tamabito さん プロフィール

  •  
tamabitoさん: 玉物語
ハンドル名tamabito さん
ブログタイトル玉物語
ブログURLhttps://ameblo.jp/tamabito2017/
サイト紹介文新潟で細々と玉サバの生産に励んでます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 33日(平均5.9回/週) - 参加 2017/09/17 12:37

tamabito さんのブログ記事

  • 芸術の里
  • 新潟県・十日町市といえば十日町は雪まつりも有名で芸術の町として知られていますこの日は十日町にある錦鯉生産者のもとへ、春から頼まれてた仕事の打ち合わせに行ってきました全ての池上げが終了しタタキ池には野池で磨きのかかった錦鯉が優雅に泳いでました販売用の2歳魚販売用の当歳魚玄関前の植木(ちびまる子ちゃん)芸術の町の住人なだけありますね仕事も錦鯉生産なので芸術家ですこの生産者、錦鯉よりも人に見てもらいたい物 [続きを読む]
  • 銘血
  • 今年の春、山古志の青木(さば尾好き)さんのご厚意によりサバ尾の毛子を譲っていただきました青木さんが作出されるサバ尾は言わずと知れたトップブランドです近ごろ世間を賑わせてる某養鯉場のサバ尾(自称玉サバ)も青木産の系統らしいです譲っていただいた毛子は数千匹でしたがその後、激選に激選をかさね残ったのは4匹①左右面②左右面③左右面④左右面体高を重視して残した結果ですさすが銘血、素晴らしいですこの残したサバ尾を [続きを読む]
  • お気に入りシリーズ Part8
  • 当歳魚、2歳立て選抜のご紹介①玉サバ(透明鱗・短尾)左右面追星バリバリの男の子来春、即戦力でいける1匹です②玉サバ(透明鱗・長尾)左右面金子玉サバの血が色濃く出た個体この体を更にウエイトトレーニングで引き締めバッキバキにした感じの体が私の理想③玉サバ(透明鱗・長尾)左右面密かに期待している有望株お前のポテンシャル見せてくれ④玉サバ(透明鱗・短尾)左右面網とモザイクの共演ゴージャス感がありますね続く。。。に [続きを読む]
  • 池上げ Part2
  • 昨日に引き続き野池上がりの玉サバをご紹介します玉サバ①左右面玉サバ②左右面玉サバ③左右面玉サバ④左右面玉サバ⑤左右面玉サバ⑥左右面玉サバ⑦左右面長物には少なかったんですが丸物には全網タイプのキラキラ個体が多かったですねちなみに⑦の素赤は普通鱗でなく全網タイプの透明鱗なのでお間違えなくにほんブログ村 [続きを読む]
  • 池上げ Part1
  • 当歳、長物(ハズレ腹)の池上げを昨日しましたハズレ腹だけあって残せる個体が少ないお見せするのも恥ずかしいくらいですが少しばかり見てやってください長物①左右面長物②左右面長物③左右面長物④左右面長物⑤左右面長物⑥左右面長物⑦左右面池上げ後水を抜いて土を乾かしたいんですが隣で畑をやられてる方が落花生を収穫後池で洗わせてほしいとの事なのでそれまでは水を抜けませんこの長物達の魅力は体高ですかね⁉?おそらく2 [続きを読む]
  • お気に入りシリーズ Part7
  • 当歳魚、2歳立て選抜のご紹介①桜玉サバ(透明鱗・短尾)左右面型にとらわれない個性的な模様②桜玉サバ(透明鱗・短尾)左右面緋キワがボヤけてるところ桜タイプの特徴がよく出てます③玉サバ(普通鱗・長尾)左右面これでもまだ未完成2歳の姿が待ち遠しい④玉サバ(普通鱗・短尾)左右面模様は足りませんが各鰭に緋が入る事で派手な印象を受けます尾筒が少し長めですがこの様な個体はデカくなります2歳で肉を入れてしまえば尾筒も詰まり [続きを読む]
  • 逸品魚⁉?
  • 風変わりな個体の紹介です左右面上見今年のペアリングに玉サバ×黒出目金のハイブリッド⁉?に挑戦しましたが結果はクズ金だらけで現在残ってるのは片手ほど…出目の表現は1匹も出ませんでしたそんな中に画像の個体が出現最初は白抜けすると思ってましたがかれこれ1ヶ月ほど現在の表現で留めてます今後、逸品魚になるかクズ金になるかはこの個体の運命しだいですお分かりでしょうか⁇この低画質では伝わりづらいですが白地に注目 [続きを読む]
  • 殿方
  • 透明鱗♂の成熟の早さには驚かされます孵化150日前後で追星がっつり出てますエラ蓋と胸鰭に追星が見えます透明鱗でも個体差があり全ての雄が150日前後で追星を出すわけではありません透明鱗に比べ普通鱗は成熟が遅い方なので追星を出してる個体はまだいませんね雄の成熟の早い、遅いには何かしらの差があると思うのでペアリングに用いる雄のためによくチェックしておく必要がありますねにほんブログ村 [続きを読む]
  • 池上げの段取り
  • 朝、布団から出るのもしんどくなってきました9月に入ってから野池にヤマセミがしょっちゅう出没するようになりました冬に備えて爆食いモードに入ったんでしょうか大きい池の当歳池には菱目40?の防鳥網を張っているので入れませんが、長物の池は15?間隔でテグスを張ってあるだけなので簡単に入られてしまいます鷺や鵜が入らなければいいと思ってましたがカワセミやヤマセミも厄介ですね一見、魚が減ってる感じはしませんが背中に [続きを読む]
  • お気に入りシリーズ Part6
  • 当歳魚、2歳立て選抜のご紹介①玉サバ(透明鱗・短尾)左右面左右対称よりアシンメトリー派です②桜玉サバ(透明鱗・短尾)左右面チョイ乗せのモザイク鱗がチャームポイント③玉サバ(透明鱗・ミドル短尾)左右面スーパーボディに小顔まるでスーパーモデルさん④玉サバ(透明鱗・ミドル短尾)左右面網、モザイクの入り混じった素白13?あり、我が家ではジャンボ賞次席更にこの上をゆく14?がおります当歳時の大きさにこだわりはありません [続きを読む]
  • 可笑しな出来事
  • 当ハウスは住宅密集地にありお隣さんが高床住宅という事もありとても見つけにくく隠れ家的存在です初めて来られる方には大変ご不便かと思い某愛好家の方にお願いして玉サバ品評会用の幟を2本譲って頂き幸い駐車場は大通りに面してるのでそこに目印として2本立てる事にしましたその日、野池の帰り道に駐車場前を通ったら5人のお婆様達が幟に群がり興味津々で、いじくってました品評会と書かれてるのでどう思われたことやら…にほん [続きを読む]
  • 網とモザイク
  • 玉サバの透明鱗には大きく分けて純透明鱗、モザイク透明鱗、網(網目)透明鱗の3つに区分されてます今日はそんな透明鱗の表現についてなるべく分かりやすく解説したいと思います①純透明鱗玉サバの透明鱗を無鱗と言う方もいますが鯉のドイツ鯉とは違いちゃんと鱗があります②モザイク透明鱗透明鱗の鱗に部分的に光が入ったものですモザイク鱗の場合は不規則に散らばって出るのが特徴です普通鱗と透明鱗のハーフだと思ってください③ [続きを読む]
  • 野池周りの昆虫と旬
  • ちょっとした昆虫シリーズですミヤマカラスアゲハ日本で1番美しい蝶と言われてます上と下は別個体で同種でも色合いが違います羽の表面は言葉では言い表せない美しさ裏側は漆黒の黒…生きる芸術ですこの蝶、希少なのかは分かりませんオニヤンマ求愛中なのでしょうか⁉?この後、合体して飛び立って行きました山栗カマキリ各種カマキリを見ない日はないほどカマキリだらけですイナゴ昔の人は佃煮にして食べてたそうですカマキリの餌 [続きを読む]
  • お気に入りシリーズ Part5
  • 当歳魚の2歳立て選抜のご紹介①玉サバ(透明鱗・長尾)左側面右側面伊達の良い1匹こんな当歳がたくさん出来たら…②玉サバ(普通鱗・短尾)左側面右側面体型や模様を重視しがちですが質も大事です③玉サバ(普通鱗・短尾)④玉サバ(普通鱗・短尾)素赤なので片面省略ですなんだ素赤かよって声が聞こえてきそうですが素赤をナメてはいけません3歳になる頃には大迫力の素赤コングになるんですから続く。。。 [続きを読む]
  • 雑魚盛り
  • 野池の道中、水位の下がった用水路に魚溜まりを見つけたので得意のアレを仕掛け翌朝に回収することにした昨晩の雨で濁ってしまってるあれ… 思ったより入ってないもっと色んな魚種が入ると思ったが地味なモロコ系ばっかりでした秋なので婚姻色が出て綺麗なオイカワやウグイを期待してましたが…つまらないのでキャッチ&リリース彼岸花ここも野池の道中お目当は…極粒のシジミでしたーこれを見ている一部の者から仕事しないで [続きを読む]
  • 栃尾てまり玉サバ倶楽部
  • 先日、栃尾てまり玉サバ倶楽部へ何時もながらアポなし突撃訪問させて頂きましたアットホームな玉サバ倶楽部の皆さんは快く出迎えてくださいますこの日は玉サバ倶楽部の皆さんが集まりBBQをしてる最中でした当歳池(約10坪×5面)てまり玉サバ(当歳魚)6月にお伺いした際は毛子が数万匹おりましたがハズレ腹だったらしく全てリセットしたそうですてまり玉サバ(2歳魚)綺麗に色上がりし3歳並みの大きな個体もいます全貌は明らかにしませ [続きを読む]
  • お気に入りシリーズ Part4
  • 当歳魚の2歳立て選抜のご紹介①玉サバ(普通鱗・長尾)左側面右側面8月までノーマークの個体でしたがここにきて雰囲気が良くなりました模様の良い左右対称柄です②桜玉サバ(透明鱗・短尾)左側面右側面みすぼらしい体型をしてますがきっと2歳で変身してくれると思います③桜玉サバ(透明鱗・短尾)左側面右側面こんなの何処がいいの?って言われそうですが雌なら親に使ってみたいと思う1匹です④玉サバ(透明鱗・長尾)左側面右側面今年 [続きを読む]
  • 親魚
  • 今年、親魚の数は揃ってたんですが産卵が思う様にいかなく更紗で産んだのが2腹だけでした雌親(透明鱗・短尾) ×雄親(透明鱗・長尾)雌親(普通鱗・長尾) ×雄親(透明鱗・長尾)画像の雌親は本命ではありませんが2腹の割には数が残せたかと思います産まなかった親達は野池で自然産卵してましたのでヤタっ子達には多いに期待してます秘蔵のヤタっ子左右面(8月上旬撮影)ヤタっ子 [続きを読む]
  • 販売開始
  • 当歳魚の販売をスタートしました500円コーナー1000円コーナー2000 or 3000円コーナーASK画像では全然伝わりませんが興味をお持ちの方お気軽にお越しくださいませこれから3ヶ月間、当歳魚のみでサラリーマンの年収分を稼ごうと思うと頭がハゲてしまいそうです [続きを読む]
  • 最終選別
  • もう何回選別したか忘れましたがハウス育ちの当歳魚の今年最後になる最終選別をしました久しぶりに850匹ほどの当歳魚を全てじっくりと見ましたこの中から400匹を2歳立て候補にし後の450匹は販売用にします空いた水槽は数日間、塩素付けにします1年を通して片付け作業は1番嫌いな作業です仔引きを開始した5月がつい最近の様に感じます [続きを読む]
  • メダカ or 初動画
  • メダカのためにブラインを沸かしてます沸かすといっても孵化器は使わず簡易的な方法でやってます虫かごケースに1?ほど水を入れ食塩は適当にスプーン1杯、そこにブラインエッグを適当に撒いて後は放置です常温で沸かすのでこの簡易方法は6月〜9月限定になります夕方にセットしておけば翌日の正午には勝手に沸いてくれます孵化すると殻とブラインは分離しブラインは沈むのでスポイトで吸って食塩水と共にメダカ水槽に撒いてます入 [続きを読む]
  • ミジンコ村
  • ミジンコと言えば私の代名詞のようなものでした大口れんこん地元は全国有数のレンコン産地であり広大な蓮畑が広がってますまさにミジンコの宝庫ですサラリーマン時代は朝4時頃に起きよく採りに行ったものです本気出して半日採り続ければ10?位は採れると思います当時は80?のトロ船に超過密でストックしてました今年は生産量からミジンコの餌給が追いつかないと思いミジンコ採取は断念し当歳魚にはミジンコを一切与えてませんそれ [続きを読む]
  • お気に入りシリーズ Part3
  • 当歳魚の2歳立て選抜のご紹介①玉サバ(透明鱗・長尾)右側面左側面見てくださいこの素晴らしい骨格無駄な肉が付いておらずこれが本当のマッチョ体型②玉サバ(透明鱗・短尾)右側面左側面この個体も骨格が素晴らしい決して太った体型ではありませんよ雄親として使いたくなりますね〜今のところ性別は不明ですが③玉サバ(普通鱗・長尾)右側面左側面このまま大きくなってね④玉サバ(普通鱗・短尾)右側面左側面見ていて惚れ惚れする1匹 [続きを読む]