あまのじゃく さん プロフィール

  •  
あまのじゃくさん: あまのじゃくな釣り日記
ハンドル名あまのじゃく さん
ブログタイトルあまのじゃくな釣り日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/nagacchan_fish
サイト紹介文継続はチカラなり! 渓流ルアーを楽しむ中の出来事や、そうありたいと願う諸々を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 307日(平均2.3回/週) - 参加 2017/09/17 06:59

あまのじゃく さんのブログ記事

  • 大アマゴ
  • 狙いに行こうと誘われたのは御殿場市、酒匂川の支流である。確かに、大きなアマゴはいた。だが、そう簡単に釣れるはずもなく、カワムツ相手に木漏れ日の中をウロウロと。そして、ようやく本命に出会う。サイスは想定外だったけれど、とても綺麗な1尾だった。 [続きを読む]
  • その先へ
  • 常日頃の通勤も911。セカンドカーはありませんし、買ったとしても置けません。なので週末のドライブや買い物、渓流釣りも少々ルートは変われど911と一緒です。が、911に限らず、「車はここまで」という制約はよくある話。とある休日は、車が通ることのできない細道を歩いてみました。それは地元の裏路地だったり、御朱印を頂いた寺院の奥の院方面だったり。歩くからこそ行けるところ、歩くスピードだから分かることって結構多いで [続きを読む]
  • 御朱印帳
  • 春の大阪入り前に奈良泊し、妻が法隆寺から始めた御朱印帳も折返しに近くなりました。陽射し穏やかな休日、ユリのシーズンが終わった名刹に向かいます。人出はポツポツ。しかし、変わって賑やかだったのが風鈴です。涼やかな音色と鮮やかさに心奪われたのも、こうした展示の存在を知らなかったから。そしてお参りを済ませ、御朱印を頂きます。続いて東へ流れて細い小路を登り、京都と同じ名前のお寺を巡りました。展望台からの風景 [続きを読む]
  • あっそう
  • B・Oさんで、ガラス屋、正規ディーラ、そして私の4者で現象を確認しながら話をする機会を作って頂きました。私の言いたいことは、過去ログで記載してある通りです。で、結果は、ディーラとして目の前にある訳でもないし良品。しかも「よくある」とのことでした。ガラス屋さんも、「欧州車のガラスはこんなもの」とこれに便乗。総じて、性能に問題なし=良品=不具合ではない、だそうです。一方で展開的にはあり得なかったが、交換以 [続きを読む]
  • おいおい
  • 久々に頭にきたので、即刻UP。なにそれ!と思わざるを得ない状況に今は唖然である。本日、地元の正規ディーラから回答を得たと、B・Oのご主人から電話を頂きました。で、その答えというのが実に驚きで、施工後のガラスに瑕疵があっても、その時点では正規ディーラは責任を負わないとのこと。おいおい。ガラス修理業者さんが受入をした=良品=瑕疵を認める根拠がないという理屈だ。おいおい。ゴミか、キズか、ガラス修理屋さんが施 [続きを読む]
  • やれやれ
  • 交換完了のフロントガラスでしたが、洗車をしていたら先回クラックと似たような場所に小さな変化をみつけた。(ドキリ)それはよくみると、そして表裏を触るとガラスのなかにあるみたい。どうやら合せガラスの中間層(樹脂系)にエアが残って細く延びたようだ。ということでB・Oに持ち込むと、ガラスの業者は交換施工の専門でガラスの品質判断はディーラ(ポルシェジャパン=PJ)との説明。ナルホド。PJと協議しますと引き継いで頂 [続きを読む]
  • 補修完了
  • 地元のボルクス・アオトスさんにお任せしたフロントウインドーの飛び石クラックの件は、無事補修完了です。ボルクスさんでは日程調整中も代車を貸してくれて(燃料満タン返し)、その間に下回り、機関等の簡易チェックも対応してくれました。加速、制動、等々総じて問題なく、むしろアタリの個体ではないかとの嬉しいコメントを頂きました。だからではないのですが、すでに1万キロ弱の走行でしたので、オイルと一緒にエレメントの [続きを読む]
  • 赤茶の渓
  • 流芯以外、川底の石に赤茶のコケが付いていた馴染みの本流。程よい一雨に、洗い流してもらえたらいいなと思いつつ歩く、歩く、歩く。しかし、ライントラブル覚悟で流しまくったスピーナーへの唯一のヒットもバラシ。そして後半は支流に向かい、イワナたちに遊んでもらった。お守りの効果は、次回に期待である。 [続きを読む]
  • お宮参り
  • 妻が収集する御朱印帳への記帳巡りに同行し、お守りなるものを買った。無論、大事なのは安全祈願。だが、メモリアルフィッシュが出たときはお礼参りをするつもりだ。ヤマメ(アマゴ的な)のデザインが、お気に入りです。 [続きを読む]
  • 入庫完了
  • フロントガラスに伸びるクラックをみつけ、焦ってすぐさま近くのPC(ポルシェセンター)に向かい、後日告げられた見積り金額が22万円強。それは想定の範囲内だったものの、乗り続けるのは危険だし、施工までの間に乗る車がなくバス通勤に切り替えるとしたのは先述の通りだ。が、片道250円で移動時間の束縛... なかなかなストレスである。ということで、甚だ筋違い的ではあったけれど、分からないいくつかの点を確認するため、 [続きを読む]
  • あらあら
  • 先々週末に東名高速道路を東進し、大井川を越えた辺りで「パシっ」と飛び石被害。音は大きかったですが、それなりのキズは見当たらず先週末は伊豆へ。この週末も遠州三山の御朱印巡りに出掛け、愛車は活躍してくれました。で、昨日の日曜、助手席の妻が「何じゃこりゃー」と指さしたのが明確なクラック。フロントガラスのAピラー根元からそれは伸び、今も成長が続いています。もちろん交換しないと、車検に通りません。部品代、工 [続きを読む]
  • 初夏雨魚
  • 馴染みの渓で、初アマゴたちに会えました。サイズや匹数に関係なく、再会が兎に角うれしかったです。また馴染みの蕎麦屋にも寄り、いつもの「揚げ茄子ぶっかけ蕎麦」を食べました。待っている間に、ソフトクリームを食べたものだからお腹は満腹。早めな帰路でしたが、大満足な1日でした。 [続きを読む]
  • 出来上々
  • 縦アイ仕上げにした、オーナーばり伊勢尼6号。愛用する、フォレストのアイフィッシュFTの5cmシンキングとの相性はご覧の通り。前後の絡みの心配もない。造り貯めたフック全部をミノーにセットし、週末釣行の準備も完了だ。 [続きを読む]
  • 1ダース
  • 所要で釣りができない日曜日でしたが、空き時間を活かし釣具的なことを進めました。オーナー伊勢尼6号の縦アイフック作りです。これらは5cmミノー用に展開します。巻き、瞬接硬め、マニキュア仕上げを通しで12本(1ダース)作りました。ボタっと塗られたマニキュアも、溶剤が抜けると締まっていき、この盛り量がちょうどよい仕上がりになります。本流用のフックも一気に塗ってしまいたいところですが、そちらは垂れてしまうため、3 [続きを読む]
  • 5/31
  • 今回もまた、原稿を書かせて頂くことが叶いました。短いだろうこの先を考えると、卒業論文のような気がしなくもありません。これからを生きる世代に、山渓で遊び続ける世代に、想いが届くといいな、と。5/31発売。http://geibunsha.co.jp/fishing/gijie/22378.html   [続きを読む]
  • 久々の道
  • 久しぶりに北陸自動車道を走り、能登半島に向かいました。以前、ソフトテニス競技に没頭していた頃、会場の穴水に入った以来で、実に25年余ぶりでしょうか。今回宿泊したのは志賀町のホテルで、翌日は千里浜なぎさドライブウエイを約200m激走?そして仲間たちと別れ、敦賀へと南下します。「行ったことがない」をキーワードに選んだ街でした。早々に着して赤レンガ倉庫や気比の松原を散策し、翌早朝に再度、人出のない赤レンガ倉庫 [続きを読む]
  • 3度塗り
  • 「何も変わらないじゃん!」ってツッコまれそうですが、造り手としては3度塗りによる効果を7cm用ミノーの伊勢尼9号で実感(自己満足)してます。こりゃもう、残り全部も再度マニキュアを塗るしかない!そして5cm用である伊勢尼6号の縦アイも、着々と進行中。で、今週末は現車を扱う雑誌が媒体となった集まりで、能登半島に足を伸ばします。月曜日は有休入れて敦賀市に1泊し、周辺をじっくり散策するつもりだ。となると、夜な夜な巻 [続きを読む]
  • 完成です
  • 手作りですから個々の差は生じますが、マニキュア2度塗りで糸目は薄くなりました。ということで、完成です。(下は1度塗り時)が、早々ケースに入れると貼り付いてしまうので、丸1日はこのまま乾燥しておきます。さてさて、これらフックたち(当面はスペア)は何処かの本流もしくは湖で、良型とのコンタクトを果たしてくれるのでしょうか。それが続く楽しみです。 [続きを読む]
  • 一次塗り
  • 瞬接を染み込ませて終わり、というやり方もよく聞きます。それはそれで「あり」ですね。でも私は、赤のマニキュアで仕上げます。まず一次塗り。これで発色よく概ね完成ですが、糸目がまだみえます。なので、この後もう1度塗り重ねて完成。楽しみです。 [続きを読む]
  • 雨の日は
  • あまり使わないのですが、本流用のミノー用フックを自作します。伊勢尼9号のチモトにカルティバのPF-02を添わせ、赤いスレッドで巻いていきます。朝から作り始め、午後3時の時点で45本。これからスレッド部に瞬接を染み込ませ、仕上げに赤いマニキュアを塗ります。1シーズン分はあるでしょうね。左の親指と人差指の先端が半端なく痛いので、そろそろ止め。痛みが引いたところで、渓流ミノー用に6号バリのチモトも作る予定です。 [続きを読む]
  • テン泊Ⅱ
  • 車が変わり、今シーズン2度目となる野営。釣りの方は、前日から水温が下がったのでしょう、ほとんど本流は反応ありません。なので支流へ向かい、最後の引出しからスピナー5gを取り出し、ダウンクロスで流れを横切らせます。すると、下流から現れた魚影がヒット。18cmのアマゴでしたが、感動大きな価値ある1匹でした。で、風呂場と食事処とテン場を求めて国道153を南下。平谷村で左折し、到着したのが先回同じ場所である。ただ違う [続きを読む]
  • 湯川釣行
  • 湯ノ湖から落ちた湯滝に始まる、湯川へ行ってきました。当日は解禁日でしたが、チェイス少なく1バラシ、1ヒット。厳しい釣りでしたが、友人と広く歩いた爽快な1日でもありました。 [続きを読む]
  • 川越散策
  • 東松山在住の友人と釣りに行くことが決まり、前日移動で埼玉県入り。折角なので、川越の町を散策しました。到着は店オープン前の午前8時。南北のメインストリートは午前11時から通行規制が掛かるのですが、そこを難なく走ってついでに車を寄せてパチリ。 時の鐘横も通行できてパチリとやり、人出の少ない通りを、ほぼ独占でした。その後、車は市役所の駐車場に停め、徒歩で重要伝統的建造物群保存地区「長いな!」を細かくウロウロ [続きを読む]
  • テント泊
  • 愛車がガラリと変わっても、野営をしつつのんびり楽しむスタイルを変える気はない。加えて必要最小限のアイテムをスリムにパッキングし、積んでます的な感じにすることなく装備するのが私の理想だ。でもって先週末、考えに考えた作戦を決行した。日中の気温は28℃。夕方も20℃ちょっと下回る程度で、設営したソロテント内は灼熱である。しかし食事処を出る頃には、テント内は快適。そして夜中は寒さで一時起床したものの、少し着込 [続きを読む]
  • ハナモモ
  • ハナモモ満開の、長野県下伊那郡阿智村に行きました。狙った流れは水位若干高く水温低下を心配しましたが、活性は思いの外高かったです。28℃まで上昇した気温に、流れも温まったのでしょうか。視界も充分楽しめた、いい釣りでした。 [続きを読む]