ちびた さん プロフィール

  •  
ちびたさん: ご隠居通信
ハンドル名ちびた さん
ブログタイトルご隠居通信
ブログURLhttps://ameblo.jp/chibita5554141/
サイト紹介文ご隠居の気ままなブログ
自由文読みづらいかもしれませんが…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 338日(平均2.4回/週) - 参加 2017/09/17 07:25

ちびた さんのブログ記事

  • 隠居 小説に挑戦する 26
  •  土曜連載小説 「捨てる神」 第二十六回 自分にとっての 世界  典太での飲み会の翌日。 科学的な裏付けはないが、幸せな気分で飲むとアルコールの代謝は格段に促進される。 脳内に一滴の酒も残留しないさわやかな目覚めだった。  「おはよう。」  足元に神様が立っていた。  「いい天気だな。」 「再就職の先が向こうから飛び込んできたよ。」 「満面の笑みだな。 世界中が笑みで溢れるといいのにな。」 「どこかの [続きを読む]
  • ””備忘録 母の証言を忘れないために””
  • 何度リブログしても足らない 『日本人』 はすぐ水に流したり喉元過ぎれば熱さを忘れるから 文字通り刻む べし あの戦争で亡くなった日本人約300万人 開戦時の人口約7000万人(植民地・満州含まず) 実に40パーセント以上が死んだ ご存知だろうか軍隊が全滅とされる損耗率 25パーセントだ 25パーセントの兵員が死ぬとその軍隊は全滅=戦えないと評価される それをはるかに超えた国民の損耗率 あの時大日本帝国はとう [続きを読む]
  • 隠居の 料理 11
  • 今日は終戦記念日 戦争に負けたのだから敗戦記念日と 言い換えるべしと言う人たちもいる そんな言い方をするやつに限って言葉の本当の意味を 粗末にするやつが多い 戦争に負けたと言うなら敗戦はミッドウエイから始まりレイテ沖で終盤沖縄上陸で完結広島長崎の原爆はダメ押しだ 昭和天皇をかついで色々な人がやっと 終わらせた戦争 終戦でなぜ悪い 歯ぎしりする 元気が あまりない 隠居は(十分歯ぎしりしたか)整形する っ [続きを読む]
  • 隠居 小説に挑戦する 25
  •  土曜連載小説 「捨てる神」 第二十五回 再転職への道 続き  青々と見えたQ商事の社員たちは、見事に手入れされた芝生のようにどこを向いても同じ背丈に調整されており、たとえそれが売上げであったり利益であったり、会社に貢献するものであっても平均値を大きく越えることは許されず、視界が利くほど頭が出れば即座に管理職が芝刈り機を持ってとんで来る。 入社半年もたたずに、地方とは言え百貨店の口座を二ケタも獲得 [続きを読む]
  • ”だから私はナガサキを描く”
  • 同種・同族をこれほど熱心にこれほど組織的に殺す殺し続けるヒトと言う存在をぬるく 許す 赦すあなたはその先にいったい何を見ているのですか自滅までゆるゆると続く地獄ですかそれとも真っ白な浄化ですか 多くのひとびとが忘れてはいけないことを忘れないように… [続きを読む]
  • 隠居の 料理 10
  • 自家製ハムつくってみる? ボリュームたっぷりサラダで 使ったやつ美味しいよ市販品食べられなくなるかも… 覚えてるかな 出来上がりはこんなふう まずは調味液から 鶏ハム二本分つくります 例の 化学調味料無添加の 塩胡椒 これ 必須 茶さじ 山盛り 三杯 サラダのドレッシングでは好みによってだったけれどハムの場合砂糖は 必須 茶さじ 山盛り 三杯 (塩胡椒と同量だね) ガーリック 茶さじ 山盛り 一杯 [続きを読む]
  • 隠居 次を 織る
  • 出来上がった藍染めの生地妻が暖簾に仕立ててくれた 裏側から見るとこう いいねとほくそえんだら 次行こうと気合を入れられた もう 糸 張ってある ん… 見るとやる気になってしまう 今度は三色の グラデーションいってみるかなどと 織り始めてしまった 乞う ご期待 [続きを読む]
  • 隠居 小説に挑戦する 24
  •  土曜連載小説 「捨てる神」 第二十四回 再転職への道  倒産したアトリエ響に入社する少し前、四十歳の大台を目前にした横山は、業界一般ともに知名度抜群の大手アパレルQ商事の物流センターで腐敗と発酵の間を行きつ戻りつしていた。  前職のニットを主体とする婦人アパレルメーカー、ラブリーモードでは、部長空席のままの代行とはいえ三十そこそこで予算規模二十億の営業部を任され、百貨店と直営インショップのスペシャ [続きを読む]
  • 隠居の 読書感想文 4
  •  隠居の 百円読書 感想文   東 直己 著 「半端者」  2011年3月ハヤカワ文庫初版。 文庫の書き下ろしだ。 単行本の文庫化ではない。  大泉洋と 松田龍平が主演した 『探偵はバーにいる』 と言う映画は 正確には東直己の探偵シリーズ第一作の 『探偵はバーにいる』 ではなく 第二作の 『バーにかかってきた電話』 が原作だ。  そしてこの 『半端者』 (はんぱもんと読む) は この映画化がきっかけで書 [続きを読む]
  • 隠居の 歯ぎしり 9
  • 隠居久しぶりに歯ぎしりする 昨日(7月30日)の 朝日新聞 一面 左上―『2012年にお話を…』 保守派に衝撃―と言う記事だ 発端は 昨年九月秋篠宮眞子と 小室圭の記者会見だ 記者から二人の出会いについて問われると 眞子ちゃん『初めてきちんとお話をしましたのは2012年―後略―』と 答えたのだそうだ 記事では―皇族の会見で元号が使われなかったことに、保守派の一部には衝撃が走った。―とある 記事の続きに [続きを読む]
  • 織り上がりました
  • 経糸の終わりが見えてきた 一週間余りかかって織り上がった 布 長さ約7メートル余り 少し透ける 材料の糸は妻が四国徳島までかついで行って本職の職人さんに教えてもらいながら自分で染めた本藍綿100パーセント 隠居えらそうに織ったと言うが 一番大変な整経面倒な筬通し神経を使う綜絖通し 全部妻にやってもらった まあ三分の一 人前 次からはもうすこし進歩したい [続きを読む]
  • 隠居 久々に 解説する
  • 何とかいう 女性の国会議員が同性愛者は生産性 がないから税金を使うのはマズイと言ったようだ 隠居は国会議員に税金を使うのが一番よくないと思っているが それはさておき キー・ワードは生産性だ ふつうこういう文脈では少子高齢化 辺りを持ち出すのだが今回は生産性 こんな生煮えの言葉を使ったのには理由がある 自民党内で 『活発な』 議論がおこなわれていて頻繁に使われる その言葉が癖となって 思わず出たと言うのが [続きを読む]
  • テレビ屋さん 教えて
  • 夜テレビを見ていた 画面が分割され台風の情報が間断なく時々刻々流されている 突如画面が一面になり台風情報がなくなった コマーシャルだCMが終わるまで台風はどこかに行ってしまった テレビ屋さん君らにとって何が一番大切なのか教えてくれないか 沈痛な面持ちで被災地の被害を語るキャスター君教えてくれないか [続きを読む]
  • 隠居 小説に挑戦する 23
  •  土曜連載小説 「捨てる神」 第二十三回 うち こない?  京成線の踏切を越えてすぐ左にある小振りな居酒屋「典太」.。 二人の前に並んでいるのは、霜降りの馬刺しとキンキの潮煮。 飲み物は芋焼酎。 ミネラル・ウオーターで割った焼酎を二週間寝かせ、徳利でゆるゆると燗をつける。 ふくよかで弾力のある芋の香りは、湯上りの年増のようでたまらない。  「美味い馬刺しだね。 若者が行くような居酒屋でさ、冷凍で色が [続きを読む]
  • 隠居の 料理 9
  • さあ 仕上げるぞ いただき物の アスパラ北海道産指くらいの太さ (産地と太さは 関係ない) 端の硬いところを 切る (出来るだけ少し) ピーラーで 下半分の皮を剥く 長いので鍋に入らないフライパンで 塩ゆでにする トマトのヘタを外し十字に切れ目を入れる 沸騰したお湯に入れる 皮がめくれて来たら水にとるでないと 煮えてしまう 皮を剥いて二つに割り残った芯を V字に切って外す 自家製 鶏ハム (作り方 [続きを読む]
  • 隠居の 機織り
  • 阿波 徳島の本藍で染めた 綿糸(糸をかついで 徳島まで行き         職人さんたちに教えてもらいながら                        妻が自分で染めた)そんな思い入れもあり妻は もったいないと長いこと死蔵 先週いつまでとっておいても 仕方がないあの世まで持って行けるわけでもなし暖簾にしよう織ってくれる?と妻に言われ 隠居 乗り出した でその作業途中の写真 出来上がったらまたア [続きを読む]
  • 隠居 小説に挑戦する 22
  •  土曜連載小説 「捨てる神」 第二十二回 居酒屋典太  「毎度どうも。」  一昔前の御用聞きを真似てふざけているのではない。 流行の最先端を走る(?)アパレル業界の挨拶は「まいど」である。 いつ誰が決めたのか知らないが、有史以来ずっとそうで、人類が滅亡するまでそうなのではあるまいか。  「たいへんだったね横山君。 こっち来て座りなさいよ。」 「思ったより早くイっちゃいましたねえ。」 「思ったよりって [続きを読む]
  • 隠居の 料理 8
  • ドレッシングを作ろう化学調味料を使わず (あのくどい味が 隠居は苦手だ)自分の好みの味を作って保存しておくやめられん 味付け塩胡椒 (化学調味料無添加) 茶さじに山盛り 五杯 コリアンダー 茶さじの柄の方で 五杯 カルダモン 茶さじの柄の方で 五杯 この二つのスパイスは間違って使っても美味しくなる (どういう意味だ?!)失敗がないスパイスなので 是非使ってみてほしい 旨みをさらに加えるために顆粒の [続きを読む]
  • この暑さは
  • 人間だけがまいっているのではないかもしれない 庭に水を撒いた ウチの庭に生息する蚊 は極めて凶暴で厚手のジーンズの上から刺す だがこのところ刺されない 暑さにまいっているのだろうか蚊 まで…? [続きを読む]