LuckyOcean さん プロフィール

  •  
LuckyOceanさん: 新米技術士の成長ブログ
ハンドル名LuckyOcean さん
ブログタイトル新米技術士の成長ブログ
ブログURLhttp://hiroshi-kizaki.hatenablog.com/
サイト紹介文バルト三国の旅行ブログ、社会的な問題、技術的な問題を中心に課題解説と対策提案にトライします。
自由文今年の1月から開始しました。また、エストニアなどバルト三国への旅行した時の様子を詳しくアップしました。帰国後は、いじめ問題、睡眠問題、リニア問題などについて解説しました。

今後は、技術的な問題と社会的な問題、さらに海外の動向の3つを柱としてその内容を充実させる予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 93日(平均6.8回/週) - 参加 2017/09/10 19:05

LuckyOcean さんのブログ記事

  • 日本酒の起源と将来への展望
  • はじめに 寒い日にはおでんに熱燗が恋しくなる。先日訪問した高山では「夏子の酒」のモデルになったという蓬莱「亀の尾」をお土産に購入した。もったいなくてまだ頂いていない。お正月にでも家族で頂こう。自分が若かった頃の日本酒は飲みすぎると翌日は頭がズキズキしてもう大変だったけど、最近のお酒は本当に美味しい。二日酔いもない。何が変わったのか。そもそも日本酒はどのようにしてできたのだろう。日本酒の将来は明るい [続きを読む]
  • 技術士試験:二次試験の口頭試験にトライ!
  • 技術士二次試験にチャレンジしている人へ口頭試験はこの土日がピークのようですね。私も今日口頭試験にトライしました。会場となる渋谷のフォーラムエイトでは、約300人が入場できるオリオンホールを控え室にしていて、私が見ている時間帯だけでも100人を超える人が緊張した表情でスタンバイしていた。口頭試験を突破のためのノウハウ1)全てのスタートは申込書2)試験官は筆記試験に合格点をつけてくれた人3)模擬試験を繰り返 [続きを読む]
  • 通信の進化:ICTは人を幸せにできるだろうか。
  • 日本ITU協会の交流会&セミナー日本ITU協会主催のセミナが12月8日の夜、メルパルク東京で開催された。日本ITU協会とは、1971年9月に設立された一般財団法人であり、ITU等の国際機関への各種活動への協力や発展途上国への技術協力等を行う機関である。ITUとITU勧告自分が当時の国際電信電話株式会社に入社したのが1978年4月なので、その7年ほど前に設立された歴史ある機関だ。電信サービス、テレックス(加入電信)サービス、電話サー [続きを読む]
  • 不祥事問題:なぜ起きるのか?どう対処するのか?
  • はじめに技術士として活躍するには、一次試験と二次試験に合格して、登録する必要がある。現在、経営工学部門の二次試験にトライ中で、筆記試験はなんとか合格し、12月9日に口頭試験を渋谷のフォーラムエイトという会場で受験する。総合技術監理部門は年明けが多いが、一般部門は早ければ11月下旬から始まっている。だんだん口頭試験が近づいてきて、ドキドキしてきた。散髪でもして気合いを入れようかと考えている(笑)。その口頭 [続きを読む]
  • メディアの栄枯衰退(1):新聞の存在意義
  • 1. はじめに 日々全国を行脚しているので、新聞は購読していない。でも、コンビニや駅の売店で日本経済新聞を購入して読むことが多い。コメダコーヒーに入ると中日新聞やスポーツ新聞が用意されている。ガストに入ると読売新聞を無料で読める。ホテルに泊まると、やはり読売新聞は自由にピックアップできるところが多い。新聞の購読数や発行部数はどうなっているのだろうか? 毎月第一日曜日は資源ごみの回収の日だけど、新聞を [続きを読む]
  • 感情を持つロボットがもたらす創造と破壊
  • はじめに感情を持つのは生物だけだろうか。最近は、感性工学が発達し、感情を持つロボットが作られている。ロボットは本当に感情を感じているのだろうか。また、そのようなロボットに人間は癒されるのだろうか。感性工学とは何か。ロボットは今後どの程度の市場規模を予測されているのかについてレビューした。また、ちょっと面白い癒し系ロボットCOZMOを紹介した上で、今後の検討課題について整理してみたい。1. 感性工学心理学で [続きを読む]
  • 保育無償化の課題と情報活用提言(案)
  • 人生100年時代構想首相官邸では、有識者を集めて、人生100年時代構想会議を立ち上げた。本年9月に第一回会議、10月には幼児教育、11月にはリカレント教育等の議論を進めている。(出典:人生100年会議、参考1)保育無償化構想人生100年時代構想会議の中で、子供を持つことを躊躇する理由としてお金がかかりすぎることが挙げられている。これらの議論を踏まえ、教育無償化を柱とする2兆円規模の政策を閣議検討中だ。この2兆円のうち [続きを読む]
  • 日本の起源:そばの起源。江戸時代に開花。
  • 飛騨古川のお蕎麦本日(11/29)は、飛騨市を訪問している。待ち合わせの時間まで少し余裕があったので、飛騨古川駅に途中下車して、飛騨の匠の技を展示している「飛騨匠館」に向かった。その前に、その向かいにある飛騨古川の「福全寺そば」でそばを頂くことにした。土日だと行列ができていてなかなか入れないが、本日は平日なので、すぐに入れた。そばは、7寸、8寸、9寸等がある。7寸は子供向け8寸は普通、9寸は大盛りだ。自 [続きを読む]
  • 日本人の起源:沖縄とインカを結ぶ縄算(キープ)
  • 沖縄の縄算(ワラザン)下の図は、沖縄県立博物館の子供向けに解説した博士カードを抜粋して、編集したものだ。沖縄では人頭税が廃止される1903年まではワラザンが使われていた。竹富島の民族博物館には、ワラザンの展示が残っている。このワラザンは家畜の頭数を計算したり、家族の数を調べたり、さらには計算器のようにも使ったという。中国の歴史書「随書倭国伝」の中の倭人の風俗に、「文字は無く、ただ木を刻み縄を結ぶだけ」と [続きを読む]
  • 日本の起源:麺類の伝播ルート
  • 主な作物の起源と伝播経路講談社の「世界全地図」によると、世界の主な作物の起源池とその伝播経路が示されている。ここでは、小麦が中近東、大豆はアジア、さつまいもは中米、トマトは南米、、稲はアジア、ゴマはアフリカとそれぞれの起源地が異なっていて興味深い。日本人は納豆とか豆腐とか、きな粉とか好きだが、大豆との付き合いは紀元前4-5世紀からと長いためなのだろう。(出典:世界全地図講談社、参考1)小麦粉の起源と伝 [続きを読む]
  • 少子化問題:働く一人親世帯に厳しい日本社会
  • すいません。いろいろ調べて書いていたら超長文になってしまいました。時間のあるときに見てもらえると嬉しいです。待機児童問題とは?出生率が低下しているのに、テレビでは待機児童問題がなくならないと報道されている。会社の同僚も家を買うときには保育所に入れるかどうかが重要な判断要素だという。香港に赴任していたときには、ベビーシッター(現地では「アマさん」と呼ぶ)が子供の送り迎えや炊事・洗濯をして、母親は働くの [続きを読む]
  • 経営工学:原理・原則や法則類
  • 経営工学を勉強していて理解した原理・原則や法則類について、かつて作成した技術ノートをベースに少しおさらいをしてみたいと思う。1. ハインリッヒの法則労働災害における経験則の一つである。1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300のヒヤリハットが存在する。アメリカ人のハーバート・ウイリアム・ハインリッヒ(1886-1962)が工場で発生した5000件余りの労働災害を統計的に調査してこの法則を導き出した [続きを読む]
  • 技術士試験:経営工学の勉強の棚卸し
  • 経営工学とは現在、技術士の経営工学部門にチャンレンジしている。すでに筆記試験は無事通過し、12月9日に口頭試験を控えている。筆記試験の為に作成した技術ノートをもう一度振り返ってみるのも一考だろう。経営工学とはなんだろうという素朴な疑問にももう一度向き合ってみたい。Wikiによると、英語ではManagement Engineeringとか、Industrial Engineeringであり、「人・材料・装置・情報・エネルギーを総合したシステムの設計 [続きを読む]
  • 茅野での驚き:縄文文化と名酒真澄と天然の上水
  • 縄文の国茅野駅に着くと、いきなり2つの国宝として、縄文のビーナスと仮面の女神に歓迎された。これらの土偶は茅野市尖石縄文考古館に普段は保管されている。ただし、10月3日から11月26日までは京都国立博物館特別展覧会「国宝」で展示されている。レプリカ版でもいいので、訪問しようとしたが、バスでは10分しか滞在できず、タクシーだと片道4-5千円はかかると言われ、残念ながら別の機会にした。(出典:筆者が撮影、関連情報は [続きを読む]
  • 趣味嗜好:スタバ大好き♪
  • スタバのReward獲得スターバックスでは、グリーンスターというスタンプのようなサービスをしていて、50円ごとに1Starをもらえ、250Starになるとグリーンスターからゴールドスターになる。この度無事ゴールドスターになったら、Reward e-ticketを貰えた。下の左の写真のようなバーコードを示すと、最大700円までのカフェラテを無料でもらえる。とりあえず一番大きいのにしてもらったけど、それでも450円。ホイップクリームを乗せて [続きを読む]
  • 技術士試験:口頭試験へのチャレンジ
  • SukiYaki塾の手羽先の会技術士の試験にチャレンジする人を応援する会がSukiYaki塾だ(参考1)。これは主宰者である鳥居先生が始めた活動で、世話好き(Suki)、世話焼き(Yaki)が語源だ。すき焼きが好きな会ではなかった。また、名古屋にもそのローカル組織があり、それが手羽先の会だ(参考2)。この会に入って3年目になるが、皆世界の山ちゃんの「手羽先」が大好きだ。昨日も、2017年度の二次試験の筆記試験に合格した人が次の口頭試験 [続きを読む]
  • 通信事情:IoTとLPWAの関係と5Gへの進化への期待
  • はじめにIoTは新聞紙上でも記事にならない日はないぐらい日常的に使われている流行り言葉だ。Internet of Thingsの略で、すべてのモノがインターネットに繋がれる時代が来るぞと、IoTの用語を始めて使ったのは1999年で、ケビン・アシュトンだという。国際通信連合(ITU)ではユビキタスネットワークという用語を用いて、未来の情報通信社会を説明していたが、IoTはユビキタスネットワークの後継とも言える。e-Japan最近は聞かれない [続きを読む]
  • いじめ問題:いじめの構図と解決策に向けて
  • いじめの構図いじめはなぜ起こるのだろう?そもそもいじめとは何なのだろう。大人の世界でも、パワハラとかセクハラとか、xxハラスメントが問題になることが多い。全国の学校を訪問して、生徒さんたちにいろんなお話をすると、その反応から、この学校は大丈夫だと感じることがある。逆に、ネットトラブルの話をすると、耳を塞ぎ、目を閉じる子供がいる場合がある。後から先生にフォローをお願いすると当事者だったりする。いじめは [続きを読む]
  • 趣味嗜好:珈琲の起源から健康との関係
  • 珈琲というネーミングコーヒーのことを珈琲という漢字を使う。誰がネーミングしたのだろう?調べると、宇田川榕庵(よあん)という幕末の蘭学者だった。当時は発音から哥非と書いていたが、女性の髪を飾る玉飾りの意味の「珈」と、玉飾りの紐を意味する「琲」という漢字を用いたセンスは素晴らしい。宇田川榕庵は、珈琲以外にも「酸素」、「水素」、「窒素」、「元素」、「圧力」、「還元」、「分析」といった専門用語も生み出してい [続きを読む]
  • 趣味嗜好:あなたはスタバ派?コメダ派?
  • マンションのWi-Fi契約とスタバ利用現在、名古屋に単身赴任中だが、入居時にはマンションにWi-Fiがなかった。オーナーに文句を言ってWi-Fiを使えるようになったが、Wi-Fi契約していない。Wi-Fi契約すると月額5000円かかる。それならその5000円でスタバを利用した方がいいかと思って、もっぱらパソコン(MAC)操作はスタバで行っている。また、Wi-Fiは年契約で帰任時の解約処理とか面倒なのもある。オーナーさん、用意してくれたのに [続きを読む]
  • 知覚問題:人工内耳はどこまで進化するのだろう。
  • スマートスピーカAmazonのEchoやGoogle Assistantを始め各社がスマートスピーカのシェア争いに依存でいる。先行している米国では、すでに前年比2.3倍の3560万人が利用し、そのうち70%がAmazon Echoを占めているという(参考1)。一方、スマホやタブレットに実装されているAI音声アシスタントはすでに35億台を超えていて、2021年には75億台を超えるという。こちらの分野ではGoogle Assistantの伸びが突出する見込みだ。(出典:ロボス [続きを読む]
  • 倫理問題:米国の企業の方が倫理的なのか?
  • 内部通報件数の多いランキング少し古くて恐縮だが、昨年9月の東洋経済オンラインに内部通報者の多い企業のトップテンランキングが掲載されていた。内部通報が多いことは良いことなのか、悪いことなのかを論ずるのは難しい。内部通報が多いということは問題が多いという側面に加えて、社内の自己解決機能が高いという側面もあるからだ。また、今年になってから社内不祥事が報道された企業はこのランキングには含まれていないことか [続きを読む]
  • 日本人の起源:日本人の貯金好きは遺伝子が原因?!
  • 日本人の貯金好きの原因は遺伝子か?!これは世代にもよると思うが、特に高齢者の日本人は貯金が好きだ。日本人の個人資産のうちの現預金の比率は52%、金額ベースで892兆円という(参考1)。日本のGDP(約500兆円)の1.8倍の現預金だ。国民が貯金好きなのは一概に悪いとも言えないが、世代間のギャップが高まりすぎるのは問題かもしれない。新奇探索性とは貯蓄好きとは直接リンクしないかもしれないが、新しいことにチャレンジする傾向 [続きを読む]
  • 倫理問題:不祥事が発生するのは健全?!
  • 相次ぐ日本企業の不祥事最近、製造業を中心に不祥事の報道が相次いでいる。まとめサイト(参考1)を見ると、次の各社の不祥事が掲載されていた。・三菱自動車 2000年 ブレーキなどのリコール案件を放置、隠蔽・三菱自動車 2004年 ハブなどのリコール案件を放置、隠蔽・パロマ   2006年 湯沸かし器のリコール案件を放置・東洋ゴム  2007年 断熱パネルで性能データを偽装・タカタ   2015年 エアバックのリコール案件を [続きを読む]
  • スマホ事情:iPhone Xの良い点と残念な点(追伸:悲しい出来事)
  • iPhone Xは素晴らしい発売日の11月3日の未明にappleストアに並んで購入した甲斐はあった。よく聞かれるのは顔認証だが、その反応は驚くほど早い。初めての環境では認証しないことがあるけど、パスコードを入力するとちゃんと学習するようで、次からは大丈夫だ。処理速度も速いし、複数のアプリを起動していてもストレスを感じることはない。さらに画面はきれいだし、サウンドもきれいだし、写真の光学ズームできれいな写真も撮れる [続きを読む]