さきりん さん プロフィール

  •  
さきりんさん: 季節の花を求めて♪
ハンドル名さきりん さん
ブログタイトル季節の花を求めて♪
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kitty_sakiko_0603
サイト紹介文花が好きなシニアで、季節の花を 求めて出掛けて居ます。
自由文野山の花が好きで、野山の散策・植物園・公園・庭園・展示会に出掛け居ます。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1575回 / 365日(平均30.2回/週) - 参加 2017/09/17 23:35

さきりん さんのブログ記事

  • トレニア♪
  • トレニアは、ゴマノハグサ科東南アジア原産、緑色の蕾から、特徴の有る可愛らしい花を沢山咲かせ、葉は明るめで比較的小さく、夏の花としては暑苦しさは無く、自然と分枝してこんもり茂りますが、摘心するとさらに枝が増え花付が良く成る様です。日比谷花壇大船フラワセンターにてPVアクセスランキング にほんブログ村 [続きを読む]
  • スノードロップ♪
  • スノードロップは、ヒガンバナ科ヨーロッパ、西アジア原産、秋頃から地中で根を伸ばし、まだ寒い時期に芽を出し、他の花も咲かない早春に花を付ける事から、人々に春の始まりを告げる存在として親しまれ、雪の残る中でも花茎をすっと伸ばし、一輪ずつ花を咲かせる様です)^o^(日比谷花壇大船フラワーセンターにて [続きを読む]
  • ホソバクリハラン♪
  • ホソバクリハランは、ウラボシ科小笠原諸島に広く分布し、やや湿った岩肌や樹幹に着生して居る姿にたびたび出会える植物で、根茎はやや短く這い、葉を密に出し、湿潤で強い風の当たらない林内では葉はとても長く垂れ下がり、環境の厳しい所では葉の長さは短く成る様です)^o^(新宿御苑・温室にて [続きを読む]
  • タコノアシ♪
  • タコノアシは、タコノアシ科で多年草2〜3種が東アジア・北アメリカ東部に分布、湿地や沼、休耕田など湿った場所に生育し、細長い葉が螺旋状に付き、放射状に数本に分かれた総状花序を茎の先に付け、その上側に9月頃小さい花を多数開く様です)^o^(瀬田フラワーランドにて[https://photo.blogmura.com/p_plant/ranking.html ] [続きを読む]
  • 西洋シャクナゲ♪
  • 西洋シャクナゲが、ツツジ科で常緑広葉樹ヨーロッパで改良されたシャクナゲで、日本のシャクナゲと比較すると花が大きいのが特徴で、咲いて居る大きく派手で花姿が美しく、多くの方に庭木として人気が有る様です)^o^(瀬田フラワーランドにてPVアクセスランキング にほんブログ村 [続きを読む]
  • キダチアロエ♪
  • キダチアロエは、アロエ科で多肉植物木の幹から枝が伸びて居るかの様に、茎から葉が広がって居る事から、そう呼ばれ、葉の幅は大きいもので5cm、暑さは1〜2cm程で、11月頃に赤い花を咲かせ、キダチアロエは日本と中国の一部にしか生育して居ない様です)^o^(夢の島熱帯植物館にてPVアクセスランキング にほんブログ村 [続きを読む]
  • カラスザンショウ♪
  • カラスザンショウは、ミカン科で落葉高木しばしば林縁や原野に群生し、独特な傘状の樹冠を作り、高さ15m、直径60cm程に成り、幹や枝に短く鋭い刺が多く、古く成ると刺は無く成り、刺の基部のいぼ状突起だけが残る様です)^o^(砧公園にてPVアクセスランキング にほんブログ村 [続きを読む]
  • ネメシア♪
  • ネメシアは、ゴマノハグサ科で一年草南アフリカ原産、宿根ネメシアタイプは淡い花色が人気で、一年草タイプはビビットな色合いのものが多く、葉は小さ目の緑色、株は茎の節目がやや長いものの、株元から枝分かれしてこんもり茂り、花期は長く、丈夫で優秀な花の様です)^o^(別名 宿根ネメシア瀬田フラワーランドにてPVアクセスランキング にほんブログ村 [続きを読む]
  • トウゴマ♪
  • トウゴマは、トウダイグサ科で一年草アフリカ原産、熱帯・温帯で広く栽培され、葉は大形でヤツデに似て居て、雌雄同株、秋に円錐花序の上部に雌花、下部に雄花を付け、刺の有る?果(さくか)を結び、種子は楕円形で暗褐色の斑点が有り、ヒマシ油を採る様です)^o^(別名 ヒマ瀬田フラワーランドにてPVアクセスランキング にほんブログ村 [続きを読む]
  • 観賞用トウガラシ♪
  • 観賞用トウガラシは、ナス科で一年草中南米原産、晩秋まで楽しめる観賞用トウガラシとして栽培され、日本名で有るゴシキトウガラシの語源は、名前の通り五色の実色を持つ唐辛子で、属名のカプシカムは、ギリシャ語のkapto(噛む)に由来し、実を食すると舌や口腔内を刺す様な刺激が有る事にちなんで居る様です)^o^(瀬田フラワーランドにてPVアクセスランキング にほんブログ村 [続きを読む]
  • 水仙・ペーパーホワイト♪
  • 水仙・ペーパーホワイトは、ヒガンバナ科地中海沿岸地方原産、房咲き水仙の一種、日本水仙と同時に咲く真っ白の水仙で、日本水仙は黄色い副花冠が特徴ですが、こちらは副花冠が黄色ではなく白です。日本には平安時代に薬草として伝わったと言われ、園芸品種ではなく、立派な水仙の原種の様です)^o^(岩戸川緑道にてPVアクセスランキング にほんブログ村 [続きを読む]
  • ドウダンツツジ♪
  • ドウダンツツジは、ツツジ科で落葉性低木春に新しい芽が吹く頃に花を咲かせ、花姿は白い壺型で枝から垂れ下がる様に沢山付き、秋の紅葉は非常に美しく、季節ごとに楽しめる樹木の様です)^o^(岩戸川緑道にてPVアクセスランキング にほんブログ村 [続きを読む]
  • 黄実のセンリョウ♪
  • 黄実のセンリョウは、センリョウ科で常緑小低木葉上に果実を成らすセンリョウ科、千両の色違い果実を付ける品種で、葉に光沢が有り、薄く皮質で、葉の縁に鋸h歯が有り、庭木、寺木、床飾りの寄せ植えや生け花等に用いられる様です)^o^(岩戸川緑道にてPVアクセスランキング にほんブログ村 [続きを読む]
  • ヤツデ♪
  • ヤツデは、ウコギ科で常緑低木葉が大型で独特の形をして居るので、良く目立ち見分けやすく、形は文字通り掌状だが、7つ又は9つ(奇数)に裂けており、8つに裂ける事は稀の様です。岩戸川緑道にてPVアクセスランキング にほんブログ村 [続きを読む]
  • ユーカリ♪
  • ユーカリは、フトモモ科で常緑高木オストラリア南東部や南西部、タスマニア島に主に分布し、世界各地で移植・栽培され、500種類も有り、変種も含めると800〜1000もの種類に成る様です)^o^(川崎市緑化センターにてPVアクセスランキング にほんブログ村 [続きを読む]
  • アサヒカズラ♪
  • アサヒカズラは、タデ科でつる性半低木メキシコ原産、非常に成長が早く、温度の十分に確保出来る温室内や原産地ではぐんぐんと蔓を伸ばしてその長さ10mにも達し、花は一つの花序に十数輪付き、その先端がひげに成って居て、その巻きひげを他のものに絡ませて体を支える様です)^o^(相模原公園・温室にてPVアクセスランキング にほんブログ村 [続きを読む]
  • カラテア・クロタリフェラ♪
  • カラテア・クロタリフェラは、クズウコン科で多年草メキシコ、中央アメリカ原産、葉の形状はミズカンナに似て居て、茎頂に穂状に付いた独特な形状の苞が鑑賞の対象とされ、橙色〜黄色の苞は2列に互生し、その苞の間から黄色い小花を見せる様です)^o^(相模原公園・温室にてPVアクセスランキング にほんブログ村 [続きを読む]
  • ジュズサンゴ♪
  • ジュズサンゴは、ヤマゴボウ科で多年草北米南部〜南米原産、森林や雑木林、道端など、半日蔭に成る様なやや湿り気の有る場所に自生し、日本には大正時代初期に渡来し、現在では小笠原諸島や沖縄などで帰化植物として野生化して居る様です)^o^(相模原公園・温室にてPVアクセスランキング にほんブログ村 [続きを読む]