ヤッチー さん プロフィール

  •  
ヤッチーさん: ヤチ代の日常茶飯事blog
ハンドル名ヤッチー さん
ブログタイトルヤチ代の日常茶飯事blog
ブログURLhttp://m2142y.seesaa.net/
サイト紹介文俳句・映画・食べ物・買い物・旅行・孫などを自己中心につづります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2017/09/13 09:20

ヤッチー さんのブログ記事

  • 食べ物 「若鯱家」
  • お昼を若鯱家(わかしゃちや)で食べました。私は「きしめんセット」930円 温きしめん+ミニそぼろ丼昭さんは「大エビとお野菜天丼セット」1370円 大エビとお野菜天丼+ミニカレーうどん美味しかったです。私はミニそぼろ丼の御飯を全部たべられませんでした。 [続きを読む]
  • 食べ物 「チョコレート菓子」
  • スーパーアルプスで初めて見るお菓子を購入。新商品とか新発売に興味深々でつい手が出ます。商品名・フィオレラ・クランチチョコ・ヘーゼルナッツ(Fiorella crunch wafer)原産国・トルコ輸入車・クリート株式会社内容量・3個価格・118円商品説明では「ヘーゼルナッツクリームをサンドしたサクサクウェハースをミルクチョコでコーティング!」と記されています。早速食べてみました。おいしいです!!!アルプスにはこの商品がまだ [続きを読む]
  • 俳句 「俳句マガジン」
  • 俳句マガジン2018年12月号が届きました。今月号の特集は「生まれてから現在までの代表三句による代表句集」です。参加者は私を含めて98名。私の代表三句鏡花の忌玉三郎の喉仏柏餅玉三郎の喉仏雪女郎玉三郎の喉仏実は「柏餅玉三郎の喉仏」は2016年1月号の「生まれてから現在までの代表三句による代表句集2016」に投稿した句です。投稿したのをすっかり忘れていました。自分のHPをアップしようとして気がつきました。でも「2018 [続きを読む]
  • 日記 「おしゃべり」
  • 2018年11月17日今日は見ず知らずの御婦人2人とおしゃべりをしました。新宿の茶房追分の席で。私の注文した「味の散歩」を見て隣の御婦人が「私もそれにすればよかった」と話かけてきました。「少しずついろいろな味が楽しめますからね」と言うと「今度来たときはそうするわ」と残念そうでした。写真は前に撮ったもの。(器が少しかわっていた。柴漬は昆布の佃煮に代わっていた)新宿京王デパートの中村屋総本舗で。パンを買ってい [続きを読む]
  • 俳句本 「おウチDE俳句」
  • 2017年3月と4月に組長のブログで「新刊企画『おウチDE俳句』 例句募集」が6回にわたってありました。2018年11月1日に組長のブログで「新刊 『おうちde俳句』 出来上がりました!」と報告が載りました。2018年11月10日にハイポのDさんが自分の句が掲載されたとの報告がありました。もう本屋さんにでているらしいです。2018年11月12日今日はスイミングスクールの日。終ってイトーヨーカ堂でお昼を買ってついでに本屋さんへ。あり [続きを読む]
  • 食べ物 「ポンパドゥル」
  • 2018年11月4日セレオのポンパドゥルでパンを購入。左・ジャンボレーズン`1/4 302円  レーズンとパンの耳も美味しい右・カフェブレッド1/2 291円  コーヒーの香りと甘い味のパンおためしサイズのような量を販売してくれるのはうれしいです。本当はもっと少なくてもいいのですが。 [続きを読む]
  • 俳句 「ふらんす堂横浜句会」
  • 2018年11月2日「ふらんす堂通信・158号」が届きました。友の会広場ふらんす堂横浜句会報告講師 岸本尚毅2018年7月1日秀逸緑陰を紙飛行機の宙返り 村上ヤチ代講評緑陰にいて、ふと紙を折って飛行機を作った。飛ばしてみるとスイっと飛んでくるっと宙返りをした。紙飛行機を描いたことにより、この緑陰の空間の広さ、高さ、奥行き、明るさなどが想像されます。「緑陰」の句として新しみがあると思います。岸本先生ありがとうござい [続きを読む]
  • 俳句 「NHKむずかしい俳句」
  • HNK俳句11月号、組長選の「むずかしい俳句」テーマ「絶滅季語」の秀作(秀逸?)に載りました。組長のコメントも載っていました。なにせ本屋での立ち読みです秀作か秀逸か(佳作ではなかったと思う)、コメントも覚えきれませんが読んでいた時は嬉しくてどきどきしてました。組長ありがとうございました。「俵編七百円の材料費 ヤッチー」組長の「絶滅寸前季語辞典」「絶滅危急季語辞典」持っていますがこの本すごくおもしろい [続きを読む]
  • 俳句 「船団の会の本」
  • 「朝ごはんと俳句365日」が2冊届きました。執筆の会員2冊執筆していない会員1冊執筆したがすでに退会している人1冊で無料配布されています。私は2日分執筆しましたので2冊いただきました。編者 船団の会発行所 人文書院定価 1800円船団の会の本は他に「俳句の動物たち」(1900円)「季語きらり100」(1800円)があります。皆さま読んでくださいませ。 [続きを読む]
  • 俳句 「練馬句俳句連盟大会」
  • 2018年10月14日「練馬句俳句連盟大会」に参加してきました。特別選者は池田澄子先生会費2句1組1000円参加句(欠席投句も含む)238句選句は5句池田先生の選は「天」1句「秀逸」5句「入選」10句池田先生は選句の16句全部を講評してくださいました。結果は2句の内1句が池田先生の「秀逸」をいただきました。嬉しい!(互選は「3点」でした)「外食もたまにはいいね星月夜 村上ヤチ代」あとの1句は互選「0点」でした。今回俳句のお仲 [続きを読む]
  • 俳句 「ふらんす堂 横浜句会」
  • 2018年10月7日岸本先生の横浜句会に行ってきました。会場まで自宅から片道1時間45分かかりました。でも疲れません!今回の出席者は今までで最高の43名。129句かきまくりました。でも疲れません!なぜかと言うと岸本先生の特選と入選をいっぺんにいただいたのです!まるで盆と正月が一緒にきたような幸せです。ふらんす堂からは特選の賞品として「猫帖」をいただきました。その2句ですがふらんす堂の冊子に載ってから発表します。ち [続きを読む]
  • 日記 「箱根芸͡妓 きらら妓さん」
  • 2018年10月6日新宿で芸?妓さんに遭遇。新宿まちフェスのイベントのようでした。「箱根の芸者 秋の舞」で芸者さんが踊っていました。「箱根芸?妓 きらら妓さん」と一緒に写真が撮れます。「きらら妓さん」とは箱根独自の愛称で若い芸者の呼び名です。京都では”舞妓さん”箱根では”きらり妓さん”となります。(箱根湯本芸能組合のHPより) [続きを読む]
  • 俳句 「一句一遊」
  • 兼題「紅鮭(あめのうお)」水曜日放送。雨降つて荒らぐ川の江鮭  東京むすめ・ヤッチー「荒らぐ」は「あららぐ」で「あ」の音を踏んで詠んだのですが「すさらぐ」と読まれました。画像はネットより拝借 [続きを読む]
  • 俳句 「ひるまえ俳句茶房」
  • NHKのテレビ番組「ひるまえほっと」に俳句コーナー「ひるまえ俳句茶房」があります。今回のお題「驚き、発見の句(秋の季語を入れて)」放送2018年10月2日選者 小倉一郎金賞、銀賞、銅賞、あと一歩で賞の各1句は選者の小倉一郎さんと司会の竹内アナウンサーと浅岡リポーターが解説します。ファックス、ハガキ、メールでいただいた作品から紹介した句(30句)はテロップで順次写しだされます。私の句がこの30句に載りまし [続きを読む]
  • 当選品 「ユナイテッドモデルプレーン賞」
  • 昭さんがユナイテッド航空のキャンペーンで「ユナイテッドモデルプレーン賞」に当たりました。しかし昭さんは応募した覚えが全然ない!と言っている。娘もヤッチー以外に応募した人とは考えられないと言う。私だって全然覚えがない!HPを確認すると指定期間内の航空券を購入した人の自動エントリーのようでした。と言うことはジャクソンビルに行くために航空券を購入した昭さんの応募と判明。賞品は「マイレージプラス賞(10,000 [続きを読む]
  • 謹呈本 「髷を切る 芳賀博子句集」<br />
  • 謹呈本その九(2018年9月)「髷を切る 芳賀博子句集」著者 芳賀博子発行所 青磁社謹呈本をいただきました。著者の芳賀博子さんとは接点がありません。芳賀さんは「船団」で「今日の川柳」を連載されています。船団の会員ではないようですが会員に謹呈なさったのだと思います。赤い輪ゴムがしゃれています。 [続きを読む]