卯童 さん プロフィール

  •  
卯童さん: 2016からのスタート
ハンドル名卯童 さん
ブログタイトル2016からのスタート
ブログURLhttp://suberikomisaf.exblog.jp/
サイト紹介文習い事に遅すぎる事はない
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 119日(平均5.6回/週) - 参加 2017/09/15 06:58

卯童 さんのブログ記事

  • 鏡開き
  • 早いものでもう11日:鏡開きになる。小正月15日には、普通は小豆粥を炊いて食べる習慣だが、我が家はお鏡餅を小餅大に切って、炊いたぜんざいに入れて食べるのが習慣に成って居る。例年の事だが、お正月から、これが済むまで体重は減ることは無い。この期間で増えた体重は2kg弱で、これを減らすのに1カ月掛かるが、この期間はお正月の料理をはかす為に、どうしても普段より食べる量が増え、... [続きを読む]
  • 松の内も終わりました。
  • 七日正月も過ぎ、孫たちも自宅に帰り、元の静けさを取り戻した。年々大きく成り、よく食べる様に成り、歳と共に食べる物も変わり、仕込んで有るもの、買い置きしてある物の量や置き場所を、我々の記憶力の減退で、忘れる事もあり、当分の間、残り物の整理が続きそうであります。当家では毎年恒例のおせち料理の残りものを三ヶ日が過ぎると、天ぷらにして食べる習慣があります。要するに処... [続きを読む]
  • 去年の一番の買い物
  • 年末を控えた時期に両肩が痛く成り、考えあぐんだ末、充電式電動ポリッシャーを買った。値段的には5000円位で取替え式の3種のブラシが付いていて、連続1時間位は使用出来る。あまり期待はしていなかったが、使ってみると、意外と便利である。タイル張りの風呂とトイレ、玄関の内外の床タイル、スチール製雨戸に網戸、階段など直接冷たい水に触らず、全部出来た。この電動ポリッシャーが今年... [続きを読む]
  • 年末のご挨拶
  • 若い頃は達成感と言うような物を経験した事が無かった。60前に不動産管理の会社に入社した時、その会社があまりに前時代的な管理をやっていたので、これではイケナイと思い、PCとデーターベースのアクセスの解説書を買ってきてやり始めた。そのソフトが完成したのが62歳の時だ。請求書から更新案内、封筒印刷までほぼイメージしたものが出来上がった。自分が考えた物を自分が作るという行為は、... [続きを読む]
  • 腫れもの
  • 「白鵬を必ず殺す」という脅迫文が地方巡業先に届いたそうだ。こう言う事に成らないかと心配していたところであった。今回の日馬富士暴行事件で、巨悪の根源は白鵬だと誰もが分り切っているのに、相撲協会やマスコミが、お門違いの取材と非難を連日行っている。相撲協会は厳重注意を5度も受けている白鵬に対して、腫れものを触る様な対応で、一度も実質的な処分はやって居ない。あるコメ... [続きを読む]
  • やる事をやって
  • 人はやる事をやって初めてその値打ちが出てくるし、物が言える。やる事をやらずして、偉そうにしても人は付いて来ない。上は総理大臣から下は社長、先輩、兄貴まで同じである。私は大勢いる兄弟姉妹の一番下である。楽と言えば一番楽になる筈だったが、どこでどう間違ったのか貧乏くじを引いてしまい、現在に至ってしまった。昔ながらの家族制度を受け継いでいたので、やる事はやらないと家には居れな... [続きを読む]
  • 美人の損得
  • 色白は7難隠すと昔から言われているが、それ以上に美人はいつの世でも得をしているが、災難に遭う事も多く、物騒な世に成って来た。人相が悪く、服装もその様なものなら用心もするが、社会的に地位の高く、有名であれば、政治家や芸能人なら、美人と言えども油断するのか、よく被害に遭っている。それに意外と男運が悪いと言われている。そんな悪い連中に限り、トンチンカンな言い訳をするし、往生際... [続きを読む]
  • クリスマスプレゼント
  • 最近はクリスマスプレゼントに限らず、自分を褒めてあげる、自分へのプレゼントを買う人が増えてきたそうだ。贈る相手が居ないとか、多すぎる場合とか、今年はよく頑張ったとか理由は何とでも付ければよい。この歳に成って、欲しいものは?と聞かれても、すぐには出てこない。お金は自分が出すのだから、遠慮は要らないが、いざと成ると無いものだ。長い間の闘病生活で苦労したのは自分だけではな... [続きを読む]
  • 花の力
  • 79歳で兄が逝って丸4年、義姉は花作りに精を出し、その花の絵を絵手紙に描いて、過ごしている。わたしの画題もかなりそちらの花にお世話に成っております。最近では通りがかりの見ず知らずの人達が、立ち止まり、写真を撮らせて欲しいとの要望が有り、会話も進み、結構楽しんでいる様です。私のプレゼントした十月桜も年3回も花を咲かして、真っ白い常緑山法師も皆さんを楽しませているようで... [続きを読む]
  • 孫たちの計算
  • 小さい時の孫たちの楽しみと言えば誕生日とクリスマスだろう。子供の成長を祝うのに、子供の日も有るが、御誕生日がクリスマスや子供の日、お正月が誕生日と接近していたら、親は忙しいので、同じ日にお祝いを兼用でやってしまう親は多い。子供にしたら家族内で不公平と感ずるのだろう。親が我が子を納得さすのに何年か掛かったが、一番下の孫は小4だから、そんな勘定は出来るし、そんな感情は持... [続きを読む]
  • 栄養指導
  • 先日の肝臓の年2回の定期検診で、ウイルスは陰性だったが、脂肪肝でレントゲン写真が前回より一段と白く成って居たので、主治医の指示で栄養指導を受ける事と成った。脂肪の取り過ぎだ。胆肝内科には栄養指導専門の女性がおられるそうだ。3食の内、朝食は私の起床が早いので、昔取った杵柄で、自分で作って食べているが、昼、夜、間食は家内の役割なので、ここは、家内を連れて行くべきだと、夫婦... [続きを読む]
  • 人の値打ち
  • 最近話題に成った人達の言動と行動を観察してみた。世間で社長、理事長、議員と肩書が付けば、少しは我々と違うと思っていた。最近の発言に疑問を感じた山東昭子、池坊保子氏や八角理事長、テレビのMCなど、それらの人は、必ずしもその職業、その道に通じた人が成っている訳でも無さそうだ。我々の勝手な思い込みと、本人の勘違い、それに御神輿にされた担がれた人達で、今のポジションにいる場... [続きを読む]
  • 年末の片付け
  • 体が自由に動く間は欲と二人連れで、プロのやる様な事でも、自分の年も考えずにやって来た事が、もう駄目のようです。剪定、日曜大工、脚立を使う仕事も、恐怖心が出てくる様では無理も出来ない。ここは諦めてプロに頼むか、適当に済ますかだろう。仕方なく、新たな電動器具を購入して、12月に入ってからやり始めた。最初に取り掛かったのは1Fの居間兼応接間の模様替えだ。狭い処はどう置き換... [続きを読む]
  • 験担ぎ(げんかつぎ)
  • 験を担ぐ様に成ったのは古い家を買って住み、それを建て替えた時からだ。その年は昭和天皇が崩御された時で、あの時の国家的行事は大変大きかった。その家に植えたメインツリーが「もちの木」で、お金が貯まる様にと植木屋が験を担いで、選んでくれた。以後は葉の小さな常緑と落葉樹を混ぜて植える様にした。なかなか治らなかった病気が、やっと治ったので、昨年初めて験を担ぎ、姫南天を購入し、以後... [続きを読む]
  • 不要品処分
  • 毎年この時期に成ると考える事は不要品の処分です。処分しようと思って3年迷っていたら、その物は処分してしまいなさいと聞いたことがある。以前は粗大ごみを自分で分解して、小さくして普通ゴミとしていたが、そう言う事が出来ないというより、やればどこか怪我をするので、もう粗大ごみとして引き取ってもらっている。一番厄介なものは、自分の気持ちである。例を挙げるなら、思い入れの有... [続きを読む]
  • 夫婦の意見一致
  • 五十年近く一緒に住んでいても、いつも夫婦の意見が一致する訳では無い。政治、行政、外交、テレビの話題では対立する事が多い。しかし久しぶりに意見が一致したのは、今年の阪神タイガースの金本監督の選手のいびり方と今回の白鵬のずるさと駄目理事長の話題であった。気分の悪いニュースばかり流されては、血圧が上がりっ放しである。一番の元凶は八角理事長と彼が率いる日本相撲協会だろうプロ... [続きを読む]
  • いよいよ師走です
  • 年を増す毎に、一年が速く過ぎて行くような気がします。我々リタイアーした者でも、この時期は何となく気ぜわしいと感じます。昨日は正月の宿泊予定が孫から来ました。元旦から2泊3日だそうですが、我々夫婦を入れて総数10名位で、食事の世話だけで、体が持つか心配です。若い人達は忙しいから、遊ぶ時間がないとか、デート出来ないと言うような事は言わないし、あまり聞いた事が無い。... [続きを読む]
  • 納豆
  • 若い頃から絶対に食べなかった納豆を、今は毎晩、1パックを家内と半分づつ食べている。最近では残さず文句も言わないで、少しは美味しいと感ずるまでになった。私としては大変な進歩です。普通の食事に加えて腸内環境を整えるために食べ始めた物が有ります。毎日、ヨーグルトとりんご、キムチ、味噌汁、漬物、そして納豆です。この五種類の食べ物はそんなに多くは食べておりませんが、トイレ... [続きを読む]
  • 常連さんの浮気
  • ここという店に通い続ける客を常連さんと呼ばれているが、食べ物商売をやった事の有る私などは、あまり浮気せずに、長年同じ店に行き続けている。先日の水墨画の講習会で得た情報が、時々行っていた源平という店の後に寿司とてんぷらを売り物にした店に入れ替わったと言うので、行ってみた。結論から言うとバツでした。アガリはセルフサービスで天ぷらはまだマシだったが、寿司は幻滅した。家... [続きを読む]
  • カード時代
  • 自分の普段持ち歩くカードを調べてみたら結構有るものだ。診察券三枚、キャッシュカード一枚、敬老優待乗車券、ポイントカード三枚、血液型判定カード、テレホンカード 合計10枚  これで大変少ない方だ。先日ローソンに買い物に行って、市立大学付属病院の診察券を出して御ねえさんに笑われた。ちょっと注意すれば、こんなミスは怒らないのだが、最近よくやってしまう。本来はただの外出する... [続きを読む]
  • ご用心
  • 先日テレビドアーホンで呼ばれたので出てみると、建築関係のセールスマンらしき男が、この付近にご挨拶に来たので玄関まで出て来て欲しいと言う。最近こう言う輩が多く成った。出て行くのが嫌だからテレビドアーホンを取り付けたのだ。高齢者だけの家庭は特に気を付けなければ、一旦つかまると必ず無理をふっかけられる。次に言い出した事は、「雨樋」が潰れていると言いだした。これも三度目だ。... [続きを読む]
  • 年齢差
  • 年を取ると、人の年齢差が分らなく成ってくると言われますが、私はまだ大丈夫と思っているが、先日吉村真理さんを久しぶりにテレビの画面で見た。私は名前は思い出せなかったが、見た事の有る顔だと感じ、家内に「昔より若く見えるね、整形したのかな」といったら笑われた。孫が数年前までは、我々夫婦と孫の母親(私の娘)との関係がよく理解出来ず、我々はずっと昔から爺さん婆さんであったと思... [続きを読む]
  • 男は着替えが下手か?
  • ブラックフライデーの話題から私もヤオフクでブランド物のウールのシャツ1万円程の製品を3000円で買った事が有り、気に入って、他にも有るのにそればっかり着ているという話に成った。そして男性の再就職に及んだ。何だか取り留めもなく話が跳んでいる様だが説明します。男性はこうと思いこんだらなかなか自分の考えを変えられない。再就職の面接でも前の会社の延長で、新しい会社、社風、... [続きを読む]
  • 待ち合せ
  • 10月の絵手紙のコミュニティーで、初参加のNさんと待ち合せの約束をして、会場まで案内する事に成っていたが、彼女の都合で、11月のコミュニティーからと成った。当日少し早めに行くとして、どうすればお互いが判るかと考えた末、半紙に彼女の好きな猫の絵を大きく描き、その下に「Nさん、いらっしゃい!!」と書き、地下鉄の6番出口で、それを掲げて待っていた。大通りを通る人達や地... [続きを読む]