奈良漢方 さん プロフィール

  •  
奈良漢方さん: 奈良漢方薬局ブログ
ハンドル名奈良漢方 さん
ブログタイトル奈良漢方薬局ブログ
ブログURLhttps://nara-kampo.com/blog/
サイト紹介文今年新規開局した岐阜県羽島市の漢方薬局を経営する30代薬剤師のブログです。希望と不安を胸に頑張ります
自由文平成29年8月に新規開局しました。漢方が好きで薬局を開いてしまいました。毎日が勉強です。まだまだ手探りですが頑張ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 40日(平均2.8回/週) - 参加 2017/09/12 16:51

奈良漢方 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 玄米菜食試食 2017年10月
  • こんにちは。奈良漢方薬局です。台風が近づいているみたいですね。奈良漢方薬局は岐阜県の羽島市にありまして、今朝から羽島市広報課が期日前投票を呼び掛けています。私は今日も営業中ですので、明日投票に行きます。医療関係に携わる者として、このままでは数年後に破たんすると言われる医療保険制度について、議論をしていただきたいところですが、そういった議論はまったく聞こえてきません。 さて、前回の記事で玄米菜食試食 [続きを読む]
  • クレジットカード決済が可能になりました
  • こんにちは奈良漢方薬局の奈良です。今日は急に寒くなりましね。店内に暖房をつけるか迷うほどでした。岐阜の最高気温は19℃。昨日の27℃から一気に8℃下がりました。来週は雨が多いみたいですね。体調管理にお気を付けください。 さて今日の話題はこれです。 とうとう奈良漢方薬局でクレジット決済が可能になりました!! 決済可能ブランドVisa/Mastercard(R)/JCB/American Express/Diners Club/Discover交通系電子マネー/iD/QUIC [続きを読む]
  • 漢方関係の学会について
  • こんにちは。奈良漢方薬局の奈良です。昨日までの連休中、岐阜の最高気温は25度超えてまた暑い日が戻ってきました。皆さんはいかがお過ごしでしたか。8、9日と名古屋市立大学で日本漢方交流会の第50回学術総会がありました。 今年のテーマは「皮フ疾患と漢方療法」 皮膚疾患は漢方が得意な分野です。アトピー性皮膚炎なんかは、漢方で良くなるって話はよく知られているのではじゃないでしょうか。また、じんましんなんかも、抗ヒス [続きを読む]
  • 漢方って本当にまずいの?
  • こんにちは。奈良漢方薬局です。岐阜は昨日雨が降っており肌寒かったですが、本日は昼から快晴で暑いくらいです。こういった気温の差が大きい時は体調を崩しやすいですので、ご注意ください。 さて、8月1日に奈良漢方薬局が開局して早くも2か月も過ぎました。この2か月、多くの方に利用して頂き、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。 今回は、漢方の味について、印象に残っている治療例を紹介します。 [続きを読む]
  • ツムラの功罪
  • こんにちは。奈良漢方薬局の奈良です。週刊新潮の漢方について特集記事の考察もこれで最後になります。以前の記事はこちら↓1.漢方薬の副作用について2.週刊新潮の記事の考察 現在の医療機関での使い方が間違っていることは以前の記事で述べたとおりです。本来、患者さんの体質に合わせて使うべきところを、今の医療機関のほとんどが体質ではなく、症状をみて使っています。風邪の初期では葛根湯。鼻水、鼻づまりには小青竜湯とい [続きを読む]
  • 玄米菜食試食会 2017年9月
  • 昨日、9月21日は月に1回の奈良漢方薬局のイベント「玄米菜食試食会」の日でした。 毎月第3木曜日に玄米ご飯を主として、季節のお野菜を用いた健康食を試食していただいております。 奈良漢方薬局の前身の黒田漢方薬局の時代から続けており、今回で351回目となりました。奈良漢方薬局で扱っている健康食品も多く使用しており、毎月多くの方にご参加頂いております。 次回の開催は10月19日(木)です。興味がある方はお問い合わせくだ [続きを読む]
  • 週刊新潮の記事の考察
  • 前回の、週刊新潮の話題の続きです。→前回の記事はこちらから 最初に大きな見出しの「漢方」の大嘘 とありますが、正しくは「ツムラ」の大嘘 ではないでしょうか?週刊新潮さん、きっと、締め切りが迫っていて間違えちゃったんでしょうね。日本語としておかしいですもんね?漢方が嘘つくことなんてできませんし。もしくは、わざと新聞広告や電車の中吊り広告で、目立つように誇張しちゃったんでしょうかね?毎回、週刊新潮さん [続きを読む]
  • 漢方薬の副作用について
  • 先週から 週刊新潮で漢方の特集が組まれています。私も、昨日漢方の勉強会で知りました。週刊新潮は以前から、医療業界の副作用について、無駄に不安を煽るような記事を書くので、正直「またかよ」と思った次第であります。 9/21号は読みましたが、先週号はネットで出回っている情報のみで、まだ、全文読んでいないため、記事の真偽含め詳しいコメントは控えさせていただきます。 今回は中で、気になった点について。「小柴胡湯 [続きを読む]
  • ホームページ更新しました
  • こんにちは。奈良漢方薬局の漢方薬剤師の奈良です。 奈良漢方薬局を開局してから1か月が過ぎ、最近少し落ち着いてきております。黒田漢方薬局以来のお客様や、新しく薬局を訪ねてきてくださったお客様たちに支えられて、毎日元気に営業しています。 このたびホームページに、「初めての方へ」「漢方薬について」を新しく追加しました。これでやっとホームページらしくなってきました。よろしければご覧ください。 先日、愛知の廃 [続きを読む]
  • 漢方との出会い3
  • こんにちは、奈良漢方薬局の薬剤師の奈良です。簡単な自己紹介のつもりの記事が3部作になってしまいました。今回は漢方薬局を開くまでの話を一気に綴ります。 漢方薬剤師になると決め、一つの目標を掲げました。「どれだけ小さくてもいいから10年後に自分の薬局をつくる」ということです。この時に 奈良漢方薬局10年計画 が始動しました。 しかし、漢方薬局を開くと決めたものの、事業をはじめるのに必要な、「知識、人脈、資 [続きを読む]
  • 漢方との出会い2
  • 漢方を学び始めたときは、ほとんどの本がちんぷんかんぷんでした。今までの西洋の医学を学んでいましたが、それとはまったく理論が違うのです。例えば有名な「葛根湯」ですが、西洋医学の理屈だとこの漢方薬は「自然発汗がなく頭痛、発熱、悪寒、肩こり等を伴う比較的体力のあるものの次の諸症 感冒、鼻かぜ、熱性疾患の初期、炎症性疾患(結膜炎、角膜炎、中耳炎、扁桃腺炎、乳腺炎、リンパ腺炎)、肩こり、上半身の神経痛、じん [続きを読む]
  • 漢方との出会い
  •  私が漢方に興味を持ったのはもう8年前のことです。当時は岐阜薬科大学の大学院で薬理学の研究をしていました。私の研究内容は簡単に説明すると、天然由来の成分でアレルギーに効くものを探すといったものでした。そこで漢方薬の原料となる生薬をマウスに与えて実験を行っていました。そこで、とある生薬がびっくりするぐらいにマウスのアレルギー反応を抑えたんです。現在、医療の現場で使われているアレルギーの薬よりも効果が [続きを読む]
  • いよいよ開局です
  • こんにちわいよいよ本日 奈良漢方薬局が開局します。期待と不安で胸がいっぱいです。開局日の前日は多くの花をいただきました。あまりに多くの花にびっくりしてしまいました。多くの人に支えられてここまでこれたことに感謝しつつこの薬局で私が多くの人に支えになれたらと願います。開局の記念にささやかですが、粗品をご用意させていただきました。お時間の都合がよろしければ、ぜひとも新しくなった奈良漢方薬局にお越しくださ [続きを読む]
  • オープン間近
  • 少しずつ、店の形ができて、先日看板ができたことで、薬局らしくなりました。8月1日の開局まであとわずかとなり、準備に追われています。 また、ささやかではありますが、粗品をご用意してお待ちしております。お時間が合いましたら、是非とも奈良漢方薬局にご来店ください。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …