ao さん プロフィール

  •  
aoさん: 「私が私を幸せにする」から始まる最幸への道
ハンドル名ao さん
ブログタイトル「私が私を幸せにする」から始まる最幸への道
ブログURLhttps://ameblo.jp/ao51213/
サイト紹介文「どうせ無理」という自己暗示から自由になり、魂の願いを叶えながら幸せを創造する方法を書いています。
自由文「どうせ無理」と実は諦めながら生きている私たち、でも、その「どうせ無理」を自分で解き明かすことで幸せへの道が開かれます。
幸せになれる方法はあなたの中にすべてある、それを読み解いてみませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供373回 / 215日(平均12.1回/週) - 参加 2017/09/17 15:37

ao さんのブログ記事

  • 直感と不幸と孤独の関係性。
  • 魂の願いに素直になれる自分になるから、不幸が無くなる。の捕捉のような内容です。 結局、魂の願いに素直になるって、自分の直感に素直になるってことでもあるんです。深いところから湧き出るような直感に従うことその直感に素直になることただその直感に素直に従える自分で居ること。これが本来の生き方だけど、ここに従えずにいる。それが、そもそもの不幸の始まり。 私たちは個々人で生きているようですが、実際のは宇宙とい [続きを読む]
  • 魂の願いに素直になれる自分になるから、不幸が無くなる。
  • 本来、誰でも魂の願いを知っていて、それを実現するために生きるのが「当たり前」です。それが出来る要素を全て兼ね備えて生まれてきました。 でも、生きている間、輪廻転生を繰り返す間に魂の願いを忘れて誰かと自分を比較しては、全て必要なことを持っている自分のことを忘れてそのうち、何を目的に生きているのか分からなくなり目の前のトラブルや問題、病気に翻弄される人生になってしまい気付いたら、その状態のまま「その人 [続きを読む]
  • 魂の救済のブレンドの体験談
  • 私の体験談です。 ≪魂の救済≫をテーマにしたブレンドについて。 エネルギー療法全般として、その人の準備や状況に応じて結果や効果などは変わる事を前提としてお読みください。私自身、このブレンドを考えた時、トラウマレベルの事柄に向きあう覚悟が出来ていたのですが自分ひとりでは勢いというか、後押しが足りない自覚がありここをどうにか打破したくて、ブレンドしたのです。 私自身が感じた結果は「かなり効く」です。毎日 [続きを読む]
  • 自己信頼を取り戻す
  • 自分のことを信じられない自分の感覚が信じられない これがそもそもの不幸の原因ともいえるほど、「自己不信」は私たちの人生そのものに深く影響しています。自己不信の状態は、幸せになる為に送られてくる直感というヒントを要らない、必要ないと拒否している状態なので、人生が空回りし始めるのです。 どうして、その自己不信が起こるのか?その理由は、自分の感覚よりも他人の意見を採用したから、に尽きます。なら、一生、何が [続きを読む]
  • 学びが終わるから離婚する。
  • 以前、離婚経験者の女性から「あなたも離婚したの?それはモメたでしょう?」と言われたことがありました。「特にモメた記憶はないんです」と答えると「そんはずはないわよ!」と。でも、本当になかったんです。 人間になると婚姻制度というのがありますね。紙に書いて、役所に届けて、戸籍がうんぬんかんぬん・・・というシステム。これが魂とか人間の本質にどこまで重要度が高いのか?は分かりませんが意味もなく存在しているこ [続きを読む]
  • こうなったら、できるという自己否定。
  • 誰でも思っていることだと思いますが・・・ 「こういう状況になったらする」「こういう状況になったらできるのに」という思い。 でも、実際にその思いってすごく自分に失礼な言葉なんですよね。こうなったらできる、は逆の言い方をすれば「こうならなければ、私には出来ません」という事。それって、自分の力を何も信じていない。自己否定の塊のような言葉。 私たちは可能なこと、叶えられることしか願いません。もちろん、それは [続きを読む]
  • 不幸体質を終わらせる。
  • 私自身、いろんな方法を学んでは、どうにか幸せになりたいと頑張ってきました。前の旦那さんと結婚してからは不幸の連続というか、不幸が当たり前というか・・・結婚ってこんなに不幸が倍増するものだとは思わなかった、と何度思ったか。 度重なる車の事故夫の女性問題お金の問題人間関係のトラブル家族関係のトラブル家族の体調不良(原因不明の高熱、アトピーにアレルギーに・・・)霊現象などなど、毎日のように何かしらあるの [続きを読む]
  • 妄想の中で生きることの辛さは終えられる。
  • 妄想の中で生きる人生を終わらせる。の続きです。 『妄想』とは現実を自分の過去の傷に照らし合わせて、勝手に捻じ曲げて解釈している状態です。そして、それがあたかも正しいかのように振舞います。なので、あなたの中ではそれが真実と認識されるため、それが現実化する、という負のループです。妄想が激しい時に、どれだけ誰かが「真実」を伝えても、それすらも捻じ曲げて捉えたり疑ったりしてしまいます。なので、妄想の中にい [続きを読む]
  • 自分に向きあう、という事。
  • 自分に向きあう、女性なら一度や二度は使ったことがある言葉ではないでしょうか。でも、大切な事は「理由や原因」を見つけることではない、という事。この気持ち、感情、辛さの理由や原因を見つけると、確かに一瞬は楽になりますし達成感が強いです。気持ちも軽くなるし、身体も楽になる方もいるでしょう。スッキリとした気持ちを感じて「終わった」と思う事もあるでしょう。 でも、また同じような事が起こるなら、起こり続けるな [続きを読む]
  • セッション・カウンセリングの活用の仕方
  • セッションやカウンセリング中の時間内に、すべてを理解されようとされる方がいらっしゃいますがそれは無理です、諦めてください(ごめんなさい)その理由は「真実を伝えているから」です。 真実とは、最初から理解することは難しいです。真実は肝の部分に触れるほど、難しいと人間は感じます。(思考で理解しようとするので)ハイヤーセルフも同じですよね、メッセージはくれますが、真実なので人間の思考では理解することはすぐ [続きを読む]
  • 幸せになる事を掴めないときは
  • エゴの抵抗はどうしても起こります。幸せが近づく度に自分が自分の本音に近づく度に本当の自分に入れ替わるときには、エゴの抵抗という形で何かが起こります。ありえないような、想像もしたことがなかったような物事が起こる事があります。こんな事が起こるの!?と言いたくなることが起こりそこで湧き出た感情に翻弄されて元(エゴの自分、古い考え、価値観)の自分に戻るような流れになる。幸せになりたいという願いから手を放そ [続きを読む]
  • 虐待の無い世界へ(独り言です)
  • 一般的な虐待の定義とは違うのかもしれませんが・・・ 私にとっての虐待は「他人が相手の命の価値を決めること」「相手の喜びの為に誰かが悲しい思いをさせられること」だと思っています。 どの命も平等で、この地球で何かをしたくて生まれてきただけ。愛を経験したくて自分の存在を生かしたくてただ、存在しているだけ。でも、その存在に対して、他人が勝手にいろいろと判断して、価値をつけて、自分の都合に合わせて相手を生かそ [続きを読む]
  • 痛みのない世界へ
  • 痛みが無い世界になったらいいな、と思っています。心も体も痛くない世界。痛いという制限がない世界を一人でも多くの人が持てたらいいな、と。 親からの圧力で心が痛いとかこうせねば、という無言の圧力で、とか誰かの圧力によって生じることが多い痛み。相手のありのままの姿を捻じ曲げたり、否定することによって起こる痛み。 相手を捻じ曲げたい理由は、自分の中にある恐怖。こうなったら嫌だこうなるのは困るという恐怖を相手 [続きを読む]
  • 人にされて嫌な事は自分にもしない。
  • 昨日は私の師匠にあたる方にセッションをお願いしていました。そこで言われた言葉が「人にダメだね〜とか、出来ないよとか、無理って言われたらめっちゃ腹立たない?」 あ!!と思いました。私たちは当たり前のように「こうしたいな」「こうなったらいいな」って思うけど思った瞬間「いや、無理」とか「出来ない」「ダメ」って否定していますよね。自分にするときは「だって、ちゃんと理由があるし」「だって過去にこんな事が!」 [続きを読む]
  • 自分の気持ちを表現するのは怖い
  • 《メニュー》次のステップのための「話して放す」心のケアの時間についてです。 心にある物を第三者にすべて開示する、意外と難しいし抵抗感がでることです。あるものを出す、これ、けっこう難しい。言葉として、胸の中のことがリアルになることに抵抗を感じることはあります。 こんなことを考えてるなんて変だって思われるんじゃないかこれを信じているなんて、笑われるかもしれないそんなのダメだとか、可能性がないって言われる [続きを読む]
  • 妄想の中で生きる人生を終わらせる。
  • 私のカウンセリングもセッションも、最終的には「自分が持っている妄想」を終わらせることだと思います。妄想とは、間違った解釈をしている状態です。 「私は愛されない」という思い込みがある人は大好きな人が新しい車に乗っているだけでも相手の言葉によってもネットの情報を読んでも歌を聞いてもドラマを見ても隣のあの人の何気ない言葉でも全て「ほらね、やっぱり私は愛されない」に結び付けている。結び付けているというか、 [続きを読む]
  • 言葉にすることで自分の喜びを見つける
  • 私たちの才能、資質など深く使命にかかわる事は、私たちにとってごく自然で当たり前に、普通にしている事が多いです。常にその視点で物事を見たり、とらえたり、考えたりしています。なので、「それが普通でみんなやってること」と勘違いしているのです。その勘違いが、自分の才能や資質を勝手に埋もれさせてしまう事があるのです。 ある治療家は「その人を見ると骨格から考え方とか気質を想像する」と言ってましたしある女性は「 [続きを読む]
  • 誰かに話すことで分かる事。
  • 自分のことってわかっているようで、分かっていない。一番分からない存在こそ、自分、と思っている方は多いです。 「どうせ無理」という自己暗示から自由になる。 にも書きましたが、自分にとっての最後の砦のような、自己暗示(思い込み、自分で課した限界)はビックリするくらい「自分」の一部として生きているため、それがまさか自己暗示でありその自己暗示があるから、次の一歩が踏めない、それが幸せへの邪魔となっている言い [続きを読む]
  • 「どうせ無理」という自己暗示から自由になる。
  • 人間にはもう、びっくりするような「ショック」を経験することがあります。色んなショックはどれも、生き方を魂の願いと同調させるような切っ掛けですがその中でも、強烈なまでな深いショックを経験することがあります。そのショックは、魂の願いと「どうせ無理だ」「叶わない」という諦めが合いまったもの。叶えたいと私にはその力はない、という相反する気持ちを同時に感じているのだから、それはキツイ。そして、「どうせ無理」 [続きを読む]
  • 諦めたい気持ちと魂の解放
  • もう無理だやっぱり叶わなかった・・・そして、深い深い「諦め」を感じている。そんな時が来たら、チャンスです。 私たちは願いに対して諦めよう、諦めるしかないとした時に、いわゆるマイナス感情、というものを経験するのではないでしょうか。何かをしてみたい、経験してみたい、けど無理だ、出来ないと感じた時願いと同時に出来ない(自分の限界)を感じた時に、マイナス感情を感じる。そして、そのマイナス感情こそが「諦める [続きを読む]
  • ”見えない障害バッジ(リブログ用)”
  • 「大切なものは目に見えない」 本当にそうですね。大切な事が書いてあるバッジ。 次男の書字障害などはまさに「目に見えない障害」です。見えないけれど、地味にいろいろある障害。今後、大人になるにつれて、いろいろと沢山の方の手助けを必要とするだろうからこそ持たせようと思っています。 持つことも大切だけど「あること」を知っていることも大切ですよね。 [続きを読む]
  • ≪魂の救済≫をテーマにしたブレンドについて。
  • ≪魂の救済≫をテーマにしたブレンド をブレンドしてみた、その理由は感情を感じ切るということをしていて、最終的に2つの流れがあるように感じていました。Aは自力で魂の浄化を終えられるBはトラウマに負けそうになっている Aの方々は自分の力で進んでいけるのですが、Bの方々は「後押し」が必要になるわけです。私自身、B側の人間で、感情に向きあっても、向き合っても最終的に「諦め」ている私が出てくるのです。諦めたくない [続きを読む]
  • ≪魂の救済≫をテーマにしたブレンド
  • セッションのサポートしてフラワーエッセンスをブレンドしました。「魂の救済」がテーマです。魂の深いレベルの傷やトラウマの解放を目的として選んだエッセンスによる、本格的な癒しのサポートを目的としています。 感情の感じ切りを頑張ってるけれど、あと一歩というところで足踏みしている。最後の一押しが難しい。など感じる方向けのサポート用です。 感情の感じ切りが進み、本格的に自分軸を立ち上げる段階の方の場合は、本格 [続きを読む]
  • 気持ちの整理がつくから、次の流れが起こる。
  • 三番目の子を流産した時のことです。色んなことがあり決めた自然排泄と言う流れ。吉村医院の先生に相談をしたときに「ちゃんと赤ちゃんとお別れしてください。お母さんがお別れが出来て、お母さんの準備が出来れば赤ちゃんは自分から出てきます」という言葉がとても印象的でした。 この子との時間が短いことは分かっていたのですがそれでも思ったよりも早くきたお別れだったため、様々な感情やら戸惑いやらが出てきたのでどの感情 [続きを読む]
  • 欠点は長所を知る為に存在する。
  • 今、誰かがあなたに「あなたの長所を10個、教えて」と言った時スムーズに答えられますか?それとも「私の長所って何かしら?」と考え込んでしまいますか?「欠点ならいくらでも挙げられるけど」と思いますか? 私たちは欠点を見つけることにはとても長けています。出る杭は打たれる、がどこか身に染みていたり誰かと比べて自分の方が上だったり秀でているよりも、相手よりちょっと下くらいが心地よい、だからこその居場所が確保 [続きを読む]