kumiko さん プロフィール

  •  
kumikoさん: 今日何縫う?
ハンドル名kumiko さん
ブログタイトル今日何縫う?
ブログURLhttp://seweveryday.blog.fc2.com/
サイト紹介文木更津市と富津市でハンドとミシンのパッチワークキルトの教室をしています。
自由文日本手芸普及協会パッチワークキルト指導員
ミシンキルト講師
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 129日(平均2.9回/週) - 参加 2017/09/15 21:51

kumiko さんのブログ記事

  • 完成品から作り方を模索するのは楽しい
  • 生徒さんから「これと同じもの作りたい」と見せて頂いた左の巾着。お借りして私が作ったのは右の巾着です。最初は巾着口布部分と裏袋が繋がっているのかな?と思ったのですが、そうなればどこかに返し口を作ってひっくり返さなくてはなりません。でもこのデザインなら返し口を作らず作ったほうが簡単なはず。去年私としては珍しくキット組んだこのバッグ。ちょうどお弁当入れにもなりそうな巾着タイプ。この作り方と同じだなと気づ [続きを読む]
  • 教える事伝える事は難しい
  • うちの教室でパッチワーク覚えたい方は特にミシンでも手縫いでもOKで、同じ作品を作るにしてもミシンが好きな人には早縫いの方法を教えるし手縫いの人には手縫いの手順を教えています。オール手縫いで作っていた頃のパッチワークのバッグだと当て布は裏布で袋口はバイアス持ち手は三つ編みでしたが今はミシンで仕立てるから裏袋付きで見返し付けて袋口に持ち手を挟み…。時代を感じます。私はアレもコレも教えたい!せっかく習いに [続きを読む]
  • アイロン台を張り替えました
  • 白のキャンバス地の在庫もこれが最後。相当前にパン作りの時に使うキャンバスを縫った残り。両面テープとタッカーで簡単に張り替えできるのに面倒でついつい後回しにしていました。あると便利なので方眼メモリを書いておきました。残ったキャンバスのハギレにアイロンアップリケしてジグザグステッチ。薄い芯を貼って額縁つけてティーマットにしてしまおう。処分処分!こちらは透明糸でステッチした後フリーモーションで輪郭描いて [続きを読む]
  • スラッシュキルトで
  • 今年最初の富津教室は午前も午後もお一人様。一人の時、皆さんとても恐縮されます。確かに人数居ると楽しいし他の方の作品見たり見せたりもあるので良いのですが、一人の時もマンツーマンで教えてもらえる。気軽になんでも聞けてラッキーくらいに思っていただけたらと思います。私はパッチワーク教室で習った経験がありません。普及協会で近くの先生を紹介してもらい電話したら「あと2人友達を誘って来てください」って言われて断 [続きを読む]
  • ミシンテーブルについて考える
  • ミシン買ったは良いけど机に置いたら高くて肩凝る〜とか有りがちですね。なかなかミシン置くためのベストな高さとは?これはベルニナの専用テーブルで153QEの時から使っているものです。B570QEに買い替えた時にミシンの形に合わせたベニヤ板だけを取り替えました。この作業面の高さは72センチですが実際にミシンの底が有るのは床から62センチ。この部屋には職業用のJUKI SL280EXも居るのですが、この子はニトリの折りたたみテーブ [続きを読む]
  • レッスンバッグに思う事
  • 入園入学でグッズを作るのにママたちが頭を悩ませる季節ですね。これを機にハンドメイドに目覚める人もいるでしょう。小さい子供はどうしてもキャラクターものに目が行く。幼稚園と小学校入学は子供の意見を尊重して、高学年になったら少し大人びた袋物を作ってあげたら良いと思います。キャラクター生地を使う時も布を切り替えてアクセントをつけるのは決して見た目の良さだけではなく子供にとって自分の物であると認識しやすいと [続きを読む]
  • 「ファスナーの本」こんなものまでどんでん返し!
  • 袋物を考える時私は一番簡単な三角マチで作ります。生徒さんにとって作りやすいのは勿論、私も作るのがラクだから。難易度で言うと三角マチ↓四角いマチ(底マチ、通しマチ)↓角丸のマチ(丸底、楕円底など)下に行くほど高くなります。角丸のあるマチについてはこれまで無意識のうちに作るのを避けていたような気がします。カーブに切り込みを入れたりぐし縫いしていせ込みしたりしつけ糸は二本取りで返し縫い色々頑張らないとキ [続きを読む]
  • 超簡単!クッションにファスナーを付ける方法
  • 何と比べて簡単か?手芸普及協会のテキストです。(資格取得される方にはテキストの面倒なやり方もきちんと教えますよ♪)1枚目の長い辺を3センチ裏側に折ってアイロンもう1枚は1センチ裏側に折ってアイロン折った方がファスナーと縫い合わせる側です。一枚目の裏面を上にして置きファスナーも裏を上にして重ねファスナーの端を布端と合わせてまち針。ファスナー押えに替えて端から7ミリの所にステッチ。裏から縫うので下糸は布に [続きを読む]
  • ピンクッション
  • 家で使ってる針刺し。右奥はもう20年以上になります。白いのは針が掴みにくく、針を置くと取れなくてイライラするのでクリップ用に使っています。パッチワークのピンクッションはいくつも作ったけど、どんな中綿を使っても表面がコットンだと錆びるので『一時的に刺す』という使い方しかしません。ダイソーの薬味入れを使ったピンクッションは交換済みの古いミシン針が刺さっていたので全部捨てて…まだ使える針を交換した時の一時 [続きを読む]
  • ニャンモック?
  • ニャンモックって検索すると可愛い写真がたくさん出てきて私も作りたいな〜と鉢スタンドだけは用意してました。昨日作ってたのはこれ。実際どうやって作るかわからないので適当に芯貼ってしまったけど芯無しのテロンとした感じの方がよりハンモックらしいよな、と出来てから気づいた。まだ猫は警戒して乗ってくれません。 [続きを読む]
  • キルト芯を突合せでつなぐ&evianのペンケース
  • 半端にあまったキルト芯はロータリーカッターで直線に切っておけばつなぎ合わせて使えます。以前は突合せでジグザグっぽいステッチでつないでいましたが、最近はもっぱらこれ。細く切った接着芯とかニットソーイングで余ってる伸び止めテープ。裏打ち布も貼ったのでこれからキルティングします。さて何が出来るのでしょう。ジェルボールペン。色がカワイイのでいつの間にか増えてしまったけど、evianの大きいボトルなら全部入っち [続きを読む]
  • アイロン定規と三つ折り
  • 市販のアイロン定規も悪くないけど私はわりと使い捨てです。ケント紙に定規で線を描いただけ。パンストや肌着の台紙程度の薄さが良いです。厚みがあると折り線がキリッとしません。三つ折りする時はまずは出来上がりで折る。それから縫い代を折る、ここでは1センチ。これを先に1センチ折ると出来上がりに誤差が出ます。アイロン台汚いわ〜(笑)そうそう、この写真のアイロンPanasonicのドライアイロン。高温に設定すると温度高すぎ [続きを読む]
  • 教室レポ ヘキサゴンにボータイに
  • うちの教室で特に大きな作品を作るのが好きなお姉様が久しぶりに完成間近の炬燵がけを持ってきて見せてくれました。目の保養になります。大作の合間に小物も!ボウタイのパターンはテキストの通りですが、バッグの仕立て方はどんでん返しが1番ラクでキレイだと思います。バイヤス風の口布をつけてどうどんでん返すか5分くらい悩みました(笑) [続きを読む]
  • 断捨離というか片付けというか
  • 土曜日と水曜日の教室の記録を書くところなのですが、片付けにやっとノッて来た所です。かつて母の部屋だった我が家で唯一の和室にミシンを置いてクローゼットを布だらけにして押し入れの襖を外して壁紙を貼りカラーボックスを入れて本棚と裁断&アイロン台にしています。ミシンキルトを始めてから倍増した糸。サンプル作品や部分縫いサンプル、キルト塾時代に倍増した布。大量の手芸本と雑誌。何でこんなに道具が多いのか。たまに [続きを読む]
  • 今年最後の富津教室
  • 折り紙キルトのバッグは持ち手をつけて完成。ふくろうも額に飾って素敵なアレンジ。巻かがりか多くて手のかかるものなのに二つ作ったなんて凄いです!午前クラスはストレートスラッシュキルト制作に入ったので、今日はひたすらミシン、ミシン。7mm間隔でバイヤス方向にミシン掛けするのは慣れてないと難しいけれど皆さんの上手にこなしていました。専用カッターも購入したのであとは家で洗濯→乾燥までして来年ポシェットに仕立て [続きを読む]
  • 鎌倉スワニーに行ってきました
  • 山下公園店と通販でお買い物した事があるけど鎌倉本店には一度も行ったことがなかったので是非行ってみたいと思ってた鎌倉スワニー。友達と休みが合った木曜日に行ってきました。私らしいチョイスだな〜。地元の手芸店ではこの3コイル、5コイルのファスナー売ってないのでうれしい。色数も豊富だし。こうして考えると日本全国で「これしか手に入らなかったから」と作られている手芸品は多いだろうなと思います。通販やネットショッ [続きを読む]
  • みんなでふくろう
  • この日のレッスンは5人。F田さんのピアノカバーはキルティングに入りました。作品を見る皆さんの目がキラキラしてます。教室で習うメリットは専門教育を受けた講師から教えてもらえるという事だけではありません。他の生徒さんの作品を見て配色のヒントを得たり、レシピを教え合ったり体験談を聞いたり励ましあったり褒めあったり。私も生徒さんたちから沢山の事を教えていただいてます。はぎれを繋いだバッグ。おそらく生地屋さん [続きを読む]
  • 生徒さんの折り紙キルトと折り紙キルト覚書
  • 先々週六角形のつなぎ方の説明をしたとおりお家で繋いできてくれました。六角形はうっかり違う辺を繋いでしまうミスが多い形ですが、お二人ともバッチリでした。↓これがS本さんの↓こちらがKさんの。丁寧な仕事ぶりです。私は基本大雑把なので急ぐあまり丁寧さに欠けてしまう人の気持ちは理解できます。だから「もうちょっと丁寧に」とアドバイスするときなんとなく申し訳ない気持ちになるけれど、二人共ていねいで言うことなし。 [続きを読む]
  • 自分らしさをプラス
  • こんばんは。ご無沙汰しています。レッスンのあったその日のうちにブログ書くのが目標なのですがなかなか思うようにできません。以前はうちの教室ではキットを使ったレッスンはしていませんでしたが、最近リクエストも多いので重い腰を上げてみたら、自分の先入観が覆されたというか…同じキットを使ってもちゃんと自分らしさを発揮してくださる生徒さんたちでした。↑星のスパンコールと金色のビーズでデコ。T井さんの作品です。 [続きを読む]
  • 他の人の作品を見ることが出来るのは教室の楽しみですね
  • うちの教室でパッチワークを習い始めてちょうど6年のF田さん製作中のピアノカバーはトップがあともう少しで完成。この周囲に細いボーダーを2本入れてからダブルバインディングします。それにしても高等科のテキストの中でも難しいこのパターンをサクサク縫ってくるし、今まで大作をいくつも作ってきた彼女にとってこの程度の大きさは『小さい方』なんだそうです。キルトを作る時トップを縫っている間に「どんなキルティングをする [続きを読む]
  • 写真撮影を忘れるのをなんとかしないと・・・
  • 金曜クラス午前部の写真を一枚も撮ってなかったとは!言い訳しちゃうけど、これはやはりとても密度の濃いレッスンをしていたということですね(笑)午前は折り紙キルトでバッグを作ってます。このデザインのバッグは六角形28個と菱形4個で構成されているのですが、生地を1メートル×2種類使って出来るモチーフは25個なので24個バッグに使って、残りの4つの六角形(底)と菱形は折り紙せずに作ります。古いパソコンに入っているもの [続きを読む]
  • ボストン夫人のパッチワーク
  • この形のバッグは私自身何個も作って生徒さんたちも1人で9個作った方もいるほど。浅くて広いので中身が見やすいしファスナー付きだけど作りやすい布の切り替えで遊べる人気のバッグ。ISさんは写真のものの他着物生地で九州のお姉さんたちに作ってプレゼントしたそう。このクリスマスタペストリーのキットもこれが最後になってしまいました。まだ赤いツリーの布が多少残っているので必要な方は早めに注文してください。プリントの柄 [続きを読む]
  • ミシンで簡単に円形にステッチする方法
  • 昨日Nancy Ziemanさんが亡くなってFacebookが追悼一色になっています。私はとても道具好きなので手芸に限らずいろんな新しい道具に心惹かれてしまいます。Nancy's Notionsはそんな私をワクワクさせてくれました。彼女の動画Sewing with Nancyは誰も教えてくれなかったテクニックを教えてくれました。今日は面白いと思ったのに今まで試してなかったテクニックを試して動画を撮ってみました。参考にしたのはCiecles Sew Simple通常は [続きを読む]