sweet さん プロフィール

  •  
sweetさん: 双子にうまれて思うこと・・・◎◎
ハンドル名sweet さん
ブログタイトル双子にうまれて思うこと・・・◎◎
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/bluesupermoon-futago/
サイト紹介文一卵性双生児のひとりごと(^^)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 230日(平均2.6回/週) - 参加 2017/09/17 21:51

sweet さんのブログ記事

  • 「双子でうまれた親」を子供はどう思っているのか
  • 一緒にうまれたおばさん双子の私たち・・それぞれ結婚し・・・出産し・・・子育ても一段落し・・・(今はおばさん)今でもなかよくしている私たち・・子供は・・妹①→私(姉)②→妹③→私④・・・こんな感じ②と③は同級生だから、私としては妹の①の子育てを参考に双子姉妹の子育ては・・2番目が最適っ・・・うふふふ・・・幼い頃から、身近に感じていたせいかうちのコたちも「おばちゃん」が大好きっ子供の頃は、おばちゃんが [続きを読む]
  • 寒い日は・・冬のソナタを・・・
  • 双子おばさんの私たち・・前記事でも書いたように、父がYA○AHAに勤めていたためオルガン教室、ピアノ、エレクトーンとやってきた。幼稚園の頃から鍵盤をたたきはじめ、中学までだから、10年くらい習ったのか〜〜それにしては・・へたくそだな〜〜〜でも、やっぱり弾きたくなるの・・そう・・・今日のような寒い日は・・・「冬のソナタ」がぴったり楽譜は「ハ調長で弾く冬のソナタ」へたくそな私にぴったりのキーが簡単な楽譜・ [続きを読む]
  • かまって病の親のこと・・
  • 私たち双子はもうおばさん・・当然私たちの親は後期高齢者・・双子はそれぞれ家を持ち・・親はふたりで住んでいる。実家とは、妹は車で40分、私は5分の距離。年をとったせいか、すぐ・・いろいろ言ってくる。実は年明け早々、うちの子がインフルエンザに・・・今まで子供のノロやインフル、風邪の看病をしてもうつったことがない私が・・・はじめてうつった!!なんだ・・・なんだ・・・この・・私が・・・うつるなんて・・・ど [続きを読む]
  • 「大人気だった母のクッキー」
  • 私たちおばさん双子が子供のとき・・母が買ってきた「コンベック」料理が苦手な母だったけど、これを買ってからいろいろ作ってくれるように・・コンベックって検索すると、でてくるから・・・今もあるんだねガス式のオーブンレンジみたいな感じ・・確かに当時、ガス栓が家中にあって・・暖房や(焼き肉などの)プレートに使っていたの・・・母はガス屋さんで仕事した時期があったから、ガス派だったのだ・・・母が作るクッキーは、 [続きを読む]
  • おばさん双子(姉)の誤算・・・・・・^_^;
  • 双子でうまれた私たち・・・今は「おばさん双子」に・・私は週3日、ゆる〜〜〜く仕事をしてるの・・出勤が少ないから、休みはひとりでのんびり羽根をのばす〜〜またこれが「極楽極楽〜〜〜」妹はずっと専業主婦。ただし義両親と同居だったから・・・ねぇ〜〜〜〜今は、おふたりを見送って・・ゆったりとした生活に・・私は、数年前に、やっと子供の大学&専門も終わり・・もっと出勤減らすぞ〜〜〜〜とさらに「キリギリス化」を目 [続きを読む]
  • 自分のこどもを「さん付け」で呼ぶこと
  • 私たち双子が小学生のころ・・・誕生日が近づくと・・友だちをよんで「お誕生会」を開いた。今でもやるのかな〜〜〜〜きっとやるんだろうね〜〜〜〜友だちは、いつも一緒によんでくれたように記憶してる・・みんなにとって、きっと双子は1セットなのだ。その日までに・・・プレセントを用意しないとねっみんなかわいいリボンをかけて・・・見た目も完璧なプレゼントを持ちあう。でも、母はいつも・・・・・・・・・・・      [続きを読む]
  • 「校舎の壁を塗り替える・・・」
  • 私たち双子は、中学まで同じ学校。(わたしより)デキのいい妹と、ごくごく普通の成績の姉(私)・・双子の宿命で・・いつも比べられてきたから・・   ね〜〜〜まぁいろいろね〜〜〜さて、高校をどこにするか決める時期になると・・みんなザワザワしてくるわけで・・過去記事でもあったように、双子が決めていたこと・・それは「高校は別々」さあ・・その高校をどこにするかが問題・・・父は、自分の母校「H商」を薦め・・・母 [続きを読む]
  • カレーの日の双子の楽しみっ(^^)
  • 私たち双子が子供のころ・・夕方、母が食事の支度をはじめる・・プ〜〜〜〜ンといい香りっっ カレーだ!!! やった〜〜〜〜〜双子はソワソワしだす・・もちろんカレーも大好きなのだが・・・もうひとつ・・・それは・・・・台所(古っ)の食器棚の下段の扉に入ってる「缶詰」をあけること・・なんだか貧乏くさいお話ですが・・・ それがカレーの日の楽しみだったのですお中元やお歳暮のころ・・届くたび、母はせっせと仕分けを [続きを読む]
  • 「店主先生のこと」
  • 私たち双子が中学の終わり頃・・誰もが気になりだす・・いわゆる「青春のシンボル」今はもうそんな言い方しないか・・・双子も気になるお年頃・・・寝る前、ニキビ薬を塗ったりしていたな〜〜〜あのイオウのニオイ・・・懐かしいな〜〜〜最近の女の子たちは、みんなキレイ・・・お肌もそうだけど、スタイル抜群・・たぶん・・制服のスカート・・これが大きいと思うの・・昭和の時代は、スカートは長〜〜〜〜〜〜くして、カバンはつ [続きを読む]
  • 「双子はエステティシャン?」
  • 私たち双子が子供のとき・・・母はときどき「ちょっと来て〜〜」と双子を呼ぶ・・・     「ねぇねぇ・・これ抜いて〜〜〜」そう・・・白髪を抜くのだ・・・だれでも見つけると気になるもの・・・母はふたりに「とげ抜き」を渡し・・・サル山のボス猿状態・・・・双子は必死で白髪を探す・・・・母は決まって「1本5円ね・・・」と言うそうはいっても、数はそんなに多くないから・・・双子は探しまくる・・・翌日、もらった1 [続きを読む]
  • 「50センチの隙間」
  • 双子が子供のころ・・・まだそれぞれの子供部屋を増築する前の家のとき・・家周りはホソバが囲い、内側もさらに樹木が並び・・・外からは中が見えにくい。だから双子は家の外で遊ぶのが好きだった・・・芝生にしてあるので、コロコロ転がったり、洗濯ロープを張ってバレーごっこをしたりした・・でも・・・ふたりとも「鮎原こずえ」(古っ)をやりたいから・・いつももめる・・・最終的には「鮎原こずえ」対「朝丘ユミ」(「アタッ [続きを読む]
  • 「呼び捨てはどうかなぁ・・・」
  • ずっと一緒だった双子の私たちだけど・・ (今はおばさんです)20代の頃、妹が先に結婚し・・・ついに離ればなれになった。妹は、だんなさんの親と同居だったが、私はかまわずに遊びにいった。間があいて、行きにくくなるのがイヤだったから、遠慮なく逢いにいった。お義母さんは、いつも「いらっしゃい〜〜〜」と歓迎してくれるし、お義父さんは作ったお大根をくれる。よくしてもらってありがたいんだけど・・どうしても気にな [続きを読む]
  • 双子は「双子にうんでくれてありがとう」と思う
  • 今は、おばさん世代となった双子の私と妹・・一緒にうまれたから・・当然同じ年齢なんだけどふたごちゃんの子育て真っ最中のママたちのブログは、とても参考になるの私自身、たまたま双子だっただけの 「育てられる側」双子の子育てがどういったものなのか・・・・わかってるようでわかってないだからみなさんのブログはとてもおもしろいネット情報なんてない時代に加え、母には頼る人もいない環境。もし双子じゃなかったら・・母 [続きを読む]
  • 「泥棒は3つむこうの町からやってくる」
  • 昭和の時代の・・のんびりしたある日・・・・私たち双子が、友だちと遊んで帰ると・・・派出所のお巡りさんがいた・・・なんだ???????双子はびっくりして・・様子をうかがう・・・・父と母はお巡りさんに事情を説明しているようだ・・・「こたつの上」やら「カギをかけてない」とか「財布」とか聞こえる・・・・どうやら・・・「泥棒」が入ったらしい・・・父が帰宅後、こたつの上にポケットの中のものを出し、トイレに行き [続きを読む]
  • 「ざわつく瞬間」
  • 子供の頃から、双子にとって「比べられること」は避けられない宿命・・みんなはすぐ比べたがる・・同じ「学校」という枠の中にいるんだから、そりゃ仕方ない・・・でも大人になると少し変わってくる・・生活する場所が別々になり・・・当然、妹のことを知らない人が増える。いくつなの?どこに住んでるの?子供は?いろいろ話しながら・・チラッとに「双子」を使う・・・みんなびっくりする・・・・「似てるの?」「そっくり?」「 [続きを読む]
  • 「自然の中で遊んだこと」
  • 双子(私と妹)が子供だったころ・・・・家の前の道を隔てて水路があった。道も舗装されてないデコボコ道・・・・さらに、水路といっても周りに草が生えた自然そのもの・・母はそれを「ドブ」と呼んでいた・・双子が外でボール遊びを始めると「ドブに落とさないようにね」と母は言う。が・・・ボールは、必ずどこかに飛んでいくわけで・・・その先には「ドブ」がある・・何度も「ドブ」に落とし・・・双子は必死で拾い、急いで洗う [続きを読む]
  • 大人になった「おたまじゃくし」
  • 私の苦手なもの・・・それは「カエル」・・・今も昔も・・・・絶対さわれない・・・子供の頃・・・・それを知ってるくせに妹はすぐイタズラをした・・・        妹: 「ねぇねぇ・・いいものあげる〜〜〜〜」        姉: 「なぁに?」        妹: 「目をつぶって〜〜〜〜」        姉: 「うん」        妹: 「手を出して〜〜〜〜」「ぎゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 [続きを読む]
  • 笑わないおじいちゃん先生・・
  • 私たち双子が小さい頃・・・・すぐ涙目になり、目ヤニが出た・・それはいつもふたり一緒・・・ なんでも一緒なのだ目をこすると、母は「さわっちゃだめ・・」と言いながら出かける支度を始める・・・双子を近くの眼科へ連れて行くのだ・・・そこは、木がうっそうと並ぶ奥にあって・・・幼い私たちにはまるで「森」・・独特な空気が流れ・・・・・・・・ とてもこわいトコだった・・・木造の古い建物はまさに「診療所」といった感 [続きを読む]
  • 双子はヘアスタイルも一緒(^^)(^^)
  • 私たち双子の高校時代は・・seikoちゃんカットの大ブーム・・・・(古っっっ)クラスの女子のほとんどがパーマをかけ・・・美容院に行くと、「seikoちゃん」か「明菜」でオーダーするくらい・・・みんな同じ髪型っっっ  (私は明菜派です)思えば、すごい時代だったな〜〜〜〜学校の規則で、パーマはもちろん禁止・・だからみんな「ブローです」って顔して・・バレバレだけど、みんなそうだから先生も見てみぬふり・・・茶髪でな [続きを読む]
  • 押し入れにある「コワくて・・・うれしいもの」(^^)
  • 私たちが子供の頃・・「畳の部屋」と呼んでいた部屋。そこは、鏡のついた洋ダンスや和タンス、母の鏡台や押し入れがある。双子はときどき、そこの押し入れで遊ぶ。「ポロンくん」と「くまちゃん」も一緒だ。(お気に入りのぬいぐるみです)そこは暗くて、狭くて、ワクワクする場所・・・でもコワいから1?くらい開けておく。暗い壁の向こうに、まだ先がありそうな・・・ ドキドキする空間だった・・キャーキャー言いながら・・・ [続きを読む]
  • おばさん双子の夢(^^)
  • 双子でうまれたわたしたち・・結婚して別々になり・・・子育てをし・・・子供が大きくなり・・・今は「おばさん」子供のころは、比べられるのがイヤだったから、今の方が気楽につきあえる・・毎日逢うことはできないけど、電話は(用事がなくても)毎日する・・そんな双子関係を、うちのだんなさんは、いい意味で諦めている・・やはり、暗黙の何かを感じるのか()   妹がらみのことには決して「ノー」とは言わない。同じ時を一 [続きを読む]
  • 「おぬし、連れ去るつもりか?」
  • 高校生のころのことです。休日に友だちと駅前で遊びその帰り道・・ひとりでバスターミナルに向かって歩いていた・・・ん〜〜ちょっと急がないとバス行っちゃうな〜〜〜横断歩道を渡れば乗るバス停はすぐそこだ急いで渡ろうとしたその時・・・・車がいきなり来た・・・え〜〜〜ここ横断歩道だよ〜〜〜急ブレーキをかけたが、間に合わず・・・私の右ももに車体が当たり、倒れこんだ・・・まずいっ!もう、頭はパニック・・・・・車か [続きを読む]
  • ジグモはやっぱりコワイ^_^;
  • 私たち双子が小さい頃・・   それぞれの子供部屋を増築する以前・・ふたりにはお気に入りの遊びがあった・・・当時の子供部屋はふたり一緒。南向きの日当たりのいい場所。南側は全面ガラス戸になっていて、それを開けるとすぐ外に出られ、コンクリートの広い空間がある。その奥に花壇があって、双子は水まきの手伝いをする。家の周囲をホソバが囲み、さらに花壇の周りも木で囲まれているから、ここだけ秘密基地みたい・・だから [続きを読む]
  • 「柿はお腹が痛くなるから大きくなってからね」と言ってた母(^^)
  • 母は無類の柿好き・・・私たちが子供の頃の家にも、柿の木があった・・(もちろん今の家にも・・・)秋になると・・母の目が光る・・・「あっ!!また鳥めっっ」  すぐ鳥に怒るギリギリまでねばって・・母は柿を収穫する・・1、2、3、・・・・・母はいつも数を数える・・・いくつ獲れるか楽しみなのだ・・柿がならない裏年となると・・母はがっかり・・残念がるが仕方ない・・そんな母は・・・「消化が悪いから」と言って・・ [続きを読む]
  • お気に入りの板を妹に貸してあげたら・・・・・・・・^_^;
  • 二十歳のころの私の楽しみは・・スキー・・といっても上手なわけではないんだけど。きっかけは高校のスキー教室・・・コツをつかむと滑れるようになり・・・・だんだん楽しくなって・・大好きになった・・雪原を滑るあの快感〜〜いいわ〜〜〜いいわ〜〜〜〜そして大事なプランが2ヶ月前からはじまる・・トレーニングと言いたいところだけど・・そうではない。あと65日・・・あと64日・・・・・・そう!「カウントダウン日めく [続きを読む]