m さん プロフィール

  •  
mさん: clapics
ハンドル名m さん
ブログタイトルclapics
ブログURLhttp://clapics.com
サイト紹介文ピアノ、クラシック音楽、吹奏楽、声楽などのノウハウ情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2017/09/14 11:28

m さんのブログ記事

  • 音大
  • 音楽の道を志している人は、高校卒業後に音楽大学に入学すると本格的に音楽を学ぶことができます。 日本にもいくつも音楽大学があるので、有名学校に進学すれば、演奏家として仕事をするときや音楽関係の仕事に就くことを考えているときには有利になることが考えられます。 音楽大学を選ぶ際には、人気が高い有名学校に行った方が幅広くいろいろなことを学ぶことができるでしょう。 学習カリキュラムはそれぞれ大学ごとに [続きを読む]
  • ピアノコンクール
  • ピアノを習っている場合には、コンクールに出場することが多くなります。 たいていのピアノ教室では、年に数回のコンクールに参加しており、そこに所属している生徒は自主的にではありますが半強制的にコンクールに出なければならないようなところも少なくありません。 では、そもそも有名コンクールに出るメリットは一体何でしょうか。 まず、コンクール自体は先生と生徒しか存在しない教室とは違い第三者もそのピアノも [続きを読む]
  • 音楽専門学校
  • 子供の頃から音楽などを習っており、将来的にその音楽の道をきわめたいと考えるならば、音楽大学に行っても良いかもしれませんが、音楽専門学校でも同じように夢をかなえることが可能になります。 ただ、音楽専門学校といっても様々なところがありますので一体どのようなところを選んだらよいのかわからないかもしれません。 このような場合には、一般的に言うとされている基準を満たすことが必要になります。 まず1つ目の [続きを読む]
  • トロンボーンの構造や基本について
  • トロンボーンとは管を伸び縮みさせて音の高さを変える細長いラッパのことを指し、語源はイタリア語で大きなトランペットという意味を持っています。 スライドの伸縮で音高を変える金管楽器の一種であり、どちらかというより通常のラッパやトランペットに比べて低い音色を奏でるといった部分が特徴になっています。 オーケストラやジャズ、吹奏楽での定番の楽器であることから、日本国内のメーカーも商品の開発販売を続けて [続きを読む]
  • クラリネットの名前の由来と基本的な吹き方
  • クラリネットを演奏している人の姿を見ると、小学校の音楽の時間にだれもが使ったことのあるリコーダーに似ていると思う人が多いかもしれません。 口にくわえて縦長に持っているものを見ると、リコーダーが少し複雑になったようなイメージを持つ人も多いものです。 しかし実際には吹き方は全く異なり、リコーダーのように簡単にだれもがすぐに音を出せるわけではありません。 しかし吹奏楽の中では一番多く使われる楽器で [続きを読む]
  • 吹奏楽が持つ歴史と由来
  • 学校の部活動などでお馴染みの吹奏楽が持つ歴史は古く、古代エジプトの頃には既に太鼓とラッパを主として用いながら行進していく様子が壁面に残されているほどです。 その後古代ローマの時代が訪れると編成が大きなものになり、中世を代表する軍楽の基本が既に完成していました。 中世は進化するスピード感も目を見張るほど早いものであり編成が大きくなった事のみならず使用する楽器の種類と数も増えておりクラリネットや [続きを読む]
  • フルートと呼ばれるようになった由来や基本的な仕組みについて
  • 吹奏楽で使っている楽器の中でも、明るい音色や透き通ったイメージを受けるのがフルートの魅力になります。 繊細な中にも優美さを持ち合わせているため、旋律楽器の中でも多くの人から知られている理由です。 名前が付いた由来は、笛という意味からつけられています。 笛以外にも息という意味をあわせもち、基本的な楽器から受け取ることができるイメージを表現したものです。 フルートが他の木管楽器と大きく異なる点は、 [続きを読む]
  • クラシック音楽という言葉の由来
  • 一般的に様々な音楽のジャンルがありますが「クラシック音楽」の由来や歴史はよく知らないという方は少なくありません。 クラシックというと主にハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンといった古典派の音楽を含め、現代でも人気の高いリストやショパン、リスト、ワーグナーなど有名な作曲家が登場し、クラシックコンサートはもちろんオペラなどの歌劇にも昔から親しまれています。 ただクラシックに馴染みの無い方にとっ [続きを読む]
  • 音のでる仕組みに密接に関わっているピアノの構造
  • ピアノには一般的に88個の鍵盤があり弦が、その鍵盤1個1個に張られていて、全体的な張力は約20トンぐらいあるとされています。 その鍵盤を押すことによって弦を内部にあるハンマーが叩くと言うのが音のでる仕組みです。 また、その音を響板と呼ばれる、より一層響かせる働きがある板の方に伝わり増幅することにより、もっと豊かにしてくれます。 そしてピアノの全体的な構造で、音のでる仕組みに大切な役割を果たしている [続きを読む]
  • リヒャルト・ワーグナーの様々な逸話
  • リヒャルト・ワーグナーは、1813年に現在のドイツで生まれました。 当時はフランスのナポレオン戦争の真っ最中でした。 父親はリヒャルト・ワーグナーが生まれてすぐに病気で亡くなり、母親はその翌年に再婚しました。 母親が再婚した相手は夫の親友でもあった俳優です。 リヒャルト・ワーグナーは演劇一家で育ちました。 亡くなった父親も非常に芝居が好きで、母親の再婚相手は俳優、そして兄弟はオペラ歌手や女優、歌手 [続きを読む]
  • 便利に使えるピアノアプリ
  • 音楽系のアプリの中で子供から大人まで高い人気を誇っているのがピアノを演奏できるアプリです。 スマートフォンでピアノの練習や演奏ができるので便利です。 Perfect Pianoはスマートフォン用に設計されたアプリで、リアルなピアノサウンドが体験できます。 ピアノを正確に勉強したい人に適しています。 キーボードは振るキーボードが搭載され、マルチタッチに対応しています。 キーの幅を調整することができ、9種類のキ [続きを読む]
  • ドイツロマン派を代表するローベルト・シューマン
  • ローベルト・シューマンはドイツ・ロマン派を代表する作曲家で、1810年6月8日、ツヴィッカウに誕生しました。 彼は出版業を営む父、アウグスト、外科医の娘の母ヨハンナの間に生まれた5人兄弟の末っ子として誕生しました。 ベートーヴェンやシューベルトの後継者と考えられており、彼は交響曲から合唱曲までの幅広い音楽の作品を残したことで知られています。 その中でも特にピアノ曲と歌曲の分野で高い評価を得ている作曲 [続きを読む]
  • フェニクス・メンデルゾーンはどのような人か?
  • フェニクス・メンデルゾーンといえば、音楽家として知っている人は多いはずです。 音楽室などの肖像画などに飾られていることも少なくありませんので、それほど音楽に興味がない人でも見たことがあるはずです。 とはいえ、実際にどのような曲があるかと言われればなかなか答えられる人はいません。 では、どのような人なのかをまず紹介していきます。 メンデルゾーンは、1808年生まれでヨーロッパのドイツに誕生しました。 [続きを読む]
  • ヨハンセバスティアン・バッハについて知ろう
  • ヨハンセバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach)は、1685年から1750年に生きて活躍した音楽家です。 200年の間に50人以上ものたくさんの音楽家を排出した家系に誕生したものの、10歳の時期には両親を失ってしまい長兄であるヨハンクリストフ・バッハに引き取られました。 ヨハンクリストフ・バッハはオルガンの奏者であり、パッヘルベルの弟子となっています。 ヨハンセバスティアン・バッハ […]「ヨハンセバステ [続きを読む]
  • ゲオルクフリードリヒ・ヘンデルの華麗な音楽家人生
  • ゲオルクフリードリヒ・ヘンデルは、1685年にドイツで生まれた音楽家です。 彼の特徴は、有名な音楽や著明な人物とほとんど無縁の家系で生まれたという点です。 普通、音楽家を目指す人物は周辺に同じように音楽への造詣が深い人物が関係していることが多いのに対して、彼にはその傾向がありませんでした。 実際に、同年に生まれた世界的に有名な音楽家であるバッハは、音楽一家の生まれであるためヘンデルはバッハと比較 [続きを読む]
  • 吹奏楽でよく演奏される名曲
  • 吹奏楽のコンサートに行けばたくさんの名曲に出会えます。 多くの人が学校の授業でも習いメロディに親しみを持つのは、グスターヴ・ホルストの木星です。 2003年に日本の歌手が歌詞をつけて歌ったことで、Jポップとして触れ合った人も多く大ヒットしました。 グスターヴ・ホルストは7つの楽章で構成される組曲を作りました。 それぞれの楽章は西洋占星術に基づいた惑星の名前が当てはめられており、木星もその1つです。 彼自 [続きを読む]
  • ピアノと映画音楽
  • ピアノは映画音楽では様々な場面で利用をされています。 映画音楽は臨場感を出す必要があり、色々な楽器の中でもピアノを使った物は見る人に感動を与えることが出来る素晴らしい楽器になります。 映画音楽でピアノを使っている映画はヒット作品も多く、人々の記憶に残るものばかりです。 映画は迫力のあるシーンと音楽を融合させることで、見る人の関心を惹くことの出来るものになります。 その中でもピアノは単独での演奏 [続きを読む]
  • 吹奏楽の上級者になるためにはブレスを長くすることが必要
  • 吹奏楽を始めたばかりの頃はあまり楽器に慣れていなかった人でも、時間が経つにつれて次第に上手になってくるの大きな特徴です。 初級者向けの練習を毎日しっかりと取り組んでいくうちに、中級者や上級者に近づいてくる人が少なくありません。 最初はどのように練習を進めていけばわからなかった人でも、続けていくうちに上達してきます。 しかし、誰でも確実に上達するわけではなく、楽器が上手になるのには個人差がある [続きを読む]
  • 吹奏楽部に入部する初心者に最適な楽器
  • 吹奏楽部は中学校の頃から既に活発な活動を行う部活動であるが故に、始める時期が遅くなる程活躍する事が難しくなったり既に長年にわたって親しみ続けている方との間で差異が広がってしまい、足を引っ張ってしまうという懸念が持たれやすい部活動でもあります。 そのため、特に高校に進学した事をきっかけとして入部しようと考えている方々においては大きなハードルになりやすく、一歩を踏み出せずに結局諦めてしまうとい [続きを読む]
  • ショパンのピアノ曲は日本でも大人気
  • 日本はピアノを習っている子供が多いです。 数あるピアノ曲の中でも人気が高いのがショパンの作品です。 ショパンは1810年3月1日にフランス人の父親とポーランド人の母親の間に誕生します。 両親共に音楽を愛する家庭に育ったこともあり、4歳の頃からピアノに親しみモーツァルトやバッハなどの作品を知ることになります。 1817年になると生活環境も良くなり、恵まれた生活を送るようになります。 最初の作品であるポロネー [続きを読む]
  • 吹奏楽で上級者になるためには
  • 吹奏楽を始めるきっかけなどは人によってさまざまです。 なんとなく興味本位で始めて楽しくなりハマってしまった方や友人や知人、家族が吹奏楽をやっていたから始めたなどさまざまな理由、きっかけがあるでしょう。 最初はわからないことだらけでも、徐々に演奏がうまくなってくればさらにうまくなろうと向上心が芽生えある一定ラインまでは上達することもあります。 ただし、練習をし続けているからといって常に上達し続 [続きを読む]
  • モーツァルトのピアノレッスンの難易度について
  • ピアノを習い始めてちょっと上達して中級レベル以上に達するとモーツァルトのピアノソナタの現存するピアノソロ楽譜の第1番から第18番をレッスンする人が多いはずです 楽譜の譜面を見るとショパンやベートーベンなどのピアノソナタに比べると比較的優しいという人もいますが、優しいゆえに表現力が問われて逆に難しいという人もいます そこで全18曲を優しい初級者向けから順にどんなものなのかを解説していきます 最も有名 [続きを読む]
  • 吹奏楽はチューニングも重要になる
  • 中学校に入ると様々な部活がありますが、その中でも文化系の部活に吹奏楽部がある学校は多いはずです。 吹奏楽は、楽器を使った部活ですので非常に人気があります。 とくに音楽が好きになるのは男性よりも女性の方が多く女子生徒には人 […]「吹奏楽はチューニングも重要になる」の続きを読む・・・ [続きを読む]