毎日が夏休み、サイトオーナー。 さん プロフィール

  •  
毎日が夏休み、サイトオーナー。さん: 毎日が夏休み
ハンドル名毎日が夏休み、サイトオーナー。 さん
ブログタイトル毎日が夏休み
ブログURLhttp://natsuyasumi.okinawa
サイト紹介文沖縄移住20年、一人暮らしで毎日が夏休み 爬虫類を飼育したり、釣りやキャンプの毎日です
自由文レオパードゲッコーの飼育記録に加えて、沖縄移住、南国での釣りとマリンレジャー、キャンプなどなど
毎日が夏休みな様子でございます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 33日(平均10.2回/週) - 参加 2017/09/15 17:25

毎日が夏休み、サイトオーナー。 さんのブログ記事

  • イエコ繁殖の現段階をレポートっぽく。
  • イエコの繁殖ですが、工夫の甲斐があってか全滅しかけた前回よりかなり順調に見えます。前回の観察結果と今回の内容を比べると、前回の大量の突然死についての原因も見えてきた気がします。今の段階で、前回と改良した点は産卵床材の水分含有量初令に与える餌ケージ内のイエコ自体の数炭の設置産卵床材の水分産卵床は水を含ませたバーミキュライトで作っています。イエコの糞や、それによってカビたり異臭(毒ガス)の原因になる箇所 [続きを読む]
  • 沖縄式打ち込み釣りの動画について。
  • 結構前の動画ですが、那覇の港湾内でお遊びの打ち込み釣りをした時のものです。夕方から夜にかけての釣行です。打ち込み釣りはタマン狙いがポピュラーですが、実際に打ち込んでる場所でタマンはとてもイレギュラーです。過去に2回ほどタマン出たかなぁ。この時にカメラを持ってくれた道産子の知人に、沖縄式のそこそこの大物釣りで道具がどうなるかってのを見せたくて、鮫だらけの場所に打ち込んでいます。この場所での実績は鮫が6 [続きを読む]
  • 小松菜水耕栽培の定植とイエコの繁殖2ndシーズン。
  • ちょっとまだ早かったかなーですが、夏休みで暇なので先走って定植しちゃいました。このBlogは巷によくある熟練専門家によるHowto記事や、実体験の無いど素人脳内体験記などではなく、純粋に個人の活動記録です。やがて上手く行った手順をまとめて、Howto風な投稿をする時もあるかもしれませんが、先ずは失敗だらけの記録になると思います。若芽の紙コップ鉢への定植。キチペに蒔いた種が発芽して3日目くらいです。小さな紙コップ [続きを読む]
  • 小松菜の発芽とイエコの繁殖とヤモリの骨。
  • 弊社は割りとズボラな性格なので、もうちょっと気温が下がったらレオパのケージの暖房器具を〜と考えているのですが、全く涼しくなりません@沖縄。日差しは和らいだり、秋雨がちょっと冷たかったりはするのですが、快適に室内で過ごすにはまだクーラーが必要ですね。沖縄名物のその辺をうろつくゴキブリが減ってはいるのですが、もうちょいちょい気温が下がらないと暑くてやる気が起きません。まぁ、夏休みなので特に何かやらない [続きを読む]
  • イエコ繁殖の2ndシーズンと水耕栽培と。
  • 最近、ケージの上蓋がなければシェルターを伝って脱走出来ることを覚えました。まぁ、病気や怪我が無ければ好きに過ごして下さいませ(´ー`)イエコの繁殖。ヒーター類は未使用ですが沖縄はいまだにスゲー暑いので、イエコの孵化もマッハです。産卵床の調子も良かったみたいで、孵化初日の内容は前回より順調に見えます。駄菓子菓子、餌に群れる様子が無い…。前回はDAISOの極小ペレット(顆粒?)状になっているスズムシの餌を使いま [続きを読む]
  • 採卵と水耕栽培を始めたことについて。
  • ヒョウモントカゲモドキの餌として、生きたヨーロッパイエコオロギをキープして居ます。コオロギは飼育している訳ではなく、毎日生きたのが5〜10匹ずつ餌として必要なので活かして保管しているだけと言う状況ですが。何度か繁殖を試みまして、これが難しい難しい。昨日、イエコの補充にいつものショップに行きまして、このイエコと言うのは各地でそうだと思うのですが、どの販売店でもワンサイズでは無いのです。爬虫類とか興味な [続きを読む]
  • 最近全く釣りに行って無いなって話し。
  • ヒョウモントカゲモドキと言う爬虫類をペットに飼い始めたらコヤツがもう可愛すぎて、夏休みが楽しすぎて他の趣味が疎かになってます。こんな立派なクーラーボックス-沖縄は暑いので氷とか釣果を守る為にクーラーボックスは大事な要素-があるのに、あ、これでイエコの初令育てれば楽じゃね?とか考える時点でもう釣り人失格。だってまだ暑いんですもの…。さておき、沖縄では沢山の種類の釣り方がありますが、弊社が行うのはそのう [続きを読む]
  • ヒョウモントカゲモドキの体重を測定した。
  • みんな大好きamznで、ふと買ってみた。B2ocled デジタルスケール 電子秤 0.01gから500gまで 精密な計量 風袋引き機能 オートオフ機能 ジュエリー秤 料理用 研究用 (0.01gから500gまで, シルバー)1,266で購入。電池(単四が2本必要)は付属していないでゴザル。50円硬貨は4.0gらしい(wiki調べ)。4.0が3.98とか余裕で合格。では早速。生後61日、CBマックスノー(多分♂)さん-約24グラム 生後108日、CBハイポタンジェリン(多分 [続きを読む]
  • 驚きの白さと、今日の◯ンコ、それと真面目に床材を考える。
  • 昨日のBlogで、餌を少なめにすればシェルターから出てうろつくレオパさんが沢山見れるかも!?と書いておきながら沖縄はまだ暑い日が続くようですが、夜行性という事について。秋の雰囲気があると思うのは、日差しが多少は和らいでいる気がするからです。それと、日没時間で如実に感じます。19時には真っ暗じゃ無いか...natsuyasumi.okinawa2017-10-05 10:31今日もまたあまりの可愛さに満腹まで与えてしまいました。で、結局給餌の気 [続きを読む]
  • 沖縄はまだ暑い日が続くようですが、夜行性という事について。
  • 秋の雰囲気があると思うのは、日差しが多少は和らいでいる気がするからです。それと、日没時間で如実に感じます。19時には真っ暗じゃ無いかな、最近の那覇は。百均の温湿度計なので、失礼ですがこんなん正確な訳が無いと思いましたがどうやらこれを見ても、そこそこ正確らしいです。10月でいまだ30度あります…。上の子、ハイポタンジェリンさんも肌色がくすんでいたので、そろそろ脱皮なのかな、それともシェルターの中で脱皮はお [続きを読む]
  • 生後60日目、気になるマックスノーさんの性別は。
  • 特に調べるつもりもなく、そもそも60日目でそんなにクッキリ出るんですかね?って思ってました。昨日、脱皮があったので皮剥きのお残しはございませんか?と、全身チェックしたのですが、その時に書籍などでよく見る前腔孔がはっきり見えました。へー、こーなってるんすねー的な。オスですね、♂。せっかくですので、Blogに掲載させていただきたく思いまして、そのためには撮影を爬虫類にとってこの辺を上に向けるってのはあり得な [続きを読む]
  • 生後59日、マックスノーさんの脱皮。
  • 数日前から、そろそろ脱皮かなと言う色をしていましたが、今日は限界まで真っ白に、下の写真の30分後には剥け始めていました。尻尾のシルエットとか神がかって可愛い。とにかく可愛い。ここ2日ほど便秘が続いている所に、皮食べて大丈夫かなと不安であります。今回、マックスノーさんの脱皮を初めて見かけました。彼らにとっての脱皮は、生きる上で度々登場する必須イベントだと思うのですが、飼育者目線ですと脱皮不全と言う言葉 [続きを読む]
  • ヒョウモントカゲモドキについて知る、書籍編。
  • 実際にレオパさんと暮らすにあたり、相手への理解が足りないと残念な事になってしまう訳で。弊社の場合は、書籍で得た知識が5割、ネットが1割です。残り4割は、今後お会い出来る機会があるかわかりませんが、とある女性の方-以前ショップを運営経営し、千石先生ともお付き合いがあったらしく、色々と興味深いお話をうかがえました-から聞いた内容、それといきつけのショップさんで聞いた話しって事です。その女性の方が弊社の師匠 [続きを読む]
  • イエコ繁殖アゲイン。
  • 孵化したところから育てたイエコが1〜2000は居たのですが、減りに減って今では数十匹。餌虫繁殖業界(?)曰くまた一から開始する事をリセットと言うらしいのですが。とりあえず幼イエコのプラケはリセットせずに、捕まえてから24日目が過ぎたオンナダケヤモリのベビーに、ちょっとケージの様子を見てもらう為に引っ越してもらいました。ベビーなオンナダケヤモリ(多分)を捕獲。沖縄あるあるですが、ヤモリさんがその辺に居すぎて、 [続きを読む]
  • ベビー〜ヤング時期のレオパに安価で適した環境を作る。
  • ヤングの後半(?)くらいで、弊社の場合は終生住めるサイズのケージに引っ越してもらいましたが、それまでは以下の内容で不自由なく飼育ができたと思います。そんな一例を綴ってみようと思います。先ず、容器というかケージというか外枠はこれ。【昆虫飼育ケース】クリアースライダー[シーラケース]カブクワ用品の様ですが、行きつけのショップさんがそもそもカブクワ屋さんだったのでそちらで見かけて購入しまして、幼レオパにとて [続きを読む]
  • 今日の下の子の○ンコ。
  • いつもの時間を過ぎても上の子のunkしか確認できず、unkの後に2名同時に給餌とだけ自分都合で決めているので、上の子に加えてunkを済ませていない下の子まで餌くれアピールをしてきます。そんなに餌が欲しいなら、先にunkだ!これは我が家のルール!!と言っても(実際には言いませんが)通じる訳もないので、下の子を手に取り温め且つ優しく下腹部をモミモミこちょこちょ。そーっと、こちょこちょ。 すると、音と勢いを伴ってunk発射! [続きを読む]
  • ウチのYoutubeチャンネルについてなど。
  • 繁殖させて増やしたかったイエコの、初期段階での謎死がとまりません。見るたびに死骸がプラケの中にポツリポツリ、そろそろ孵化箱1号が全滅しそうです(´・ω・`)孵化箱2号は未だ何の問題も起きてないのですが、1号がこれではさほど環境の変わらない孵化箱2号の今後が心配です。 閑話休題。動画編集を趣味でぽつぽつやっていまして、Youtubeに幾つかのチャンネルを持ちまして動画を公開しています。人に頼まれた動画を編集してチャ [続きを読む]
  • ハイポタンジェリンさん不調ですか?
  • いわゆる、エキゾチックアニマルでも飼い主さんが名前をつけるってのは普通に見かけますが、ウチは特に名前をつけていないです。必要になったらつけようとは思いますが。 そもそも、本人のリアクションも無いので名前を呼ぶ事は無いでしょうし、書類に記載する必要とかそんなのも無さそうですし。ですがまぁ、爬虫類をペットとして飼育しているよ〜からの流れでレオパさんの写メを見せて、すると大概「名前は?」って言われます。 [続きを読む]
  • イエコの繁殖について、序盤での大量死について考える。
  • 孵化箱1号は、結局2割以下まで減ってしまいました。専門家ではないので憶測だらけですが、ちょと現状分析と対策を綴ろうと思います。先ず、大量死の原因ですが、一時期にまとまって死骸が増えだしたので当初はアンモニア中毒を疑い、換気に気をつけたり綺麗なケージに移し替えたりしましたが、それでも残ったイエコ(ゴマ粒から米粒くらいのサイズと、それ以上のものも)も減少の一途でした。外傷が無かったので共喰いについては考え [続きを読む]
  • イエコの繁殖-序盤失敗編-。
  • 昨日、いつものショップ-b-pro-にイエコの補充に行ったついでに、人生で初めてクレスを触らせていただきまして…。ネットでかじった情報以上の手触り!!まるで吸い付いてくる和菓子!!!今お世話させていただいているレオパさんお二人が、もうちょい落ち着いたら是非クレスさんも我が家に招き入れたいと思いました。と言うか、決めました。それまでに知識を蓄えていこうと思います。 さておき、ショップ購入のイエコのLから採卵して孵 [続きを読む]