joehcei さん プロフィール

  •  
joehceiさん: 北有光明
ハンドル名joehcei さん
ブログタイトル北有光明
ブログURLhttps://ameblo.jp/joehcei/
サイト紹介文あかりはいつも、あなたのもとにくる・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 65日(平均5.7回/週) - 参加 2017/09/12 09:22

joehcei さんのブログ記事

  • 養育
  • 北有光明・・・茶髪の蟷螂は寒空のもと門柱にとまり隠れ吸った煙草の日々を想う・・・ 白い衣の御使いに伴われ襁褓にくるまれていた日々を想う・・・ 3ブロック離れたカラオケboxまで脱走し、でも捕まって3日間監禁された日々を想う・・・ 朝トボトボやって来て昼ウトウトと眠り晩シオシオと帰り夜ひとり上下運動した日々を想う・・・ 茶髪の蟷螂は交わって喰われ新しい命を養う日々を想う・・・ 北有光明・・・ にほんブログ [続きを読む]
  • 観劇
  • 北有光明・・・40年後に首領になって核のボタンをポチっとしてもすでに米語が母国語になって日本語の敬語が苦手でも思いのほか野暮ったくて唱題してるのが良いかもね・・・ 立ち尽くし凍り付き人骨むきだしの黒い原子炉にはかなわない・・・ 全方位に射出するプロトンビームの敵ではない・・・ レンジでチンして解凍すれば新しい物語のはじまりはじまり・・・ 北有光明・・・ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 高見
  • 北有光明・・・青空の高みから下々を見おろしてみる・・・ 聖なる木のセレブたちも路傍のディオゲネスたちもカリスマホストもお姉さんもまるでマメのようだ・・・ 湿った半地下のアスファルトの上にいても青空の高みを想えばあなたは空の上に在ることができる・・・ 地上50階の執務室に居てもコンクリ打ちっぱなしの歩道に居てもたいした違いはないじゃないか・・・ 地上に在り続けることにモヤモヤしてきた時は青空に吸い込ま [続きを読む]
  • 血潮
  • 北有光明・・・生肉を食べたあとの少女の唇は赤々としていて背景の青空にやたらと映える・・・ 血潮滴る少女の唇はテラテラと輝いていて路線バスの塗装より鮮やかだ・・・ 紅きあかりに幻惑されたぼくはめずらしく色眼鏡をかけてその輝きを振り払うかのように自転車をこいだ・・・ 振り返らなくてもわかる・・・ 少女の唇の血の一滴一滴がぼくを追って走って来ている・・・ 北有光明・・・ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 成蹊
  • 北有光明・・・甘酸っぱさでぼくは語ろう口から出ることばなんかいらないみんな続々やって来る・・・ 雑草よ すまぬ苔よ 赦せ人も獣もカブト虫もみんな続々やって来る・・・ 鼻をたよりに風をたよりにのそのそわらわらみんな続々やって来る・・・ お母さんと保育園児も二世代のなかよし夫婦もとこしえのふたりも勤労感謝のトリニティーもみんな続々やって来る・・・ 北有光明・・・ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 母子
  • 北有光明・・・運動会でがんばったのに半チャーハンが出てこなかった・・・ 勇気あふれて告白したのにバニラアイスが出てこなかった・・・ コミュニケーションとりたいのにレモン酎ハイで呑んだくれてる・・・ 退屈だからスプーンもって向かいの席のオヤジをみてる・・・ ひとり座ってナプキン広げて謎の詩なぞ書きとばす向かいの席のオヤジをみてる・・・ ツルツルナデナデおわった母はレンゲでラーメン食べさせてくれた・・・ [続きを読む]
  • 秋水
  • 北有光明・・・晴れた秋の日はあたたかくも寒いのではとばしる水がはかどるはかどる・・・ シャオシャオと橙を混ぜ赤と黒を受けはとばしる水が流れる流れる・・・ こしかけの石の水はすぐに大気に溶け苔むした石の水はそこにとどまりはとばしる水はとけこみとどまる・・・ 水がはとばしるだけではなくて上下撹拌によってうまれた白い真珠もその存在をツーンと主張し生臭い宴がはじまるはじまる・・・ はとばしる水と白い真珠の大 [続きを読む]
  • 陰住
  • 北有光明・・・言とともにある者、耳と口を王のかしらとする人は去って行った・・・ 今日は、陰府に住まう子らを想うとしよう・・・ 目はうつろで舌もなく頭の中もスカスカで風が吹き抜けヒュルヒュル笑う・・・ 宵闇のアスファルトの上でぬるく潰されミンチになってたまに臭う・・・ 永遠という言葉も虚しくその名はミソとポンチで汚された・・・ あの子らが、火と硫黄に密着したあの子らが、くすんだ白さの灰となり百千の風に吹 [続きを読む]
  • 後夢
  • 北有光明・・・緑黄色野菜のあかりが影を潜めたかと思ったら今度は上から目線のあかりが天空を牛耳った・・・ おやっと思って空を見上げるとちと雲が早すぎてなにか生き急ぎすぎ・・・ 大きな球の下半分ではこの時期髑髏が踊っていることを知りバタ臭かったお盆の風習がこうしたかたちで活きているのかとひとり笑った・・・ 北有光明・・・ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 渡水
  • 北有光明・・・広く深い水たまりをスカッと渡っては面白くない・・・ 木切れや蔓草で筏を編んでモタモタ渡ろう・・・ シジミのゲップや盲亀腐木に驚きながらワクワク渡ろう・・・ 水面のきらめきやまさかの船酔いに幻惑されながらフラフラ渡ろう・・・ 深みに沈んだり押し戻されたりして涙を流してクヨクヨ渡ろう・・・ 助けたり助けられたり手を取り合ってニコニコ渡ろう・・・ 北有光明・・・ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 一過
  • 北有光明・・・カサカサと鳴く風が柿の木に残る虫くいの葉っぱを無残に叩き落とした・・・ ゴゥゴゥと鳴く風が旧家の雨漏りと鼠たちのささやきを湿ったオーケストラに仕立て上げた・・・ コトコトと鳴く風が埃っぽい雨戸とフレームだけの網戸のガチンコ対決を朝まで生中継した・・・ ヒュルヒュルと鳴く風が彼方のサイレンとオリーブ色の髪美しい小学生の足音を二階のぼくに聞かせた・・・ 今や天空の排水口を中心にすえた大いな [続きを読む]
  • 食想
  • 北有光明・・・美味しいものを食べるときには指でつまんで目で睨み鼻で嗅ぎわけ唇で触れて舌で味わい喉をすごして胃で溶かし腸で受け身体と心と感覚で総動員していただきます・・・ 美味しいものを食べたすぐ後であの台詞はちと、早すぎる美味しいものを吸収し身体と心と感覚と成し老廃物を厠に落としそこではじめてごちそうさま・・・ 北有光明・・・ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 闖入
  • 北有光明・・・夜通しあかりの燈った部屋から母と娘の声が聞こえた・・・ こちらは雨戸も閉めているのに母と娘の声が聞こえた・・・ 厚手のカーテンを引いてもまだ母と娘の声が聞こえた・・・ そのうち母と娘の声が止みやっと静かになったと思ったらどこをどう映って来たのか天窓のギヤマンの表にお齢をめされた月が在った・・・ 北有光明・・・ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 静朝
  • 北有光明・・・静かな朝を迎えた・・・遠くで救急車のサイレンがこだまし近くで自転車のペダルがなき窓下で皮靴がたたき屋上で烏がはばたいた・・・ 静かな朝を迎えた・・・空でセスナ機がとび上空で輸送機がうなり超上空で人工衛星がうかび遠い空で紅炎が碧い星を呑んだ・・・ 静かな朝を迎えた・・・足の指間はむず痒く両脇は饐え腿の間は疼き腸内は蠕動し排出の時を迎えた・・・ 北有光明・・・ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 知友
  • 北有光明・・・あなたのあかりで照らされた身体はあなたの最良の友・・・ あなたのあかりで照らされた心はあなたの最良の友・・・ あなたのあかりで照らされた感覚はあなたの最良の友・・・ あなたの身体を知りあなたの心を知りあなたの感覚を知りあなたは真の友を得る・・・ 北有光明・・・ にほんブログ村 [続きを読む]
  • くつろぎの朝
  • 北有光明・・・かなたの烏がカァカァと啼くパンをさらうでもなくパンをもたらすでもなくかなたで烏がカァカァと啼く・・・ 一階のテレビがカチカチと啼くエロみせるでもなくエロさそうでもなく一階でテレビがカチカチと啼く・・・ 目前の筆がカッカッと啼く愛語るでもなく恋告るでもなく目前で筆がカッカッと啼く・・・ 北有光明・・・ にほんブログ村 [続きを読む]
  • モーニングスター
  • 北有光明・・・朝のイートインにてママ友一個小隊と鉢合わせ・・・ むこうはスマホこちらはボールペンおれ蟷螂の斧かと思いきやママ友ひとりは飲みかけの100円カフェラテと自社ブランド品のアンパン咥えてすたこら逃走・・・ 勝利のゲップ高らかに流石は刺激強めの炭酸水だとひとり静かに驚いた・・・ さてうしろ姿が動悸をさそうママ友ひとり今日も明日も安全運転でペース保って自転車こげよ・・・ 北有光明・・・ にほんブ [続きを読む]
  • 超越のあかり
  • 北有光明・・・あなたというあかりは大いなる白いあかりの内で大いに輝いている・・・ あなたというあかりは一瞬の輝きを放つ百千万億回のきらめきである・・・ あなたというあかりは大いなる白いあかりの中でほかのあかりたちと網のように繋がっている・・・ あなたというあかりはあかりたちの網の目をつたいあなたという枠を超えた白く妙なるあかりとなる・・・ 北有光明・・・ にほんブログ村 [続きを読む]
  • いめちぇん
  • 北有光明・・・ イメチェンで御髪編みこむ駒おとめその条内にわが魂捕らわるか・・・ 先日、夕闇の近所を歩いていた時、長い髪をすっきりと編みこんだ素敵な女性を見かけました・・・あっ、いいな!と思ってよく見ると、いつもの可愛い保育士さんでした・・・いつものポニーテールもよいですが、イメチェン後もステキですね・・・ イメチェン後の保育士さんのこれからと夕闇せまる街に、 北有光明・・・ 北有光明・・・ にほん [続きを読む]
  • くるぶしの横
  • 北有光明・・・ 秋雨より長くくるぶしの声はぼくの横に在った・・・ 水滴よりしずけくくるぶしの声はぼくの中を透った・・・ 墨汁より色濃くくるぶしの声はぼくの心に沁みた・・・ レモンより酸くくるぶしの声はぼくの舌を刺した・・・ そしてある昼下がりくるぶしの声は写経するぼくを納経に誘った・・・ 北有光明・・・ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 衣擦れ
  • 北有光明・・・ あなたとぼくとの間にはいつも天使が往来している・・・ 人には口はひとつしかないが耳は左右にふたつあるのでくどくどと喋るよりも天使の足音を耳をすまして聞いていよう・・・ あなたとぼくはふたりして一枚のマフラーを巻いている・・・この密着をすり抜ける天使たちの衣擦れを聞いていよう・・・ 北有光明・・・ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 座る雫
  • 北有光明・・・ きめこまやかな白い大地にポトリと落ちた眉の雫が大日如来のあかりをはなち椅子の上に座っていた・・・ じっとみてるとぼくのこころがうごめいてしまうので前後左右に首の瑜伽した・・・ 椅子の上の眉の雫はひざを抱えてまたは正座で耳をすませて座っていた・・・ チラチラみててもやはりこころがうごめいてしまうので腹這いになって背中の瑜伽した・・・ これでこころがおさまってひと安心かと思いきや視線の先の [続きを読む]
  • 遠くの藤棚
  • 北有光明・・・ あなたは何も話さなくていい・・・ぼくがくだらないことを喋りまくるのであなたはかすかに笑ってくれ・・・ あなたは何も話さなくていい・・・チョコレートパフェをごちそうするから美味しかったら頷いてくれ・・・ あなたは何も話さなくていい・・・ぼくは黙ってあなたを見つめあなたも黙ってぼくを見つめ天使の往来の風にそよごう・・・ あなたは何も話さなくていい・・・もう口から出る言葉などいらない・・・ [続きを読む]
  • 注意の分散
  • 北有光明・・・ガウチョパンツの裾が左足だけほつれてきてモヤモヤしていたのだが、にこやかに会話した・・・ チューリップの歌をうたいながら、足の指間のむず痒さを感じた・・・ 蚊取線香のけむりにむせながら、ポニーテールの笑いを聞いた・・・ 電光掲示板を睨みながら、女芸人のなわとびを見た・・・ キャンキャン吠え猛る対面の人物にウンザリしながら、足元を這う蜘蛛の子の跳躍に驚いた・・・ パノラマの島の狂った運動会 [続きを読む]
  • 天使の往来
  • 北有光明・・・ 「はい」も「いいえ」も言わないあなたを古着屋巡りに誘いたい・・・ お洋服を決められないあなたをずっと横で見ていたい・・・ 試着して出て来たあなたをニコニコとみつめていたい・・・ 何も言わずに聞いてるあなたをオカルト話で辟易させたい・・・ 話したくても話せないあなたと天使の往来を楽しみたい・・・ 白く透った小雪のあなたをぼくのからだに溶かしたい・・・ 声に出せないあなたの思いはぼくのこころ [続きを読む]