いきもの散歩 さん プロフィール

  •  
いきもの散歩さん: いきもの散歩
ハンドル名いきもの散歩 さん
ブログタイトルいきもの散歩
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ikimonosanpo
サイト紹介文近所の自然観察、飼育している川魚の記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 63日(平均3.8回/週) - 参加 2017/09/13 02:33

いきもの散歩 さんのブログ記事

  • 池でハゼ採集
  • 11月上旬に近くの池で淡水魚採集をした。久しぶりのガサガサ。15分程しかしなかったが、楽しめた。今回の主なターゲットはハゼの仲間で、目的は次のような感じ。(1)ヌマチチブを採集し、自宅でその生態を観察する。(2)この池で見かけるウキゴリの仲間は、スミウキゴリなのかウキゴリなのか?(3)この池にはヨシノボリ類が生息するのか?(4)この池ではテナガエビをよく見かけるが、他にどのようなエビがいるのか?網を入れたのは、池 [続きを読む]
  • 鳥類@11月上旬 〜オオバン、キンクロハジロ〜
  • 静岡県東部で11月上旬に撮影した鳥たち。コガモ池に数十羽のコガモが飛来していた。写真1, 2枚目は雄。エクリプスから繁殖羽への換羽が始まった個体が見られるようになった。地味な色をした最後の写真の個体は「嘴の基部がわずかに黄色味を帯びている」「嘴にある黒斑が多め」(この写真ではわかりにくい)ということで雌でいいのかな。ref. をかしの庭 マガモ属嘴の点状黒斑アイガモキンクロハジロ1, 2枚目は共に雄。最後の写真は前 [続きを読む]
  • 自然観察@10月下旬 〜富士山初冠雪、台風21号〜
  • 静岡県東部で10月下旬に撮影した風景。富士山(2017/10/23, 門池公園)この日、甲府地方気象台にて富士山の初冠雪を観測。平年より23日遅く、昨年より3日早かった。沢地川台風21号が通過した日(2017/10/23)の沢地川。富士山(2017/10/26, 丸池@駿東郡清水町)この日、山梨県富士吉田市が富士山の「初雪化粧宣言」を発表した。これは甲府地方気象台が発表する「初冠雪」とは別もの。初冠雪を観測した10月23日は、雪化粧と言えるほど積 [続きを読む]
  • 生き物観察@10月下旬 〜ヌマチチブ、ヒドリガモ〜
  • 静岡県東部で10月下旬に撮影した雑多な生き物たち。イヌタデ見かけてもスルーしてしまうことがほとんどだが、里山の雰囲気が撮影したい気持ちにさせた。タカサゴユリタカサゴユリかシンテッポウユリかは定かでないが、その果実。コイこの池では、コイの他にモツゴと思われる小魚が群れていた。ヌマチチブ体色が異なるが、いずれもヌマチチブと思われる。池にて多数を確認。おそらく陸封され、この池で大繁殖しているのだろう。サワ [続きを読む]
  • 昆虫類@10月下旬 〜スズバチ等〜
  • 静岡県東部で10月下旬に撮影した昆虫類(トンボ、チョウは除く)。オオカマキリ捕食しているのはカマキリのようだった。共食いなのか、他の種類なのかは不明。ハラビロカマキリトノサマバッタツチイナゴコバネイナゴ(?)オンブバッタサトクダマキモドキ(?)息が若干白くなる程の気温だったので、動きが鈍く、簡単に捕まえられそうだった。オオクモヘリカメムシ本当に青リンゴの香りがするのかは確かめなかった。スズバチハチ目ドロバチ [続きを読む]
  • チョウ目@10月下旬 〜ウラナミシジミ等〜
  • 静岡県東部で10月下旬に撮影したチョウたち。キタキチョウモンシロチョウウラナミシジミキタテハアカタテハルリタテハヒカゲチョウクロコノマチョウ徐々にではあるが、トンボで季節を感じられるようになってきた。しかし、チョウでその段階に達するにはまだまだ時間が掛かりそう。ともあれ、トンボ観察の合間にとまっているチョウを撮影するというスタイルではあるが、今月もチョウたちを引き続き観察していきたい。 [続きを読む]
  • トンボ観察@10月中旬 〜アオハダトンボの交尾・産卵〜
  • 静岡県東部で10月中旬に観察したトンボたち。オオアオイトトンボ池の水際で抽水植物などにとまっていた。近づき過ぎると、池周辺の木々の方へ飛んで行ってしまった。2頭を確認。この池で確認したのは初めて。アオハダトンボ上から雄、雄、雌。今回は雄2頭と雌1頭を確認。雌が他の雄のテリトリーから自分の所にやって来て産卵を始めると、雄はそわそわし出し、雌の気を引こうと(或いは、交尾する機会を伺って)、近くをホバリングす [続きを読む]
  • チョウ目@10月上旬 〜キタテハ等〜
  • 静岡県東部で10月上旬に撮影したチョウたち。スジグロシロチョウヤマトシジミルリシジミキタテハヒメアカタテハツマグロヒョウモンウラギンシジミヒカゲチョウクロコノマチョウイチモンジセセリフィールドでチョウを見つけても、即座に名前が出てこないことが多い。今年からトンボ観察の合間にとまっているチョウを撮影し出したレベルなので、まだまだ経験不足というところ。それとチョウに限らないが、せっかくとまっているのに相 [続きを読む]
  • 鳥類@10月上旬 〜オオバン、ハシビロガモの飛来〜
  • 静岡県東部で10月上旬に撮影した鳥たち。コガモカルガモハシビロガモ飛来を初確認。アオサギダイサギチュウサギダイサギ?最近再び、チュウサギとダイサギの違いがわからなくなってきた。コサギオオバン飛来を初確認。3羽を観察。カワセミ捕まえた小魚(ボラの子?)を食した直後。キセキレイハクセキレイ冬鳥が飛来してきている。今のところ確認しているのはコガモ、ハシビロガモ、オオバン。他にもヒドリガモらしきカモの仲間など [続きを読む]
  • トンボ観察@10月上旬 〜ナツアカネ、アキアカネ等〜
  • 静岡県東部で10月上旬に観察したトンボたち。アオハダトンボ雄2頭を確認。縄張り争いをしては離れてとまり、すぐに縄張り争いを再開するをしばらく繰り返していた。アサヒナカワトンボ上から雄(橙色翅型)、雄(無色翅型)、雌(無色翅型)。まだまだ観察できそう。昨年は11月中旬に柿田川公園で雄1頭、雌1頭を確認したのが最後。今年は冬が早そうだが、いつまで会えるかな。ハグロトンボ清流や渓流などで見かけた。見かけても1、2頭だ [続きを読む]
  • ドジョウ観察水槽
  • 飼育しているドジョウたちを久しぶりに撮影してみた。ドジョウ観察水槽90cmスリム水槽(90x30x36cm, 90L)礫、投げ込み式フィルタードジョウ(x2)、ニシシマドジョウ(x7)、ミナミメダカ(x15)、カワリヌマエビ属の一種、カワニナ左からドジョウ(雌)、ドジョウ(雄)、ニシシマドジョウ(雄)。ドジョウ@雄2015.07 全長4cm@採集時2015.09 全長5.5〜6cm2016.01 全長6.5cm2016.02 全長7cm2016.03 全長7cm2016.05 全長8cm2016.09 全長9cm2016 [続きを読む]
  • 昆虫類@9月下旬 〜カマキリ、バッタ等〜
  • 静岡県東部で9月下旬に撮影した昆虫たち(トンボとチョウを除く)。コカマキリ林縁周辺にて。オオカマキリ渓流沿いの山道を散策していると、多数に会った。その中につかまえても全く抵抗してこない雌個体がいた。腹部を水につけて、ハリガネムシに寄生されているかチェックしてみればよかったと後で思った。クルマバッタ里山の田んぼや畑周辺を散策していると、林縁の草むらから飛んできた。オンブバッタ林縁周辺にて。ツチイナゴ山 [続きを読む]
  • チョウ目@9月下旬 〜ミドリヒョウモンの産卵等〜
  • 静岡県東部(主に里山)で9月下旬に撮影したチョウ目。モンシロチョウヒメアカタテハ雌かな?ミドリヒョウモンフィールドには複数のツマグロヒョウモンがいたので、最初は老いたその雄個体かと思った。しかし、ツマグロヒョウモンが草地にとまったり、低く飛んだりするのに対し、このチョウは林縁を飛び、樹木にとまったりしたので違和感を感じた。帰宅して調べてみると、後翅の裏側に3本の白帯があるのでミドリヒョウモンのようだ。 [続きを読む]
  • バッタ目@9月中旬 〜マダラバッタ、ヒメギス等〜
  • 静岡県東部で9月中旬に撮影したバッタたち。トノサマバッタ@田んぼの農道マダラバッタ@狩野川沿いの土手イボバッタ@里山オンブバッタ@富士山麓の里山コバネイナゴ(?)@富士山麓の里山写真2枚目は不明。成長過程のコバネイナゴなのだろうか?エンマコオロギ@富士山麓の里山ヒメギス@富士山麓の里山胸背面が灰褐色の雌短翅個体。ヒメギスには今年の7月下旬に初めて会った。その時は胸背面が緑色の雌短翅個体だった。2017.07下 [続きを読む]
  • 鳥類@9月中旬 〜コガモ飛来〜
  • 静岡県東部で9月中旬に撮影した鳥たち。コガモ7羽のカルガモの近くに1羽だけいた。飛来して間もないコガモと思われる。カルガモよりふた回り小さい。嘴の黄色い部分に黒斑がない、羽衣に雄繁殖羽の特徴である波状斑が出ていることから雄と思われる。ref. 野原から : コガモの嘴比較カルガモアオサギダイサギコサギハクセキレイハシボソガラス [続きを読む]