エンデ さん プロフィール

  •  
エンデさん: 音楽と奇天烈論壇(仮)
ハンドル名エンデ さん
ブログタイトル音楽と奇天烈論壇(仮)
ブログURLhttp://strangenewworld.info
サイト紹介文エンデによる作曲やその他音楽、メインカルチャーやゲーム、サブカルまで色々と。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 253日(平均0.7回/週) - 参加 2017/09/13 15:36

エンデ さんのブログ記事

  • コミカルな狂気とノスタルジー
  • BUCK-TICKの狂気、というか変テコな楽曲「君のヴァニラ」今回は音源とかライヴ映像とかから音をひろってみましたが、今井パートはワウで音作っててノイズ成分が多く基本ピッキングハーモニックス以外は聞き取りにくかったかな。 意図的なアレンジは加えてないので聞こえたままで、バッキングがちょっと粘っこくなっちゃいました。歌に関しては低いとこが印象的な楽曲なので、オクターブで上がったり下がったりと、音をとるのが [続きを読む]
  • デフレとニヒリズムとアートマン
  • 【起】終わらないデフレ経済現在まで続くデフレ経済がなぜ異常なのか?というのは様々な専門家が言及していますので、知らない人は興味あれば調べてみてほしいのですが、色々知っていくと現在の表出している問題の下地にデフレがあると感じると思います。 このデフレの異常性というのは、ほっておくとデフレスパイラルという過当競争がデフォになってしまいます。そうなってしまうと、物が売れなくなる → 売れないから価格を下 [続きを読む]
  • サバイバルファミリーと倒錯する価値
  • 少し前にサバイバルファミリーという映画を見たのですが、これは現代日本を舞台に平均的な一家族を主人公にして、あらゆる電気が使用できなくなったらどうなるのか?というようなお話。具体的に言うと、電気が使えなくなった世界で一般的なサラリーマンである父親が、家族を守るべく大いに奮闘するのですが、その行動が時にコミカルで現代人の無力さや情けなさ、また現代が電気というものにいかに依存した社会なのか、といった事を [続きを読む]
  • 本来の価値と倒錯
  • 映画に垣間見える倒錯した現代の価値観少し前にサバイバルファミリーという映画を見たのですが、これは現代日本を舞台に平均的な一家族を主人公にして、あらゆる電気が使用できなくなったらどうなるのか?というようなお話。もう少し具体的に言うと、一般的なサラリーマンである父親が家族を守るべく大いに奮闘するのですが、その行動が時にコミカルで、現代人の無力さや情けなさ、また現代が電気というものにいかに依存した社会な [続きを読む]
  • サバイバルファミリーと倒錯する価値
  • 少し前にサバイバルファミリーという映画を見たのですがこれは現代日本を舞台に平均的な一家族を主人公にして、あらゆる電気が使用できなくなったらどうなるのか?というようなお話。 具体的に言うと、電気が使えなくなった世界で一般的なサラリーマンである父親が家族を守るべく大いに奮闘するのですが、その行動が時にコミカルで現代人の無力さや情けなさまた現代が電気というものにいかに依存した社会なのか、といった事を浮き [続きを読む]
  • 結果論とコロンブスから見える音楽的動機
  • 作曲をしたり、様々なアーティストの楽曲を聞いていると、ふと展開が読めてしまうことがありますね。これは音楽に限らない事ですが、沢山の前提条件がある以上避けられないとはいえ、とりわけ作る側は自ずとそういった作者目線で見てしまうものだと思います。人間の記憶方法という観点からも、ある一定のパターンを認識して記憶するような連想的な記憶パターンもあるようですので、そう認識してしまうのは必然とも言えます。そんな [続きを読む]
  • 中央と分散、西洋と東洋
  • 少し組織論的なお話になるかもしれませんが、この昭和〜平成までに社会に起きた大きな変化をざっくりまとめると、近代化による中央集権化から敗戦、アメリカ化、腐敗、グローバル化、破壊、不信、そしてデフレ経済となり機能不全といった具合だと思います。平成も終わりに差し掛かっている中、今後の展開を想像するに、より分散化した社会なのかな?と思ったお話。 振り返って見てみるとマクロ的にではありますが、政府は民営化 [続きを読む]
  • 中央と分散、西洋と東洋
  • 少し組織論的なお話になるかもしれませんが、この昭和〜平成までに社会に起きた大きな変化をざっくりまとめると、近代化による中央集権化から敗戦、アメリカ化、腐敗、グローバル化、破壊、不信、そしてデフレ経済となり機能不全といった具合だと思います。平成も終わりに差し掛かっている中、今後の展開を想像するに、より分散化した社会なのかな?と思ったお話。振り返って見てみるとマクロ的にではありますが、政府は民営化、企 [続きを読む]
  • LUNASEAをコピってMIXしてみる
  • どうもおはこんばんにちは。最近はMIXの練習を兼ねて色々とカヴァーというか、コピーをしております。その一曲目はひとりまねしーシリーズとして『LUNASEA』の楽曲、閉所恐怖症という恐ろしいタイトルの『Claustrophobia』でございます。闇をつんざくギターとその世界を包んでいるアルペジオ、時に見える光のようなもの、でもまた闇に帰っていく・・・、そんな楽曲ですね。MIXの作業をしておりますと、『コンクリートの中〜、外を [続きを読む]
  • 色々コピってMIXしてみる
  • 最近はMIXの練習を兼ねて色々とカヴァーというか、コピーをしております。その一曲目はひとりまねしーシリーズとして『LUNASEA』の楽曲、閉所恐怖症という恐ろしいタイトルの『Claustrophobia』でございます。闇をつんざくギターとその世界を包んでいるアルペジオ、時に見える光のようなもの、でもまた闇に帰っていく・・・そんな楽曲ですね。MIXの作業をしておりますと、『コンクリートの中〜、外を見ることも出来な〜い〜』ので [続きを読む]
  • 作家性とポピュリズム
  • 前の記事でマイクラとその可能性について書いたのですが、今度はその逆のお話。マイクラ開発者のノッチは早くにα版としてリリースし、ユーザーにプレイしてもらう事で意見を取り入れ、アップデートを繰り返しどんどん成長していきました。それはマイクロソフトになった今でもバージョンアップ自体は続いていますし、程度は違えどその他の多くの人気ゲーム等も同じようです。またその他の業界も似たような状況が見られ、スマホ、SN [続きを読む]
  • 作家性とポピュリズム
  • 前の記事でマイクラとその可能性について書いたのですが、今度はその逆のお話。マイクラ開発者のノッチは早くにα版としてリリースし、ユーザーにプレイしてもらう事で意見を取り入れ、アップデートを繰り返しどんどん成長していきました。それはマイクロソフトになった今でもバージョンアップ自体は続いていますし、程度は違えどその他の多くの人気ゲーム等も同じようです。またその他の業界も似たような状況が見られ、スマホ、SN [続きを読む]
  • 作家性とポピュリズム
  • 前の記事でマイクラとその可能性について書いたのですが、今度はその逆のお話。マイクラ開発者のノッチは早くにα版としてリリースし、ユーザーにプレイしてもらう事で意見を取り入れ、アップデートを繰り返しどんどん成長していきました。それはマイクロソフトになった今でもバージョンアップ自体は続いていますし、程度は違えどその他の多くの人気ゲーム等も同じようです。またその他の業界も似たような状況が見られ、スマホ、SN [続きを読む]
  • 作家性とポピュリズム
  • 前の記事でマイクラとその可能性について書いたのですが、今度はその逆のお話。マイクラ開発者のノッチは早くにα版としてリリースし、ユーザーにプレイしてもらう事で意見を取り入れ、アップデートを繰り返しどんどん成長していきました。それはマイクロソフトになった今でもバージョンアップ自体は続いていますし、程度は違えどその他の多くの人気ゲーム等も同じようです。またその他の業界も似たような状況が見られ、スマホ、SN [続きを読む]
  • オリジナルのALL IN YOUR SELFに動画つけてみる。
  • はい、自作楽曲のAll in your selfに人気ゲームのFallout 4をつけてみました。Fallout 4は崩壊後の近未来を舞台にした映画みたいなディストピアゲーム。実際やってみたいんですが、未だにやれておりません。あれですよ、あれ、買ってはみたものの、一切やらないやつ・・・まあ実際買ってもないけど。 しかしこういう世界観いいですね。そういうゲーム結構多くて、ウルフェンシュタインとかメトロとかも良さげです。プレイしてない [続きを読む]
  • ALL IN YOUR SELF
  • 自作曲のAll in your selfに人気ゲームのFallout 4を添えてみました・・・・特に意味はありません。 しかし、このFallout 4というゲームは崩壊後の近未来を舞台にした映画みたいなディストピアゲームでやってみたいんですが、未だにやれておりません。 あれですよ、あれ、買ってはみたものの、一切やらないやつ・・・まあ実際買ってもないけど。 ポストアポカリプスというのでしょうか、こういった世界観はいいですね。ウルフェ [続きを読む]
  • オリジナルのALL IN YOUR SELFに動画つけてみる。
  • はい、自作楽曲のAll in your selfに人気ゲームのFallout 4をつけてみました。Fallout 4は崩壊後の近未来を舞台にした映画みたいなディストピアゲーム。実際やってみたいんですが、未だにやれておりません。あれですよ、あれ、買ってはみたものの、一切やらないやつ・・・まあ実際買ってもないけど。 しかしこういう世界観いいですね。そういうゲーム結構多くて、ウルフェンシュタインとかメトロとかも良さげです。プレイしてない [続きを読む]
  • Minecraftから見える多極化世界
  • 一時期の過熱ぶりからは大分落ち着いてきたサンドボックスゲームのMinecraft。上の画像は私の全然進んでいない世界でございます。開発者はスウェーデンのNotchことマルクス・ベルソン氏。彼はいわゆる同人のゲーム作家で2009年に自分の自由時間を利用してMinecraftを開発してたみたいですね。早くからα版をリリースし、ちまちまアップデートを繰り返し続けた結果、世界中で人気が出始め、Mojang社(モヤン社)を設立。そして2011 [続きを読む]
  • Minecraftから見える多極化世界
  • 一時期の過熱ぶりからは大分落ち着いてきたサンドボックスゲームのMinecraft。上の画像は私の全然進んでいない世界でございます。Minecraft、略してマイクラの開発者はスウェーデンのNotchことマルクス・ベルソン氏。彼はいわゆる同人のゲーム作家で2009年に自分の自由時間を利用してMinecraftを開発してたみたいですね。早くからα版をリリースし、ちまちまアップデートを繰り返し続けた結果、世界中で人気が出始め、Mojang社(モ [続きを読む]
  • Minecraftから見える多極化世界
  • 一時期の過熱ぶりからは大分落ち着いてきたサンドボックスゲームのMinecraft。上の画像は私の全然進んでいない世界でございます。開発者はスウェーデンのNotchことマルクス・ベルソン氏。彼はいわゆる同人のゲーム作家で2009年に自分の自由時間を利用してMinecraftを開発してたみたいですね。早くからα版をリリースし、ちまちまアップデートを繰り返し続けた結果、世界中で人気が出始め、Mojang社(モヤン社)を設立。そして2011 [続きを読む]