は、今その時にしか演じられない役というものがあるんじゃないかと思わされてしまった。チア★ダンではそんな風には感じなかったのだけれど、チア★ダンにも出ていた広瀬すずさんは、その両作品に出演する事で、間違いなく経験値を上げたんじゃないかと思います。僕も企画を一本書く毎に、シナリオを一本完成させる毎に、経験値がタンマリ増えたらいいな、と思ってい [続きを読む]
  • レインボー祭りの話とか新作の話とか。
  • 今日は待ちに待ったレインボー祭りの日でした。過去2回のレインボー祭りは雨だったのですが、今日は快晴で、良かったです。僕はリレー小説のコーナーをやったのですが、リレー小説のタイトルには「珍?宝博士の虹色の大発明」と銘打って、小説をスタートさせました。レインボー祭りの前の日に、職員さんが、「中途半端なのが、一番ダメだよね」、と仰って下さったのですが、見事、ウケる事もなく、中途半端に終わってしまいました [続きを読む]
  • ボカロの話とか初音ミクの話とか。
  • 一緒によくカラオケに行く友人の18番の歌は、初音ミク率いるボーカロイドの歌です。僕はボカロの歌を今までその友人が歌うカラオケでしか、聴いた事がありませんでした。それでオリジナルを聴いてみようと思い、youtubeで初音ミクを聴いた所、ボーカロイドの歌って、ロイドって言うだけあって、機械音なんですよね。最近のカラオケ歌う人で、オリジナルの歌手の真似をして歌う人って、殆どいないですよね。初音ミクの歌を歌う人は [続きを読む]
  • こち亀展へ行ってきた話とか。
  • 桜ヶ丘ミュージアムで現在開催されている「こち亀展」へ行ってきました。台風の合間のちょっと雨が止んだ隙を見て、自転車をちょっと飛ばして、行って参りました。こち亀の40年がギッシリと詰まった、大変、見所満載の展示物の数々、かれこれ、子一時間ほど居たのかなぁ。作者の秋本氏の時代を見つめる感性をたっぷりと堪能してきました。秋本先生、連載開始当初は実は女性キャラを書くのが、苦手だったそうです。男の事は男が一番 [続きを読む]
  • 広瀬すず主演、「チア★ダン」の話
  • 広瀬すず主演、「チア★ダン」を観ました。広瀬すずの笑顔が可愛かった。いや、可愛いだけじゃなく、凄く良かった。広瀬すずだけじゃなく、JET´Sのメンバー全員の笑顔が素敵だった。笑顔の大切さを学んだ。JET´Sのメンバーは全員女性だけれども、笑顔は女性だけでなく、男だって大切だと教えられた。作業所の施設長に、僕は笑顔がいいと言われた事があるけれど、笑顔は、男女関係なく大事なのだ。教師役の天海祐希には、理想の指 [続きを読む]
  • アルバイトの話とかアルバイトの話とか パート2
  • 今日はバイト先の実習の日取りを決める会合の日でした。働けるという事はとても幸せな事ですが、それ以上に僕の就職の為に、何人もの人たちが力添えをしてくれた事に、多くの感謝を感じると共に、幸せを感じました。これから始まる素晴らしい日々に、負けないくらいの努力が必要。頑張れ自分。P.S施設長が、帰りの車の中で、僕の事を「逢坂さんは愛されキャラなんだよ。羨ましいな、いやそんなに羨ましくもないかな?」と仰らていま [続きを読む]
  • 後悔ばかりの人生の話とか職員さんの言葉で救われた話とか。
  • 僕には大学時代の後悔が本当に沢山あります。どれも他人には小さいものだと思われるものかも知れないですが、でも、僕には大きな失敗や悩みだったりします。その中のひとつは僕の入っていた映研の事にありました、いや、まだ思う所が沢山あるので、ありますと言った方が、いいかも知れませんね。それは僕の入っていた映研以外にも、新しい演劇サークルが出来た時の事でした。僕はその演劇サークルを非難しました。理由は特に無かっ [続きを読む]
  • 家にお金を入れる件と松下幸之助の話とか。
  • アルバイトを始めたら、せめて家にお金を入れなきゃね、と、友人に言われた。うん、その通りだな、と思った。別の友人にはこう言われた。一人で自立した生活を送れない奴に、夢を見る資格は無い!!と。夢は誰だって見る事は出来る、只そこに、現実に出来るだけの何かがあるかどうかだと思う。またまた松下幸之助はこんな事を言う。理想の実現の為には、現状に甘んじていてはいけない、と。以前、僕は友人に自分のシナリオを見せて、 [続きを読む]
  • モノマネの話とか共通項の話とか。
  • 駅の掃除が終わって、作業所の迎えの車を待っている間、職員さんとメンバーさんが話しているのに何ともなしに聞き耳を立てていました。二人が話している内容は確かこんな事。モノマネじゃ駄目なんだよね、クセが無くっちゃね、技術を会得するのは並大抵の努力じゃ駄目だ、等々。日々、面白い作品の産みの苦しみに悩む僕には、二人のそれは正に僕の今の心境を話しているように感じました。勿論お二人は、僕のそんな気持ちを知る筈も [続きを読む]
  • 関ヶ原の戦いは、なぜ関ヶ原だったのかの話とか。
  • 作業所の歴史好きなメンバーさんと、関ヶ原の戦いについて話していました。なぜ関ヶ原の戦いは、関ヶ原でやったのか、と。原田眞人脚本?監督の映画「関ヶ原」を観たはずなのに〜、何故、関ヶ原の戦いが関ヶ原だったのか、全くわからん!!そのメンバーさんの説明を聞いても、自分でyahoo知恵袋で調べてみても、歴史の基本的知識皆無の僕には、何が何だかサッパリだぁ。と言う事で、もしこれを読んで関ヶ原に興味を持たれた方がいま [続きを読む]
  • 穂の国グルメイド隊さんの活躍とかFM豊橋の話とか。
  • 先日のブログの中で書いたご当地アイドルグループの穂の国グルメイド隊なのですが、何だか彼女らは、僕が思っていた以上の活躍振りらしいのだ。先日豊橋のコミュニティラジオFM豊橋を聴いていたらば、何と何と、穂の国グルメイド隊が今度、豊橋の何だか言うイベントに登場すると言うではありませんか。しかも結構な人気振りらしい。いやはやこの前のブログでは、ちょっと失礼な事を書いてしまったのではあるまいか。そんなグルメイ [続きを読む]
  • 18歳の期日前投票の話とか花粉症の話とか。
  • 衆議院選の期日前投票が、18歳の投票権開始に当たり、高校で投票できるようになったそうです。学校で投票できるようになった事から、誰に投票するかを、級友と相談して投票したりと言う、選挙に対しての、意識を深める役割も果たしているような、学校内投票だと思います。僕の学生時代に、そんな事が実現していたら、僕の国に対しての意識も、相当変わっていたんじゃないかなぁ、と思います。でも、愛知県は結構、福祉県なので、愛 [続きを読む]
  • 作業所の話とかちびしかくちゃんの話とか。
  • この三年間、大変貴重な体験とたくさんの成長が出来たのは、この作業所のお陰ですと、ちょっとばかりセンチメンタル気味に、少し早いお礼を施設長に言いました。確かに、作業所のお陰で、人間としては勿論の事、シナリオライターとしてもたくさん成長出来たような気がします。僕がそんなような事を言うと、施設長が「そんな事を思うのだったら、いっその事この作業所の事を書いたらいいじゃん」と仰ってくれました。僕はそれもいい [続きを読む]
  • シナリオ作家とお笑い芸人のアルバイトの話とか。
  • 施設長がこんな事を仰られた。「お笑い芸人だって、売れるまでバイトして食ってる訳だから、逢坂さんだってこれから頑張らなきゃ」と。話の大筋を言ったら、そんなような事だったと思う。施設長の性格の細かさから言って、多分こんな事を書くと、「僕はそんな事、言っていない」と言うような気がするが???。僕がこれから就くアルバイトの仕事は、シナリオライターの仕事にはあんまり結び付かないんじゃない?と言う人もいるかも [続きを読む]
  • ハローワークの話とか忘れた工賃明細の話とか。
  • 今日はハローワークのミーティングルームで、先日、障害者職業センターでやった適正検査の結果を聞きました。そしてこれからの仕事の事を職員さん達と話し合ってきました。僕に向いている仕事の事や、自分はどんな性格で、どんな事が向いているのか向いていないのか、今まで知らなかった自分の事が色々、分かりました。それでも、僕が職員さんに自分が脚本家に向いているかどうかを尋ねると、それは今回やった検査では分かりません [続きを読む]
  • いつもギラギラさせてる目の話とか槇原敬之の歌の話とか。
  • このブログを始めるようになって、日々の生活にも変化が見られるようになった。何かネタはないものかと、お陰さまで、毎日目をギラつかせているようになりました。でも、それ自体はそんなに苦な訳ではないのだ。逆に楽しいくらいだ。毎日、何か楽しい事はないかと、探し回っていて、でもそれは恐らく、シナリオライターとしてだけではなく、人間としての生活レベルも上げているのだと思う。毎日何か楽しい事を探して、それで結局何 [続きを読む]
  • 石田三成の敗因の話とか。
  • 映画「関ヶ原」を観てきました。たった一日で終結した関ヶ原の闘い、そこに行き着くまでの考え方がそれぞれの登場人物を通して描かれていました。この作品が、どこまで原作者の司馬遼太郎さんの原作に忠実なのかは、僕は原作を読んでいないので分からないですけど、脚本?監督の原田眞人さんのシナリオでは、敗者石田三成が、どうして徳川家康に負けたのかが描かれていたように、僕は感じました。そしてもうひとつ感じたのは、いく [続きを読む]
  • リレー小説の話とかモチモチポテトの話とか。
  • 11月3日は、作業所のお祭りの日です。その祭りには、祭りの時のマーチングバンドなどで親交を持った、地域の中学生さんも参加してくれたりします。僕のお目当ては出店で出る、モチモチポテトというフライドポテトで、スゴく美味しいんです。昨年は作業所のメンバーさんと実習生の方と一緒に、統合失調症についての寸劇を僕のシナリオでやらせていただきました。餅&お菓子投げの直前だった事もあり、大変な盛況で無事、寸劇を終え [続きを読む]
  • コメンテーターの話とか2ちゃんねるの話とか。
  • 僕は今まで情報番組や討論番組でコメンテーターをやっている作家さんなどを、ちょっと馬鹿にしていた。作家のくせに本業を疎かにしてと、ちょっと思っていた。しかし、顔出ししてブログを書いてみて初めて、自分の考えを公共の面前で発言する事の、勇気や怖さみたいな物を、考えるようになった。2ちゃんねるでは、言いたい放題言っている輩がいるが、あれは大抵、匿名で発言している。勇気の要るような厄介な物ならばいっそやらな [続きを読む]
  • ゴッホとか承認欲求の話。
  • このブログは、タイトルこそシナリオライター逢坂純のブログとなっているけれど、僕はまだシナリオライターとしてのスタートさえ切れていない。自分は脚本家として大成するんだという願いを持ったその時から、僕は自分の事を脚本家だと信じてたいと思っている。もしも脚本家として成功出来なかったとしても、最低限の生活するお金を稼いで、シナリオを日々書き続け、友人達に評価してもらうだけでも、それはそれで日々充実した幸せ [続きを読む]