あまのじゃく さん プロフィール

  •  
あまのじゃくさん: あまのじゃくな釣り日記
ハンドル名あまのじゃく さん
ブログタイトルあまのじゃくな釣り日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/nagacchan_fish
サイト紹介文継続はチカラなり! 渓流ルアーを楽しむ中の出来事や、そうありたいと願う諸々を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2017/09/17 06:59

あまのじゃく さんのブログ記事

  • ドライブ
  • 昨年の大河ドラマの舞台だった井伊谷は、普段通りの人出。よく行くうなぎ屋も、正午過ぎで入店することができた。ひと頃は「お待ち頂けますか?」じゃなく、「申し訳ありません」と食事が提供できないと断られることもあった。これくらいが、らしくていい。しかも私の求めるのは、蒲焼半身のうな重梅。肝吸いが付いて、お値段も優しく十分満足なのである。この日も美味しかったかぁ... ご馳走様!そして、次なる目的地の井伊谷宮 [続きを読む]
  • 納得です
  • グレ用フック(#7)に加工した、ミノー用の縦アイ。1日2〜3個結んでは、次工程へと進みます。スレッドを巻いて糸止めし、瞬接で固めてマニキュアでコーティングすること数回。いやぁ、我ながら納得です。あとはこのポイントが良型をフッキングすれば、文句なしですね。来春以降の本流シーン、実に楽しみだ。 [続きを読む]
  • 御朱印帳
  • 釣果なしに終わった潤井川。手ぶらで帰る訳に行かないので(笑)、近くの浅間本宮に寄ってお参りをする。そして、御朱印帳なるものを買ってみた。その効果なのか、帰りの駐車場では夕日に染まる赤富士がド正面に。これからもポツリポツリ、集めて行こうかなと思います。 [続きを読む]
  • 青い衝撃
  • モ○ベルショップで買い物を終えて出てくると、上空で旋回する戦闘機に遭遇しました。自衛隊浜松基地で、航空ショーが開催されていたようです。そして暫くすると西の空に直線が5本走り、それぞれが交差する先端で煙を断ち切って飛び去っていくと、大きな☆が現れました。ブルーインパルスも格好よかったですが、戦闘機の爆音も心お穏やかに聞いていられて、漠然とした幸せを感じた瞬間でした。 [続きを読む]
  • 渓流準備
  • ちょっと早いかな?なんて思いつつ、来春のためにミノー用縦アイのシングルフックを作っています。フックは、グレばり7号(金)の細軸ひねりなし。しかもシャンクの短い、昔々に発売していたモノです。ヤフオクで、5袋(75個)ゲットしました。着々と進んでいます。 [続きを読む]
  • 足がない
  • 駆動系は快調そのものだけれど、お肌の具合に気になるところがみつかって再入庫です。加えて、フロントの$%#&ステー(とかいうパーツ)も交換してもらいます。路面の周期的なパターン。例えばグレーチングだったりマンホールのフタだったりを踏むと、特有のバタつき音があって、車検時にPC浜松のメカニックが消耗しているパーツを指摘してくれました。「今すぐ治す必要はないけれど、この音は段々大きくなってきますよ!」との [続きを読む]
  • 独り焼肉
  • ついに、デビューしました。しかし満腹手前のときの、全部食べないとダメなんだと思うプレッシャーが半端なく、終盤の旨さは半減しましたね。なので、独り焼肉はもう卒業でいいかな?そんな感じです。 [続きを読む]
  • 湖畔の宴
  • タイトルが本来の目的ではない。が、その日ダメだった釣りも、仲間と食べて呑めばいい思い出に変わっていく。そして、翌日の湖畔の清掃活動。加えて、今まで釣れたことのないサケ科のなかでも亜科イワナ属の放流だ。お願いだから来年こそはね!と思う私なのである。 [続きを読む]
  • おかえり
  • 無事に車検を終えました。今回のテーマはリセットです。4オーナー目でいろいろと手を加えられた車両ということもあり、また再び正規ディーラで点検開始していくので、後輪ブレーキディスクを純正に戻します。ついでに、タイヤもピレリからミシュランに替えました。この先のメンテに関しても、お腹等をみてもらったために分かった(分かってしまった)ところがあるので、徐々に叩いていこうと思います。9年めを迎える911。大事に、 [続きを読む]
  • 250円
  • ここ数日、車検中で代車なし。ということで、バス通勤な朝である。7:36発の路面バスは最寄りのバス停に7:45着。9分間の乗車でバス代は片道250円だ。往復ともなると、生1杯分相当。「高いな」と思っていた。で、一昨日の帰路、徒歩での帰宅を試みる。無論、バスの通り道ではなく、所謂路地をくねくねと。暗い夜道は懐中電灯を片手に、である。そして歩くこと45分、肌寒い空気と体の発熱はバランスがよく、汗をかく程ではない暖かさ [続きを読む]
  • レア商品
  • 最近買った、モ○ンベルのキャップ。メーカのロゴが白銀で明瞭なのが気にいらなかったから、染Q(黒)で着色してやった。結果、生地と同化して満足。カタログにはない、レア商品の完成である。 [続きを読む]
  • 二十年弱
  • 昨今、SNS全盛の時代(のようだ)。釣り関連のなかでも渓流ルアーフィッシングに触れ、執筆や写真撮影が実に面白いと気付き始めた頃から付合いのあったメーカも、とうとうSNSに傾倒するようになった。それを信じてはダメだとは言わない。真実が転がっているかもしれない。が、一釣具メーカが利益という実効果を得るには商品を流通させてお客の手元に商品が届くのは当たり前で、その商品について納得し、リピート購入してもらえて市 [続きを読む]
  • 続、渓流
  • 10月8日、まだ開いている西伊豆の渓を、熟知する友人の案内付きで遊んできました。大きな滝の上から入渓し、次の滝までを釣り上がります。途中でドリップコーヒーまで出てくるという、贅沢極まりない時間。そして、綺麗なアマゴたち。終始ご案内頂いた友人にはダウン系の展開をちょっとだけお知らせし、最後はミノーに誘われた1匹が見事にヒット。引き出しが増えた友人は実にうれしそうで、そんな姿に私も爽快な気分になれました。 [続きを読む]
  • 最終釣行
  • 2018年シーズンは1週間早い幕引きで、馴染みの渓のヒルまみれの谷で遊びました。湿地化した杣道を歩く度に小さなヒル、ヒル、ヒル。河原へ降りて水際でヒルを除去したお陰で吸い付かれず済みましたが、まぁ大変。今回は総勢4人でワイワイやれたからよかったものの、単独ではもう無理無理。血気盛んだった若かりし頃、1人で向かっていたのが信じられません。最早少しビビり気味の方が無難と、格好悪さに年相応の味を見出しつつあり [続きを読む]
  • 結縁の旅
  • 妻が御朱印を集めるようになって、地元の有名どころを行脚しています。多くは徳川家康公ゆかりの神社仏閣ですが、中には犬を祀る神社もあったりします。それが昔々、この地にいた怪物を倒した悉平太郎(しっぺいたろう=早太郎)で、磐田市のゆるキャラ「しっぺい」の由来です。そしてこの悉平太郎が育ったのが、長野県駒ヶ根にある光前寺。御朱印には霊験ならぬ霊犬の文字がともにあり、御朱印のなかで結縁できたことはよかった、 [続きを読む]
  • 初の試み
  • 下ごしらえのメインは、シンプルに塩と砂糖と水。箱書きのレシピにはセージとあったが、ひとまず鉢植えローズマリーをむしり利用する。チョット濃い目の浸け汁だったので、浸漬30分、キッチンペーパーに包んで脱水2時間。そして、サーモンとかまぼこを燻蒸だ。やってみようかな?と思ったきっかけは、誕生日のプレゼントに長女夫婦から燻製キットをもらったから。だから地元の夏祭りに合わせ、チャレンジしてみたのである。結果的 [続きを読む]
  • 専門店で
  • 通販購入が多くなったが、久々専門店でのショッピングである。FOXFIER、SIMMS、KORKERSもフィッティングさせてもらい、選んだのはキャラバン。外回りのソール近くの素材はゴム系で長くて2年持つかなという造りだけど、土踏まずから甲の辺りを包む感じが心地よかった。何と言っても、軽い。歩いていて苦痛というのは、絶対避けたいところですからね。いいものを買わせて頂きました。 [続きを読む]
  • 意味不明
  • この世の中、意味不明なことがあるけれど、今回は久々に面食らった。関連の過去ログは削除したので、コメント頂いた方、相手は誰かお気付きかと思います。分からないことを尋ねる。技術を信頼し、至った経緯は正しく明瞭に、もちろん謙虚に...だったのですが。「ウチの責任のつもりか?」と、イキナリ大きな勘違い。その後は何をどう説明しても、鳥付く島なし。私、いつの間にかクレーマーとされ、客の品定めでランク外に追放さ [続きを読む]
  • 麺屋発見
  • 歩かなきゃ、きっと向かうことができなかったでしょう。ここは愛知県豊橋市。相談で向かったコーティングショップに911を預けたとある休日、細い路地に偶然みつけたラーメン屋に入店する。頼んだのは台湾ラーメン。辛味と酸味と甘味が相まって、硬めなモッチリ麺との相性もGood!真夏の熱い1杯は、実に美味かった。 [続きを読む]
  • 大イワナ
  • 狙いに行こうと誘われたのは山梨県南巨摩郡早川町、富士川支流の上流域である。が、一般車両通行禁止の道を進むことができるのは、専用バスだけ。数分揺られて滝近くのスロープから降り、この日の釣りが始まった。渓相はチャラ瀬主体でも、元気なイワナが飛び出てくる。私が出会った本命のサイスは20cm強ばかりだったけれど、区間終盤の大岩主体の渓相は圧巻。誘ってくれた友人、現地まで同乗させてくれた先輩に感謝です。 [続きを読む]
  • 大アマゴ
  • 狙いに行こうと誘われたのは御殿場市、酒匂川の支流である。確かに、大きなアマゴはいた。だが、そう簡単に釣れるはずもなく、カワムツ相手に木漏れ日の中をウロウロと。そして、ようやく本命に出会う。サイスは想定外だったけれど、とても綺麗な1尾だった。 [続きを読む]