三太郎一家・福猫はどの子!PART7(完結編) さん プロフィール

  •  
三太郎一家・福猫はどの子!PART7(完結編)さん: 三太郎一家・福猫はどの子!PART7(完結編)
ハンドル名三太郎一家・福猫はどの子!PART7(完結編) さん
ブログタイトル三太郎一家・福猫はどの子!PART7(完結編)
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/safumineko5656299
サイト紹介文三太郎一家を応援してくださった方々に送るブログ ※写真文章の無断転載リンクを禁止
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 333日(平均2.4回/週) - 参加 2017/09/10 19:36

三太郎一家・福猫はどの子!PART7(完結編) さんのブログ記事

  • パルボで臨時休業した猫カフェの記事を読んで
  • また無沙汰してしまいました。猫の飼育と本業に忙殺される毎日でしてブログ更新するきっかけは、心が大きく揺れ動いた時だけになっております。気持ちの整理をするために書く。書くことで気持ちを安定させる。自分のために書いておりますが、少しでも世の中にお役にたてばとも思い書いてみました。今回、心が痛んでしまった記事は、立川猫カフェにおいての、パルボ蔓延の記事です。カフェ猫達の状況を想像すると辛過ぎてリンクまで [続きを読む]
  • 秘密の話
  • またまた更新ができませんでした。毎度の言い訳です。とにかく練馬は暑い。酷暑の続くなか、猫と自分の健康管理は大変。掃除と世話で一日が終わるのが早い。Facebook更新が精一杯。もう歳!詳細を書く時間がないので、サラリと告知。うちの白血病の猫を治すため、新規抗がん剤を買うことにしました。借金します。自分で買うと決めました。もし私の首が回らなくなったら、余裕のある方は助けて下さい。詳細は決まり次第、書いていき [続きを読む]
  • 初盆
  • 東京はお盆です。可能な限り毎日、お墓参りをしています。練馬、もうすごく暑いです。でも霊園は緑が多いせいか木陰に入ると涼しく感じます。昨日のお昼過ぎのことです。お線香をあげた瞬間、猫の気配を左の肩に感じました。おもわず「王子か?」と、つぶやきました。長年、多くの猫を看取る生活が続いているため、3日に一度は誰かの月命日です。だから特別に、初盆だとの認識はしていなかったのですが。王子、初盆でした。王子を [続きを読む]
  • ダメ元のスポンサー探し
  • 私は山口県人です。18歳で上京しました。学生時代は杉並区の高円寺。結婚してから練馬区の石神井在住。田舎者の私の目標は江戸っ子になること。バブル経験者で成金時代があった私(過去の話)には、自分の子供には、真の東京人、都会の人間になって欲しいとう願いがありました。江戸っ子達成には、3代必要とか。私、私の子供。その子供。孫が江戸っ子になれるんかな。東京が好きです。石神井が大好きです。でも故郷は西日本。今 [続きを読む]
  • 白血病の猫の治療をしたい
  • 米国クラウドファンディングは難航しております。原稿完成まで5ケ月も掛かりましたが、公開ができない。米国ではクラウドファンディングは盛んです。その会社も多いですが、今回、私の希望する寄付型のファンディング(目標金額に満たなくても寄付金を受け取ることができる)の会社の規定をクリアーできない。一番の難関は、寄付金を受け取る口座です。米国在住の人が持つ、米国の銀行口座ないとダメなのです。寄付金の受けとりで [続きを読む]
  • 悪口をいうと天罰が下る
  • 前回の記事を書きながら、気持ちはブルー。批判を書いて清々しい気持ちになれるはずがない。次の記事は明るい話題、楽しいことを書こうと思っていましたが・・・書くに書けない悪夢連続の一週間を過ごしておりました。忘備録。いつもの箇条書き。1、6/20(水)/AM8:19 子猫の鳴き声がする。保護して欲しいの電話有り。依頼された方は、私の母と同じ年齢。石神井で長年、外で暮らす猫のために密かに活動をされていた裕福な方。私の [続きを読む]
  • 金出さないやつほど口を出す?
  • 前回の記事(板橋の多頭飼い崩壊ニュースのこと)を書いて問題を考え過ぎて、もうどうでもよくなっています。すみません!いつものセリフ!「バカは相手にしない」と結論。崩壊のニュースを見て思ったことを箇条書きします。誹謗中傷記事は、まともに読む気がしない。記事を斜め読みしての感想です。《告発した人間へ問う》1、まだ崩壊していないでしょ!こんなの崩壊じゃない!あなたは、崩壊現場に入ったことありますか?あなた [続きを読む]
  • 病気の子たち
  • またまたブログ更新できませんでした。私の場合、作りごとを書くのではなく、生の体験を書いているので、書くと疲れます。作文は苦手ですが、書きたいことは多い。猫の世話しながら掃除しながら、頭の中は常に、書きたいことが渦捲いています。今回の更新休止の理由は、板橋のボランティア活動されている方の崩壊ニュースを見てしまったからです。ショツクではなく、言いたいことが渦捲いてました。その渦は、後日に書いてみます。 [続きを読む]
  • 米国クラウドファンディングへの夢 2(日本語)
  • 追記:この原稿は学術系のクラウドファンディングのために書きました。達成金額は2千万となっていますが、今回公開されたものは、寄付型のクラウドファンデイングで、希望金額を1千万円と変更しております。6月5日追記;一度公開されましたが不具合があり、現在は公開しておりません。理由はこちらへクラウドファンディング申し込みのために、私が書いた原文です。誰が読んでも理解できるように書いてみました。原文を研究者が [続きを読む]
  • 米国クラウドファンディングへの夢(英語)
  • 約半年掛け作成した原稿にて、この会社にhttps://experiment.com/掲載申し込みをしました。48時間後にきた回答メールは、「今回は掲載できない」とのお返事。理由は2つです。1. 通常experiment.comで取り扱うファンディングより格段に高い目標設定をしており、その目標をに到達することができるようにできるか自信がない2. 研究の範囲が、Experiment.comで現在扱っているものより広すぎる。ファンディングは45日間で行われてお [続きを読む]
  • 子猫の飼い主希望の方を募集しております
  • 6月3日の20時過ぎに保護した子猫。2日で落ち着きました。保護されるまで、丸一日は飲まず食わずの状態だったと思われます。飢餓状態を経験した猫には、少量を短時間の間隔で回数多く与えていきます。一度に食べさせると、吐くこともあるし下痢となるからです。特に子猫は下痢となります。保護初日は、鳴いたら少量を食べさせるを繰り返しましたが、今日からは朝7時、お昼、夕方、私が寝る前の0時とする予定。一日4回の離乳 [続きを読む]
  • あなたならどうする?
  • 終わってないよ〜〜〜いるじゃん!まだいるじゃん!うまれてんじゃん!「もう石神井に子猫はでないのよ。私のおかげなのよ。」と天狗になったその日に子猫がでた!昨晩、知人から緊急保護依頼。うちから自転車で数分の交差点。そこは石神井近辺では一番交通量の多い交差点沿いの歩道。歩道の幅は狭い。すぐに道路。歩道脇に設置された自販機の下に子猫がいる。大きな声でミャーミヤー鳴いている。私が行かなければ、警察を呼び保護 [続きを読む]
  • 人事を尽くして天命を待つ
  • 今、自分がとてつもない恐怖を目の前にしていること。説明するのに、長かったですね。2日も掛かりました。もっと簡単説明でいいのに。書くことに集中して、恐怖から逃げているのかも。米国クラウドファンディングへ挑戦することは、去年の10月に思いつきました。どーーーしても、新規抗がん剤を短期間で作りたい理由があります。詳細は今は書けません。万が一にでも、成功となれば書いていきますね。思いついてから2ケ月、悩み [続きを読む]
  • 一升分
  • 昨日の記事、久しぶりに多くの方に読んでいただきまして、嬉しいというよりはお恥ずかしい限りです。でもブログには嘘を書かないと決めているので「まぁいいか」です。昨日は一生分。きょうは一升分。どうしても升が欲しい訳があってネット購入しました。なんでもすぐに手に入る便利な時代。いいような悪いような。2、322円。送料と代引き料込みだから、実質は2千円しない金額。子供の時に使っていた升は使い込んであったせい [続きを読む]
  • 一生分 
  • すみません!ブログ更新が止まった言い訳です。ネット使用料(電話代と電気代がセット)を3ケ月分(約5万円)滞納しており、いきなりネットが使えなくなりました。督促状を見ていませんでした。何時もなら借金してでも支払いし、ネット再開への努力をするのですが、パソコンを見ない初日が、あまりにも快適だったので「まぁ止まってもいいか〜」と、再開への努力を止めてしまいました。疲れているのです。慢性疲労が溜まっている [続きを読む]
  • ことし初めて触った子猫はシャムミックスでした
  • 猫ボラ仲間のmayuriさん宅に子猫がきました。もう行き先は決まっているとのこと。他の兄妹4匹は地元のボラ団体が保護予定。母猫はすでに避妊手術されてリリース済み。母猫がいれば、子猫はばらけない。捕獲がし易い。このシャム君は他の兄妹に比べて小さいため、早めに保護されたそうです。こんなきちんとした展開を聞くと、地域猫活動は浸透しているのだなと感心してしまいます。東京都の都心での出来事です。保護団体が存在する [続きを読む]
  • チャミとマミのチャミが虹の橋へ
  • 白茶兄弟、三原台にて保護したのは2013年の夏。当時の写真、子猫の写真を探すために自分のブログ(PART4)に飛んで辛くなった。私の保護活動は、譲渡会を始めた2014年からが過熱してます。「見捨てれば野良猫。少し手をかければハッピーねこちゃんになる!」の文言が呪文として脳内に染み込み、出会う猫全てを保護した時期。チャミ&マミの保護は、過去も未来も統合しても最初で最後。保護した子猫の数が、一番多い年でし [続きを読む]
  • 私が経験した地域猫活動 1の補足
  • 現在、17時41分。明るいです。飲んでいません。これから夜、用事があるので少しだけ補足を書きます。昨日の記事、猫を殺す人が多いこと、猫ボラ活動を行うことは危険が伴うと書いたのは、脅しではなく注意勧告。活動初心者が、実際にトラップを持って猫を捕獲し、病院へ搬送し、                     術後、病院で受け取りリリースする過程において、トラブル無しで行える人は少ないと思う。経験を積んだ [続きを読む]
  • 私が経験した地域猫活動 1
  • まだ明るい時間です。晩酌せずに書きます。過激な表現しないよう素面で書きますね。東京都の殺処分数がゼロに近ずいてきましたね。喜ばしいことです。引き出す団体(あるいは個人)の数が増えてきたのと、センターにおいても処分することより、引き取り手を探すことに力を入れてきているのでしょうか。皆様の努力に感謝しています。私はセンターからの引き出しはしないと決めて、猫ボラ活動を始めました。自分の目の前に現れる小さ [続きを読む]
  • 私の地域猫活動強制終了の巻3
  • 私が実践してきた地域猫活動の中で得た知識を、思いつくまま書いていくつもりです。しかしネットって面白いですね。閲覧した人が分かるシステムがあるのです。純粋に私のブログが好きな人以外に、私を妬む人、嫌う人が閲覧している。それも毎回。暇だね〜嫌いなら見るな〜人のブログをネタにすんな〜馬鹿!(一度、書いてみたかったセリフ)三太郎ブログは、私を応援してくれている方々のみ発信しているもの。もうマザーになる目標 [続きを読む]
  • 私の地域猫活動強制終了の巻2
  • きょうは冷静に淡々と書きます。困った餌やりさんに、ぶっちぎれた理由はもう一つあるのです。この餌やりさん、自分に慣れた猫は何匹か、自宅に連れて帰っていました。猫を飼った経験はなく、私から言わせれば、いい加減な飼い方でしたが、外で暮らすより良いと思い、協力していました。数年前に腎不全末期だった白ちゃん。同じく腎不全だったトラちゃん。病院に連れて行き治療するのは私。元気がでた時点で、彼女に渡していました [続きを読む]
  • 私の地域猫活動強制終了の巻1
  • NHK朝の連続ドラマ「半分青い」。毎日見ています。北川悦吏子さんの書くシナリオ、セリフが好きです。今回は岐阜弁の「やってまった」が好き。癒し系の響き。東京弁だとなんだろう。「やっちまった!」かな。「やっちゃったんだよね〜」かな。私の田舎の山口、徳山弁だとなんだろうか?「やったんよ」。違う。なんだろう?感情のまま行動し失敗をすること。あ〜忘れた・・・私は18歳で上京。現在64歳。方言がスッとでてこない [続きを読む]
  • 写真で分かる復活宣言!
  • ご無沙汰してしまいました。王子を盗まれた時より100倍辛い時間から脱出。写真で分かる自分のテンション。人生色々有ります。いい事があれば必ず次に悪い事が起きてしまう。それは人生の法則なのですが、私の場合は、その高低差が激しい。まぁ、簡単に言うと波乱万丈。昨日、とても良いこと起きました。これまで生きてきた中で、2番目に嬉しい出来事です。詳細は後日に。(何時になるやら)お昼に一人で喜びをツマミにワインし [続きを読む]
  • きょうも写真に逃避
  • う〜ん〜人生、いろいろ有りますよね。う〜〜〜ん。多分これまで生きてきた中で、一番に辛く重い時期にいます。どん底でしょうね。(これ以下はありませんようにと、祈るだけです)辛い時には美しいものに集中(逃避)して頑張る。64歳は毎日、慢性筋肉痛で動きが鈍いです。身体の節々が痛いです。これはね〜経験した人では分からない痛さ。毎朝、ベッドからおりるまでの儀式が必要。ストレッチ。腹筋。背筋。可能限りの関節を、 [続きを読む]
  • 食べ過ぎてしまう美味しさ
  • シンプルなご飯が好き。今週も自然で新鮮な食材が届きました。今、自分の身体が要求する食べ物を取る。マイブームはメカブ。猫活動に燃えた十数年は(正確には離婚してから)外食とコンビニ生活の日々。身体へのダメージがリセットできるかどうかは、神のみぞ知る。今週は胚芽米と、食べたい食品(ブリカマ、長芋、ごぼう、メカブ、鯖)を別注文してしまったので、食材合計金額は13、735円。(通常は週8千円が目標)払えるか [続きを読む]