matfer さん プロフィール

  •  
matferさん: 妻と彼女
ハンドル名matfer さん
ブログタイトル妻と彼女
ブログURLhttps://tsuma-to-kanojo.blogspot.com/
サイト紹介文妻も彼女も大切。妻がいるのに彼女のことが気になる男の日記。
自由文妻も彼女も大切。妻がいるのに彼女のことが気になる男の日記。妻と彼女は友達同士。僕も彼女と友達同士。僕も妻も彼女も同年代の40代。彼女には夫がいる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 70日(平均4.5回/週) - 参加 2017/09/12 17:33

matfer さんのブログ記事

  • 中途半端 (妻 2017年11月17日)
  • 彼女と2人での飲みも終わりかけの頃、妻から連絡が入った。飲んでる場所の最寄り駅に来るとのこと。彼女と別れた後、妻と2人で帰った。帰り道、彼女は移住のイベントに私を誘わずにあなただけを誘ったのはなぜ?と聞いてきた。僕は、なぜかよく分からんねーと返事したけど、心当たりはある。彼女と2人で話をする時、移住の話を良くする。その時、僕が妻には移住の話を切り出せないでいることを話していたりしたからだと思う。彼女 [続きを読む]
  • 誘ってくれた (彼女 2017年11月17日)
  • 仕事中に彼女から届いたメッセージを見て僕のテンションは一気に高まった。「今から "これ" に行く」"これ" を示すリンクを してみると、移住に関するイベントだ。ある町が主催し、その町に移住した人の体験談や、役所の人による案内などを聞くことができる。すごく興味がある内容だし、始まる時間も仕事をすぐに切り上げれば何とか間に合いそうなタイミングだ。その後、彼女とメッセージのやり取りを幾つかして分かったの [続きを読む]
  • かがやく (妻 2017年11月15日)
  • 「わたしがいない夜は寂しかった?」と妻が聞く。僕はしらじらしい顔でうんと言う。妻は「またウソついてる」と笑う。妻は仕事で日曜日の夜は自宅にいなかった。彼女と2人で飲みに行ってたから寂しくなかった、とは言えず、日曜日の夜の話になりそうになると、それとなく別の話に誘導する。仕事帰りに妻と待ち合わせて少し飲んだ。家で2人でいるときより、お店にいるときのほうが、なぜかおしゃべりが進む。出張中での仕事の成果を [続きを読む]
  • 便利な人 (彼女 2017年11月14日)
  • 彼女と飲みに行くといつも3〜4時間はしゃべりっぱなしだ。彼女とは長い時間を一緒に過ごすことができる。友達としていい関係だなと思う。でも、彼女は僕と一定の距離を保っている。先程は友達と書いたけど、彼女は僕のことを友達とは思っていない。"便利な人"と思っている。彼女とは共通の趣味が多く、よく一緒に出かける。僕と2人だけで出かけることも多い。彼女はひとりで出かけるより、経済的だし、楽だし、安全だし、寂しくな [続きを読む]
  • 残された時間はあまりない (彼女 2017年11月12日)
  • 「どうしたらいいのかなー決めて!」と冗談を言う彼女。夫から離婚を突きつけられている彼女は、この先どうしたらいいのか分からず困っている。離婚の話が出てから、その後は特に話し合いがなく進展がないまま。一緒に行った海外旅行の際には、離婚を突きつけた相手にするかな?と思うような優しい言葉掛けなどがあったらしい。夫が何を考えているのか分からない、というのは相変わらず、とのこと。彼女自身、この先どうしたらいい [続きを読む]
  • 誘った (妻と彼女 2017年11月5日)
  • 「了解!覚えとくー」と言って、カレンダアプリに登録した彼女。妻がトイレに席を外した時、彼女を誘った。次の日曜日に2人で飲みに行こう。もしお昼も暇なら、ハイキングにも出かけよう。彼女は、母親と一緒に出かける日を調整中でからその予定次第で行けるかどうか決めるとのこと。僕からの誘いを忘れないように、カレンダに登録してくれたようだ。1週間ぶりの妻と彼女と3人で飲みに行ったときの話し。この日の彼女のファッショ [続きを読む]
  • はっきりさせることの怖さ(彼女 2017年10月29日)
  • 2週間ぶりの彼女は変わらず素敵だ。妻、彼女、僕の共通の友人の結婚パーティーがあり、久しぶりに彼女と顔を合わせた。2週間ぶりに会うことは、一般的には「久しぶり」とは言わないかもしれない。だけど、僕達3人は少なくとも週に1度くらいは顔を合わせているので、2週間も会わないとずいぶん会っていないような気がする。幸せそうな新郎新婦を見ていると、20年前の僕と妻もこんなふうだったのかな?なんて思い出す。同時に、彼女 [続きを読む]
  • 失いたくない (妻 2017年10月25日)
  • 妻が重なってくる。リビングで寝そべってると、妻が「チャンス!」と言って僕に重なってくる。このところ、急に寒くなってきたから、僕にくっつくと温かくて気持ちいいようだ。結婚して20年目。結婚当初から、妻はこんな感じだ。僕も妻も40半ばだけど、今も変わらず愛おしくて可愛い。◇妻が入浴している間、テレビで「家について行ってイイですか」が流れていた。たまたま見たのが、この春に妻を亡くした男性の話だった。12年間、 [続きを読む]
  • 移住したいけど... (妻 2017年10月16日)
  • 眠れなかった。妻に移住の相談をすることを想像すると、全く眠れなくなってしまった。彼女が離婚をきっかけに移住のことを真剣に考えるようになってから、僕の中にもあった移住したいという思いがものすごく高まってしまった。妻には内緒で、移住候補先の不動産や求人に関する情報を調べたり、移住体験記のブログ記事を読み漁ったりしている。妻に「移住したい」と言うとどうなるだろう。彼女が移住するからあなたも移住するの?と [続きを読む]
  • 価値観 (彼女 2017年10月15日)
  • 待ち合わせの場所に先に来ていた彼女の顔を見て、僕は「キレイですね。」と言った。飲みに行く前に美容院に行ってくると話していた彼女。僕は、髪を切ったことに気付けるか自信がなかったけど、今回は良くわかった。だいぶ短くなっていたし、パーマもしていて少しカールされているところが可愛かった。彼女はまもなく夫と海外旅行に出かける。2週間ほど会えなくなるので、彼女を送り出すという名目で、妻と彼女と3人で飲みに行こう [続きを読む]
  • 奇跡的な関係 (妻と彼女 2017年10月12日)
  • 「移住したい。ついてきて。」彼女は、ビールを飲みながら妻と僕に言った。離婚したら今の場所から離れて、趣味を楽しみやすく、空気のいい、自然が豊富な場所に移住することを彼女は真剣に考えている。この2年の間に、離婚も移住もトントン拍子で進んでしまうかもしれない。移住したいけど、妻と僕の2人から遠く離れてしまうことはすごく残念。今のように、近くに住んでいつでも飲みに行けたり、共通の趣味を楽しめたり、気兼ねな [続きを読む]
  • 貴重な時間 (妻 2017年10月7日)
  • 久しぶりに妻と同じ日に休日。朝はあいにくの雨だったけど、朝食を食べに喫茶店に行った。妻は、僕と一緒に喫茶店のモーニングを食べに行くのが好きだ。いつもとは違う雰囲気の中、仕事そのものの話し、仕事でお付き合いのある人の話しなど、いろんな話を妻はしてくれる。1時間ほど、のんびりとした時間を過ごした後、デパートに買物に出かけた。僕の靴を買いに行くのに付き添ってもらった。いい靴は見つからなかったけど、あーだ [続きを読む]
  • 移住なんて (妻と彼女 2017年10月6日)
  • 妻、彼女、妻の友達、僕の4人で飲みに行った。妻と妻の友達が来るまでの1時間ほどの間は彼女と2人。この1週間、彼女が機嫌よく過ごせたのか聞いてみると、特に問題はない、というか変化はないようだ。夫ともほとんど会うことはなく、会話もほぼ無いとのこと。離婚後、彼女は自然豊かなところで暮らしたいと言う。移住するには、仕事や住む場所、人間関係など、クリアしなければならない課題が多くあるけど、それらがクリアできるの [続きを読む]
  • やっぱりキレイだね (彼女 2017年9月30日)
  • (前の記事 いつもキレイだね (彼女 2017年9月30日) の続き)晩ごはんの後、山の向こうに沈む太陽を見に行ったり、星を見ながら珈琲を飲んだりした。僕にとっては恋人同士で過ごす時間のように思えた。とても寒かったから、彼女を抱きしめてみたかった。寝る場所は、4人部屋で僕と彼女以外にも別の2人組がいる。4人が並んで寝る状態だけど、その間隔があまり広くない。隣で眠る彼女の距離が近いから、ドキドキしてあまり寝られなか [続きを読む]
  • いつもキレイだね (彼女 2017年9月30日)
  • 土日の2日間、彼女と2人でハイキングに出かけた。もう何度繰り返したか分からないけど彼女と2人きりの時間。本当は妻と3人で行く予定だったけど、体調不良により妻は不参加。僕が彼女と2人で出かける事について妻は不満を口にしたりしない。むしろその逆。私が行けないのは残念だけど、2人で行ってきて。自分が行けない時はいつも2人だけでも行ってこいと言ってくれる。ハイキングそのものは、天候に恵まれ、とても美しい景色を楽 [続きを読む]
  • 彼女の彼氏 (彼女 2017年9月24日)
  • 彼女と2人でハイキングに出かけた。この記事(見とれる (妻と彼女 2017年9月21日))で触れたように、今回のハイキングは妻は来られないけど、彼女は来れるかも、という状態だった。前々日(22日)の夜に彼女に来れるか聞いてみたところ無理との返事だったが、前日(23日)の夜に彼女から「明日、連れてってー」とメッセージ入った。ということで、2人だけで彼女とハイキング。歩いたルートは、僕が好きでよく歩くところ。彼女は初めて [続きを読む]
  • 見とれる (妻と彼女 2017年9月21日)
  • 妻と彼女と3人で飲んだ。(今週2回目)この3人での集まりは本当に多い。9月だけでも5回目だ。週に一度以上の頻度で集まってる。これだけ集まっていても、なんだかんだと話することがあるものだ。主に、再来週に予定しているハイキングの詳細について確認し合った。相変わらず妻は計画についてはあまり関心がない様子。いつも人が立てた計画に乗っかるタイプだ。彼女は情報収集を積極的にやっているので、同じように情報収集に積極的 [続きを読む]
  • 移住計画? (妻と彼女 2017年9月18日)
  • 妻と彼女と3人で遊んだ。本当は3人でハイキングに出かけるつもりだったのに、台風の影響で諦めて近場で遊ぶことにした。ショッピングモールのフードコートでランチをしたり、買物をしたり、近くの博物館で面白いものを見たりした。妻が一緒でも彼女の顔を見たり、話ができたりするのは嬉しい。ただ、妻がいると、僕と妻の仲の良さを彼女に見られるのがなんとなくイヤだ。彼女は全く気にしていないだろうけど。遊んだ後、いつも通り [続きを読む]
  • 感謝しなくてはならない (妻 2017年9月15日)
  • 「離婚のことメールで伝えました」と彼女からメッセージが届いた。妻に、離婚のことを彼女自身で伝えたということ。この日、妻には僕から離婚のことは話さない、と彼女に伝えておいたので、それを受けて彼女は妻にメールを送った。離婚のことを詳しく聞いた日に、妻と合流した時に彼女は話そうと思ってたけど、タイミングを逃してしまってたらしい。彼女からのメールを見た妻は、帰宅するなり、心配そうな表情を見せた。本当に彼女 [続きを読む]
  • 力になりたい (彼女 2017年9月14日)
  • 彼女と2人で居酒屋に行った。他愛もない話をしばらくした後、やはり彼女の離婚の話になった。「夫に対する愛情は全くない。夫の洗濯物をたたむのもイヤだし、家の中を歩いている姿を見るのもイヤ。夫も私への愛情はない。」「お互いに無関心だけど、それぞれの行動に干渉しないし、愛情はないけど、特に大きな害があるわけではないから、ずっとこのままの結婚生活を続けていけばいい。」彼女はこのように思っていたようだが、数ヶ [続きを読む]
  • 離婚するかも (妻と彼女 2017年9月10日)
  • 「この1〜2年の間に離婚するかもしれない。」と言う言葉が頭から離れない。この日、妻と彼女と3人でハイキングに出かけた。景色が良いわけでもなく、キレイな花が咲いているわけでもなく、珍しいものがあるわけでもなく、平凡な行程だったけど、3人でおしゃべりしながら同じことを経験するのは楽しい。妻が膝を痛めてしまったのは少し心配だけど、今後のハードな行程のハイキングへの準備だと思うといい経験かもしれない。ハイキン [続きを読む]
  • 突然の昂揚 (彼女 2017年9月5日)
  • 「今、XXXXX に来てる。」仕事中の僕のスマホに彼女からメッセージが入った。XXXXX とはアウトドア用品を販売するショップだ。先日のハイキングの時に、冬に使えるインナーを探しているということを彼女から聞いていた。そのインナーを探しに XXXXX に来ているようだ。XXXXX は僕の職場からすぐ近くだから、近くに来てる、ことを知らせるために僕にメッセージを送ったのだろう。しなければならない仕事があるにも関わらず、僕の気 [続きを読む]
  • 楽しんでくれたかな? (彼女 2017年9月3日)
  • 彼女と2人でハイキングに出かけた。前日にどこを歩くのが良いか、メッセージのやりとりで話し合う。彼女のプランは僕も彼女も初めて歩くコースだし見所も多いので、このプランがいいなと思っていた。でも、そのコースは距離が長いので1日で歩けないかもしれない、と彼女が言う。調べてみるとその通りで、今回はそのコースをあきらめて近くのコースを行く別のプランにした。別のプランは、僕が大好きなコースを歩くプラン。最初はし [続きを読む]
  • 眠れない夜が続く (妻と彼女 2017年8月29日)
  • 妻と彼女と3人で飲んだ。およそ10日に一度は3人で揃って飲んでいるような気がする。かなり頻繁に会う3人。この3人の中でそわそわしているのは、オトコの僕ひとりだけ。なんだかなー。この日、近くにハイキングに行く提案を僕がして、2人とも賛同してくれた。日にちも決めて、また彼女と遊びに行く約束ができて満足。彼女は、実はもっともっとハイキングに行きたいようで、僕と妻以外の人ともちょくちょくと出かけているようだ。誰 [続きを読む]
  • 覚悟がない (彼女 2017年8月24日)
  • 意外な展開で彼女の顔を見られることになり心がはずむ。途中から、妻も合流。(妻はその友達とは初めまして)彼女はいつもよりテンションが高かった。もともと仲のいい友達に久しぶりに会って、イロイロと話をするのが楽しかったんだと思う。こんな風に誰とでも仲のいい彼女の姿を見ていると、僕は彼女にとって特別な存在であるはずはないことがよく分かる。◇最近、彼女のことを考えることはあっても以前のように苦しい気持ちにな [続きを読む]