kumiko さん プロフィール

  •  
kumikoさん: Favorite 今日何縫う?
ハンドル名kumiko さん
ブログタイトルFavorite 今日何縫う?
ブログURLhttp://seweveryday.blog.fc2.com/
サイト紹介文木更津市と富津市でハンドとミシンのパッチワークキルトの教室をしています。
自由文日本手芸普及協会パッチワークキルト指導員
ミシンキルト講師
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 155日(平均3.2回/週) - 参加 2017/09/15 21:51

kumiko さんのブログ記事

  • 自分の好きを大切にしたい
  • 教室ではとくにカリキュラムは設けておらず、好きなものを作るスタイルですが、多くの方が手芸普及協会のテキストを購入しています。テキストだけ手に入れてもイマイチな本ではありますが、あれは講師の説明があって成り立つ構成になっているのです。テキストに沿ってサンプラーキルトを目指すもよし、好きなパターンだけたくさん作っても良しです。「自分の手でこれを作りたい」という気持ちを一番大事にしたい。一人で作れない人 [続きを読む]
  • ミシンでアップリケ・・・ステッチは?
  • 教室でこのブログの事が話題に登ることがけっこうあります。時代の流れを感じますね〜。5年前くらいまでの数年間生徒さんの作品をデジカメで撮影してブログにアップしていたのですが、今ほどスマホも普及していなかったしPCとは縁がない方も多く、実際にブログを見ていた生徒さんはほとんど居ませんでした。今は皆さんスマホで見ていらっしゃる。ということでスマホ用のテンプレートを変えてみました。PCで見やすいように改行する [続きを読む]
  • 0.7センチの縫い代で縫うために
  • ミシンピーシングに必要な縫い代7ミリのピーシングのために1.パッチワーク押さえを使う2.押え金の端から針までの距離を7ミリに針基線を変える3.針板に目印をつける幾つかありますが、それでも相手は布なので歪んだり伸びたりして正確に縫えないこともあります。長い付箋は写真のように正方形を対角線で分けた三角形ハーフスクエアトライアングルやクオータースクエアトライアングルの早縫いのときに便利ですので使ってみて下さい。 [続きを読む]
  • ミシンの針板の目盛を利用〜針板には付箋
  • ミシンキルターにとってはおなじみの縫い代を含んだ寸法で生地をカット  ↓押え金の幅やミシンの針板を見て縫い代0.7で縫うという縫い方。今は洋裁でも縫い代つき型紙が当たり前になって針板で目盛見て1センチの縫い代縫いますよね。押え金の端から針までの距離はミシンによってまちまち。だから針板にビニールテープを貼るとかシュメッツの針ケースを貼って土手にするとかよくしていましたが最近私はこれ。ビニールテープやマス [続きを読む]
  • 千里の道も一歩から
  • フープにかからない小さなもののキルティングはこんなふうに文鎮をおいて(鉄アレイだけど)刺す場所はテーブルからはみ出させると表面がポッコリしません。右の中指に普通の指貫(フープの時は指の腹を覆うサック状のもの)人差し指にはゴムサック左の中指にクロバーのコーンシンブルです。付録に含まれていたはずの持ち手を紛失したようなので赤い布を折って両端にブランケットSTして持ち手に。サイドを畳むのもやめてファスナー [続きを読む]
  • 手づくり手帖
  • 今年の目標は未完成品や手持ちのキットを片付けること。手づくり手帖は毎号買っているわけではありませんが久々に編み物をしたい。でも毛糸や棒針を揃えるのは面倒、という私にピッタリの付録が付いていました。棒針編みは30年振りです。昔は会社の昼休みにも編んでたし、よく作ったセーター着てました。すでに完成して私の手首を暖めてくれてます。こちらはそれよりずっと前に買った号の付録。ヘキサゴン模様はプリントです。ハン [続きを読む]
  • みんなの作品
  • 先日テクニック学習したHalf square triangle1/2三角形とでも言いましょうか。おうちで鍋つかみに仕上げて来て見せてくれました。裏はこれ。手を入れて使えて便利そうですね。カーブのバイアステープ付けが難しかったとの事なので後日コツを教えますよ。私はこんな形の時は待ち針も使わないで縫います。別に上手いとかそんな理由ではなく(笑)バイアステープをミシンで縫うとテープは伸びるので待ち針を打ったからといってその通 [続きを読む]
  • パターンレーベルのPポーチを想像で作ってみた
  • パターンレーベルの無料型紙がめっちゃ気になってます。欲しいけど、買いたい型紙が無い。パターンがキライとかじゃないですよ、ずっと前から持ってます。割烹着とかキーケースとかポーチとかけっこう作りました。パタレさんのお陰でポーチのトップにファスナーつける時はファスナーの端を折ることを知ったくらいですよ。それまでどの本でもそんなこと書いてなかったし。無料型紙の作品のいくつかがどうやって作ってるのか気になっ [続きを読む]
  • 「講師と指導員」資格についてのあれこれとミシンキルトの本
  • 手芸普及協会から会員証がおくられて来ました。私はパッチワークキルトの指導員でミシンキルトの講師。ミシンキルト講座は1期だったのでもう何年も指導員講座の申し込みをスルーしてきました。受講したら勉強になるし自分の知識も技術も向上するとは思うけど今年もスルー。指導員二つ並べたらプロフィールも名刺も映えるなぁ(笑)とは思うけどやりたい事に優先順位を付けたらとても時間が回せない。今年の優先順位1.放置している [続きを読む]
  • 試作しています
  • 東京ドームでキルトマーケット巡りをしていた時始末をした縫い代の裏を見せている巾着があってその時はあまり気に留めてなかったけどふと気になって作ってみました。前にも書いたけど作り方を模索するのが好きです。大きなミシン目で端切れで実験しますが、思い描いた通りにできた時は嬉しいけど、頭の中では組み立てたのに実際は出来なかったという事も多いです。これが私の見たものと同じに出来たかどうかは確認するすべもありま [続きを読む]
  • みんなの作品
  • F田さんのピアノカバーが完成したので教室の皆で鑑賞していたら見学のお客さんも来てくれて、せっかくだからもっともっと見てもらおう!とキルトを持ってトーカイ店内でスタッフさんにもお買い物のお客さんにも見ていただきました。(写真は年末撮った未完成の時のです)完成写真撮り忘れてごめんなさい。F田さんは既に同じパターンで2作目を作成中。グラデーション布がどう生きてくるか楽しみ。岩Sさんのミシンキルトのバッグ完成 [続きを読む]
  • ミシンのそばに糸くず入れ
  • ミシンのそばに糸くず入れは必需品ですよね。ミシンの重さで引っ掛けるこのタイプはもう何個も作りました。元のレシピはQuilt CompassのKiyominさんが作り方を公開していたものです(かなり昔です)オリジナルはかわいいミシン刺繍が入ってました。こちらはピンクッション付き。昔はこのピンクッション部分に重石を入れるレシピが多かったけどこれはしたの方に少しペレットを入れた布袋を入れて上は手芸綿。ピンクッションの底に滑 [続きを読む]
  • Half square triangle
  • 15×15cmの生地を2枚重ねて対角線を引き引いた線から7ミリのところを縫って縦横斜めに半分に切る開いてアイロンがけ繋ぎました。この作業の途中で縫った所がやけに解けるなぁと思ったら糸が溶けてました。以前から私のアイロンやたら温度が高いような気がしてたんです。ウーリー糸ならまだしも普通のポリエステルスパンが溶けるなんて知らなかったよ。 [続きを読む]
  • あこがれのキルトショップの話
  • 沖縄旅行のおみやげに生徒さんがくれたこのポストカード。偶然私の大好きなキルトショップでした。「チョコレートゲイブルズ」というお店です。今は無い「パッチワーク倶楽部」という雑誌の10号が沖縄のキルトショップ特集だったのですが、そこで見たキルトに惹かれて私もお店を訪ねたことがあります。店内のいたるところに素敵なキルトや小物が飾られていてそのアンティークっぽい色使いやパターンが素敵でアメリカっぽいけど安っ [続きを読む]
  • 東京国際キルトフェスティバル
  • ここ数年は「今年はもう行かなくていいかな」と前売り券も買わないのにやっぱり今年も行ってきちゃいました。行くのが億劫なのは・・・外がすごく寒い中がすごく暑い人がとーーーっても多い静電気が凄い目が疲れるコミケよりも人多いんじゃないの?と思います。私インドア派だし。ドームに行く前にカンダ手芸に寄ったのですがこちらもかなり混んでました。私と同じくドーム前に寄ってお昼食べてからゆっくり入ろうって人たちなのか [続きを読む]
  • 縫い代込みの型紙と縫い代のない型紙
  • 折り紙キルトのバッグに持ち手をつけて完成した生徒さんの作品。ほとんどの方が手縫いまつりで巻かがりで作る中全部ミシンで作りました。明日から東京ドームでキルトフェスティバルですね。キットを買ったけど説明読んでも作れない!という時も教室に持ってきてくれてOKですよ。ところで最近市販の型紙または本の付録の型紙も縫い代つきのものも増えてきましたよね。印をつけずに縫い代1cmの所に生地端を置いて縫うやり方、私は好 [続きを読む]
  • 仕切りポーチを作ってました
  • YouTubeで主婦のミシンさんが公開している仕切りポーチ。前日生徒さんと一緒に作りましたが布が余ったので結局4つ作りました。4つも作れば流石にコツを掴みますね。どんなものでも初めて作るものは上手くできない事が多いです。でも教えることを前提ならあっさり苦労なく出来たものほど教えにくいです。それにしてもこの仕立て方は面白かった。最初縫った時は動画をちまちま停止しながら完成しても理解できてなかったけど、先日の [続きを読む]
  • 完成品から作り方を模索するのは楽しい
  • 生徒さんから「これと同じもの作りたい」と見せて頂いた左の巾着。お借りして私が作ったのは右の巾着です。最初は巾着口布部分と裏袋が繋がっているのかな?と思ったのですが、そうなればどこかに返し口を作ってひっくり返さなくてはなりません。でもこのデザインなら返し口を作らず作ったほうが簡単なはず。去年私としては珍しくキット組んだこのバッグ。ちょうどお弁当入れにもなりそうな巾着タイプ。この作り方と同じだなと気づ [続きを読む]
  • 教える事伝える事は難しい
  • うちの教室でパッチワーク覚えたい方は特にミシンでも手縫いでもOKで、同じ作品を作るにしてもミシンが好きな人には早縫いの方法を教えるし手縫いの人には手縫いの手順を教えています。オール手縫いで作っていた頃のパッチワークのバッグだと当て布は裏布で袋口はバイアス持ち手は三つ編みでしたが今はミシンで仕立てるから裏袋付きで見返し付けて袋口に持ち手を挟み…。時代を感じます。私はアレもコレも教えたい!せっかく習いに [続きを読む]
  • アイロン台を張り替えました
  • 白のキャンバス地の在庫もこれが最後。相当前にパン作りの時に使うキャンバスを縫った残り。両面テープとタッカーで簡単に張り替えできるのに面倒でついつい後回しにしていました。あると便利なので方眼メモリを書いておきました。残ったキャンバスのハギレにアイロンアップリケしてジグザグステッチ。薄い芯を貼って額縁つけてティーマットにしてしまおう。処分処分!こちらは透明糸でステッチした後フリーモーションで輪郭描いて [続きを読む]
  • スラッシュキルトで
  • 今年最初の富津教室は午前も午後もお一人様。一人の時、皆さんとても恐縮されます。確かに人数居ると楽しいし他の方の作品見たり見せたりもあるので良いのですが、一人の時もマンツーマンで教えてもらえる。気軽になんでも聞けてラッキーくらいに思っていただけたらと思います。私はパッチワーク教室で習った経験がありません。普及協会で近くの先生を紹介してもらい電話したら「あと2人友達を誘って来てください」って言われて断 [続きを読む]
  • ミシンテーブルについて考える
  • ミシン買ったは良いけど机に置いたら高くて肩凝る〜とか有りがちですね。なかなかミシン置くためのベストな高さとは?これはベルニナの専用テーブルで153QEの時から使っているものです。B570QEに買い替えた時にミシンの形に合わせたベニヤ板だけを取り替えました。この作業面の高さは72センチですが実際にミシンの底が有るのは床から62センチ。この部屋には職業用のJUKI SL280EXも居るのですが、この子はニトリの折りたたみテーブ [続きを読む]
  • レッスンバッグに思う事
  • 入園入学でグッズを作るのにママたちが頭を悩ませる季節ですね。これを機にハンドメイドに目覚める人もいるでしょう。小さい子供はどうしてもキャラクターものに目が行く。幼稚園と小学校入学は子供の意見を尊重して、高学年になったら少し大人びた袋物を作ってあげたら良いと思います。キャラクター生地を使う時も布を切り替えてアクセントをつけるのは決して見た目の良さだけではなく子供にとって自分の物であると認識しやすいと [続きを読む]
  • 「ファスナーの本」こんなものまでどんでん返し!
  • 袋物を考える時私は一番簡単な三角マチで作ります。生徒さんにとって作りやすいのは勿論、私も作るのがラクだから。難易度で言うと三角マチ↓四角いマチ(底マチ、通しマチ)↓角丸のマチ(丸底、楕円底など)下に行くほど高くなります。角丸のあるマチについてはこれまで無意識のうちに作るのを避けていたような気がします。カーブに切り込みを入れたりぐし縫いしていせ込みしたりしつけ糸は二本取りで返し縫い色々頑張らないとキ [続きを読む]