くらげびと さん プロフィール

  •  
くらげびとさん: 門前の小僧になりたいくらげ
ハンドル名くらげびと さん
ブログタイトル門前の小僧になりたいくらげ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kuragebito
サイト紹介文学究的な空気に憧れて専門家の周りに出没しては雑感を綴るブログ。化石鉱物系がやや多し、の予定。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2017/09/12 09:16

くらげびと さんのブログ記事

  • コイはくせもの
  •  そしてこの連休中に我が家に来訪者(魚)がありました。水路に紛れ込んでいたらしい鯉が2匹。・・・飼う気はないですが、息子たちが喜ぶだろうと持ってきてくださった方のご好意を無碍にするわけにもいかず、我が家に一泊。息子その3のはまりようがハンパないです。水槽も泡ブクブクもないんだからね〜、飼いませんよ〜、そして鯉の洗いをつくる気もありません。 [続きを読む]
  • 鯛の鯛シリーズ7〜2018.09.21食ホッケ〜
  •  昨日に引き続き鯛の鯛シリーズです。本日は全長25?もない小さなホッケの「鯛の鯛(胸ビレ近くにある魚の形をした骨)」です。ちゃんと目に見える位置に穴があるのが何度見ても不思議です。神経束が通る穴でしょうか?参考:鯛の鯛シリーズ1〜ガヤメバル〜   鯛の鯛シリーズ2〜樺太シシャモ〜   鯛の鯛シリーズ3〜ニギス〜   鯛の鯛シリーズ4〜サンマ〜   鯛の鯛シリーズ5〜イボダイ〜   鯛の鯛シリー [続きを読む]
  • 鯛の鯛シリーズ6〜2018.09.21食ニシン〜
  •  魚の胸ビレ近くにある魚の形に似た骨、通称「鯛の鯛」、ニシンにもありました。胸ビレとくっついたままだとなかなかパンクですねえ。下の方の青っぽい目盛りが5?間隔ですので、体長20?強といったところです。リンクを貼っておりますので、これまでの鯛の鯛も見てやっていただけると嬉しいです。参考:鯛の鯛シリーズ1〜ガヤメバル〜   鯛の鯛シリーズ2〜樺太シシャモ〜   鯛の鯛シリーズ3〜ニギス〜   鯛の鯛 [続きを読む]
  • 台風に伴う停電〜2018.09.04台風21号〜
  •  関西空港を始め多大な被害が出た台風21号。くらげびとの周囲では幸い被害は大きくはなかったのですが、停電や断水は多少ありました(くらげびとの地域では半日ほどの停電です)。水が使えるので食事の用意などに困ることはなかったです。 が、やはりというか予想どおりというか、トイレに少々困りました。タンクレスタイプなので、タンクタイプみたいに「タンク内の水で1回は流せますよ〜」という余裕がないのは知っていたん [続きを読む]
  • 雨雲がまるで台風のようなんだが。
  •  窓越しなんですが。向かって右から左にあれよあれよという間に黒雲が迫ってきて、和やか〜に浮かんでいる積雲たちを飲み込んでいきまして。この写真を撮ってから数秒もたたないうちに空一面が雨雲となり、雷鳴が轟きましたとさ(8/31の事です)。週明けはまた台風21号が「『非常に強い勢力』でやってくる」※1っていうし、落ち着かない天気が続きます。各地大きな被害が出ませんように。※1 2018.09.02 11:33ウェザー [続きを読む]
  • 手術終了
  •  化学療法があまり思わしくないので(というより、効かなかった^^;)、とりあえず病巣と思われるものを切除しました。今のところ傷口が膿むでもなく、リハビリも順調、お見舞いに来てくださった方が(くらげびとのあまりの元気さに)拍子抜けして帰られるというこの数日。・・・いや、見舞客対応中はこれでも気ぃはってるよ!?皆様が帰られた後はぐったりよ!?と言いたい気分でもあるんですが、順調なのは良いことだよね。発 [続きを読む]
  • アリスのふしぎ体験ツアー〜2018.08.26岐阜県岐阜市科学館〜
  •  2018年7月28日〜9月2日開催の「アリスのふしぎ体験ツアー〜鏡の国へ!〜」ようやく行ってまいりました。お題のとおり鏡バージョンの錯視アートが前面に押し出されています。(面白いのがたくさんあるのですが、鏡だと人が写り込んじゃうのでネットにUPしづらいです。残念!)当然アリスっぽい仕掛けもあるのですが、他のもかなりあり。その中でも一番お気に入りなのは1枚目の写真のタイプの錯視アート、タイトル「アクロポリス [続きを読む]
  • 古生物についての自由研究〜息子その1の場合〜
  •  夏休み初めから自由研究に取り組んでいたはずなのに締め切りギリギリまでかかっている息子その1。岐阜県瑞浪市で採集した化石種の生息していた古水深を求めるのに近縁現生種を利用する〜といった論調で一旦は結論が出ていたのに、「これだと種類はカウントしたけど数量比が反映されていない」と、今まで採集した化石を種類ごとに数え始めた。そりゃ時間かかりますわな。まあ、なんとか提出できたからいいけどさ。で、この写真は [続きを読む]
  • 鯛の鯛シリーズ5〜イボダイ2018.08.〜
  •  しず、ぼうぜ、くらげうおなど様々な地方名を持つ魚の「鯛の鯛(胸ビレ付近にある魚の形に似た骨)」、乾燥させている間にぱっきり割れてしまっておりました。継ぎ目が脆い骨を丁寧に取り出した息子その1の目が怖い。。。ともあれUPします。焼き魚にしたらおいしいお魚ですが食べられない状態のものを入手したので骨を取り出しただけ、、、なんだかもったいない。骨格標本作ればよかったかなあ。。。参考:鯛の鯛シリーズ1〜 [続きを読む]
  • 御手洗層の化石〜2018.08.18岐阜県高山市手取層群〜
  •  高山市荘川町にはジュラ紀から白亜紀にかけて堆積した動植物化石を含む地層(1億6千万年前から1億2千万年前)の露頭があります。恐竜が発見されたことで有名な”手取層群”の一部です。荘川町牛丸にはジュラ紀の大露頭がありますが、ここは岐阜県の天然記念物に指定されているので化石のお持ち帰りはできません。では、この写真の化石はどこから?某河原です。まちづくり協議会さんのHPを頼りに行ってみたらドンピシャで転石 [続きを読む]
  • 探検 博くん〜岐阜県博物館キャラ代表〜
  •  瑞浪市化石博物館イメージキャラクター「瑞浪Mio」ちゃんがいるのは知っていましたが(ブログ内関連記事あり)、岐阜県博物館に「探検博」くんがいるのは知りませんでした。研究者になりたい小学5年生、一緒に探検してくれる彼女募集中だそうです。ミュージアムキャラクターアワードに立候補とのことで、こんなチラシをもらいました。ライバルたちはツイッターその他でも拡散中で博くん苦戦中(笑)。博くん頑張れー。 [続きを読む]
  • 鯛の鯛シリーズ4〜サンマ 2018.08.07食〜
  •  だいぶ間が空いてしまいました、鯛の鯛シリーズです。こんな言い方が正しいのかどうかわかりませんが、鯛やシシャモの骨だと分離できる部分がサンマでは癒合しているようで、魚に見立てた場合背中から尻尾に当たる部分がデブっとしています。見ようによっては金魚の尾ビレに見えなくもないです。なんか意外。サンマってもっとシュッとした「鯛の鯛」が出てくるかと思っていました。参考:鯛の鯛シリーズ1〜ガヤメバル〜    [続きを読む]
  • 叩き染め〜「夏の友」を実践してみると1〜
  •  息子その2の夏休みの宿題に「夏の友」っていう冊子があるんですが、そこには「あさがおとなかよくなろう」なんていうページもありまして。我が家の朝顔がようやく咲いたので「叩き染め」実践してみました。花を書道用紙に挟み、木槌で叩いて色を移すという単純なものなのですが、木槌がなくて金槌でガンガン叩いたので花が剥離できません。2・3違う種類の花でも試したけれど仕上がりはイマイチ。息子その1の時にも思ったけれ [続きを読む]
  • めでたく着手、標本づくり〜2018.08.04クマゼミ〜
  •  一時は(命の教育などの観点から)取り組みも危ぶまれた標本づくり、なんとか先生の許可も出たので、息子その2と昆虫採集や標本作成の際の約束事を決めて、いざ標本づくりに着手。って、なんでこの姿?怖いんですけど。「ラジオ体操の帰りに死骸を拾ったけど、家に着く前に袋の中で頭がはずれちゃった。」・・・そうですか。そして色々突っ込みどころ満載の展足状況なんですが、そこは手出ししちゃダメよね、、、。見守るって難 [続きを読む]
  • 許可が下りない!?〜自由研究2018息子その2の場合〜
  •  古生物学者になりたい息子その1の自由研究のテーマが化石ならば、昆虫博士になりたい息子その2のテーマは当然昆虫なのですが、実は学校から許可が下りないかも、、、な事態でした。なぜなら息子その2の事前提出票にはでかでかと「ひょうほんづくり」と書いてあったから。「もう提出いただいているんですが、変えられる予定は、、、」←(と、新しい事前提出票を出されようとしたので)「子どもが自発的に選んだテーマですので [続きを読む]
  • Mioちゃん〜2018.8.1瑞浪市化石博物館〜
  • 瑞浪市化石博物館イメージキャラクター「瑞浪Mio」ちゃん。瑞浪市に住む化石好きな13歳だそうです。髪飾りはデスモスチルスの歯がモチーフ、(このイラストでは見えないけど)ネックレスはビカリアというこだわりよう。・・・こんなかわいいショッパーバッグで手渡ししてもらえると、、、何やらこちらまで楽しくなってきます。 [続きを読む]
  • 教えを請いに〜2018.08.01岐阜県瑞浪市化石博物館〜
  •  「今年の自由研究は今まで採集した瑞浪の貝化石をもとに古水深の推定をする!」と息子その1が宣言したため、エクセルで表の作り方だけ教えて放置したところ、第4章までのレポートができたと見せてきました。親としては2・3気になるところがあるものの、昨年までのレポートとは大幅に異なる大人びた文章にびっくりです。で、文章だけでなく内容もそれなりに成長してきており、くらげびとにとってはこうすれば?とは簡単に言え [続きを読む]
  • 化石への情熱。〜クリーニング作業解禁〜
  •  今日は息子その1が自由研究のアドバイスをいただきに某学芸員さまを訪ねて某博物館へ伺ったのですが。話が発展に発展し、帰宅後すぐにこのようなことに。せっかくの化石、楽しみながらゆっくりクリーニングしようよ!という祈りも虚しく、30分も経たないうちになんかわからないものを分離しております。(いつの間にクリーニングこんなに早くなったんだろう)。触発されたのか昆虫博士になりたいらしい息子その2までがフズリ [続きを読む]
  • 雌の姿をようやく見た〜2018.07.20ヤマトカブト〜
  •  息子その1が学校から分けてもらってきた幼虫2匹(たまたま雌雄1匹ずつだった)、雄はよくスイカにのっかっているのに雌は羽化直後以外はずっと姿を見せず。本当に飼育箱の中にいるのか?逃げちゃったとか死んじゃったとか?と、内心ビクビクしていたのですが、本日ようやくお目にかかれました。でも、スイカに頭を突っ込んだままピクリとも動かないのも心臓に悪い光景です。こんなに猛暑続きじゃなければここまでドキドキはし [続きを読む]