newyorkworkingmom さん プロフィール

  •  
newyorkworkingmomさん: ワーキングマザーinニューヨーク
ハンドル名newyorkworkingmom さん
ブログタイトルワーキングマザーinニューヨーク
ブログURLhttps://ameblo.jp/newyorkworkingmom/
サイト紹介文アメリカでの育児、教育、食事、共働き事情などについてツラツラと書き連ねています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2017/09/11 12:27

newyorkworkingmom さんのブログ記事

  • 映画:Wonder
  • 映画「Wonder」(邦題:ワンダー・君は太陽)という映画を見ました。6歳の娘の学校がインドの祝日でお休み。共働き母さんは仕事を休んで娘と一緒にいたので、見てみたいなと思っていたこの映画を観るチャンス!と思ったので。 https://amzn.to/2RKcBa2 小説を基にした映画で、私は原作を読んでいませんが、子供向けの絵本を娘と一緒に読みました。 https://amzn.to/2QrmCZb いい映画でした。泣いちゃった。 遺伝子の疾患で「普 [続きを読む]
  • 秋が来ました。
  • 夏時間も終わり、オフィスを5時に出ると外が真っ暗でなんだか憂鬱な季節が来ました。 が、その前に一瞬だけビューティフルな紅葉で自然が、まー頑張って冬を乗り越えなよ。といってくるような気がします。 春が来る時もそうなのですが、グレーだった景色に急に絵の具をこぼしたみたいに、葉っぱの緑や花のカラフルな色が湧き出す気がします。紅葉が始まる時も、一晩のうちにどこから来たの?!っていう勢いで葉っぱの色が変わる [続きを読む]
  • ホリデー貯金
  • Photo by rawpixel on Unsplash ハロウィンが終わると、サンクスギビング、クリスマスと年末へまっしぐらな感じがしますね。 このホリデーシーズン、楽しいのだけれど、アッパーミドルクラスの街に住む、ど真ん中ミドルクラスの我が家には家計のキビシー時期でもあります。 自分の子供へのクリスマスプレゼントに加え、学校の先生にギフトカードをあげないといけない。いや、絶対に、ってリクエストされるわけじゃないけど、やっ [続きを読む]
  • 内向的でもいいじゃない。
  • うちの娘6歳は、とても注意深い性格です。すごくいろんなことを観察していて、安全だと思える環境、人には心を開きます。慣れ親しんだ人にはしゃべりだしたら止まりませんが、そこにたどり着くまでに、時間がかかります。こういうの、内弁慶というのでしょうか。 学校の先生にも、「質問の答えをわかっているのに手を上げて答えようとしませんね。」と言われます。娘の学校の先生はそれを「悪いこと」だとは言わないし、そんな娘 [続きを読む]
  • オバマとハミルトン
  • あまり政治についてはブログに書くつもりはないのですが。どーしてもオバマが恋しくなってしまったので。 ミュージカル・ハミルトンって日本では知られているでしょうか?アレクサンダー・ハミルトンについてのミュージカルでラップなんです、なんと。そのディレクターがゲストに出ているポッドキャストを聞いていて、youtubeスパイラルにはまってしまい、ハミルトンキャストがホワイトハウスでパフォーマンスした際のクリップを [続きを読む]
  • 日本語で数を数えるって難しい。
  • 6歳娘の補習校(土曜日に行く日本の学校)で漢字テストが始まりました。1年生で最初に習う漢字って数字なんですね。で、一つ、二つ、三つ、四つ、五つという言葉を使って文章を作りましょうという宿題が出るのですが、一つ、二つって数えるものが意外と思いつかない!! 周りを見渡して、鉛筆は一本だし、机は一つであってる?本は一冊。椅子は一脚??じゃあ、コップは?一つだよね?犬は一匹だしぃ。(匹と頭の違いはなんだっ [続きを読む]
  • 新旧シンデレラ
  • 娘のプリンセス好きとシンデレラ好きについては以前も書きましたが、今まで新しい(2015年バージョン)のものを見させていました。 さすがにシンデレラにも飽きたようでしばらく見ていなかったのですが、ふとアマゾンのおすすめに昔のシンデレラが出てきたので、見てみる?とアニメーションバージョンのものを見させてみました。https://amzn.to/2MThfzy 改めて新旧比べて見てみると、新バージョンはやっぱりいいですね。映 [続きを読む]
  • セリーナ・ウィリアムズ側の意見。
  • 大阪なおみちゃん、おめでとうってことを書きましたが、私個人的にはセリーナ・ウィリアムズもね、好きなんです。彼女がなぜ人気あるのかもわかる。 そして、ファイナルでの審判への抗議やペナルティーだって、彼女は黒人差別、女性差別に対して戦っているんだと応援する人もいる。実際、私も彼女のそんな面にがんばれって思い、感情的なところを可愛く思ったりもするのだけど。 そんな感情的なところが「出た、また駄々こねてる [続きを読む]
  • 911
  • もう17年も経つんですね。あの時赤ちゃんだった人が成人するくらいの年月。 あの日どこにいて、何をしていたか、今でもはっきり覚えています。ニュースを聞いた時に同じ部屋にいた人たちももうおそらく会うこともないだろうけど、覚えてる。 渡米1年経ったばかりで、英語も流暢じゃありませんでした。 ミッドタウンの学校でESLのクラスを受けていて、ダウンタウンで起こってる映像を実際のものとは思えずに見てたこと。 交通がシ [続きを読む]
  • おめでとう、大坂なおみちゃん
  • 毎回バタバタとした日本への一時帰国から戻りバタバタと新学期が始まりました。 ところで、大阪なおみちゃん。話題ですね。 普段テニスは(というか、スポーツ全般)興味なくてみないのですが会社のボスが「あの日本代表の子、ファイナルに行くんだよ!」とファイナル前日に大興奮で教えてくれたのでせっかくだから、と試合を見ました。 母として女性として、セリナ・ウイリアムスには本当に勝って欲しかったけど見ていて「あー、 [続きを読む]
  • マクドナルド
  • うちの子供は3歳と6歳ですが、食べたことがないんです。マクドナルド。アメリカという国を代表しそうなレストランなのに。 子供に食べさせるもには気を使いますが、オーガニックのもの以外は口に入れさせない!とか、砂糖の入ってるものは特別な日以外は与えない!とか、そこまで厳しいわけでもないんです。 ただ、私、マクドナルドに行かないんですよね。。。 日本では誰もが利用し、悪いイメージもそんなにないように思いま [続きを読む]
  • 一時帰国
  • 定期的に読ませていただいている、他のアメリカ在住のブロガーさんのポストでも、夏の一時帰国のお話をよく見ます。みんな、服装が若干アメリカ人、とか、そうそうって同感できることがが多々。夏になると、若干日本に馴染みきれない、何人だかわからない日本人が日本にごそっと現れるんでしょうね。 スタバで飲み物を紙袋に入れられて戸惑ったり、コンビニで雑誌と冷たい飲み物を一緒の袋に入れていいか聞かれて感動したり、電車 [続きを読む]
  • 子供のいない人と働くこと
  • 私は6人のチームで働いています。男性1人、女性5人。そのうち、子供がいるのが私ともう一人。 子供がいない人は、仕事帰りに飲みに行ったり何かと子持ちが入れないコミュニケーションの場が多くどうしても子持ちである私ともう一人は孤立してしまいます。(二人だから孤立って言わない?) 比較的大きな会社で、部署によってはお母さんもたくさんいるのですが、私のいる部署は本当に子供のいる女性が少ないです。(一般的に、 [続きを読む]
  • フランダースの犬とマッチ売りの少女
  • 家族で食事中、盲導犬の話から「賢い犬」の話になり、「フランダースの犬って知ってる?」とアメリカ人の夫に聞いてみると、やっぱり知らないとのこと。どんな話か知りたがるので簡単に説明るすと日本ではそんな悲しい話が子供のアニメなのか???とびっくりしていました。 試しに「マッチ売りの少女」を知ってるか聞いてみたところそれも知らないとのこと。こちらはアンデルセン童話だから知ってても良さそうなのに。うちの夫の [続きを読む]
  • 初ホタル
  • 夜、ブラインドを下ろそうと窓辺に立ったら裏庭にホタルが飛んでるのが見えました。ホタルを見ると、とうとう夏が来たなー。と思います。 この辺のホタル、日本みたいに、水のきれいなところにしかいないというわけではないようです。私の住むところは郊外の住宅街ですがそーんなに田舎ってこともないし。 でも、駅周辺を離れると、一戸建ての庭付きの家がほとんどだから、やっぱり生き物がいっぱいいます。鹿、リス、チップモン [続きを読む]
  • ロボ電話
  • 我が家は共働きで昼間は誰も家にいないので、サインをしないといけない郵便物が受け取れない。 テレビなんかでも、ドスーンと玄関の前に置いていっちゃう国だけどアルコールの扱いは厳しくて、ワインをケースでオンラインオーダーする私は月に2回はフェデックスのロボ電話と喧嘩している。 カスタマーサービスにかけると、出るのはロボット。 「どんなサービスが必要か、2、3語で説明してください。」 で、私がデリバリープロ [続きを読む]
  • バイリンガルは当たり前?
  • ふと、夕食の時間に、娘と一緒に彼女のクラス内で話される言語の数を数えてみた。 韓国、日本、中国、ヒンディー、ロシア、ギリシャ、スペイン、ポルトガル、イタリア、ドイツ。 クラスは全員で20人。おそらくクラスの半数以上は2ヶ国語が流暢なことになる。もちろん、引っ越して来たばかりでまだ英語がうまく話せず、英語を教えるクラスを取っている子もいるけれど、みんなまだ10歳になっていない小さな子供だから、覚える [続きを読む]
  • 恐るべし。google AIアシスタント
  • これ、英語の記事ですが、スクロールするとビデオがあるので見てください。https://www.theverge.com/2018/5/9/17334658/google-ai-phone-call-assistant-duplex-ethical-social-implications 会話も英語ですが。。。しゃべってるのが人間じゃないってわかんないですよねー!! google AIアシスタントが美容院の予約をしたり、レストランに予約できるか電話してるんですが、電話を受けてる方は人工知能としゃべってるとは知らない [続きを読む]
  • 名前を覚えられる人
  • 今日、娘の学校に転入してきた親子に会いました。大勢いた中でちらっと初めましてーの挨拶をしただけだったので、ちゃんと、名前を聞いたときに繰り返したにもかかわらず名前をすっかり思い出せません。 私は名前を覚えるのが苦手。若かった頃は脳がもっときちんと働いたのか、そんなに苦手だった気がしないのだけど。 アメリカ人って人の名前をよく呼びます。日本語で誰かに挨拶をしたら、「おはよう、レイチェルさん」って名前 [続きを読む]
  • Last-name basis?
  • 最近、娘の日本の補習校(土曜日に行く日本の学校です。)で、ボランティアを始めました。お母さんたち(お父さんも数人います。)みんな、◯◯さんってちゃーんと苗字で呼びあうんですよね。それがどんなに言いにくいカタカナの名前でも。 私はアメリカに来てからめっきり苗字で呼ばれることがなくなり、結婚後の苗字は書類に書くことはあっても、全く呼ばれ慣れていません。(結婚8年目です。)そのせいか、補習校で呼ばれてる [続きを読む]
  • さよならToys "R" Us
  • トイザラスのアメリカ全店舗が閉まります。子供を連れて週末に買い物に行くとヘトヘトになることもあり、なんでもオンラインで買う私は、トイザラス閉店に加担してますね、確実に。 タイムズスクエアの巨大トイザラスには小さな観覧車があり、観光客がニューヨークに来ると立ち寄る場所だったのですが、そこは2015年にすでに閉店していました。 おもちゃ類は大抵アマゾンで済ませていた私は特にトイザラスに思い入れはないのです [続きを読む]
  • Star Certificate
  • キンダーの娘が学校でStar Certificateをもらってきました。えらい!と先生に認められることをした「スタースチューデント」がもらえるものだそうで。クラスメートが困ってる時に助けてあげたとか、読めなかった本が読めるようになったとか、片付けを責任持ってできたとか。幼稚園なので成績、勉強に関することというよりは行動に関することの方が多いようですが。 証書には「友達に優しいから表彰します」としか書かれておらず、 [続きを読む]
  • March for our lives
  • 銃規制の厳重化を訴えるマーチ、March for our livesが全国各地で行われました。 力強い写真がたくさん。http://www.latimes.com/visuals/framework/la-me-march-for-life-unfurled-gallery-20180324-htmlstory.html ここにも。https://www.cnn.com/2018/03/24/us/march-for-our-lives-signs-trnd/index.html 「ベストフレンド」であるジョンレノンを銃で亡くしたポールマッカートニーも参加していたようです。https://www.usato [続きを読む]
  • 2018年17回目のスクールシューティング
  • また、ありました。今年17回目。 なんか最近、ブログで書くことが銃問題ばっかりで自分でもうんざりしますが。 本当はもっと他に書きたいこともあるのですが子供を学校に行かせている身として、他人事じゃないんです。毎朝、子供を学校に送り届けて仕事に向かう途中、「もしも」の最悪の事態が頭をよぎり急いで引き返したくなることがしょっちゅう。 今回の事件は負傷者は1人、死亡者が1人。犯人は死亡した方の女の子の元カレ [続きを読む]
  • National walk out day
  • 3月14日はNational walk out dayでした。フロリダの高校であった銃乱射事件が起こってから1ヶ月。そこから広がっている活動の一環で、アメリカ中の高校生が教室を離れプロテストするというもの。 昔に日本であったような学生が机でバリケード作っちゃうような激しいデモンストレーションではなく、もっとオーガナイズされた、みんなが一斉に10時に教室から17分間離れるというもの。(クラス全員が参加する場合は先生も参加 [続きを読む]