ぱぴるす さん プロフィール

  •  
ぱぴるすさん: 大きなやかん…なみあし日記
ハンドル名ぱぴるす さん
ブログタイトル大きなやかん…なみあし日記
ブログURLhttp://horsebit.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文オーストラリア・メルボルンから主にJALの搭乗記をはじめとした飛行機・旅・生活の話題をご紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 86日(平均4.2回/週) - 参加 2017/09/16 14:57

ぱぴるす さんのブログ記事

  • Schaffhausen(シャフハウゼン)
  • ライン滝を見たあと、Schaffhausen(シャフハウゼン)という街を訪れてみます。シャフハウゼンは、中世にライン滝の手前の荷揚げ地として栄え、発展した街。その昔、ここを訪れた有島武郎が「静寂古雅の町」と表現した街です。現在は、時計の老舗、インターナショナルウォッチカンパニー(IWC)があることで知られ、家々の出窓や壁画、彫刻は特徴的ともいわれています(以上、ウィキペディア等を参考)。(騎士の館)ライン滝から [続きを読む]
  • Rheinfalls(ライン滝)
  • 2017年10月14日。この日は土曜日で、翌日のヘルシンキへの移動を控えた休日。せっかくなのでチューリッヒ近郊の観光地を訪れてみることに。いろいろ検討した結果、国際河川ライン川唯一の滝である「ライン滝」へ、スイス国鉄を使って見に行くことにしました。■スイス国鉄の切符を購入ライン滝の位置、公共交通機関でのアクセスを前日に調べてみます。Neuhausen Rheinfallという駅から徒歩でアクセスできるようです。 Zurich Main [続きを読む]
  • チューリッヒ レストランめぐり
  • 2017年10月12〜15日の3泊4日のチューリッヒ滞在中に訪れたレストランをいくつか紹介します。■Le Dézaleyスイスと言えば、チーズ、そしてチーズフォンデュ。お客さんと一緒に食事をしたのですが、チューリッヒでは有名なスイス料理のレストランです。 パン、野菜、ソーセージ等々をディップしていただきました。ただ調子に乗って食べすぎると翌日お腹がパンパンに張るので要注意(笑)お店のラベルが入ったこのワイン、数少ないス [続きを読む]
  • 25hours Hotel / Zurich West
  • 2017年10月12日からのスイス・チューリッヒの滞在では、「25hours Hotel」というホテルに3泊滞在しました。自宅にいるような雰囲気で過ごしてほしい、というのがホテルのコンセプト。確かに居心地はよかったのですが、ブティックホテルのような作りでちょっとびっくりでした。チューリッヒ国際空港からタクシーでホテルまで。スイスの都市部では英語は普通に通じるよ、と聞いていたのですが、運チャンはバリバリのスイスドイツ語オ [続きを読む]
  • JALの新システムで国際線航空券を予約・購入してみた
  • 2017年11月16日に刷新されたJALの予約システム。「大きなトラブルはなし」と言われているものの、このブログでもご紹介した通り、利用者側からしてみれば細かい不具合が依然続いていて、コールセンターも大忙しのようです。 ・JAL旅客系システム刷新の結果 ・JAL旅客系システム刷新後の不具合修正状況 まだまだ不安定な状況中、3月のフライトをWebで予約。すったもんだの末、ようやく予約・購入ができました。新システムの予約・ [続きを読む]
  • JAL旅客系システム刷新後の不具合修正状況
  • 16日に行われたJAL旅客系システム刷新の結果、これまでの予約が表示されないという不具合があったのですが、昨日、予約が存在していることが確認でき、さらに表示も修正されました。一方で、一部の機能が使えないなど、まだ不具合も多いようです。(JAL HPより)私の場合は、一昨日の記事でご紹介した通り、予約していたシドニー経由メルボルン⇔札幌のフライトのうち、復路便の国内線部分およびオーストラリア国内線部分の表示が [続きを読む]
  • JAL旅客系システム刷新の結果
  • 昨夜から今朝にかけて、JALの旅客系システムが刷新されました。これまでの独自システムからスペインアマデウス社提供の「アルティマ」に移行したので、早速これまでの予約を確認してみました。国際線の予約画面は従来よりもずっと見やすくなったのですが…(JAL HPより)◇国際線年末年始にメルボルン⇔札幌をシドニー経由で往復するのですが、年始の札幌→メルボルンのうち、国内線区間の札幌→シドニーと、オーストラリア国内線 [続きを読む]
  • ロンドン市内散策
  • 2017年10月10, 11日、仕事を終えてからのひととき、ロンドンが初めて、あるいはヨーロッパが初めてというメンバーが多いことから、ロンドン市内を散策しました。このブログをご覧になっていてロンドンを訪れたことがある方はもちろん、そうでない方にも、この「定番ツアー」は定番すぎて面白みはないかもしれませんが、そこは備忘録、ということでご容赦ください。なお、写真はすべてiPhoneで撮影しているので、夜の写真など、感度 [続きを読む]
  • 2017年JMBダイヤモンドステータス達成
  • 先日、2017年JMBダイヤモンドステータス達成のメールをいただきました。これで来年もダイヤモンドステータス維持となります。10月のヨーロッパ出張前が99,945FOP、出張を終えて135,715FOP。これでダイヤ達成となったのですが、ご案内メールが一向に来ない…とリンク先のJUST A JOURNEYのgingerさんから、個人設定で「マイル通知到達メール」の設定がOFFになっているのでは?とのご指摘をいただき、OFFになっていたことを確認。ONに [続きを読む]
  • JAL オーストラリア・パース直行便開設を11月下旬にアナウンスか
  • 西オーストラリア・パースの地元紙「Perth Now」が10月28日に報じたところによると、JALが東京=パース直行便開設について、11月下旬にアナウンスがあるとのことです。(B787-9 成田国際空港にて)報道によれば、使用機材は195人乗りのB787でのデイリー運行が予定されており、西オーストラリア州マーク・マクゴワン首相が今月下旬に東京を訪れる際に発表される予定とのこと。現在、同州観光大臣、パース国際空港社長を含む代表団が [続きを読む]
  • Monk Fryston Hall Hotel(モンクフライストンホールホテル)
  • 2017年10月8日、ヨーロッパ出張2日目は、イギリス北部Leedsの街から車で30分ほどのところにある、「Monk Fryston Hall Hotel」に宿泊しました。その歴史は13世紀にまでさかのぼります。1950年代に改装され、今の形になったとのこと。まるで古代ヨーロッパの貴族の家のような、アンティークな宿です。■ロケーションイギリス北部のLeedsという街からタクシーで30分ほど走ったところにある、Monk Frystonという小さな町にホテルはあ [続きを読む]
  • ヨーロッパ旅行に最適「ThreeプリペイドデータSIM」
  • 今回の出張ではイギリス、スイス、フィンランドの3か国を回ったのですが、頭を悩ませたのがデータSIMカードをどうするか。そこでSIMフリー携帯をお持ちの方に強くお勧めしたいのが、今回見つけたイギリスの携帯電話会社「Three」のプリペイドSIM。ヨーロッパ各国ほかアメリカ、香港、オーストラリア、ニュージーランドなど、2017年10月時点で、世界42か国で追加料金なしでそのまま使えるという、ヨーロッパ各国を渡り歩くには最適 [続きを読む]
  • マンチェスター市内散策
  • 2017年10月8日、午前中少し時間があったので、2時間ほどマンチェスター市内を散策しました。ヨーロッパ観光は、各国の歴史的建築物が醸し出す街並みを楽しむのがその一つ。ヨーロッパ初上陸の私にとって、最初の観光がマンチェスターになりました。マンチェスターは、19世紀の産業革命において中心的な役割を果たした街。リバプールまでの鉄道が敷設されたことにより、主要産業であった綿織物が世界中に輸出され、その名が知れた街 [続きを読む]
  • JALまもなく旅客系システム刷新
  • すでにJAL HPやその他のネット媒体でアナウンスされていますが、11月16日、JALはこれまで使ってきた独自の旅客サービスシステムを、スペインアマデウス社が提供する「アルティマ」に移行します。2015年、ANAがアマデウスにシステム移行した際、国際線の予約システムで不具合や機能制限が起き、混乱が起きたことがあるとのこと。これまで表示されていた経路などが表示されなくなったりなど、いろいろな制限が出て電話センターが相当 [続きを読む]
  • エアアジアジャパンの予約
  • 本日、2017年10月29日 エアアジアジャパンが中部⇔新千歳線に就航します。紆余曲折を経てようやくといったところでしょうか。「エアアジアジャパンの予約」という記事タイトルをつけると、JAL派のぱぴるすがいよいよLCCにも搭乗?と思われそうですが、実は違いまして…家族から、11月上旬に名古屋方面に用事があるのでチケットを取ってほしいという要望があり、当初は過去にためたANAのマイルで、、、と思ったのですが思うような [続きを読む]
  • マンチェスター国際空港での入国〜市内へ移動
  • 2017年10月7日 メルボルンから26時間にわたるフライト終えてマンチェスター国際空港に到着。入国審査を経てホテルのあるマンチェスター市内へ鉄道で移動します。■マンチェスター国際空港での入国審査飛行機を降りてそのまま入国審査場へ。まずは入国カードをピックして必要事項を記入します(機内で配布なし)。入国カードの書き方は以下のリンクを参照ください。 各国出入国書類の書き方…「イギリス」EU圏の人とそれ以外の人 [続きを読む]