UR17 さん プロフィール

  •  
UR17さん: Unseen Road
ハンドル名UR17 さん
ブログタイトルUnseen Road
ブログURLhttps://unseen-road.com/
サイト紹介文全国津々浦々まだ見ぬ道をドライブし、それを記録し紹介するブログです。
自由文おすすめのドライブルート、クルマ、旅に役立つ道具の話題など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 353日(平均0.5回/週) - 参加 2017/09/17 21:42

UR17 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • こんな家に住んでみたい!を叶える泊まれるカフェ la petite maison
  • 住めば都とは言いますが、どうせならかわいい家に住んでみたい。そう僕なら思います。とはいえ家を建てるにしてもリノベーションするにしても、なかなか簡単ではないもの。でもあったんです。そんな夢を叶えてくれるかわいいカフェが。ハートを鷲掴みにされる建物どうでしょうか。ここが日本であることを忘れてしまうようなかわいい外観。 入口に立っただけでハートを鷲掴みにされてしまう方も多いのではないでしょうか。写真を撮 [続きを読む]
  • ジムニーJB23Wの走行時の油温変化について
  • ジムニーにDefiの油温計を取り付けたことによって、正確な油温を知ることができるようになりました。油温が上がりやすいと言われるジムニー。はたして実際のところはどうなのか。街乗り、ワインディングロード、高速道路の3シチュエーションでの油温の変化を調べてみました。(チェックしたのは8月、外気温30度以上という条件)車両に関してクルマのチューニング度合いによっても変わってくると思われますので、記事執筆時のジムニ [続きを読む]
  • ジムニーに油温計を取り付ける手順。Defi Racer Gauge
  • ジムニーは油温が厳しい。よくそう耳にします。軽自動車としては重量級の車重に小さい排気量、オフロードを重視したローギヤードなミッション。高速道路や上り坂をいいペースで走っていると、あっという間に危険な領域に達してしまうこともあるとか。クルマを壊さないために、コンディションを把握するのはとても重要なこと。何よりビクビクしながら乗るのは気持ち良くありませんからね。ということで、エンジンオイルの温度を把握 [続きを読む]
  • ロングダートフルマラソン。走って走って走りまくるUnseen Road【栗原川林道】
  • 42.195km。言わずと知れたフルマラソンの距離ですが、それに匹敵するロングダートが群馬にあります。栗原川林道。全長約40km。隣接する林道を繋ぐと50kmにも及ぶ関東屈指の超ロングダートです。自分の脚でフルマラソンを完走する自信はありませんが、ジムニーと一緒なら!早速群馬へ向けて出発!……の前に。事前にHPでチェック必須栗原川林道は路面状況によって通行止めになることが多いらしく、事前のチェックは必須です。市のHP [続きを読む]
  • 旅先で挽きたてのコーヒーを味わう。おすすめのコーヒー道具一覧
  • 美味しいコーヒーが好きだ。旅先でカフェを訪ねるのももちろんいいけれど、たとえば峠道の途中でクルマを停めて、美しい景色を眺めながら飲むコーヒーが美味しかったら、それは最高以外の何物でもありません。ということで、僕が旅先で愛用しているコーヒー道具をご紹介します。ミル美味しいコーヒーを淹れるコツはたくさんありますが、良い豆を淹れる直前に挽くのは基本中の基本。そのためには使いやすくて持ち運びも楽なミルが必 [続きを読む]
  • 小さなストーブとランタン。非日常を演出する名脇役
  • キャンプ好き、アウトドア好きは大体ギア好きでもある。新しいモノが発売されるたびに気になり、時には自分のコレクションをアップデートさせる。道具が増えると、使う頻度が極端に少なくなるモノも当然出てくるものだ。しかし、キャンプを始めた頃に手に入れたアイテムというのはちょっと特別で、たとえ使う頻度が少なくなったとしても、なかなか手放す気にはならないものなのだ。僕にとってsnow peakの「ギガパワーマイクロマッ [続きを読む]
  • 筑波連山を縦走し絶景に出会うUnseen Road【北筑波稜線林道】
  • 子供の頃、山と言えばそれは筑波山のことでした。どこまでも真っ平らな関東平野にあって、ひときわ存在感を放つ山。たしか生まれて初めて登ったのも筑波山だったはずです。もちろん大人になった今でも、家から割と近いこともあって度々訪れる機会はあります。しかし、それほど身近な山であるにもかかわらず、筑波山神社周辺やパープルライン以外はあまり知らないことに気がつきました。気になって調べてみたら、林道もたくさんある [続きを読む]
  • 一度気にすると結構気になる。ワイパーの停止位置調整
  • 2018年の1月は茨城でも結構な大雪が降りました。これまで乗っていたFFのシビックだったら、ちょっと不安になるくらいの雪。ですが、今僕が乗っているのは四駆。それも本格4WDのジムニーです。雪が降ってこんなにもワクワクするなんて。運転席に乗り込み駆動方式の切替スイッチを押すと、かすかな駆動音とともにトランスファーが4輪を繋ぎます。さすがはジムニーですね。立ち往生するクルマを尻目に、グイグイと進んでいきます。ス [続きを読む]
  • ジムニーの初回オイル交換を自分でやってみた
  • 慣らし運転を続けてきたジムニーも1000km走行し、オイルとフィルターを交換して慣らし終了となります。(厳密には交換時940kmでした)これまではディーラーやカー用品店で交換をお願いしてきたのですが、ジムニーは車高が高く、ジャッキアップしなくても容易に交換できそうなので、自分でやってみることにしました。お店だと会員になっていれば工賃無料なので、自分でやるからといって金銭的なメリットはあまりないかもしれません [続きを読む]
  • 普通の乗用車とは一味違うジムニーの乗り心地
  • モノコックボディに独立懸架式サスペンションのクルマが主流な中、ジムニーが他のクルマと大きく違う点。それはラダーフレームとリジットアクスル式サスペンション。簡単に言うと、ハシゴ(ラダー)のような形のフレームにボディやエンジンが載っかっていて、左右のタイヤは1本の軸で繋がっている構造になっています。トラックなどと同じようなつくり。まだ乗り始めたばかりで、その特徴を全て理解しているわけではありませんが、 [続きを読む]
  • ジムニーの慣らし運転
  • 「現代のクルマに慣らし運転は必要ない」それが常識なのかもしれません。しかし、僕にとって初めての新車ですし、そうそうやる機会もないものなので、儀式のようなものだと思ってやってみることにしました。早速どんな感じでやればいいのかネットで調べてみましたが、これが実に三者三様で何が正しいのかわからなくなってしまいました。なので完全に我流でいくことに。やり方は以下の通り。慣らし運転のやり方ジムニーのレッドゾー [続きを読む]
  • 非日常にワープするための紺色のマシン
  • 僕が幼い頃、父が乗っていたパジェロは紺色だった。その記憶のせいか、今でも僕の中では四駆といったら紺色のイメージが強い。アウトドア好きな両親は、毎年夏になるとキャンプに連れていってくれた。まだ朝日が昇る前、眠い目をこすりながら僕らは紺色のパジェロに乗りこんだ。見慣れた景色が徐々に遠くなっていき、窓には見たことのない景色が流れてくる。これから過ごす数日間に胸をときめかせていた。あの頃の僕にとって紺色の [続きを読む]
  • これからよろしく。ジムニー納車の日
  • 2017年10月5日、ついに新たな相棒ジムニーが納車となった。妻と2人、ワクワクしながらクルマ屋へ向かう。詳しくは書かないけれど、実はこの後予想外なことが起きて、僕のテンションは一気に落ちてしまうのだが、まぁそれも後になれば思い出深いエピソードとなるだろう。人間万事塞翁が馬。嫌だと思っていたことが幸せを呼び込むこともある。きっと。 少し寄り道をしながら帰宅。オドメーターは45km。たしか納車時は0kmだったと思う [続きを読む]
  • XGとXC。どちらがいいの?ジムニーのグレード比較
  • ジムニーには2つのグレードがあって、安い方がXG、高い方がXC。僕が購入したのは安いXGの方で、金額にして約22万円の差があります。どちらのグレードも走りに関する基本的な性能は同じ。主に装備品の違いになります。ジムニーのスペックXG、XCの5MTの主なスペック機種名XGXC寸法・重量全長(mm)3,395全幅(mm)1,475全高(mm)1,6801,715室内寸法(mm)長さ1,6601,685幅1,220高さ1,210ホイールベース(mm)2,250トレッド(mm)前1 [続きを読む]
  • シビックとの最後の日
  • とうとうこの日が来てしまった。10年間ともに過ごしてきたシビックとの別れの日。今日は朝から洗車をし写真を撮った。役所へ必要書類を取りに行き、ドライブスルーで昼食を買う。そして車屋へ向けて最後のドライブ。運転しながらこの10年間のことを色々と思い出していた。シビック納車の日、バスに乗って引き取りに行ったこと。富津岬でオドメーターが10万キロになったこと。最初の車検(ついでにチューンナップ)で60万くらいかけ [続きを読む]
  • ジムニーについて調べる日々
  • ついに購入となったジムニーだけど、納車まで1ヶ月近くかかるようなのだ。今はジムニー関連のYouTubeやホームページなどを見て回り、知識を増やしている状態。フルモデルチェンジ前の状況2018年にはフルモデルチェンジする噂のあるジムニー。買い控えによって在庫が増えるんじゃないかと思っていたけど、実際はまったく逆で、現行モデルに対する駆け込み需要が多いらしい。次期モデルは燃費性能や環境性能に振った仕様になる可能性 [続きを読む]
  • 新しい相棒を決めかけた時に、突然現れた魅力的なアイツ
  • 今乗っているシビックの車検が切れるまで10日。当初は車検を通すつもりだったので、のんびり構えていたのだけれど、高額な見積もりを見て買い替えを決意。急遽、新たな相棒を探すことになった。ネットで様々なクルマを調べ、いくつか候補を絞る。年齢的なことなのか、ライフスタイルの変化なのかわからないけれど、好きだったスポーツカーは候補に上がらなかった。昔はパワーがあったり、加速性能の高いクルマに魅力を感じていたけ [続きを読む]
  • 新たなる相棒を探しに
  • これからともにUnseen Roadをゆく相棒を探すことになった。大事に乗り続けてきた現在のクルマは、走行距離24万キロを超え、いたるところにガタが出始めていたのだ。このシビックTYPE Rとはたくさんの想い出がある。僕がカメラマンとして走り出した時からの付き合いだ。小さいクルマだったけれど、キャンプ道具や折りたたみの自転車を載せて、夫婦で様々な場所を旅した。僕の運転が未熟だったこともあり、峠道や高速道路でスピンし [続きを読む]
  • 過去の記事 …