守禅 さん プロフィール

  •  
守禅さん: にちにち
ハンドル名守禅 さん
ブログタイトルにちにち
ブログURLhttps://ameblo.jp/tagetage3580/
サイト紹介文日日是好日(にちにち これ こうにち) 山里の豆粒チビ寺での日々の暮らしのことあれこれ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2017/09/13 23:04

守禅 さんのブログ記事

  • ナスの花
  • 紫色のナスの花。 今年はナスが調子よくてたくさん花が咲いている。 「ナスの花と親の言葉は万に一つも無駄が無い」と言われるように、ナスの花はほとんどどれもが結実する。 薄紫色のナスの花。 花が咲いている時から、もうナスを連想させるガクの感じ。 花の数だけ実が生ると思うと嬉しい。 ナスは炒め物、揚げ物、煮物、お漬物と、色々な使い道がある。 夏にたくさん実をつけてくれた後も、ちょっとお休みして秋になれ [続きを読む]
  • 防獣柵とりあえず完成
  • 去年の稲刈り直前に獣に侵入されてたらふくお米を食べられてしまった。 鹿だと思っていたけれど、ご近所さんたちの様子を伺うと何だかイノシシみたい。 今までイノシシは来ていなかったので、鹿対策としてネットを高く高く張ることばかり考えていた。 イノシシとなると今度は地面に近い方の対策となる。 凄い力で柵を押し上げて侵入してしまう。 周りは電柵を使う方が多い。 いったん設置すれば電柵周りの草刈りだけでほと [続きを読む]
  • マリア様の白いユリ
  • 庭に咲く白いユリ。 毎年もっと早くに咲くのだけれど今年はけっこうゆっくり咲いている。 出て来る場所も毎年違うし、大きさも様々。 くちなしの純白とはちょっと違て、わずかに乳白色がかっている。    庭に咲く花を切り花にするのは好きではないので、毎日暑い中で美しい姿を眺めさせてもらう。 品種は多分、テッポウ百合かタカサゴ百合。 三つ四つの蕾が付くのがほとんどだけど、この百合だけはたくさんの蕾を付けて [続きを読む]
  • 炊き込まないミョウガご飯
  • ミョウガご飯は炊き込まない方もある。 生のミョウガのピリピリ感が残っていて、又違った風味のご飯。 半割にして小口切りにしていく。 ミョウガは切り方で味が違う。 うちでは梅酢をかけて下処理。 梅酢だと塩気もあるので、味付けの手間がいらない。 しばらく漬けておくとミョウガの水気やアクが出て来るので漬けた梅酢は捨ててしまう。 赤梅酢だとほんのりピンク色。 シャキシャキ感もしっかり。 炊き上がったご飯 [続きを読む]
  • 青いシオカラトンボ
  • 夕方になると赤トンボがたくさん舞い始めるけど、昼間の田圃にはシオカラトンボ。 トンボは人懐っこくて被っている笠に止まったり、目の前の竿に止まったり、身体の周りをスイスイ泳いでくれる。 青い体のシオカラトンボは雄で、雌はムギワラトンボと呼ばれて黄色っぽい。 シオカラトンボの名前の由来はお腹の灰白色の粉。 塩に見立ててシオカラトンボと呼んだらしい。 シオカラトンボは抜群の飛行力でキビキビスイスイ。 [続きを読む]
  • ミョウガごはん
  • お楽しみの夏ミョウガ。 やっぱり定番のミョウガごはん。 薬味として生じゃなくても美味しい。 半割にして斜めに切って食べやすく。 揚げもザクザク。 ミョウガご飯には相性が良い。 あれば入れるけど、無くても大丈夫。 火に掛ける前にお塩少々。 ミョウガと揚げもそっと乗せておく。 炊き上がったらサクッと混ぜて出来上がり。 炊き込まないバージョンとは全く別物の炊き込んだミョウガご飯。 火の通ったミョウガの [続きを読む]
  • 長谷川さん、お誕生日会
  • 光を観る旅でお世話になっている、観音様のカードでリーディングをされるミッションナビゲーターの長谷川章子さん。 今日はめでたいお誕生会。 旅でよく御一緒している大井川さん富岡さん海道さんの三人組の観Naviさんが企画されたお誕生会にはたくさんの方がお祝いに駆けつけられた。 旧銀行の素敵な建物の部屋で皆で集まって乾杯。 山根ミチル、カホリ姉妹のミチカホールさんの歌と演奏、森京子さんのルルドのアベマリア [続きを読む]
  • ネギの甘みのネギご飯
  • 一昨日の台風は今までに経験のないもの凄い風だった。 あらゆるものを吹き飛ばし、なぎ倒していった台風。 リンゴの若木を二本なぎ倒して、畑のキュウリやトマトの柵、オクラやゴマ、支柱を立てていたナスやししとうも地面にバッタリ。 昨日はキュウリとトマトの柵を立て直し、家の周りの吹き飛んで行ったものを元に戻しているうちに暮れてしまった。 今日は田圃の方の畑に行ってなぎ倒された野菜たちの立て直し。 たくさん育って [続きを読む]
  • やっと赤い梅干しに
  • 塩でしっかり揉んでアクを出した赤紫蘇を白梅酢の上がった樽の中に投入する。 梅の間や樽の底にも押し込んでいく。 薄黄色い梅酢が赤紫蘇と合わさるとじわっと赤く変化して行く。 しばらくすると樽の中は真っ赤な赤梅酢に。 何だか理科の実験みたい。 これからどんどん色素が出て来て梅干しが赤く染まる。 赤紫蘇もさらにしっとりしていい感じ。 手のひらも色素でほんのり赤くなってしまう。 梅酢と紫蘇の何とも言えな [続きを読む]
  • 赤紫蘇もみもみ
  • 収穫した赤紫蘇。 きれいな赤紫。 全部が赤紫ではなくて緑色したところもあるけれど、ちゃんと赤い色素が出る。 きれいに洗って水けを切ったら、たらいに入れて塩を適量ふりかける。 それから手で揉み揉み。 どんどん量が減って来て山ほどだった葉も一握りになってしまう。 ギュっギュッと押しているうちに赤黒い汁と泡が出て来る。 これがアク。 あんまり絞り過ぎても赤い色素を捨てることになるのでもったいない。 [続きを読む]
  • 赤紫蘇もやっと収穫
  • 今年は猛暑とカラカラ天候で野菜の成長がゆっくり。 生き延びるのに精いっぱいで株を伸ばす余裕のなかったのだろう。 例年より赤紫蘇も成長が遅かった。 漬け込んだ梅干しの樽に入れて赤く色づけしたかったのだけど出来なかった。 やっと雨が降って一気に成長。 これだけ大きくなれば葉をたくさん摘んでも、紫蘇の実をつけてくれる。 これの塩漬けが大好き。 紫蘇にはちりめんのチリチリしたものと、ツルっと平らなものが [続きを読む]
  • マグネシウム洗剤のメンテナンス
  • 今年の三月にマグネシウムペレットを洗濯ネットに入れて洗剤を作った。 市販品のような形の自家製版。 https://ameblo.jp/tagetage3580/entry-12361973625.html?frm=theme 消臭力が優れていて、匂いのする洗濯物に効果が抜群で、部屋干ししてても全く匂いが無くなっていた。 この半年ほど毎日使ううちに、マグネシウムの表面に被膜が出来てしまったらしい。 雨で部屋干ししてた洗濯物が何だか臭う。 おっかしいなと思っていたけ [続きを読む]
  • 猿も滑るサルスベリ
  • 庭の大きなサルスベリの木が満開。 通りから眺めても、うちから見ても美しい。 夏の間は意外に花が少なくて蜜蜂ちゃん達は蜜や花粉不足になってしまう。 特に今年は猛暑のカラカラ天気続き。 ちょっと元気が無いなぁと心配していたのだけれど、サルスベリが咲きだしてからは元気を取り戻した。 毎日薄黄色い花粉を一生懸命足周りに貯めて、持って帰って来ている。 サルスベリは別名、百日紅(ひゃくじつこう)。 夏から [続きを読む]
  • 八ヶ岳の弦月会
  • 中野智香子先生のご主人様が大事になさっていた十一面観音様 。七十三年の長きに渡ってのお付き合いなのだそう。戦時の防空壕から掘り出してお守りされた観音様。縁あって春に法要させて頂いた。中野先生には日頃、大変お世話になっているので私達に出来ることとして。 その縁が廻り巡って、中野先生の‘’八ヶ岳さろん星の雫‘’でのお話し&ハープ演奏会に繋がってしまった。人生には三つの坂があり、ひとつには上り坂、ふたつに [続きを読む]
  • 田圃の草刈り
  • 15?程のひょろっとした苗を一本ずつ植えた田圃。 毎日毎日すこしずつ大きくなって来ている。 あんなに弱々しかった苗もしっかりした稲穂に成長中。 近辺の慣行農法の田圃ではもう、稲穂が垂れて来ているが昔ながらの暦の自然農法のうちの田圃はまだまだ。 苗作りでやり直したりしてたのでちょっと遅くはなったけど、ほぼ例年通り。 最近はどこも、どんどん早く収穫する方向に行っているのでうちが極端に遅く見られている。 [続きを読む]
  • ミョウガのかき玉汁
  • 夏ミョウガは緑っぽくて秋ミョウガのように赤く艶やかじゃないけれど香りは抜群。 生の薬味以外にも使い道は多い。 半割斜めきりでしなっと口当たりよく切る。 切り方で食感が全く違ってくる。 すまし汁に入れるととても美味しい。 生とは又違った風味。 サッと火を通したら溶いた卵をくるりと入れる。 ふわっとしてきたら火を止めるとできあがり。 このミョウガのかき玉汁大好き。 強いピりり感はないのだけれど、 [続きを読む]
  • 夏ミョウガ
  • 今年は猛暑でカラカラ天気が長く続いたので、ミョウガが出るのが遅かった。 最近やっと雨が降って地面が濡れてきたらあっという間にわらわらとミョウガが顔を出し始めた。 やっと、ミョウガ。 待ってましたよ。 地面から顔を出して花を咲かせている。 茂みの中、手を伸ばしてポキンと折るとみょうが特有の爽やかな香りが広がる。 茂みの下のうす暗い中に花を咲かせている様は幽玄の美。 毎年、初物を見つけた時はハッと [続きを読む]
  • お盆の施餓鬼
  • 今日はお盆の八月十五日。 うちの庵の様な豆粒チビ寺でもお施餓鬼。 餓鬼道に落ちた亡者の喉は細くなって物が食べられないので供養のために洗米と細かく野菜を刻んだ水の子を作る。 定番はキュウリとナスと人参の彩りなのだけど、朝から想定外の強い雨で畑に行けなかった。 なので、キュウリと彩りの為に赤米のもち米を混ぜて作った。 それから餓鬼飯。 器に炊いたご飯を詰めてひっくり返すのだけど、今年はなんだかストゥ [続きを読む]
  • 太いキュウリのスープ
  • 太くなってしまったキュウリ。 おかずにするにはこちらの方が好き。 ボリュームもあるし御飯に合う。 瓜の一種なので炒めても煮ても美味しく食べられる。 畑で収穫し忘れて太くなっているとむしろ嬉しい。 すっしりしたキュウリ。 炒め物にしようか、スープにしようか。 まずは皮を?いて中の種をスプーンですくい取る。 あとはザクザク好みで切って鍋に入れる。 今日は、塩と魚醤と乾燥シメジでコトコト。 あと、乾 [続きを読む]
  • 産毛いっぱいゴマの花
  • ゴマの花が咲いて実をつけはじめた。 白ゴマと黒ゴマを蒔いたのだけど、どっちがどっちなのかわからなくなってしまった。 今年のゴマは天候のせいなのか、あまり色の違いが無い。 たぶん黒ゴマはもうちょっと花がピンク色しているのだけれど、どちらも淡いので見分けがつかない。 まぁ、実が出来てしまえば分かることなので問題なし。 つんと尖ったサヤがカラカラになるまで待つことにする。 サヤの中にはびっしりとゴマの [続きを読む]
  • ナス炒めは醤油で
  • 今年は例年になくナスが良く育つ。 カラカラ天候なのだけど、暑さにも負けず、カメムシの害も受けず丈夫に育ってくれている。 ナスは油と相性が良いのでオリーブオイルたっぷりで焼くか、もしくは炒め物。 以前はナスの味噌炒めが好きだったけど、ナス本来の味が分かりづらいので最近はもっぱら醤油炒め。 多目に油を入れた鍋に薄切りにしたナスを投入。 くったりする位まで炒めたら、醤油をかけ回す。 数回に分けた方が [続きを読む]
  • 今年は野菜が高いって
  • この間、外出した折にスーパーに寄った。 車は暑いのでスーパーの中で和尚さんにも待っててもらったら野菜売り場で呆然とたたずんでいた。 「何してたの?」と尋ねたら、「キュウリが一本138円だって!」と叫んだ。 今年は野菜が高いらしい。 うちで畑をやっているのでスーパーに行っても野菜売り場を覗くことはあまりない。 本当にその値段だったのかわからないけど。 今年もキュウリがよく生ってくれるので、毎日の [続きを読む]
  • こんなになっちゃった蓮の実
  • 美しい蓮の花。 中心にある実に成る部分。 花びらが散ってシャワーヘッドのようになっていたけれど、いつの間にか変化していた。 ちょっと、ビックリの形相。 うわっ、こんなに成っちゃったのね。 もっとこれが進んで行くのかと思うとちょっとビビる。 でも種が出来ているのだからそちらを注視すればいいのに、全体像を見てしまうのがいけないのか。 何だか目玉の様に見えるのでついつい気持ち悪く感じてしまう。 種は栄 [続きを読む]
  • 赤トンボ登場
  • 秋の訪れは風に感じる。 今朝の風にあれっと思った。 これ秋の風の気配。 わずかに感じる秋の気配は、はっきりと分かる。 夕暮れの田圃で確信。 赤トンボだ。 いつもはお盆の頃に飛び始めるのだけれど、今年は少し早い。 昨日まで青と白のシオカラトンボがびんびんと飛び回っていたのに、いつのまにか赤トンボが群れを成している。 他のトンボと違って、赤トンボは人を恐れない。 身体のそばまで平気で飛んで来る。 [続きを読む]
  • 弦月会で和尚さん、法話
  • 山梨に「八ヶ岳さろん星の雫」http://yatugatake-salon.jp/という所がある。 バラに囲まれたペンションでハープや音叉による癒しの空間でもある。 そこのオーナーの御主人が大事になさっている十一面観音様の法要をした御縁で、うちの和尚さんが法話をする機会を頂いた。 そこでは満月会や新月会など、お話会&ハープ演奏のイベントが行われている。 新に「弦月会」なるものがスタートすることになった。 弦月とは新月と満月の [続きを読む]