だいじょうぶ だいじょうぶ さん プロフィール

  •  
だいじょうぶ だいじょうぶさん: 何のために生まれて来て 何のために生きているの
ハンドル名だいじょうぶ だいじょうぶ さん
ブログタイトル何のために生まれて来て 何のために生きているの
ブログURLhttp://naoko-takemoto.wixsite.com/daijyoubu/
サイト紹介文言葉に癒され、勇気づけられ、自分の中にある愛を思い出して、今日を生きてゆこう♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 40日(平均1.9回/週) - 参加 2017/09/11 15:34

だいじょうぶ だいじょうぶ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • テレビ視聴の様々な悪影響とは?
  • 夕食のときに小学一年生の長男が「ああ〜、もう思い出したくない……。嫌なことあった」と暗い表情で言い出すので、てっきり学校や学童で何かあったのかと思ったら……夫の職場の介護施設が近所なので、長男が学校から帰ってからお弁当を届けに行くことがあり、今日は施設のテレビで、とても怖い映像を観てしまったらしいのです。「どんなテレビを観たの?」と聴いても「怖いから言いたくない」と言ったけれど「話すことは、離す( [続きを読む]
  • 「思い通りになればなるほど価値がある人生」というわけではない
  • 思い通りにならないことが、次から次へと起こることもあるのが人生ですね。なにもかもが思い通りにならないとき、強い苦しみや感情の激流に押し流されているように感じることもあるでしょう。しかし、わたしたちは何一つとして無意味な体験をしてはいないのです。もし、どうしても、目の前の苦しい状況を乗り越えられないと感じて、そこから逃げるというのも、そのときの自分にとってのちょうどいい選択なのかもしれません。また、 [続きを読む]
  • エゴを克服する意味
  • 人間はどうしてエゴに、囚われて苦しんできたのか?その答えを知るには、まずエゴに気づくことから始まります。「変容の緊急性」について書かれたエックハルト・トール氏のご文章を引用いたします。。*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o 自分の所有物に誇りをもったり、自分より豊かな人をうらやんだりするのは間違っているのか? そんなことはない。誇りや目立ちたいという思いや、「もっと多く」によって自己意 [続きを読む]
  • いまここに存在していること自体が尊い
  • 世界は混乱し、人々は深い絶望や無力感に襲われ、自ら命を絶つ人は増加し続けています。わたしたち人間は、いったいどうして、こんなに悲惨な状況に自分たちを追い込んでいるのでしょうか?今こそ、混乱や絶望や無力感という苦しみが生み出されている根本に目を向け、一人ひとりが向き合う必要があるのでしょう。「変容の緊急性」について書かれたエックハルト・トール氏のご文章を引用いたします。*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・ [続きを読む]
  • じつは個性を摩耗させるほうに頑張っている
  • 河合隼雄氏が対談で人間の個性について述べられたお話を引用いたします*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o みんな一人ひとり違うのに、数字で順番をつけたがるんですよ。「年収いくらですか」といったら、年収の高い人から低い人まで全部順番がつくでしょう。それは、一人ひとり分けているようで、なにも分けていないですね。お金で分けているだけなんだけれど、それでみんな錯覚を起こしている。 そして、ちょっ [続きを読む]
  • あなたは 「中心をはずさずに」 いられますか?
  • カウンセリングするときの河合隼雄氏は、ただただ「まっすぐに相手の話を聞く」といいます。「ほとんど僕の場合は、話を聞いているだけのことが多いです。できるかぎり、まっすぐ聞こうと思ってます」と話されていました。どんな人も、それぞれの心のなかにある問題を解消するには、自分自身の心が変化する必要がある。だから、第三者が早急に相手の心を変化させようとしてもうまくいかない。相手が内側から自然に変わってゆくのを [続きを読む]
  • 「相手の苦しみを正面から受け止める」とは どんなことなのか
  • どうしたら「相手の苦しみを正面から受け止める」ことができると思いますか?河合隼雄氏の対談での「相手の苦しみを正面から受け止める」とはどんなことなのかを述べられたお話を引用いたします*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o「相手の苦しみを正面から受け止める」河合 苦しんでる人がこられたら、苦しみをとるんじゃなくて、苦しみを正面から受け止めるようにしているのが僕らの仕事やと思っています。茂木  [続きを読む]
  • 個の「私」ではなくて、関係の総和が「私」
  • 河合隼雄氏の対談から「私」とは「関係の総和」というお話を引用いたします*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o「私」とは「関係の総和」 僕がすごいと思うのは、仏教の『華厳経(けごんきょう)』の考え方は、関係性が優先していますね。感激しますね。個があるけれども、個があっての関係というのじゃなくて、関係そのものが優先しているんですよ。だから「私」というのはないんです、『華厳経』でいうと。個の「 [続きを読む]
  • 愛というものは 憎しみをも吸収することができる
  • 愛と憎しみについて書かれたOSHOのご文章を引用いたします*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o愛してごらんただし, 私は愛するだけでたちまち憎しみが消え失せるなどとは言っていないそうじゃない憎しみは闘いを挑むだろう誰だって生きのびたい憎しみはあがくだろう愛すれば愛するほどなおさら強く憎しみはやって来るだろうだが, あなたはびっくりするに違いない憎しみは来てはまた去って行くそれは愛を殺しはしない [続きを読む]
  • 意識・思いやり・創造性の三つを同時に満たそう
  • 今わたしたちが 生き生きと生きるために求められている バランスのとれた人間性とは?新しい人間の定義について書かれたOSHOのご文章を引用いたします*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o人間性が今、岐路に立っている。私達はこれまで一次元的な人生を歩んできた。我々は、もうそのことに疲れ果てている。私達は今、より豊かな人間性を必要としているのだ。それは三次元的な人生だ。私はそれを三つのCと呼ぶ。三つ [続きを読む]
  • 過去の記事 …