第二はま丸船長 さん プロフィール

  •  
第二はま丸船長さん: 第二はま丸船長
ハンドル名第二はま丸船長 さん
ブログタイトル第二はま丸船長
ブログURLhttp://www.dainihamamaru-saiki-oita.com/
サイト紹介文大分県佐伯湾のボートフィッシングブログです。艤装、釣果に関する情報を発信していきます。
自由文大分県佐伯湾のボートフィッシングに関する情報をお届けします。たまにはコアな情報もチラリと流したいと思います。お楽しみにどうぞ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 328日(平均2.0回/週) - 参加 2017/09/16 08:57

第二はま丸船長 さんのブログ記事

  • 鯛ラバ釣行。雨天決行。
  • こんにちは。第二はま丸です。先週金曜日から週末にかけては台風10号の影響もあってか、東の風がやや強くうねりも入っていたため、釣行は見合わせていました。日曜日午後はようやく風波が収まりましたので、軽く湾内を流してきました。雨の気配もありましたが、お構いなし。旧暦10日。水温22℃。東の風。上げ潮流が1knot。船は北西へ流れました。小真鯛がヒット。時折こんな反応が出ます。が、バイトなし。鯛ラ [続きを読む]
  • 防食亜鉛、アノード、トリムタブの交換について
  • こんにちは。第二はま丸です。今日は防食亜鉛(アノード)の交換について触れます。アノードとは船外機を電蝕から保護するために設置されている金属のことです。船外機は鉄などの金属部品で構成されています。鉄は水中でイオン化され腐食していきますね。そこで鉄よりもイオン化傾向の高い亜鉛を船外機の金属部品と接触させておくことで、先に亜鉛のほうから腐食していき、船外機本体の腐食を防止することができるという仕組み [続きを読む]
  • ケンサキイカ始めました。
  • 第二はま丸です。こんにちは。日中は30℃を超える真夏日が続いています。大分県の日田市では5日連続の猛暑日となりました。 因みに、30℃を越えると真夏日で35℃を超えると猛暑日と言います。 日中は暑いです。船上も然り。こんな日は夜釣りが快適なんですね。夜の海は驚くほど涼しいです。それに、真夏ですが、月の出ていない夜は意外にも星がきれいなのです。 ということで、涼しい夜釣り、ケンサキイカを狙ってみました [続きを読む]
  • 雨天翌日の鯛ラバ釣行は、濁りと漂流物でいっぱいでした。
  • こんにちは。第二はま丸船長でございます。7月7日(土)は降りました。西日本では各地で災害が発生しているようです。被災された方にお見舞い申し上げます。一日も早い復旧を祈っております。7月8日(日)は雨、風ともに収まりましたので、軽く佐伯湾を流してみました。水温22.5℃。引き潮。旧暦5月25日、長潮です。干潮間際での釣行でした。やはり豪雨翌日とあって、その影響で濁りが生じており、かつ、流木な [続きを読む]
  • 台風7号。ボートの時化つなぎ。
  • こんにちは。台風7号が去りました。再び蒸し暑い天気に戻ります。台風7号は九州の西側を通過していきました。台風が西側を通過するときは、佐伯湾では南寄りの風が強くなります。私の船は北向きに係留しています。バウが北で岸壁側、スターンが南です。南風は大敵です。係留している岸壁に打ち付ける向きに吹くのです。岸壁とバウの干渉を避けるため、スターン側の対岸からロープをとり、スターン側のクリートに結びます。これ [続きを読む]
  • 佐伯湾で鯛ラバ行ってきました。
  • こんにちは。第二はま丸です。台風7号が九州に接近しています。警戒が必要です。さて、先日、真鯛を狙って、佐伯湾を巡ってきました。当日は若潮。旧暦11日。水温は19.5℃。朝4時頃満潮でした。引き潮での釣行です。ポイントでは南向きの潮流が〜1knot。無風に近く穏やかな釣り日和でした。今日は数回青物があたりました。いずれも50〜60cmのハマチサイズ。鯛ラバタックルで獲るのには少し苦労します。このあと中 [続きを読む]
  • 佐伯湾小潮の鯛ラバ釣行
  • こんにちは、第二はま丸船長でございます。先般の大阪の地震で被災された方には衷心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興を願ってやみません。さて、本日は鯛ラバ釣行の話題です。梅雨の合間の晴れ間を縫って鯛ラバ釣行してきました。当日は小潮、旧暦5月9日です。ポイントでは上げ潮流が西方に流れていました。水温は21 ℃。満潮潮止まり付近でした。ホウボウです。特徴的な外見です。ホウボウは浮袋から音がでま [続きを読む]
  • ウキ流し釣りでイサキを釣ります。その2
  • こんにちは。第二はま丸です。またまた、イサキウキ流し釣り行って参りました。当日は中潮、旧暦26日、下げ潮釣行でした。ポイントでは引き潮が早いところで1ノットほど流れていました。流向は東。ポイントの西に着けてウキを流します。今日は前回より小ぶりなサイズばかりでした。ポイント、タナ、色々変えて試してみましたが結果は同じ。イサキはサイズの大きいほうが味が良い気がします。 [続きを読む]
  • ウキ流し釣りでイサキを釣ります。ウキ流しってなんでしょう。
  • こんにちは。第二はま丸船長です。今日の佐伯湾は快晴、風もあまりなく、釣り日和でした。今日は、ウキ流し釣りの話題です。ウキ流し釣りとは、端的に言うと、船を固定して、ウキを流して釣る流し釣りのことです。ウキ流し釣りでは巨大なウキを使います。どのくらい巨大かと言うと。このくらい巨大です。1.5mくらいあります。これで50号です。仕掛けはこんな感じです。ロッド     シマノシーウイング7 [続きを読む]
  • 基本のロープワーク。ボーラインノット、もやい結びの覚え方。
  • こんにちは。第二はま丸です。今日はロープワークについてです。基本中の基本、ボーラインノット、もやい結びを紹介します。ボーラインノットは船を舫う(もやう)ときに使う結び方です。強度がそこそこ出ます。解くのも容易です。様々なシーンで応用できる結び方です。覚えておいて損はありません。ロープワークは日常的に練習していないと、結び方を忘れがちで、いざという時に結べないということがあります。私は、船 [続きを読む]
  • またまた、週末がやってきます。釣行計画思案中。佐伯湾から。
  • こんにちは第二はま丸船長です。連休も明けました。連休中は皆さんそれぞれの釣りを楽しんだのではないでしょうか。私も、連休後半は合間を縫って、佐伯湾に繰り出してきました。思うような結果は得られませんでした。しかも、やや荒天であったため、のんびりと海を楽しむという具合にはいきませんでした。旧暦19日でした。満潮時刻は8時50分。西風がやや強かったです。ポイントは比較的潮流の速い場所です。上げ潮が北に向かって [続きを読む]
  • 4月連休の鯛ラバ釣行。
  • こんにちは。第二はま丸です。ゴールデンウィーク真っただ中。みなさんいかがお過ごしでしょうか。まとまった連休、潮回りも天候も良い。絶好の釣り日和が続いていますね。べた凪の中釣り糸を垂れる。実に趣があります。さて、第二はま丸は佐伯湾で鯛ラバ釣行してまいりました。当日は、大潮、旧暦3月15日。6時出航。12時帰港というスケジュールでした。鶴見上浦方面を巡りました。海面はとても穏やかです。 [続きを読む]
  • 乗っ込み終盤の鯛ラバ釣行。佐伯湾第二はま丸
  • こんにちは。第二はま丸です。日中は暖かいというよりすでに暑いと言ったほうが良いような天気が続いています。正味1時間程度でしたが鯛ラバ釣行してまいりました。沖合は南の風がやや強く、パラシュートアンカーを投下しての釣りとなりました。下げ潮がしっかり効いていました。潮流と風向の合力は東へ向きました。フォール、リトリーブを繰り返すこと数回。小ぶりですがきれいな真鯛です。雌です。乗っ込み終盤の佐 [続きを読む]
  • 荒天時の出船判断について。出航を取りやめる勇気。
  • こんにちは。第二はま丸です。佐伯湾は桜が散りました。4月、新しい環境で生活されている人も多いのではないでしょうか。先週末はあいにくの荒天でした。土曜日は出船予定だったのですが、取りやめました。出船判断は船長に委ねられます。複数の気象情報を参考に、出航、欠航の判断をします。時折、迷います。たぶん大丈夫だろうけど、もしかすると荒れるかも、という日があります。今は少し荒れているけど、しばらくする [続きを読む]
  • 係留保管と陸上保管。もちろん陸上保管が安心です。
  • こんにちは。第二はま丸船長です。今日は、ボートの保管についてです。ボートを、ポンツーン、浮き桟橋に横付けできるような環境であったり、陸上保管をされている人には無縁の話だと思いますが、槍付け係留による係留保管をされている場合、色々考えなければならないことがあります。まず、槍付け係留とは何かという話をします。係留保管する場合、岸壁に係船環が設置されていて、岸壁から垂直方向に係船ロープを伸ばし、その [続きを読む]
  • 4月大潮の鯛ラバ釣行。
  • こんにちは。第二はま丸です。いつもご覧いただきありがとうございます。4月になりました。各地で桜が見ごろになっています。いい季節ですね。さて、本日は、鯛ラバ釣行の話です。乗っ込み真鯛を求めて佐伯湾で鯛ラバ釣行してまいりました。当日は大潮、旧暦2月16日。満潮時刻7時51分。早朝5時から出航しました。10時納竿です。風波とも穏やかでした。西の風が弱く吹いていました。いい凪でした。時折、うねりが [続きを読む]
  • 鯛ラバ釣行してきたよ。でも、本命には出会えず。潮周りが原因か。
  • こんにちは。第二はま丸です。桜鯛にお会いしたい今日この頃。皆さんいかがお過ごしでしょうか。先般鯛ラバ釣行してきました。当日は小潮2、月齢7.5。旧暦2月9日。鶴見方面を数ポイント流しました。結論から言うと、本命、真鯛は0でした。岩礁周辺で、カサゴとウッカリカサゴが揚がりました。ウッカリカサゴ。なかなかいいサイズですね。その後も同様にウッカリカサゴが続きました。早朝7時から出船しました。12時 [続きを読む]
  • ヤマハYF-23EXとヤマハF115A船外機の組合せ。気になる燃費の実際。
  • こんにちは。第二はま丸船長です。今日は、大変良い天気に恵まれ、海はべた凪日和。釣りには最高の天気であることはもちろん、海に浮かんでいるだけで幸せな一日でした。私は本日、同船者2名のもと、春の鯛ラバ釣行してきました。沖には今日とばかりにプレジャーボートがひしめき合っておりました。さて、今日は船外機艇の燃費の話をします。船欲しいけど、ガソリン代けっこうかかりそう、どのくらいかかるのかなとか思っ [続きを読む]
  • アマダイ実釣編。アマダイはどうやって釣るのかな。
  • こんにちは。第二はま丸でございます。いつもお越しいただきありがとうございます。いよいよ、アマダイ実釣編です。佐伯湾にアマダイはいるのか。試してきました。仕掛けは、片テンビンによる、底物釣り仕掛け。電動リールに7:3調子のインターラインロッド。道糸はPE4号。太い、です。道糸の先端にチチワを作って、スナップ付きサルカンを直結。スナップに中型片テンビンをセットします。錘は60号。水深=錘号数というの [続きを読む]
  • アマダイの仕掛けと狙いかた。市販の仕掛けを準備してみた。
  • こんにちは。第二はま丸でございます。今日の佐伯湾は強風波浪注意報。少し時化気味です。明日は風波が収まる予報となっております。さて、アマダイの釣り方を手探りで研究しています。仕掛けについて考えてみました。調べたところ、片天秤にハリスを付けて、2本鈎で釣るのがスタンダードな釣り方のようです。底物釣りの基本的なスタイルと似ています。付けエサはオキアミ。コマセは撒きません。よってコマセカゴは [続きを読む]
  • アマダイ釣りたい。アマダイはどこにいる?狙いは砂泥地なのですが。
  • こんにちは。アマダイです、いや、第二はま丸です。アマダイ。おいしい魚です。世間では高級魚とされています。このアマダイ、こちらの海域では、あまり釣れないんです。アマダイの生態と生息域はどうなっているかというと。アマダイの生態。概ね30m以深の砂泥地に生息。砂泥地に巣穴を掘って、ベイトを待ち受ける。成魚は40cmくらいになる。大きくても60cm弱。生息域は、日本近海では本州中部以南。大き [続きを読む]