yokoten1949 さん プロフィール

  •  
yokoten1949さん: タイニーハウスで田舎くらし
ハンドル名yokoten1949 さん
ブログタイトルタイニーハウスで田舎くらし
ブログURLhttps://ameblo.jp/yokoten1949/
サイト紹介文建築士をしていましたが、いまはリタイアし、田舎暮らしを楽しんでいます。
自由文自作のタイニーハウスには薪ストーブがあり冬でも快適です。
ここを活動の起点に、ミツバチを飼いながら、ガーデン、果木畑、木工房でのもの造りなど。
そんな田舎暮らしをを楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 96日(平均5.5回/週) - 参加 2017/09/11 10:19

yokoten1949 さんのブログ記事

  • 伐採した竹木をフェンス代わりに。
  • うっそうと茂っていた竹林が切り開かれ、明るい平地が出来た。 散乱していた竹木は、隣地との境に積み上げフェンス代わりに、車も出入り出来るようになったので、次のいろんな作業をするうえで便利になるだろう。 周辺を散策していたら、意外な物を見つけた。篠藪にサッカーボール程の穴がこじ開けられ奥まで続いている。ひょっとしたら獣道かもしれない。今まで自由に活動していた、野生の動物たちのエリアを荒らしてしまかもし [続きを読む]
  • モンキーバナナのサンルームでの冬越しは不可能。?
  •   モンキーバナナを冬越しにサンルームに持ち込みましたが、最低温度が6度を下まわった時点で限界を感じ、リビングルームに移動。 しかし、12月に入って寒さがさらに増し、下の葉からだんだん黄ばんで枯れてきた。モンキーバナナは考えていた以上に寒さに弱そうです。脇にあるハイビスカスは、元気に花を咲かせているのに、これから冬を越せるかちょっと不安です。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 手造りワインを味見。
  •   赤ぶどうでワインを仕込み始めてから40日程経過、第1次発酵を経て冷蔵庫で保管、5リットルのガラス瓶の底に絞り粕がよどんできた。 上澄みを掬ってグラスに注ぐ。 グラスを口元に寄せると、いい香りが漂ってきた。一口グラスを傾けると、冷たく冷えたワインが甘酸っぱい香りとともに口の中いっぱいに広がった。アルコール度が1%に満たないので市販のワインのようにはいかないにせよ充分な出来具合。 あとは、上澄みを瓶詰め [続きを読む]
  • 竹林に紅葉が訪れた。
  •   竹林の撲滅を始めてから半年、竹木の伐採をほどんと終了。いつの間にか季節も変わり、周囲は里山の紅葉に包まれていた。当初、このような光景は想像出来なかったのでうれしい誤算です。東京電力の外線引込工事の用地交渉も順調に進んで居り、工事に入るのも真近との事。 次なる構想が一段と膨らんでい来る。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 養老渓谷の紅葉と、東京湾に沈む夕日。
  •   12月にもなろうかと言うのに、気温は20度と風も穏やか、平日にもかかわらず養老渓谷は大勢の観光客でいっぱい、渋滞の滝前駐車場のゲートをくぐると坂を上って第1駐車場を通過、さらに上って第2、そして第3駐車場に誘導された。 滝周辺は丁度紅葉の見頃。昼時のレストランは、食事をしているどころではないので車に戻ることに、しかし、また大変、車まではキツイ坂が待っている。ハイキングに等しい。 崖の下を川が流れる、川 [続きを読む]
  • 日本伝来のうな重を、ポピュラーに食べたい。
  •   ひと昔前、うなぎは庶民の食べ物として普通に食べられていました。しかし、日本うなぎの絶滅危惧種の指定により、状況が少し変わってきました。スーパーでは中国産のウナギに売り場が占領されています。うなぎ屋さんの、うな重の値段にもびっくりです。   普通にウナギを食べたいです。   しいてここでは、特上うな重の焼き焦げて漂う臭いと、写真映像は喝映さして戴きます。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ハチ君と紅葉。
  •   ハチ君ハウス脇の1本のウチワカエデが、鮮やかな紅葉迎えている。ハチ君達も今が稼ぎ時、忙しそうに飛び回っています。花も日ごとに少なくなる一方で、越冬する為の貯え確保せねば。  冬は厳しく、長いからね。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 街を埋め尽くすオールドカー。
  •   車で走行中、「VW、ミーテング」の看板に誘導かれるかように、稲敷市江戸崎商店街へ入って行ってみると、街はオールドカーで埋め尽くされていた。  フォルクスワーゲン歴代の旧車が路上に展示され、又、雑貨や食べ物の出店も有り、賑わいを見せていた。 VW VW,VW、VW どのオーナー達も自分の愛車を誇らしげ、遠方より朝早く出向いて来ていた。夢の真っ只中に居るんだなぁ。! 他にも綱引き大会やトランポリン、チェアダン [続きを読む]
  • 西山荘から奥茨城村、みね子さんの実家へ。
  •   紅葉シーズンも終盤、今日は、常陸太田の西山荘を経て、奥茨城村みね子さんの実家へ。 西山荘は、水戸黄門で知られる水戸光圀公の別荘、園内は丁度紅葉に包まれていた。平日でも入園者でいっぱい、入口の券売所で「シルバー割引はないのですか。」と、尋ねると、「一律料金1、000円です。」と、まともな返答に一歩後退。 みね子さんの実家手前を流れる小川の紅葉。 手前に見えるビニールハウス、撮影の為、壊してしまった [続きを読む]
  • つくばミツバチサミットに参加。
  •   つくば市のハチ仲間のSWさんに誘われて、筑波大学で開催されている「つくばミツバチサミット」に参加。全国各地から、大勢の会員の方や一般の人達、業者さんが参加されてました。ハチ友のKBさんにも逢ったのですが途中はぐれてしまった。会場では、全国の各大学教授によるミツバチの研究、調査データが学術的に発表されていましたが、私の頭に収めて置くには中々大変でした。仲間と昼食を済ませ、午後からは業者の展示、販売ブ [続きを読む]
  • 軽トラ満載の薪が届けられた。
  •   仲間のAYさんから携帯に、庭の栗の木を切ったので薪に使わないかと言うので、喜んで戴きに行くことにした。望みの長さにカットしてあげるとのことでした。出先だったので急いで用事を済ませいったん家に帰ると、軽トラ満載程の薪が置いてあった。自分だったら○1日は費やしてしまうところだ、本当に仕事が素早い、私にとって薪は灯油よりも貴重な物だ、ありがとう。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 手打ちそばの試食会に誘われて。
  •   ハチ友のKBさんから、なんと手打ちそばの試食会に誘われた。師匠の I、T 4段から、練り鉢を譲りられて以来密かにそば打ちに励んでいたらしい。竹林の仮測に手間どり、少々遅刻気味でKBさん宅へ到着。するとすでに2時間程前から師匠の手解きを受ける熱の入れよう。  師匠は穏やかで、わかり易い口調の指導の内にも、厳しさが込められていた。  今度は実習に。彼は、多趣味で何事にも熱心に取り組むことで仲間からも定評あり [続きを読む]
  • 竹林の隣地境界を、確かめておかないと。
  •   隣地境界杭が全くないので、所有部分を把握できない。そこで、公図を片手に道路輪郭から数値を追っても、中々結果を見いだせず困っていた所に、仲間のひかりさんが駆けつけてくれた。手が増えたので3点計測により、大筋の地形が見いてきた。これで、これから作業を進める上での見当視がつけられそう。あとは、測量士さんに任せればいいだろう。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 穏やかな晩秋のうみ。
  • ,  曇もない、波もない、風もない、朝霧も消え、あるのは晩秋の穏やか空気が流れているだけのみずうみの上。こんな光景に出会いるのは、1年のうちで数えるくらいです。改めて、霞ヶ浦の自然の雄大さ、美しさを感じることが出来ました。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 自家製のワイン作り。
  •   さっそく、昨日福島の果樹園で買って来たぶどうを使って、自家製ワイン作りを始める。ぶどうを房からもぎ取り、ビニール袋の中で茎も一緒によくつぶし、発酵促進を図る為、砂糖を加え2〜3週間、暖かい部屋の中で熟成を待つ間2〜3日ごとにかき混ぜる。発酵して膨張破裂を避ける為、ビニール袋の口は少しゆるめておく。  第1次発酵 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 熊のすべり台へ。
  •   蔵王への旅は、台風22号と仲良しになってしまい、充分に紅葉を楽しむことが出来ませんでした。「これで今年の紅葉狩りをお終いにする訳にはいかない。」との思いから、3日後に天気を見計らい、熊のすべり台へ。福島県西郷村 穏やかな遊歩道をしばらく進み、「熊のすべり台入口」の案内板に従いさらに奥へと足を進める。 すると突然、いかにも急こう配の古びて壊れそうな階段が目の前に現れた。覚悟して慎重に下りてゆく。   [続きを読む]
  • 2週続ずきの台風接近。
  •   台風21号の影響で、蔵王温泉への旅を1週間後に延期したのですが、続ずけて22号が大接近、台風に背中を押されるようにして悪天候の中出発。 途中、2本松市の菊祭りは断念し宿へ直行。蔵王温泉付近は、紅葉が山から降りて来て丁度見ごろ、お天気は今市。おかげで濁り湯の温泉を存分に堪能することが出来ました。ホテルからの眺め、食事も最高でした。 2日目、家路に向かう中、諦められず二本松城へ。  菊祭りは、雨も上 [続きを読む]
  • 久方ぶりに、ハチ仲間のYSさんの所へ。
  •   久方ぶりに、YSさんの所へお邪魔してみると、ハチ小屋の周辺が一変していたのでびっくり、以前は周囲に大木が茂りうっそうとしていた。ところが、その大木は切り倒され、日差しが直接小屋の中まで差し込んでいた。蚊にも悩まされることがなさそうです。 ハチ群は元気に花粉を運んでいた。スズメバチ捕獲用ペットボトルには、オオスズメバチが一匹捕獲されうごめいていて、襲来シーズンはまだ終っていないことを痛感。ある程度 [続きを読む]
  • パッションフルーツの冬越し。
  •   11月も真近となり、じわじわと冬足跡が聞こえてくる。今日は天気が良いので、パッションフルーツをサンルームに移動。秋の実を付け元気に育っていましたが、サンルームに収まらないのでコンパクトに剪定。果実はこれから寒くなるので収穫不可能ですが、デモ用に残した。頑張って冬を越してほしい。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • Q果村の優等生、キュウイフルーツ!,ラフランスも初めての収穫。
  •   ゴールドとレッドキューイを栽培していますが、肥料も与えず無農薬、蔓の管理には手を焼きますが、毎年豊作でQ果村の優等生。ゴールド、レッド共にとても美味しいのですが、レッドキューイは極めて甘い。ラフランスも今年初めて収穫することが出来た。収穫して食べ頃になるまで待って試食して見ました。この辺の土地でも栽培が出来る事がわかりうれしい、来年はもっと力を入れて視よう にほんブログ村 [続きを読む]