かつ さん プロフィール

  •  
かつさん: katsuのヘタッピ風景
ハンドル名かつ さん
ブログタイトルkatsuのヘタッピ風景
ブログURLhttps://katsu2jo.exblog.jp/
サイト紹介文大阪、奈良を中心に風景写真を撮っています。二上山が好きでございます。。
自由文休日や朝夕の時間を活用して撮影に行ってます。ニコンを愛用しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供269回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2017/09/17 14:50

かつ さんのブログ記事

  • 雨上がりの田園
  • 雨上がりに近所の散策を。。もう彼岸花は終焉に近いですが遠目に写せば、もう少し大丈夫・・雨上がりらしい光景に出会えるといいなぁ・・どうしようか悩んでいたため、山肌のガスは散りかけておりました。。農道を歩きます。彼岸花が・・以前にも増して、穂先が頭を垂らしています。。左手には春に桜の花が咲く、二子塚古墳。。二上山の山肌は、まだガスが途切れておりません。。彼岸花、煙にむ... [続きを読む]
  • 明日香村 〜彼岸花めぐり
  • 彼岸花で有名な明日香村。天気のいい休日は観光客でごった返す程の人気。。今日は平日の雨上がり。少しは落ち着いて撮影ができるかな?明日香村 飛鳥到着したタイミングが遅く、山肌のガスが殆ど散っていました・・明日香村 川原橘寺周辺は、少し色が悪くなりかけていましたので柿の木をメインに遠目で・・明日香村 細川ココも山肌にガスが残ってたら良かったんですけど・・細川の村中を流... [続きを読む]
  • 野迫川の大雲海 ②
  • 前回に引き続き野迫川村の雲海。。重い雲の下から太陽が顔を出しました。光が入ると一気に雲海が生き物のように動くはず。。どんなドラマが起きるのかワクワクしながら撮影を続けます。少し写真が多くて申し訳ありませんが暫しお付き合いを・・日の出です。空全体がオレンジ色に輝きます。雲海に光が入り始めました。そろそろ龍が動き出すか?この日はカメラ2台体制でしたので望遠での撮影もレンズ交換無... [続きを読む]
  • 野迫川の大雲海 ①
  • 秋といえば、放射冷却の雲海。前日、ココに行こうと思ったのですが濃霧で辿り着けず。。条件は悪いと分かっていながら、もしかすると。。っと思いながら車を走らせました。道中、全くといっていいほど雲海の気配はなくヤキモキしておりましたが現地に到着すると・・まだ日の出までたっぷり時間があります。実際はもっと暗いですが、長時間露光してみると奥が結構焼けている感じです。。少し明るくなってきまし... [続きを読む]
  • 二上山 〜秋の鞍落ち
  • 春と秋の彼岸の季節、この時期に千股池から二上山から夕陽を望むと雄岳と雌岳のちょうど真ん中に落ちてゆきます。半年おき、、同じような構図しか取れないのですが、知り合いにも会えますし同窓会みたいな感じで行ける時は行っております。今回も空の雲の形がキレイでしたので・・ほんの少し前まで、大阪で撮影していたので到着したのが遅かった。。太陽は雲の裏側に隠れていますが、落陽はすぐそこまで来ていま... [続きを読む]
  • 稲架掛けの里
  • 大阪ではなかなか見れなくなった稲架掛け。最近は刈り取って乾燥場に持っていくことが多いみたいですね。昨年は彼岸花と一緒に写すことができたのですが、今年はキレイに刈られておりました。。16時前の少し傾いた光が稲を照らしています。これから、吊られる刈り取ったばかりの稲。。整然と並べられています。畦の上に所狭しと並べられておりました。じっくり時間をかけて乾燥されます。。田ん... [続きを読む]
  • 天上の赤い花
  • 日の出の撮影が終わったが、遠くの方ではまだ雲海が見えていた。さっきまで超広角で撮影していたため、余り目立たなかったが勿体ないので標準レンズで場所を移動しながら撮影していきます。先程まで撮影していた場所、、レンズを付け替えてカメラを振ると・・朝日に照らされる稲と彼岸花、、眼下に雲海が。。少し歩きます。標高が上がると更に雲の上。。朝日に照らされ、赤い花がキラキラ・・田んぼを囲... [続きを読む]
  • 大混雑の、まぁるい池・・
  • この日の本当の目的は彼岸花の撮影にも疲れてしまったので、野迫川村の大雲海を狙いに行こうと思っていた。しかし、早めに家を出たのはいいが五条駅付近で濃霧のため前が見えず、このまま無理に進んでも危険と判断して舞い戻ってきた。。ちなみにこの日の雲海はこんなだったらしいです。。(リンクが開きます「澤写真館」)←澤さん、リンク貼らせてもらいました。一旦通り過ぎて戻ってきたものの、夜明けまでまだま... [続きを読む]
  • 古宮土壇 〜夕照
  • この日は16時過ぎまで大阪で撮影していました。夕方は特に考えていなかったのですが、突然思いつきでそのまま奈良に行ってみました。到着したのは17時半頃、当然この季節いい場所は先客のカメラマンでいっぱい。。なんとか隅っこの方に、こじんまりと三脚が置けました。。落陽直前に到着した私のポジション、、やっぱし標準レンズだと絵面が結構キツイです・・もうちょい左に寄りたいんやけどなぁ。。花... [続きを読む]
  • 誰がための曼珠沙華
  • 朝の雨がウソのように晴れ上がり青空が見え始めた。そういえば、近所の彼岸花はどうなったのだろう?ふと気になり出掛けていった。そこでの出会い。地主さんから素晴らしい話をいただきました。彼岸花が咲く川。。柿の木にも実が・・彼岸花は死者を弔う花と由耶されることもあるが、カメラマンには絶好の被写体。撮影の際には地主さんに声をかけて撮影をするのですが、その時に聴いた話に驚きを隠せなかっ... [続きを読む]
  • 煙(けむ)にむせぶ葛城山麓
  • 雨が上がった直後の朝。濡れた赤色を求めて葛城山麓にやってきました。まだ朝が早いため人は少なかったですが、天候の回復とともに賑わってくるんでしょうね。。到着して一枚目のショット、、真っ赤な彼岸花と立ち上るガスのコントラストがなんとも言えない。。葛城一言主神社をバックに。。しまった、、ピントは手前でなくもう一つ奥の花に合わせたほうが雰囲気良かったかも?!少しだけ背の高い子を見... [続きを読む]
  • 赤を求めて
  • まだ山並みにガスが漂う時間帯。季節の花の色、赤を求めて彷徨います。安田、、道沿いに咲く彼岸花。前にフェンスが有り撮影が難しいです。フェンスの中には立ち入れないので、カメラだけをフェンス越しに入れてファインダーを覗かず連写でカメラを振りながら撮ったやつ。。額井岳を望みます。彼岸花は余り咲いてなかった、、あ!こんな所に藁ボッチが。。もうガスは抜けてしまっていました。。三重県ま... [続きを読む]
  • 太陽のない朝
  • 早朝、笠のそば畑。微妙な天候というのは分かっていたが、少しの期待をしつつ・・到着時は薄っすらした霧景色でした。。少し明るくなっていますが、焼ける気配はありません。少し時間が経って西側を振り返ると少しピンク色に・・ほんの一瞬、太陽が顔を出しましたがすぐに雲の裏に隠れて変化がありません。コレ以上粘っても無駄と判断して移動します。撤収前に少しだけ場所を変えてパチリ。。獣よけの... [続きを読む]
  • 雨上がりの午後
  • 雨が降ったり止んだりの天気だった。ふと東の空を見ると虹が掛かっていた。カメラを持っている時に虹を見るのは本当に久しぶり。なんとも言えずいい気分。。ちょうどC-PLが入ったままだったので。。ココで彼岸花が咲いていたら良かったのになぁ。。広く見ると、虹が大きなアーチを描いています。この後、あの事件が。。。(奈良の景色がまた一つ消えてしまいました)←リンクが開きます気を取り直し... [続きを読む]
  • 少し早かった彼岸花
  • 少し早いとは思いましたが、特に撮影するものもなく偵察に行ってきました。やはり色は少なかったですが、やはり里山の景色はいいですね。。まだ、まばらにしか咲いておりませんが赤が有ると少し違いますね。。大和棟の住宅と共に。。群生して咲いていなかったのでアクセントで、、、棚田、シンボルの赤い橋と共に。。畦には気の早い花が咲いているだけ。。移動しているうちに雨が降ってまいり... [続きを読む]
  • 暗雲からの逆転 〜ダイヤモンド雌岳
  • このところ、自分が休みの日に限って天候が冴えない。この日も難しいのは分かっていたが、日の出を狙いに二上山の麓へ。。雨上がりの雲が捌けてくれれば太陽でも見れるかと思っていってみました。到着時は厚い雲の後ろで、少し焼けている??感じ?徐々に空の色が変化してきますが、前面の雲は依然として厚いまま。。少し焼け色が収まりました。さっきのがピークだったようです。残念・・太陽がもうすぐ顔... [続きを読む]
  • 五穀豊穣の予感
  • この日は稲刈りが近づいている地区の偵察を・・少しまだ早いような気がしたが、いつ行っても田園風景はいいものだ。ここ界隈の道は細いので歩いて散策してみました。。勾配がきついのでバテバテ。。石垣で区切られた区画に稲が植えられています。連続する細いS字カーブとに並行して用水路が走ります。丘の上の一軒家、眼の前が田んぼという美しい光景。。この棚田の配列と細い農道の形がお気に入り。。... [続きを読む]
  • 水平線の向こう側
  • この日、夕刻の雲は分厚かった。ただ水平線を近くに少しの空きがあり空気自体は澄んでいる。。普通は夕焼け狙いなら行かないかも知れませんが、何となく大変化が起こりそうな予感。。到着時、まだ太陽は分厚い雲の奥側に隠れていました。もう少し太陽が落ちたら、雲の切れ目から顔を出しそうです。来ました。。思った以上に空気が澄んでいました。ものすごく強烈な逆光。。。頭上の雲まで色づき始めましたの... [続きを読む]
  • 迷いの森 〜4度目の挑戦
  • 今度こそ、、待望の霧が狙える条件。今季4回目、うち雨の訪問はこれで3回目。ここの霧に関しては満を持して行っても、過去何度も肩透かしを食らっている。本当に霧が入りにくい難しい場所。。花の寿命を考えると、チャンスはシーズン中に数回といったところでしょうか。。到着時、全体的にフラットな感じで霧が入っています。もう少しメリハリが欲しいが贅沢は言えない。。階段の奥にはいい感じで・・... [続きを読む]
  • 消えてしまった景色・・
  • 今日奈良を散策していたのですが、とても悲しい出来事が発覚しました。この場所で彼岸花の撮影の計画をお立てになっている方々の参考になればと思い、急遽ブログアップの内容を変更し本日の出来事を掲載いたします。本日、大和の空に虹がかかっていた。。ほんの少しの短い時間。。これが事の始まり。。そうだ、、、虹が消えないうちにいつもの場所で。。・・・と、思って急いで移動すると。。そう、、、木... [続きを読む]
  • 夕闇迫る田園
  • 朝の撮影が全くの不調だったので、どうしても取り返したくて落陽に合わせて出掛けました。行くと決断した時間が遅かったので、到着時には水平線近くまで太陽が落ちていました。ほぼ、落陽しかかっています。奥の雲がどうなるか?稲がキレイに並んでいます。台風の被害は大丈夫だったようです。落陽後、徐々に焼けてきました。目まぐるしく空色が変化します。澄み切った空、、鰯雲がいい感じ。。や... [続きを読む]
  • 台風一過 〜期待はずれの夜明け
  • まずは先日の台風で被災された方々、お見舞い申し上げます。台風一過の朝焼けに期待して二上山を撮影しに行きました。焼けなくても太陽さえ見えれば、ココから鞍昇りが観られるハズ・・ほぼ一年前の写真、雄岳と雌岳の間の馬の背から太陽が昇りました。(リンクが開きます)到着時、、何となく分かっていたけどこんな状態。。何となく色はついてるような気がするけど、雲が厚すぎます・・・こんな状況下で... [続きを読む]
  • 奈良公園界隈 スナップ
  • 今日は用事で奈良市内までやってきました。目的地で待ち合わせをしておりましたので、時間になるまでコンパクトなカメラで慣れないスナップショットを。。興福寺周りのお土産屋さん達。。足袋屋さんの、のぼりと奥の路地を・・昔ながらの雑多な感じのお店。。こんなん好きやわぁ・・興福寺、、祈りの場。。南大門跡から南円堂を望みます。。少し移動して。。あ!!人力車!意外にカッコい... [続きを読む]
  • 三度目の正直?
  • ここは本当にタイミングが難しい。今シーズン3度目の秋海棠・・朝から雨が降っていた、、霧景色を狙いに行くならこのタイミングしか無い。。しかし、ひとつ問題が・・「雷」コレが収まらないことには、行くには危険が高すぎる。ぐっと堪えてタイミングを見計らって出掛けてみましたが・・到着時、セッティングを初めた頃は一瞬霧が入ったのですがそれ以降は全く・・・噂によると雷がなって激しく降っていた... [続きを読む]
  • 早朝の棚田
  • 夜明けから少し経った時間帯。空の色はもう抜けてしまっているが、太陽の角度がまだ低いので家に帰る途中で少し寄り道を。。陽のあたる場所と、陰の場所。。陰と陽の対比で・・少し高いところから木の枝越しに覗き込んでみます。作業小屋の奥には曲線の美しい棚田が・・どこまでも続く緑の水田・・あぜ道の横には少しだけ色が・・軽トラ一台がギリギリ通れる細い道。。S時カーブの向こう... [続きを読む]