kumiko さん プロフィール

  •  
kumikoさん: Favorite 今日何縫う?
ハンドル名kumiko さん
ブログタイトルFavorite 今日何縫う?
ブログURLhttp://seweveryday.blog.fc2.com/
サイト紹介文木更津市と富津市でハンドとミシンのパッチワークキルトの教室をしています。
自由文日本手芸普及協会パッチワークキルト指導員
ミシンキルト講師
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 243日(平均3.5回/週) - 参加 2017/09/15 21:51

kumiko さんのブログ記事

  • パッチワークベスト完成
  • パッチワークのベストは過去に2枚作っていて、1つはクレイジーキルトで教室のみんなと作りました。もう1つは接着芯に断ち切りのピースを隙間なく並べて貼り付けてバイアステープで縫い代の始末をするタイプ。どちらもフリーサイズで大きかったのでスカートやワイドパンツに合わせやすい小ぶりのものを作りたかった。前身頃の向かって右上はModaのジェリーロールの細いタイプを繋いだポシェットを作った時の残り。後身頃のアルファ [続きを読む]
  • ベストの後身頃
  • パッチワークした布で服を作るので、裁断した接着芯に布を縫いつけていく、プレスドキルトの要領で進めています。接着芯に縫い代は張り付いてないのである程度ステッチ入れてます。後身頃の無地部分全体にフリーモーションステッチするつもりだったけど、ちょっとしてみたらあまりに汚くて(T^T)自分の恥を晒しても構わないんですけど、だって長期間フリモをしないとこんなにも下手になるんだ!という証拠みたいなもんだし(笑)でも [続きを読む]
  • 前身頃
  • パッチワークで前身頃作ってみました。気に入ってるとは言い難い。でも最高傑作目指しちゃうと全然前に進めないので、むしろ叩き台を作るつもりでやらなければ、と思ってます。何故パッチワークベストなのか?教室の日にユニホームの様に着用していかにもパッチワークの講師風にしてみたい。年齢的に着る時が来た気がする。服を作るなら「わ〜、既製品みたい!」と言われるよりむしろ「それどう見ても手作りだよね?」な服を作りた [続きを読む]
  • ミシンキルトのバッグとアメコミ柄のバッグ
  • かなり前にトップまで出来ていたのに、って今見たら3/22でした。→☆キルティングもしていたのに→★放置していたバッグを仕立てました。表に合わせて内側も見返しをつけてモノトーンの裏袋で。裏布ってとても大事だと思うの。他人は見ないけど自分はしょっちゅうバッグ開けて見るでしょ?だったら見て楽しいものが良いと思う。こちらのデザインはしょっちゅう作ってるタイプなので昨日サクッと作りました。でも毎回サイズ変えたり [続きを読む]
  • ホビーショー2018
  • ここ数年欠かさず行ってますホビーショー。あらゆるジャンルのホビーの展示とワークショップがあるので、キルトショーより楽しいです私は。3年前はデジタルチケットを買ったのに何故か入場はアナログで確認されて笑ったけど、今回はちゃんとスキャンしてくれました。すぐ出来てお財布にやさしいワークショップをいくつかやってみて、ちょこちょことお買い物をして。そうそう!ドームのキルトショーでもよく出店しているミニチュア [続きを読む]
  • 実験
  • 上の写真リサイズしないままアップしてみたのですが、ちゃんと画面に収まるんですね。今時のコミュニケーションツールはInstagramとTwitter、たまにFacebookなのに何故ブログなのか?それは過去に流れていったものを検索しやすいから上記のSNS私も全部やってるんですけど、ブログだけは写真のリサイズが必要な分ちょいと億劫だったんですね。今実験的にそのままアップしてもちゃんと入ってる!今までの私の努力は何だったの? [続きを読む]
  • みんなの作品と豆状骨下滑液包炎
  • うちの生徒さんたち、みんな多作!見せてもらうのは楽しい〜。ミシンキルトのクイックピーシングを活かしての作品作り。応用力に頭が下がります。今朝起きる時手をついた途端激痛に襲われまして…検索したら「豆状骨下滑液包炎」というらしい。元々手が小さいし手首は細いので腱鞘炎には注意してたけど今回は小指側。昨日の昼間からなんで手首のこんな所が痛いんだろう?って触っていたのですがまさかこんな事になるとは。湿布した [続きを読む]
  • クロバーのはさみ「ボルドー」
  • 切れないハサミで作業するほどイライラする事はないですよね。裁断はほとんどロータリーカッターでするので、裁ち鋏はあまり使いません。鋏は小さめでよく切れて先まで刃が厚いものを愛用しています。左側がクロバーのパッチワークはさみボルドーの13cm。高いけどよく切れるし、切れ味も落ちません。同じクロバーでも 緑の柄のタイプは刃が薄いので厚手の生地を切るとすぐに噛み合わが合わなくなりますし、青い柄のギザ刃は切れ味 [続きを読む]
  • いつも使ってるペンケース
  • はぎれ処理プロジェクト完了〜。先日のブログ→本日の作業の続き。ミシンキルティングを終えたら28×28cmに切り揃えて25cmファスナーをつけてポーチに。いつも私が教室で使っているのはほぼこのサイズ。マチ幅によって形が変わるし、マチに持ち手をつけても便利です。縫い代の始末。最初は市販のバイアステープが沢山あったので使ったけどキレイに処理できないし(私の腕が悪い)、市販のバイアステープは硬い!職業用ミシンって硬 [続きを読む]
  • ジッパー押さえ(2ミリ押さえ)
  • ファスナー付けにはファスナー押さえですが、私はこっちの方が使いやすくて好きです。2ミリ押さえとか、ジッパー押さえとか呼ばれてます。職業用ミシンにも標準では付属しないので別途購入する必要があります。【メーカー純正品】JUKI 職業用ミシンシュプール専用『ジッパー自由押え』(ジッパー自由押さえ)【A9842-D25-0A0】【RCP】価格:1619円(税込、送料別) (2018/4/26時点)なんかメーカー専用って書いてあるけど職業用ミシン [続きを読む]
  • 本日の作業
  • 今、1番やりたい事。膨大な端切れをなんとかしたい!なのでこんな事してました。30cm角に切ったキルト芯。接着タイプでもなんでもOK。キルト芯の端切れもいっぱいだったので7枚ほど取れました。キルト芯の上にプレスドキルトの要領で端切れを縫い付けて。全部埋まったらはみ出た端切れをカットして、ミシンで直線キルティング。配色は直感で選んだだけでほとんど考えずに。「選択疲れ」って言葉、私は片付けの本で知ったのですがこ [続きを読む]
  • 猫の首輪の作り方
  • 猫の首輪作ろうかなと思ったきっかけは、Twitterで人気のほいっぷちゃんがこんな感じのを付けてたから。最初はシュシュを作ってつけてあげたけど、毛が長くて首輪が埋もれてしまうのでこんな形に。うちの子わりと神経質でいつもは首輪を嫌がって自分で外してしまうのですが、これは軽いしゴムだから嫌がらずにずっとつけてます。作り方をPCで描くときっととても時間がかかるのでいつものように手書きです。読みにくかったらごめん [続きを読む]
  • みんなの作品
  • 高等科のマリナーズコンパスのパターンを応用してバッグを作りました。折り紙キルトのバッグ。手がかかるけど出来上がると豪華で人目を引きます。中も綺麗に始末してあります。さてと最後に書いておこう。教えていて毎回反省があります。「こことここを縫ってください」とだけ説明するのではなく、「こっちは縫わないでおいてね」という説明をしておくべきだったな〜とかね。伝える教えるは本当に難しい。自分が初心者の頃が遠くな [続きを読む]
  • みんなの作品
  • パターンレッスン。高等科のパターンは教科書の順番ではなく、製図しやすいものから作ってもらってます。上のベアズポーとこのカンザストラブルは配色の仕方が似ているし、三角形の布目の方向など共通点が多いので一緒に教えてしまうことがほとんどです。写真の腕がアレですが、本当はもっと素敵な配色なんですよ。今月のおすすめ作品のミニ巾着。前回はキットで作ってお家でおさらいして別の布で作ってきてくれました。毎回こんな [続きを読む]
  • 直線フリーモーションを厚紙でやってみた
  • このパターンにキルティングは直線メインが良いかなと思うので最初はウォーキングフットを使う予定でした。でも最近…と言うか年単位でフリモやってないのでこれを練習台に使う事にします。こんな時ルーラーなんでしょうね。でもまだ定規買ってないし。って事で厚紙に針を沿わせてフリーモーション。パンストやヒートテックのパッケージに入ってる紙です。適度な厚みがなかなか便利。 [続きを読む]
  • 押入れを改造して収納と作業台にしています
  • 改造というと大げさですが、押入れの襖を取り外して壁紙を貼り、カラーボックスを入れて手芸本を収納。先日まで本がむき出しでしたが、カーテンを付けました。押入れは初めて壁紙を貼るには最適です。綺麗に貼れなくても気にならないから。【 壁紙 セット のり付き 】【 送料無料 】 壁紙 6畳セット クロス 壁紙 30m,施工道具7点,コーキング,壁紙 貼り替えマニュアル付き壁のリフォームに!※法人名義の領収書も発行価格:8940円( [続きを読む]
  • アイロンに便利な道具
  • 先日この動画を見ながら作ったものです。いわゆるアイロンかけに使うまんじゅうです。ポーチとか小さいものをアイロンで縫い代を割りたい時タオルを手で持ってかけたりしてました。帽子などカーブのものも平らなアイロン台ではあちこちにシワ作りながら四苦八苦しません?あとこんなもの作ってみた。これはラフ・パターンさんのブログ記事を見て、帽子を作るときに良いな〜と思ったので。記事はここ→アイロン作業に便利な物今ちゃ [続きを読む]
  • 教室をライブに例えてみた
  • 中身の濃いレッスンだったのに写真がこれだけ。いつも写真取るのを忘れちゃうんだよね。ドームのワークショップで作ったリバーシブルのショルダーバッグの作り方が面白かったので教室で皆さんにも作っていただきました。この手の蓋付きの袋物は先日のダイソーの布とハンガーでウォールポケットの記事の手帳ケースもウォールポケットも基本は同じです。どこに返し口を持ってくるかだけの違いです。カトラリーケース入れも同じです。 [続きを読む]
  • 高等科のベアズポーの製図について
  • 高等科のテキストを勉強し始めた方に製図の説明をしましたが、もし忘れたらここ見て下さいね。ベアズポーのパターンです。30センチ角のパターンですので、私たちが習った当時は30÷7≒4.28四捨五入して1マス4.3cmにすると4.3×7=30.10.1の余りは真ん中の十字の部分に充当して真ん中だけ4.2cmで作っていました。それで製図して作ってもOKです。製図で30cmの辺を正7分割する方法は下図。角から7の倍数で30より多い数ということで35c [続きを読む]
  • 私のミシン遍歴その2
  • 今日は午前中何年かぶりにフローリングにワックスをかけました。ずっとやりたいと思っていたことが出来た日は嬉しいですね。さてと続きだぞ。これで充実したソーイングあ〜んどキルト生活をしていたはずなのに、その四年後にまた私はミシンを買うわけです。四年ごとにミシン買うとかオリンピックですか?(笑)ブラザーのQC1000。キルトショーとかイベントに行くと試しに縫わせてもらえるでしょ?たしか講習会で使ったんです。ピポ [続きを読む]
  • 私のミシン遍歴その1
  • 初めて自分のミシンを持ったのは20歳位のときかな?母が買ってくれました。「早いけど嫁入り道具」とか言って。2本糸のロックミシンとブラザーの直線専用ミシン。学校用に作られたミシンで一般販売は無いらしい。そのミシン屋さんの本業は酒屋さんで、酒屋の奥にミシンの箱がたくさん積んであったのを覚えてます。母が洋裁をしていたので、子供の頃ははぎれを貰って人形の服とか作っていたし、若い頃は自分の作った簡単なサブリナ [続きを読む]
  • 立体のボウタイと糸巻きはカテドラルウィンドウになる話
  • 先日の記事でふれた立体ボウタイ。ミシンで縫うボウタイの早縫いですね。菅原先生がブログに詳しく説明してくれてますのでリンク貼っておきます。↓ ボウタイの早縫い同じテクニックで立体の糸巻きも出来るんです。ボウタイは正方形5枚で作りますが、糸巻きはquarter square triangles (正方形を対角線で四分割して出来る三角形)と1枚の正方形から作ります。正方形の大きさは任意。正方形の布を折って三角形で挟んで縫います。 [続きを読む]