韶子 さん プロフィール

  •  
韶子さん: 雛菊
ハンドル名韶子 さん
ブログタイトル雛菊
ブログURLhttp://hinagiku5245.blog.fc2.com/
サイト紹介文犬と花と本と写真好き
自由文無断転載厳禁
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 74日(平均3.2回/週) - 参加 2017/09/17 10:19

韶子 さんのブログ記事

  • 防火樹の銀杏
  • 防火樹とは漢字のとおり火災延焼を食い止める樹木で 銀杏の木は神社の御神木として本でもよく目にする難燃性だ。わたくしは最近では『古路・古道調査報告書』でも 清水谷神社近隣に「神木銀杏之木跡」なる写真を見た。小学校にも大きな銀杏の木はあるが病気にも強いし目印にもなり 青い空に映える。また銀杏は食用にもなる。葉が厚め・コルク層の幹や枝 澱粉質を含む細胞高温となる火災には気功から水分が熱せられてしゅうしゅ [続きを読む]
  • 椿の空中反転作用
  • わたくしは数学も植物も 何かしら結び付けて考えるのが癖のようだ。かの寺田寅彦先生は友人に夏目漱石先生がいたので 会話の中にあっても後々 心に遺すところがありわたくしは寺田先生の書物の中でも漱石先生を偲ぶのである。ところで今夜は 日中に椿を観る機会があり 寺田先生と漱石先生の『落ちざまに虻を伏せたる椿かな』を論じたところから 思わぬ寺田先生の椿の花の落下観察・実験を思ひわたくしも一つ 色彩反転ならぬ [続きを読む]
  • 猟犬の群
  • 猟犬で群れて獲物を獲る『パック・ハンター』という言語の解説を読んだのは日高敏隆先生の著書だ。日高氏は単なる動物行動学に終わらず 芸術や文学の話しも織り交ぜて真実を教えてくれる。瞳孔の周囲の瞳・黒目の説明も以下のようになる。【くろめは学問的には光彩と呼ばれる。光彩の真ん中の切れ目が瞳孔である。だから瞳孔はそれ自体が大きくなったり小さくなったりするのではなく光彩が動いて切れ目 つまり瞳孔を大小に開閉し [続きを読む]
  • 海賊の帽子
  • この海賊の犬用スヌード。北海道のお店からお取り寄せしたもので かれこれ8年と10カ月前のこと。今も犬用の洋服の専用引き出しに保管しています。もう一種類まるでドナルド・ダックの帽子みたいな形の紺色に白いリボンの水平帽もありましたが これは処分してもうありません。写真は当時の気持ちや生活環境の記録でもあります。色彩で考えると この当時は茶系も好きでした。このカウボーイみたいな洋服も 犬のために考えて購入 [続きを読む]
  • 昭和の図鑑にありがちなイラスト色彩
  • 印刷ズレなのかは 当時の幼ないわたくしには判明できませんでしたが昭和時代の図鑑や 海外からの英語の絵本にすら鮮やかすぎる色合いと 動物と景色の境の融合性?どこからどこまでが動物で 風景と若干 色の線が混載してませんか?状態にすごく不思議な これっていい線だしてるよね〜イカスじゃん。これはこれできっといい。まじまじと何回見ても 飽きないイラストと色彩に酔いしれていました。こんな感じで動物が登場して英 [続きを読む]
  • 皇帝ダリア
  • キク科のキダチダリアは 別名 皇帝ダリアと呼ばれています。背丈は3〜4メートルのダリアや 高く育つと8〜10メートルくらい。今の時季 実は広島市の護国神社の裏手 広島城の西側に咲いています。城の堀の敷地内で護国神社が階段を下りて行く場所から撮影しているので結構な高さからカメラのシャッターを切っています。昔は高地・山地で咲いたようです。花言葉は「乙女の真心・純潔」だそうです。城や神社内の樹木・植物に [続きを読む]
  • クリスマス・イブまであと40日
  • 毎年クリスマス・イブに犬とお祝いしているわたくしです。今まで数々のケーキ作りやガラスのツリー集めや プレゼントを手作りしたりしてきました。今冬のクリスマス・イブの犬へのプレゼントは 今 全くの白紙状態。毛糸で何か編もうかなあ?それとも洋服の手作りにしようかなあ?ちなみにですが娘犬には洋服手作りしました。お父さん犬と違って あまり毛がないので寒がりです。秋になり 早めの洋服を着る機会が増えています。 [続きを読む]
  • 菊と霊狐
  • 広島城にて菊花展を見てきました。私は巴錦系が好きですが 小菊の盆栽も悠久の趣を醸しておりました。民話で『聴耳草紙』に 菊の花を咲かせることの上手な狐 羽沢お菊と言う名の狐がいたそうです。良く深いお爺さんから総菜物をだまし取るために 野に一面美しい菊の花を咲かせたそうです。城へ お出掛けまえに 私に挨拶してくれた猫です。飛び出して目を見て鳴いたので 思わず「なあに?こんにちは」と返事をしました。しば [続きを読む]
  • 11月のうちから大掃除
  • 10月後半は選挙関連の仕事を深夜までお手伝いしていました。11月は年末の大掃除に慌てないように 毎日少しずつ 拭き掃除しています。昨年から今年に入って使っていない食器や洋服・靴も捨てています。知人にも 年賀状まえの確認の手紙を書いて連絡とっています。来年の手帳もカレンダーも購入。来年の抱負も大まかに決まりつつあります。10月から年末にかけて実行すると 来年は概ね そのような年になるとか。。。綺麗に清潔に [続きを読む]
  • 色彩のマジック
  • 着物のように生地に数々の色彩変化をつけると 同じ柄でカーテンやクッションが作れて部屋のインテリアの模様替えにもいいですね。紫竹昭葉さん著書の『87歳。紫竹おばあちゃん 幸せの花園』にあるように北海道の帯広に美しいガーデンがあります。佐原洋子さん著書の『向島百花園のスーパーレディ一代記 花も盛りの88歳!』200年前からの百花園には花魁には似つかわしくない風流なひっそりとした素朴の「生(き)」の美しさ [続きを読む]
  • 薔薇園は11月も魅力的
  • マリーアントワネットが愛した薔薇。花言葉もいっぱいある 例えば愛の使者。薔薇のなかでもピンク色がシロップやお菓子に使われやすい。自宅の冷蔵庫に薔薇のシロップや砂糖など 随時使えるように保管している。飲み物での香り用で時々使う。秋から初冬にかけて 薔薇園にはまだまだ見頃のピンクや赤・イエローの薔薇が咲き誇っている。薔薇は茨木県の県花。常陸風土記に「その昔 黒坂命がイバラをもって城を築き国の名を茨城と [続きを読む]
  • アンネ・フランクの薔薇
  • 実家の庭から掘り起こして 連れだしたアンネ・フランクの オレンジ+イエロー色の可憐な色彩の薔薇が今年も咲いてくれました。母が薔薇大好きでしたから 咲いてるのを見て 面影や声など浮かべてました。ありがとう。束の間 母と会話できたよ。にほんブログ村この薔薇を してね。 [続きを読む]
  • 朝食画像 
  • 断食 壊すの? 破るの?というわけで この写真今夏はお粥をよく食べました。薬膳ではないですが ユリ根や金針菜・なつめなどでお粥や簡単こ朝食にしてました。茗荷は夏の定番です。実家では庭に自生していました。娘の和風バーガー。生姜で味が和風に。茗荷も使いました。今は朝から果物スムージーが多いです。林檎・パイナップル・無花果・梨・みかん。時にはそのあとに人参やホウレン草でスムージー。それからお昼ご飯は炊き込 [続きを読む]
  • プリンシプルのない日本
  • 私は白洲次郎氏が好きだ。彼の著書に【プリンシプルのない日本】がある。この本だけでも好きな文はいくらでもある。『えてして英雄天才ほど取り巻きが悪いと昔からいうでないか』『おのれの好まざることを人に施すなかれと先祖代々教わっていた我々も 人の好まざることを人に施した挙句人の好まざることはやっぱりおのれも好まざるものであったと気がついた。因果応報。何をかいわん。』『こいういことを英語では「コウモリガサを [続きを読む]
  • Pink Rose
  • デザイナーズギルドやローラアシュレイが好きです。デザインするなら花のモチーフが多いかもしれません。キャスキッドソンのような犬やヨットもいいですね。数々作成していけば オリジナルが確立できそうですが 日本の花を題材に歴史も加味したい私です。佐野藤右衛門氏は著書で紅葉は着物でいうたら襦袢みたいなものですわ。あまり表に出ずにちゃんと用をなしている隠れたおしゃれというのかねえ。など味のある文・言葉を書かれ [続きを読む]
  • 緑の帆船
  • 10月に入りましたね。読書の時間が増えています。牧野富太郎氏の本や佐藤藤右衛門氏など 私は植物も好きなので色んな見解を知ることが楽しいです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • インスタグラムの沖縄写真
  • インスタグラムのOkinaworld様の『美ら海からの伊江島』のお写真を加工させていただきました。もともとのお写真 是非 インスタグラムで観てください。沖縄が大好きな方のようですが いろいろな場所から沖縄の海を撮影されています。写真家さんですかね?観光業界の方でしょうか? 綺麗な写真がずらーーーーっとアップされています。海亀も撮影されてましたよ。海亀 大好きです。太陽からの日差しが 本州とは別格で綺麗で明る [続きを読む]
  • Instagramの方より
  • 白川水源のお写真が美しくて コメントに「加工してみたいです〜」と載せたらなんとっ了承していただけましてこんなに美しい色彩に仕上がりました。f.clauth様。現写真 元写真をご提供くださり ありがとうございます。皆様 宜しければ インスタの@f.clauth様の 他のお写真も観てください。素敵な写真が いっぱいです。ブログもされてるのですかね?プロのカメラマンさんですかね?にほんブログ村 [続きを読む]
  • 撮影した写真の加工方法
  • 撮影して さらに楽しみなのが写真加工の時間。ピンボケを可能なら修正して はっきり画面に近付けたり曇り空で撮ったけど 明るくしたいとか私でわかることは アウトプットします。思い出作成のお手伝いブログ作成のお手伝いなど質問してください。手元にある写真を どうしたいかをお話しください。かく言う私も 10年前には写真の色彩や明るさ調整って どうやるんだろうって人のブログで勉強してました。ぶっちゃけて言えば  [続きを読む]